今年初の試写会にて...「ヒトラーの贋札」

a0051234_2318583.jpg「Die Fälscher」...aka「The Counterfeiters 」 2007 オーストリア/ドイツ
主演のサリー(サイモン・ゾロビッチ)にオーストリア出身のカール・マルコヴィクス。
原作者でもある印刷技師のアドルフ・ブルガーに「青い棘/2004」のアウグスト・ディール。
ナチスの“ベルンハルト作戦”隊長フリードリヒ・ヘルツォークに「厨房で逢いましょう/2006」「イェラ/2007」のデーヴィト・シュトリーゾフ。
監督、脚本はオーストリア出身のステファン・ルツォヴィツキー。
原作はアドルフ・ブルガーの「Die Fälscher/ヒトラーの贋札 悪魔の工房」。
a0051234_23195291.jpg

1945年、大金を携えたサリー(カール・マルコヴィクス)はモンテカルロのオテル・ド・パリにチェック・インする。
カジノに現れテーブルに付いたサリーは自らの過酷な過去に思いを巡らし始める...
1936年のある朝、ユダヤ人である贋札作りの名人サリーはナチスのフリードリヒ・ヘルツォーク(シュトリーゾフ)に連行される。
ザクセンハウゼン強制収容所送りとなったサリーはそこで“ベルンハルト作戦”に加わることになる。それは 第二次世界大戦中、イギリスの経済を混乱に陥れるため精巧な贋ポンド札の製造を計画するナチスの作戦だった。
贋札作りの名人サリーや印刷技師ブルガー(ディール)を始めとした技術に長けたものが集められ、収容所内に設けられた秘密の作業場へ連れて行かれる。そこで彼らは他の収容者とは破格の待遇を受ける事になる。しかしその代償は贋札作りであった。
贋のポンド札が大成功し、隊長のヘルツォークは、次に精巧なる贋のドル紙幣を作れとサリーたちに命じる.
しかしそれはナチスに加担することとなり、ブルガーは贋ドル札を作ってはならないとサリーに詰め寄るのだった...
a0051234_23204349.jpg

a0051234_23255268.jpg

この映画は収容所で生き残ったアドルフ・ブルガーが書いた小説に少々味を付けて描いているらしい。
過去に数々の“ホロコーストもの”を観て来たが、それはあくまでも映画やTVで作られた世界であって、この作品も含めきっと現実はもっと、もっと過酷であったであろうかと感じざるを得ない。
この作品でも主人公のサリーがトイレ掃除をしている最中、いきなり入って来た隊員が“そのまま仕事を続けろ!”と言い放ち、“ユダのクソやろう!”というような意味の言葉を発し、彼に放尿するシーンがある。
ユダヤ人がキライで、キライでならなかったヒトラーにならって、ヒトラーの部下たちはユダヤ人を家畜、いやそれ以下、ゴミ同然に扱った事実は余りにも哀しい。
一方で、生き延びようと隊長にへつらうユダヤ人の様も惨めである。
私的にはもうちょっとドラマティックに描いて欲しかった気がするが、実話が元なのでドラマティックというのはいささか不謹慎かも知れない...
「青い棘」で破滅へと向かう多感な青年を演じたお洒落なアウグスト・ディールが、収容所の囚人服に身を包み汚い役もまた似合っている。
隊長フリードリヒ・ヘルツォークを演じたデーヴィト・シュトリーゾフは一度見たら忘れられないBabyfaceなのだが、こういったナチの悪者も似合うなぁ。
サリー役のカール・マルコヴィクスは初めてお目にかかったオーストリア俳優で、適役で存在感あり。
最初のシーンと、最後のシーンにしか女性は出て来ない。ラスト、モンテカルロのビーチでタンゴを踊るシーンはナイス!
