「サラエボの花」

a0051234_014244.jpg「Grbavica」...aka「Grbavica: The Land of My Dreams」 2006 ボスニア・ヘルツェゴビナ/オーストリア/ドイツ/クロアチア
ベルリン国際映画祭、金熊賞(グランプリ)、エキュメニカル賞、平和映画賞受賞作品(2006年度)。
監督、脚本はボスニア・ヘルツェゴビナ出身のヤスミラ・ジュバニッチ。
ヒロイン、エスマにユーゴスラビア、ベオグラード出身のミリャナ・カラノヴィッチ。
エスマの娘サラにボスニア・ヘルツェゴビナ出身のルナ・ミヨヴィッチ。
ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボのグルバヴィッツァ地区を舞台に描く、母と娘のヒューマン・ドラマ。
a0051234_016082.jpg

サラエボのグルバヴィッツァ地区に住むシングル・マザーのエスマ(カラノヴィッチ)。彼女には12才の一人娘サラ(ミヨヴィッチ)がいる。母エスマは娘には決して話せない過去を背負って生きていた。
生活のため、ナイトクラブで働き、ボスニア・ヘルツェゴヴィナの内戦で心と身体に傷を持った女性たちが集まるセラピーにも参加する日々。
サラの学校で修学旅行が計画される。しかし費用を捻出する事が出来ないエスマ。
シャヒード (殉教者=信仰、祖国、思想など、何かの大義に殉じた人) の遺児であれば、費用は免除される。父親がシャヒード であることの証明を提出して欲しいと母に依頼するサラだが、母は聞く耳を持たない。
一方で同級生であるシャヒードの遺児サミル(ケナン・チャティチ)より、父親の事を聞かれたサラだが何一つ答える事が出来ない。頑に父親の事を話さない母エスマにサラは不信感を抱き始めるのだった...
a0051234_0154312.jpg

