「エリザベス:ゴールデン・エイジ」

a0051234_23195794.jpg「Elizabeth: The Golden Age」2007 UK/フランス/ドイツ
エリザベス1世に「エリザベス/1998」「あるスキャンダルの覚え書き/2006」「バベル/2006」のケイト・ブランシェット。
「エリザベス」でもエリザベスの側近フランシス・ウォルシンガムを演じた「ミュンヘン/2005」「キャンディ/2006」のジェフリー・ラッシュが老境に達したウォルシンガムを演じている。
後にエリザベスから“Sir”の称号をもらう航海士ウォルター・ローリーに「インサイドマン/2006」のクライヴ・オーエン。
エリザベスのお気に入り侍女ベスに「プロヴァンスの贈りもの/2006」「キャンディ」のアビー・コーニッシュ。
スコットランド女王メアリーに「Jの悲劇/2004」のサマンサ・モートン。
数シーンにしか出て来ないが、やはり「Jの悲劇」のリス・エヴァンスが出演している。
監督は「エリザベス/1998」のシェカール・カプール。
a0051234_2321638.jpg

1585年、この時代世界最強の国はスペインであった。スペインはカトリック国。プロテスタント国イングランドをも手中に納めようと考えるスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)と、正統な王位継承権は自分にあると主張する従姉にあたる幽閉中のスコットランド女王メアリー(モートン)。エリザベス(ブランシェット)にとって二人の存在は日々脅威であった。
ある日、エリザベスのもとにニュー・ワールド(アメリカ大陸)から戻ってきた航海士ローリー(オーエン)が現れる。彼に惹かれ始めるエリザベス。しかしローリーはエリザベスのお気に入りの侍女ベス(コーニッシュ)と愛し合うのだった...
a0051234_23204495.jpg

ケイト・ブランシェットを初めとして、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーエン、アビー・コーニッシュ、そしてサマンサ・モートン。彼らはそれぞれに適役で、演技も素晴らしいのだが、どうもこのストーリー中途半端じゃなかろうか??
エリザベスの側近中の側近フランシス・ウォルシンガムの存在はあったが、それ以外のエリザベスにまつわる人物は出て来ない。
「クイーン/2006」でエリザベスを演じ、オスカーもゲットしたヘレン・ミレンのUSA/UK TVドラマ「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」の方がストーリー的には良かった。エリザベス1世の姿がしっかりと描かれていたし...
まぁでも114分で、国民の女王としてのエリザベスと、一人の恋する女としてのエリザベスを描くには無理があったかとも思える...残念。
史実に基づくと“ヴァージン・クイーン”と呼ばれたのは、ただ結婚しなかった(夫がいなかった)だけで、生涯寵愛した男は多々いた模様。その辺ももうちょっと突っ込んで描いて欲しかったが、114分でエリザベスの政治と恋を描くには無理があったのかも知れない。
エリザベスの着るドレスやウィッグは見応えあるし、全編UKで撮影されたシーンも美しく、もうちょっとインパクトのあるストーリーにして欲しかった気がする...ひつこいかも...
しっかし、C・ブランシェットってオーラのある女優だなぁとしみじみ感じる。
エリザベスのお気に入り侍女ベス役のアビー・コーニッシュは「キャンディ」の役とは打って変わった時代物役だが、とても素敵なアビー。コレからの彼女にますます期待したい。色んな作品で華を咲かせて欲しい女優である。
クライヴ・オーエンはいつもゴージャスで大好きな俳優。
ワーナー・マイカルにて...