邦題の「ヒトラーの〜」は余計な気がするが...原題は英語タイトルと同じく“偽造者”。
1/19より日比谷シャンテで公開される。
九段会館にて...
a0051234_23184437.jpg

[PR]
by margot2005 | 2008-01-11 23:45 | ドイツ | Trackback(29) | Comments(12)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6666767
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ラムの大通り at 2008-01-12 10:46
タイトル : 『ヒトラーの贋札』
※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:Die Fascher) -----ヒトラー? ということは、またドイツ映画かニャ? 「うん。これを観ると 映画の題材というのは、 まだまだ転がっているんだなと思ったね。 舞台は第二次世界大戦中のザクセンハウゼン強制収容所。 そこに各地の収容所からユダヤ系の技術者たちが運ばれてくる。 彼らに課された使命は“完璧な贋札”作り。 ナチス・ドイツは、大量のポンド紙幣贋造を行なうことで イギリス...... more
Tracked from EDITOREAL at 2008-01-14 21:51
タイトル : 感想/ヒトラーの贋札(試写)
世界中に深いドラマが埋もれているなぁ! 『ヒトラーの贋札』1月19日公開。紙幣やパスポートの偽造でならしたユダヤ人サリーは、ベルリンで逮捕されてしまう。連行されたそこは、強制収容所だった。やがて彼はザクセンハウゼンへと移送され、そこで贋札作りを命じられる。自らの命を守るために贋ポンドを完成させたサリーほかユダヤ人技術者たち。しかしそれはナチスを助ける行為であり、すなわち同胞が依然虐殺され続けることを意味していた。 ヒトラーの贋札 / THE COUNTERFEITERS 世界最大の紙幣偽造事件...... more
Tracked from 江戸っ子風情♪の蹴球二日.. at 2008-01-20 01:12
タイトル : ヒトラーの贋札
 ドイツ&オーストリア  ドラマ&サスペンス&戦争  監督:ステファン・ルツォヴィツキー  出演:カール・マルコヴィクス      アウグスト・ディール      デーヴィト・シュトリーゾフ      マリー・ボイマー 【物語】 第二次世界大戦の最中、ナ....... more
Tracked from 辛口だけれど映画が好きです at 2008-01-20 23:19
タイトル : ヒトラーの贋札
ヒトラーの贋札Die Faelscher(2007年/オーストリア・ドイツ/ステファン・ルツォヴィツキー監督/公式サイト)「贋札王」と呼ばれたユダヤ人の男は強制収容所に送られ、他のユダヤ人技術者と共にナチスから贋札...... more
Tracked from レザボアCATs at 2008-01-26 22:39
タイトル : 10●ヒトラーの贋札
ベルンハルト作戦、ナチスによる贋札製造事件を描いた重厚なドラマ。だけど、想像するよりずっと爽やかな後味の良い佳作だ。オススメです!... more
Tracked from 映画のメモ帳+α at 2008-01-28 00:56
タイトル : ヒトラーの贋札
ヒトラーの贋札(2007 ドイツ・オーストリア) 原題   DIE FALSCHER / THE COUNTERFEITER (英題)   監督   ステファン・ルツォヴィツキー       原作   アドルフ・ブルガー 『ヒトラーの贋札 悪魔の工房』    脚色   ステファン・ルツォヴィツキー      撮影   ベネディクト・ノイエンフェルス                   音楽   マリウス・ルーランド                出演   カール・マルコヴィクス アウ...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2008-02-03 12:39
タイトル : 【2008-18】ヒトラーの贋札(にせさつ)(Die F..
人気ブログランキングの順位は? 国家による史上最大の紙幣贋造事件 その隠された真実 成功すれば同胞への裏切り 失敗すれば死 完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか── ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造....... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-02-05 19:53
タイトル : ヒトラーの贋札
 『完璧な贋札。 それは俺たちの命を救うのか。 それとも奪うのか──』  コチラの「ヒトラーの贋札」は、1/19公開となった"ナチス・ドイツが行った国家による史上最大の紙幣贋造事件。この驚くべき歴史的事実に隠された、ユダヤ人技術者たちの正義をかけた闘いの物語...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2008-02-06 22:36
タイトル : 「ヒトラーの贋札」 生き抜くことの行為への誇り
第二次世界大戦、ナチスドイツは「ベルンハルト作戦」を展開しました。 これはイギリ... more
Tracked from 豆酢館 at 2008-02-12 17:23
タイトル : 史実の裏側の物語―「ヒトラーの贋札」Part2
史実の裏側には、いつだって人間存在の真理が潜んでいる。... more
Tracked from 利用価値のない日々の雑学 at 2008-02-17 23:04
タイトル : ヒトラーの贋札
今までその名称くらいしか存知得なかった「ベルンハント作戦」だが、謀略工作の専門家アルフレート・ナウヨックス親衛隊少佐が発案し、書類偽造課長ベルンハルト・クリューガー親衛隊少佐が指揮・実行した。その名前をとってこの作戦名が付いたということも全く知らなかった。この映画作品にあめように、のはザクセン・ハウゼン強制収容所に集められたユダヤ人技術者たちが実際に贋造した。1944年までに贋造された額はポンド札で1億3200万ポンドという驚きべき数字でに上り、その量は当時の全流通量の約10%に相当したという。約50...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2008-02-24 12:01
タイトル : 映画『ヒトラーの贋札』を観て
8.ヒトラーの贋札■原題:DieF&lauml;scher(英題:TheCounterfeiters)■製作年・国:2006年、オーストリア■上映時間:96分■日本語字幕:佐藤一公■鑑賞日:1月19日、シャンテシネ(日比谷)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ステファン・ル...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2008-02-27 21:42
タイトル : ヒトラーの贋札
造らなければ死、造ればそれは家族や同胞への裏切り。彼らの命をかけた選択とは__。 アカデミー賞外国語映画賞受賞おめでとうございます! 第二次世界大戦の直後、モナコのモンテカルロ。サリーことサロモン・ソロヴィッチ(カール・マルコヴィクス)が豪華なホテルに...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2008-02-29 00:25
タイトル : ヒトラーの贋札 ☆第80回アカデミー賞外国映画賞受賞作品
   第80回アカデミー賞 外国映画賞受賞作品   アカデミー賞受賞ということもあるので、他の映画紹介を飛ばしてこの作品のレビューを書く事にしました。2月5日、京都シネマにて鑑賞。平日にもかかわらず、大勢のお客さんなので驚きアカデミー賞にノミネートされていたこともあってかその辺はどうか分かりませんが・・・・。   まさか贋札偽造まで行われていたなんて、本当に驚きですナチス・ドイツで思い出すのは、アウシュビッツ強制収容所でのユダヤ人大量虐殺です。残虐なイメージが今も人々の脳...... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2008-03-02 13:10
タイトル : 囚人たちの心の温度差。『ヒトラーの贋札』
第二次世界大戦中のドイツ、ザクセンハウゼン強制収容所で行われていた実在の事件を題材に描かれた作品です。... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-03-03 09:25
タイトル : 戦争が終わったら〜『ヒトラーの贋札』
 DIE FALSCHER  THE COUNTERFEITER  第二次大戦中、ナチス・ドイツによって行われた、国家による史上最大の大量贋札 偽造事件「ベルンハルト作戦」。強制収容所で贋札作りに従事させられたユダヤ...... more