a0051234_23202367.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-02-18 00:06 | UK | Trackback(37) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6805775
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Big Screen at 2008-02-18 00:53
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
○エリザベス:ゴールデン・エイジ/ELIZABETH: THE GOLDEN AGE ○2007年イギリス・フランス/ドラマ・歴史劇[◆◆◆◆◆◇]5/6 ○公開2008.02.16東宝東和/114min ケイト・ブランシェット ファンにはたまらない作品でしょう。そして私は大ファン(笑) エリザベス1世(1533-1603)自身を描く作品ですから、スペインの無敵艦隊を破るスペクタクルを期待できるわけでもないし、やはり宮廷劇とならざるを得ない。ヘレン・ミレンの「エリザベス1世 愛と陰謀の王宮」...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-02-18 07:27
タイトル : エリザベス ゴールデン・エイジ
 『敵は、外にも中にも── そして私の心にも。』  コチラの「エリザベス ゴールデン・エイジ」は、2/16公開となった16世紀の英国を治めたヴァージン・クィーンことエリザベス女王1世の人生を描く歴史映画の10年ぶりの続編なんですが、早速観て来ちゃいましたぁ〜♪ ....... more
Tracked from Akira's VOICE at 2008-02-18 11:04
タイトル : エリザベス:ゴールデンエイジ
二人のベスのファションショー。 ... more
Tracked from Sweet*Days** at 2008-02-18 13:08
タイトル : 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
監督:シェカール・カプール CAST:ケイト・ブランシェット、クライヴ・オーウェン、ジェフリー・ラッシュ 他 1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリス...... more
Tracked from EDITOREAL at 2008-02-19 02:19
タイトル : 感想/エリザベス:ゴールデン・エイジ(試写)
なぜだろう、物足りないのは。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2月16日公開。1558年の即位から30年近くの年月が流れたエリザベス1世。彼女の前に現れた航海士のローリーは、「ヴァージン・クイーン」の誓いを立てたエリザベスの女としての一面を刺激。他方では彼女の命を狙う存在に脅かされ、さらにはスペイン無敵艦隊との戦いまで始まろうとしていた、エリザベス王朝の黄金時代を描く。 エリザベス:ゴールデン・エイジ2008年2月16日(土)日比谷スカラ座他全国ロードショー とてもゴージャスでエレガント。ケイ...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-02-19 10:26
タイトル : エリザベス/ゴールデン・エイジ
前作の『エリザベス』(1988年)は当時鑑賞している。10年経って制作された本作の予告編を観るだけで、ケイト・ブランシェットの迫力に圧倒され涙が滲むほどだったので・・・公開を楽しみにしていた―【story】1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)は、プロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に、新世界から戻ったばかりの冒険家ローリー卿(クライヴ・オーウェ...... more
Tracked from My Favorite .. at 2008-02-19 23:38
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ を観ました。
今日公開作品は観たいものがイロイロあり、悩んだ結果…... more
Tracked from 富久亭日乗 at 2008-02-20 08:18
タイトル : 映画「エリザベス:ゴールデン・エイジ」(2007、英)
      ★★★☆☆  16世紀末ヨーロッパでイングランドを率い黄金時代を築いた Queen Elizabeth Iの歴史絵巻。 9年前の「Elizabeth」(1998年)に続き Cate BlanchettがElizabethを好演した。 原題は「Elizabeth: The Golden Age 」。  カトリック教徒も多いイングランドで プロテスタント信徒として 即位したElizabeth、 国内に反抗分子も多いうえ、 カトリックの大国スペインもイングランドを狙っていた。 Elizabeth...... more
Tracked from Cartouche at 2008-02-20 13:20
タイトル : *エリザベス:ゴールデン・エイジ*
{{{   ***STORY*** 25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎプロテスタントの女王として即位したが、国内にはカトリック信者が大勢おり、不安と憎悪が渦巻いていた。その頃、ヨーロッパ列強はイングランドを占領すべく狙っており、スペイン国王フェリペ2世はことあるごとに圧力をかけてきた。さらにカトリック派のスコットランド女王メアリー・スチュアートの存在も火種となっていた。                                     gooより...... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2008-02-20 19:46
タイトル : 「エリザベス ゴールデンエイジ(ELIZABETH:TH..
ケイト・ブランシェットがクイーンエリザベス1世を演じる2作目... more
Tracked from 蛇足帳~blogばん~ at 2008-02-20 22:40
タイトル : 映画『ELIZABETH:The Golden Age』..
“ヴァージン・クウィーン”と言われたElizabeth一世の女王即位までの物語を描いた映画作品『ELIZABETH』の続編で、約9年ぶりに同じShekhar Kapur監督と主演Cate Blanchettで製作された『ELIZABETH:The Golden Age』を観て来ました。 Cate Blanchettは9年前にこの役柄でア..... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-02-21 10:07
タイトル : ケイトの黄金時代〜『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
 ELIZABETH:THE GOLDEN AGE  16世紀後半のイングランド。プロテスタントの「ヴァージン・クィーン」として国 を統治するエリザベス(ケイト・ブランシェット)。カトリックの王として全欧州を 治めぎ..... more
Tracked from to Heart at 2008-02-23 21:51
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 原題 ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 上映時間 114分 製作国 イギリス/フランス 監督 シェカール・カプール 脚本 ウィリアム・ニコルソン/マイケル・ハースト 音楽 クレイグ・アームストロング/アル・ラーマン 出演 ケイト・ブランシェット/ジェフリー・ラッシュ /クライヴ・オーウェン/リス・エヴァンス/ジョルディ・モリャ/アビー・コーニッシュ/サマンサ・モートン/トム・ホランダー {/book_mov/}1585年、エリザベ...... more
Tracked from future world at 2008-02-24 00:17
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
前作「エリザベス」の続編、再びケイト・ブランシェット主演ということで期待の一作。 時代は16世紀後半、エリザベス1世がイギリス女王の座に〜 側近から持ち込まれる結婚話を交わす日常、カトリック対プロテスタントなる宗教問題、スコットランドに幽閉されてる女王....... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2008-02-24 02:06
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
黄金色 時を色塗る 玉虫の   あのう、ケイト・ブランシェットのエリザベス女王1世役に対し、多くの賛辞が送られている中、こんなこと言うと爪弾きにされるかもしれませんが、私は彼女のエリザベスは、どうも・・・。どちらかというと、マーティン・スコセッシ監督レオナ... more
Tracked from とんとん亭 at 2008-02-24 09:07
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」 2008年 英/仏 ★★★★★ 来週から毎週と言っていい程、観たい映画が続々と来るので、昨日の夜大慌てで観て きました。 いや~、ケイト・ブランシェットの凄みのあるクイーンっぷりに圧倒されますね。 女として...... more
Tracked from ~Books Journ.. at 2008-02-24 11:15
タイトル : エリザベス ゴールデン・エイジ
 イングランド女王となったエリザベス。しかし、国王と愛人との間に生まれたエリザベスの即位に反対するスペインやスコットランドは絶えずイングランドの王位を狙っていて、エリザベスは脅威にさらされ続けていた。  緊張感の続く日々の中で、侍女のベスや冒険家のウォ... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2008-02-24 11:42
タイトル : 夏が来る。『エリザベス:ゴールデン・エイジ』
エリザベス1世の黄金時代を描いた作品です。... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2008-02-24 11:43
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
「エリザベス:ゴールデン・エイジ」ELIZABETH : THE GOLDEN ... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-02-24 22:41
タイトル : 【2008-38】エリザベス:ゴールデン・エイジ(ELI..