Tracked from とんとん亭 at 2008-03-26 20:01
タイトル : ヒトラーの贋札
「ヒトラーの贋札」 2008年 独/墺 ★★★★ 第二次終戦後、かつて贋札作りの達人サリー(マルコヴィックス)は、大金を持ち、モナ コの海辺のホテルへ現れる。ホテルの金庫に金を預け、華やかなカジノへと・・・。 そこで、目が合った令嬢と一夜を共にす...... more
Tracked from C'est Joli at 2008-04-08 23:24
タイトル : ヒトラーの贋札
ヒトラーの贋札'06:ドイツ・オーストリア ◆原題:E FALSCHER/THE COUNTERFEITER◆監督:ステファン・ルツォヴィッキー(アナトミー)◆出演:カール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ、アウグスト・ツィルナー、マルティン・ブラムバ...... more
Tracked from <花>の本と映画の感想 at 2008-05-23 20:28
タイトル : 映画「ヒトラーの贋札」
ヒトラーの贋札   映画館にて鑑賞 監督 ステファン・ルツォヴィツキー 出演 カール・マルコヴィクス アウグスト・ディール デーヴィト・シュトリーゾフ 2007年 1936年、パスポートの偽造を頼まれた女性と一夜を過ごしていたサリーは、警察官に捕まりユ... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-07-17 10:41
タイトル : 「ヒトラーの贋札」
ヒトラーの贋札東宝このアイテムの詳細を見る 第二次世界大戦中、ナチスはイギリスの経済を混乱に陥れるため精巧な贋ポンド札の 製造を計画する。この“ベルンハルト作戦”のため、ザクセンハウゼン強制収容所には、 世界的贋作師サリー(カール・マルコヴィクス)、印刷技師ブルガー(アウグスト・ディール) などユダヤ系の技術者たちが集められた。収容所内の秘密の工場で、ユダヤ人で ありながら破格の待遇を受け、完璧な贋ポンド札作りに従事することになったサリーたち。 しかし彼らは、自らの延命と引き替えに同胞を苦しめるナチス...... more
Tracked from Big Screen at 2008-07-20 20:47
タイトル : ヒトラーの贋札
○ヒトラーの贋札(2007)/DIE FALSCHER/THE COUNTERFEITER ○2007年ドイツ・オーストリア/96min/公開2008.1.19(クロックワークス) ○ドラマ/サスペンス/戦争[◆◆◆◆◆◇]5/6 1959年にオーストリアの湖で大量の贋ポンド札がみつかりました。これがナチスドイツがイギリスの経済を混乱に巻き込もうとした「ベルンハルト作戦」のものであることがわかり、その後色々なスパイ小説などの題材になったとのことです。 この作品は、実際にこの贋札を強制的に作らさ...... more
Tracked from Have a movie.. at 2008-07-24 00:43
タイトル : ヒトラーの贋札
正義か、生きる道か … 極限状況下でどちらを選択すべきか…軽々しく天秤に掛けられない深刻で複雑なジレンマと闘いながら彼らはいかにその日その日を生きたか。生き残った印刷技術士アドルフ・ブルガー氏の著書をベースにフィクションを加え強制収容所でのユダヤ人同...... more
Tracked from サムソン・H・トマトマス.. at 2008-10-13 00:01
タイトル : ヒトラーの贋札
    = 『ヒトラーの贋札』  (2007) = 1936年、ベルリン。 パスポートや紙幣など、偽造のプロとして身を立てていたサロモン(カール・マルコヴィックス)は、ある日、犯罪捜査局に捕らえられる。 サロモンは、犯罪者の送られる刑務所ではなく、ユダヤ人を対象としているマウトハウゼン強制収容所に収監される・・。 {{{: 製作国/ドイツ : オーストリア  Falscher, Die  (96分) 監督: ステファン・ルツォヴィツキー 製作: ヨゼフ...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-10-16 06:56
タイトル : 『ヒトラーの贋札』'07・独・オーストリア
あらすじ第二次世界大戦中のドイツ。ユダヤ人強制収容所の一画に、各地から集められた職人たちが働く秘密工場があった。パスポートや紙幣の偽造で逮捕されたサリーは、そこでかつて自分を逮捕したヘルツォークが、大量の贋ポンド紙幣をばら撒き、イギリス経済を混乱させる...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-08-14 21:37
タイトル : 『ヒトラーの贋札』を観たぞ〜!