人気ブログランキングの順位は? 1587 英国(イングランド) 女王エリザベス 彼女は《ヴァージン・クイーン》 大英帝国にすべてを捧げ、 一生独身を通した女王。 敵は、外にも中にも── そして私の心にも。 ... more
Tracked from eclipse的な独り言 at 2008-02-25 07:28
タイトル : エリザベス ゴールデンエイジ
 映画好きの方も、当ブログの「80年代ロック・アルバム・ベスト・セレクション」に... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2008-02-26 02:03
タイトル : ★「エリザベス:ゴールデン・エイジ」
やったー?!?!。二度目のプライベート・シアター鑑賞だよーーーっ。 (一度目は「プロヴァンスの贈りもの」)。 PM11:30〜のレイトショウで、お客がひらりんだけっ。 しかも、TOHOシネマズご自慢のヘルニアスクリーン・・・いや、プレミアスクリーン。 もちろん通常料金の設定なんだけど。 ちなみにひらりん、「VIT」(ヴァーさんの粋な企み)で座席予約はしてません。 まあ、当日は昼まっから春一番が吹き荒れる強風で・・・ 夜は急に冷え込んでたから、客足は鈍かったんだろうけど。... more
Tracked from Alice in Won.. at 2008-02-27 14:53
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
本日2作目は予告ではケイト・ブランシェットの迫力のある演技が印象的なエリザベス女王の続編です。あれから10年過ぎてもケイトの美しさに神々しさは全く色あせる事を知らないようです。 25歳でイングランド女王に即位したエリザベス。父王ヘンリー8世の遺志を継ぎ...... more
Tracked from 豆酢館 at 2008-02-28 10:35
タイトル : 恋と王冠の人生―「エリザベス:ゴールデン・エイジ」Part2
歴史劇、時代劇、西部劇。私は子供の頃からこれらのジャンルが大好きでした。ひとつには父親の影響もあったのですが、古き良き時代への郷愁と、今では失われてしまったダイナミックなドラマへの渇望が根底にあるのは明白です。今もなお莫大な予算をもって史劇映画が製作されるのは、“現代では考えられない大きなスケールのドラマ”と、“現代でもなお通じる普遍性を持ったドラマ”の双方を求める観客の需要が、非常に大きいためでしょうね。 製作費と興行収入のバランスをとるのが難しいとされる史劇のジャンルは、ハリウッド映画の規模が小...... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2008-02-29 23:25
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ−(映画:2008年20本..
監督:シェカール・カプール 出演:ケイト・ブランシェット、ジェフリー・ラッシュ、クライヴ・オーウェン、アビー・コーニッシュ、サマンサ・モートン 評価:75点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットの存在感や演技力ばかりが目に付いた....... more
Tracked from しづのをだまき at 2008-03-04 13:09
タイトル : 【映画】エリザベス ゴールディン・エイジ
2007年 英国 114分 監督 シェカール・カプール 出演 ケイト・ブランシェット ジェフリー・ラッシュ クライヴ・オーエン サマンサ・モートン 鑑賞@松江SATY東宝 イギリスに黄金時代をもたらした「エリザベス?世」(1558〜1603)を描いており、「エリザベス」(1998 同じ監督・主演)の続編となる。土曜日と月初め(料金1000円)が重なっているが、3割の入り。かつて私1人とか2人で見たこともあるこの松江SATY東宝にしては、これは大入りといえる。前回の劇場鑑賞が「007カジノロワイヤル」...... more
Tracked from 映画と秋葉原と日記 at 2008-03-05 12:13
タイトル : 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』2008・2・24に観..
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』 公式HPはこちら ←クリック ●あらすじ 1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)(生まれ1533年・在位:1558年~1603年)は反カトリック立場でイングランド国教会と国王の至上主義の女王としてイギリスを統治し... more
Tracked from soramove at 2008-03-07 08:13
タイトル : 「エリザベス・ゴールデンエイジ」迫力はあるが、内容薄め
「エリザベス・ゴールデンエイジ」★★★☆ ケイト・ブランシェット主演 シェカール・カプール 監督、イギリス、フランス、114分 今、何故かつての名作の続編なのか それは映画を見たら分かるだろうと思って見たが、 その答えは分からなかった。 新大陸発見...... more
Tracked from MoonDreamWor.. at 2008-03-11 10:04
タイトル : 「 エリザベス:ゴールデン・エイジ  /ELIZABET..
【エリザベス:ゴールデン・エイジ 】2008年2月16日(土)公開 監督 : シェカール・カプール ...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-03-30 20:44
タイトル : エリザベス☆ゴールデン・エイジ
英国と添い遂げた女性、エリザベス?世   3月3日、MOVX京都にて鑑賞。前作の「エリザベス」は1998年に公開され、ケイト・ブランシェットはこの作品で一躍注目を浴び、アカデミー賞主演女優賞にノミネートされ、他にも数々の賞にいたそうです。前作から10年あまり経っての2作目の公開となったこの「エリザベスゴールデンエイジ」。衣装やメークそしてあのヘアスタイルに魅了されます   メークとヘアモードのリーダー   エリザベス?世は、イングランドと結婚したと語っ...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-04-14 23:49
タイトル : 映画『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観て〜アカデミー..