『ヒトラーの贋札』を観ました国家による史上最大の贋札(がんさつ)事件と言われる、“ベルンハルト作戦”を題材にしたヒューマンドラマです>>『ヒトラーの贋札』関連原題: DIEFALSCHER    THECOUNTERFEITERジャンル: ドラマ/サスペンス/戦争上映時間: 96分...... more
Tracked from piece of lif.. at 2010-10-18 14:51
タイトル : ヒトラーの贋札
ヒトラーの贋札 2007年公開(日本では2008年公開)のドイツ・オーストリアの共同制作映画です。 内容は、 第二次世界大戦中のドイツ・ザクセンハウゼン強制収容所。 ナチス・ドイツがイギリスの経済混乱を狙って企てた 「ベルンハルト作戦」により、 ここに送られた者たちがいた。 贋作師のサリーに印刷技師のブルガー、 そして美校生のコーリャなどユダヤ系の技術者たち。 彼らは“完璧な贋ポンド札”を作ることを命じられる。 初めこそ成功しつつあったこの贋札作り。 だがやがて、彼らは自...... more
Tracked from piece of lif.. at 2010-10-20 08:05
タイトル : ヒトラーの贋札
ヒトラーの贋札 2007年公開(日本では2008年公開)のドイツ・オーストリアの共同制作映画です。 内容は、 第二次世界大戦中のドイツ・ザクセンハウゼン強制収容所。 ナチス・ドイツがイギリスの経済混乱を狙って企てた 「ベルンハルト作戦」により、 ここに送られた者たちがいた。 贋作師のサリーに印刷技師のブルガー、 そして美校生のコーリャなどユダヤ系の技術者たち。 彼らは“完璧な贋ポンド札”を作ることを命じられる。 初めこそ成功しつつあったこの贋札作り。 だがやがて、彼らは自...... more
Tracked from ノルウェー暮らし・イン・.. at 2010-11-11 02:47
タイトル : 「ヒトラーの贋札」ゆかりの地をたずねて
ゆかりの地・・・・・と言うには抵抗のある場所、アウシュビッツ。 本当は「シンドラーのリスト」を見てから、旅に出たかったんだけど、手元にDVDがなく、今回は「ヒトラーの贋札」をチョイス。 正義と命の狭間で揺れる、極限状態の男たちの生き様を見た。... more
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2011-06-06 23:29
タイトル : ヒトラーの贋札
国家による史上最大の贋札(がんさつ)事件と言われる、“ベルンハルト作戦”を題材にしたヒューマンドラマ。監督はステファン・ルツォヴィツキー、キャストはカール・マルコヴィクス、アウグスト・ディール、デーヴィト・シュトリーゾフ他。 <あらすじ> 1936年のドイツ...... more
Commented by JT at 2008-01-12 13:39 x
おお!1週早いと思ったら九段会館で試写会ですか~?
しかし、こういう作品をみると(ってまだみてないんですが)戦時中ってなにがあってもおかしくないんだっていうのを実感しますね。
原作者が主人公なんですか・・・つらい体験だと思いますが、
やはりこういう体験をすると、戦争の残酷さを後世にきちんと伝えておかなければと思うんでしょうね。
予告編をみた感じではかなりシビアな内容なんだろうなと思ってましたが、見逃したくない作品です。
Commented by margot2005 at 2008-01-12 20:31
JTさん、こんばんは!
おぉ!で初試写行ってきましたの。
そうですね。戦時中って何があってもおかしくない...狂気の世界でしょうか?
原作者は印刷技師のブルガーなので、戦争が終わった後のサリーの描き方は想像でしょうか?でもそれもとてもgoodでしたわ。
とてもシビアな内容で淡々とストーリーは進んで行きますが、backに流れるオペラがマッチして良かったです。さすがドイツ映画!ですね。
是非ご覧下さいましな。
Commented by D at 2008-01-13 10:17 x
すっかり遅くなりましたが、あけましておめでとうございます!

レビューを読んで、観たくなりました
昨年は「善き人のためのソナタ」で、またヨーロッパ作品の良さを実感した私です
どうぞ今年もよろしくお願いします
Commented by margot2005 at 2008-01-13 19:36
Dさん、こちらこそ今年もヨロシクでございます!
最近ドイツ映画を観る機会が増えました。
昨年ドイツ映画祭に初めて行って...(1本しか観てないのですが...)これからもドイツ映画観て行きたいと思っています。
「善き人のためのソナタ」は素敵な作品でしたね。
Commented by MACHI at 2008-01-15 10:14 x
もしかして、同じ日の試写会でしょうか。接近遭遇していたのですね。
最近ドイツ映画も、いい作品が増えてきましたね。
Commented by margot2005 at 2008-01-16 00:23
MACHI さん、こんばんは!
多分同じ日に九段にいたのでしょうかしら??
今年のドイツ映画祭楽しみになりましたわ。
Commented by とらねこ at 2008-01-26 22:46 x
こんばんは、margotさん。
収容所内の話を描いた作品だったのに、収容所とは一風変わった環境のユダヤ人を描いていて、自分には面白かったです。
Commented by margot2005 at 2008-01-27 20:59
とらねこさん、こんばんは!
収容所は収容所でも彼らの収容された所は快適だったのですね?
ラスト同じユダヤ人から殺されそうになるシーンはなんか辛かったですわ。ドイツ映画には素晴らしい作品が多く、これからも期待したいです!
Commented by JT at 2008-07-20 21:00 x
コメントさせていただいてから半年後やっと見ることができました。
さすがにアカデミー賞で外国語映画賞を取っただけの事はありました。
サリー役のカール・マルコヴィクスはとても印象にのこる役者ですね。
ただ、ドル札を作る時サボタージュしたという肝心なところがフィクションだと知ってちょっとハテナマークになってしまいましたが・・・
実話をもとにしてる作品の難しいところですよね。
そして、靴の性能を調べるためにひたすら走らされていた囚人もいたなんて、
人間はなんでこんなにひどいことができるのかなと、やるせない気持ちでいっぱいです。
Commented by margot2005 at 2008-07-21 23:56
JTさん、こんばんは!
今年初の試写映画でしたが、最近DVDになる(ならないものはならないけど...)の早いですね?
カール・マルコヴィクスは適役でしたね。とても印象に残る良い俳優だと思います。
靴の性能を調べるためにひたすら靴を履く...辛いですよね?
21世紀の今現在でも繰り返される醜い殺戮...人間てどこまでもひどい事が出来るんなんてとても耐えられないですが、人間だからこそ出来るというのも現実で哀しいことです。
最近ドイツ映画を観る機会が増えましたが、どの作品も見応えがあり、次に観るドイツ映画が楽しみです。
Commented by fizz♪ at 2008-07-24 00:54 x
margotさん、こんにちは~
ついさっき地震で関東も揺れたと報道されましたが、大丈夫ですか?
怖いです…
ホロコーストものの中では凄惨なシーンも少なくて観やすかったです。
人間はどこまで残酷になれるんでしょうね…戦争ものを観るたびに苦しいです。
本物のブルガー氏はサボタージュしなかったそうですが、サリーはあの後どうしたんでしょう。
さてアウグスト・ディール、もっと映画に出てほしいです♪
Commented by margot2005 at 2008-07-27 19:46
fizz♪さん、いつもコメントありがとうございます!
地震までご心配いただいて...都内は震度3で揺れましたが大丈夫でしたね。
東京にもそのうち大きな地震が来ないかと心配ですね。地震はほんと怖いです。
さて、そうそうコレはホロコーストもの的には残虐なシーンはありませんでしたね。
過去にホロコースト映画は色々と観ていますが、どれもこれも悲惨極まるモノばかりで、しかし本国ドイツが製作だと、やはり悲惨極まる世界では描きたくないのでしょう。
サリーのあの後気になりますね?あの女性と幸せに暮らしていたりして...
アウグスト・ディールの映画は日本ではやはり公開がないですね。
「青い棘」のような映画の役はとても似合うのですが...
<< 「街のあかり」 今年初映画...「迷子の警察音楽隊」 >>