29.エリザベス:ゴールデン・エイジ■原題:Elizabeth:TheGoldenAge■製作年・国:2007年、イギリス■上映時間:114分■字幕:戸田奈津子■鑑賞日:3月8日、新宿アカデミー(歌舞伎町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督:シェカール・カプール□脚本...... more
Tracked from 表参道 high&low at 2008-05-07 22:25
タイトル : Elizabeth: The Golden Age 「エ..
宣伝用のスチール写真が華やかでビジュアルにかなり創意工夫が感じられる英国産時代劇の続編がElizabeth:The Golden Age(エリザベス:ゴールデン・エイジ)。コスチュームが輝き、大掛かりなセットに感心し、効果的な音楽に気持ちも動きますが、人間的な部分が感じられない作品。 大好きなCate Blanchett(ケイト・ブランシェット)は前作では躊躇しながらも女王となる若きエリザベスを好演し、本作品は歳とともに威厳を感じさせ、スペインに対峙する国主としての雰囲気を充分といえる程スクリーンで発...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2009-03-03 20:58
タイトル : 『エリザベス ゴールデン・エイジ』'07・英・仏
あらすじ1585年、エリザベス1世(ケイト・ブランシェット)はプロテスタントの女王としてイギリスを統治していた。だが、欧州全土をカトリックの国にしようと目論むスペイン国王フェリペ2世(ジョルディ・モリャ)は彼女の失脚を画策する。そんな女王の前に新世界か...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-03-08 22:20
タイトル : 『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観たぞ〜!
『エリザベス:ゴールデン・エイジ』を観ました『エリザベス』のシェカール・カプール監督が、再びケイト・ブランシェットを主演に迎え、エリザベス女王の“黄金時代”に焦点当てた歴史大作です>>『エリザベス:ゴールデン・エイジ』関連原題: ELIZABETH:THEGOLDENAGEジ...... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-07-17 14:15
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
敵は、外にも中にも──そして私の心にも。 【関連記事】 「エリザベス」... more
Tracked from Blossom at 2010-07-06 21:05
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
エリザベス:ゴールデン・エイジ ELIZABETH: THE GOLDEN AGE 監督 シェカール・カプール 出演 ケイト・ブランシェット ジェフリー・ラッシュ     クライヴ・オーウェン リス・エヴァンス    ...... more
Tracked from いやいやえん at 2011-07-22 14:49
タイトル : エリザベス:ゴールデン・エイジ
一作目よりもだいぶ間があいてしまいましたが、主演は変わらずケイト・ブランシェットさんです。相変わらずの存在感。 後半ではスペインの無敵艦隊との戦争が待っていますが、正直ストーリーとしてはぶつ切り感が否めない。恋愛部分としては、侍女ベスとローリー卿を自分の姿に重ねて恋の喜びを味わっていたものの、二人の間に子供が出来たと知った時のエリザベスの取り乱しようはやはり生身の女性なんだなと思わせられる部分でした。また前半部のメインであるスコットランド女王メアリー・スチュワートとの確執も、すっと終わってしまっ...... more
Commented by JT at 2008-02-18 01:02 x
こんばんはー
おっしゃるように、この作品を観ただけでは、
良く理解できないかもしれませんね。
ほんと物語としては、ヘレン・ミレンのエリザベスがしっかりしてました。
エリザベスのことは良く知っている英国民向けの作品のよう?で、
監督自身が言ってましたけど、前作と較べて、リアリズムから神話化しているらしいのですが、まさにそんな感じです。
私は、ケイトの演技が良かったので、なかなか満足しました~
大ファンですから(笑)
Commented by margot2005 at 2008-02-19 00:43
JTさん、こんばんは!
ケイトで満足されて良かったです。
無敵のスペイン艦隊に勝利したエリザベス1世。
その後、彼女の“Golden age”突入となるようですが、エリザベスの生涯って日本人にとっては興味深いものでもなく、私的にも英国旅行をしなかったら、エリザベス(英国のクイーン)にそれほど興味を覚えなかったかも知れませんが...バッキンガムの前に集まった世界中の人々の姿に、エリザベス2世の存在の大きさを知りましたね。
>リアリズムから神話化...成る程でございます。
Commented by claudiacardinal at 2008-02-19 20:04 x
こんにちわ。私もこの作品ケイト&美術/衣装では楽しめたのですが、話としてはイマイチでした。JTさんの方で読んだのですが、マルゴ嬢もエリザベス女王の衣装展見られたんですね。私も見ました。豪華でしたね。この国、王室がなんやかんや言ってますが根本的には皆王室好きですよ。TVでもよく「王室の門番」とかなにかとドキュメンタリーしてます。日本の皇室とはホント違ってます。まあ税金払っている身分と税金で暮らしている身分の違いでしょうかね。そうそうこういうバックグラウンドがあるから、プリンセス雅子は皇室の制度につぶされた悲劇のプリンセスと捉えられています。(なぜかしら皇室の話になってしまいました)
Commented by margot2005 at 2008-02-20 00:40
claudiaさん、こんばんは!
これ誰が観てもちょっと話が今イチと思っちゃうんじゃないでしょうか??
メアリーとエリザベスの関係など(絡み)は皆無でしたし...まぁでも私もあの時代の”美”を堪能しましたわ。
そうなんです。ケンジントン・パレスに行った時、ちょうどダイアナの回顧展(衣装)を催していて、古い時代の衣装も展示してあるのを見ることができました。しっかしあのような古めかしいお城にダイアナが住んでいたってちょっとびっくりしました。
プリンセス雅子はホント悲劇のプリンセスですね。ばりばり仕事をしていた人が、皇室に入って今や囚われの身のような状態なのでしょうかしら??
自由というものが無いほど辛いことはないと思いますが、開かれない日本の皇室って一人で出かける事も出来なそう...と皇室談義が延々と続きそうなのでこの辺で...
Commented by とんちゃん at 2008-02-24 09:11 x
こちらにもおじゃましま~す☆
アビー・コーニッシュ、私も「プロヴァンスの贈り物」で超可愛い~~~と
目をつけている女優さんです=^-^=うふっ♪

若い頃のセロン(シャーリーズ)様に何となく似てませんか?
TVドラマ「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」
これ見て見たいです。DVDになってるのかしら?
側近ウォルシンガムがやたらと「女王、どうかお子を~~」と言うので帰ってから
調べたら50歳越えてたので、無理じゃん!と思った私なのでした^^
Commented by margot2005 at 2008-02-24 23:13
とんちゃん、こちらにもコメントいただいてありがとう。
いつもTB飛ばし逃げでお許しくださいまし。

そうそう、アビー・コーニッシュはセロンの若い時に似てますね。とってもキュートな女優さんです。「プロヴァンス〜」やヒースと競演した「キャンディ」とは打って変わった役ですが、時代物ナイスなアビーですね。
「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜/2005」はレンタルDVDで見ました。
エリザベスのゴールデン・エイジって50代なのです。TV版のヘレン・ミレンの方がクイーン役合ってたのも頷けます。
あの時代50代で、“お子”はマジで無理だったでしょうにね?
Commented by Bianca at 2008-03-04 13:27 x
margot王妃、久し振りに同じ映画を見てますので、ちょいとTBさせていただきました。おや、「ヴァージン・クイーン」は名前だけだったのでしょうか?私もその辺を追及したい気持ちがいっぱいです。
Commented by margot2005 at 2008-03-04 22:06
Biancaさん、こんばんは!
私もTBさせていただきました。
生涯独身であったため処女王“ヴァージン・クイーン”と呼ばれたようですね。
この件につきましては是非追求なさってくださいまし。
エリザベスが政略結婚の相手フランスのアンジュー公と結婚していたら、英国はフランスに吸収されていたかも??なんて歴史は面白いですわ。
<< 「裏切りの闇で眠れ」 「潜水服は蝶の夢を見る」 >>