中盤くらいでエスマの秘密がなんとなく解って来て、後の展開が興味深くなる。
エスマがラストで、セラピー仲間の女性たちの前で、今まで語らなかった過去を話始めるシーンは辛い。
サラ役のルナ・ミヨヴィッチが体当たり演技をしていて素晴らしい。
かつてユーゴスラビア連邦共和国という国があった。映画の中で、ヒロインが女性たちと“チトー万歳!”という台詞(字幕)があるが、一時期チトーという大統領が存在した国であった。
戦争の犠牲となって死んで行く男...しかしその戦争による犠牲を背負って行きて行かなくてはならない女と子供がとても哀れである。
この映画を観て、テーマもストーリーも違うが「題名のない子守唄/2006」を思い出してしまった。
岩波ホールにて...
a0051234_0152773.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-12-07 00:56 | ヨーロッパ | Trackback(19) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6532446
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2007-12-08 02:07
タイトル : サラエボの花
12歳のサラと、その母のエスマは、二人で、ボスニア・ヘルツェゴビナの首都、サラエボで生活しています。女手一つで二人の生活を支えているエスマですが、生活は厳しく、エスマは、少しでも良い収入を求めて深夜までナイトクラブで働いています。そんな生活の疲れが溜まり、エスマ... more
Tracked from Kozmic Blues.. at 2007-12-09 23:15
タイトル : (今日の映画)サラエボの花
サラエボの花 (2006/ボスニア・ヘルツェゴヴィナ=オーストリア=独=クロアチア) GRBAVICA: THE LAND OF MY DREAMS ... more
Tracked from ラムの大通り at 2007-12-11 09:20
タイトル : 『サラエボの花』
※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 (原題:CRBVICA) ----今年、ボスニアをテーマにした映画って多くニャい? 「『あなたになら言える秘密のこと』『こわれゆく世界の中で』、 そしてこの『サラエボの花』。 そのいずれも銃弾が飛び交う戦時下を描いたものではなく、 その地獄を経験した女性たちの<現在>が描かれている」 ----今回は、外から見た視線じゃなくて サラエボ生まれの女性監督作品だよね。 「そうだ...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2008-01-03 14:42
タイトル : サラエボの花
我が子は宝物。... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-01-05 20:12
タイトル : サラエボの花
 『母娘、 真実を 生きてゆく』  コチラの「サラエボの花」は、12/1に公開された"ボスニア紛争から10余年、かつての戦火の街サラエボで、秘密を抱える母と真実に向き合う娘の、再生と希望の物語"なんですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  2006年のベルリン国際映画祭....... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2008-01-06 01:43
タイトル : 『サラエボの花』 Grbavica
ひっそりと静かに大地に咲く母性の花。 サラエボのグルバヴィッツァ地区でシングル・マザーのエスマは12歳の娘サラと2人で暮らしていた。1992年から3年半の間続いたボスニア紛争は、死者20万人、難民・避難民200万人を生んだ欧州での戦後最悪の紛争であった。ムスリム系、クロアチア系(カトリック)と、セルビア系(正教)の対立が火種。その紛争の不条理さをユーモラスに描いたエミール・クストリッツァの『ライフ・イズ・ミラクル』やダニス・タノヴィッチの『ノー・マンズ・ランド』を思い出す。そして、このたびは同じ...... more
Tracked from ゆるり鑑賞 Yururi.. at 2008-01-17 23:30
タイトル : サラエボの花
監督:ヤスミラ・ジュバニッチ (2006年 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ/オーストリア/ドイツ/クロアチア) ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボ。12歳の娘サラ(ルナ・ミヨヴィッチ)と 2人で暮らしていぎ..... more
Tracked from Big Screen at 2008-01-26 10:59
タイトル : サラエボの花
○サラエボの花/GRBAVICA/GRBAVICA: THE LAND OF MY DREAMS ○2006年ボスニア・ヘルツェゴヴィナ/オーストリア/ドイツ/クロアチア ○95min/ドラマ/PG-12/[◆◆◆◆◆◇]5/6 ○2007.12.01公開(アルバトロス・フィルム=ツイン) 最も愛すべきものの中に、最も憎むべきものが存在することよりも過酷な事があるでしょうか。最愛のものに忌まわしい過去の記憶が埋め込まれていて、篤く抱きしめれば抱きしめるほど、その記憶が鮮明になるとしたら、こ...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-01-31 13:50
タイトル : 泣きなさい、笑いなさい〜『サラエボの花』
 GRBAVICA 「私を捨てるんでしょ?」「お前を捨てない、絶対に。何があっても」  疲れた表情で、目を閉じた「眠れる美女」たち。一人の女性にカメラがフォーカス し、決意したように彼女は目を開ぎ..... more
Tracked from 俺の明日はどっちだ at 2008-02-22 16:31
タイトル : 「サラエボの花 」  GRBAVICA: THE LAN..
昔々、ちょうどインデペンデント紙 ( The Independent ) が創刊された頃にイギリスで居住者として新聞を読んでいて、一番印象深かったのは外交や海外ニュースの扱いの多さだった。 とにかく日本の新聞とは比較にならないその情報量の多さに圧倒され、こうした日頃の環境の違いが、やはり世界を考えたときにその捉え方に大きく影響するんだろうなあと強く強く実感したものだった。 そして今、コソボがセルビアから独立するという新たなる展開となり、日本の新聞等でもそれなりに報道されているものの、自分を含めて多く...... more
Tracked from 日々のつぶやき at 2008-03-22 15:10
タイトル : 【サラエボの花】
監督:ヤスミラ・ジュバニッチ 出演:ミリャナ・カラノヴィッチ、ルナ・ミヨヴィッチ 「ボスニアヘルツェゴヴィナ、シングルマザーのエスマは深夜クラブのウエイトレスなどで何とか娘サラとの暮しを支えてきた。 間もなくサラの修学旅行、シャヒード(殉教者)の遺児... more
Tracked from 映画館で観ましょ♪ at 2008-03-22 22:37
タイトル : 『サラエボの花』 2008-No19
忘れる事ができない辛さや痛み。 その悲しい事実から生まれた愛おしい我が子。 母の愛って凄い。 ボスニア内戦から10余年経ったかつての戦火の街・サラエボ。 ギリギリの暮らしの中で精一杯に脈..... more
Tracked from サーカスな日々 at 2008-06-29 01:17
タイトル : mini review 08306「サラエボの花」★★★..
ベルリン映画祭で金熊賞ほか3部門を受賞し、そのほかの映画祭でも大絶賛されたヒューマンドラマ。ボスニア紛争の傷あとが残るサラエボを舞台に、秘密を抱える母親と驚がくの真実を知らされる娘の再生と希望の物語が展開する。監督はサラエボ生まれのヤスミラ・ジュバニッチ。『ライフ・イズ・ミラクル』のミリャナ・カラノヴィッチが主人公の母親を演じる。重いテーマを提示する一方、人生にもがく登場人物たちを慈愛の眼差しでとらえた新進女性監督の手腕に注目だ。[もっと詳しく] 民族浄化の内戦を、くぐりぬけてきた女たち。 19...... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2008-09-09 00:11
タイトル : 「サラエボの花」
ボスニア・ヘルツェゴヴィナの首都サラエボ。女性たちの集団セラピーに通いながら12歳の娘サラ (ルナ・ミヨヴィッチ)と2人で暮らしているシングルマザーのエスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)。 生活は苦しく、子どもがいることを隠してナイトクラブで深夜まで働く日々。一方、父親が シャヒード(殉教者)であることを誇りに思っている活発な少女サラは、サッカー中のケンカが きっかけとなり、同じシャヒードの遺児、サミル(ケナン・チャティチ)と友情を深めていく。 そんな中、サミルから父の最期を訊かれ、何も答えられなかった...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-12-07 01:31
タイトル : <サラエボの花> 
2006年 ボスニア・ヘルツェゴビナ オーストリア ドイツ クロアチア 95分 原題 Grbavica 監督 ヤスミラ・ジュバニッチ 脚本 ヤスミラ・ジュバニッチ 撮影 クリスティーン・A・メイヤー 出演 ミリャナ・カラノヴィッチ  ルナ・ミヨヴィッチ  レオン・ルチェフ    ケナン・チャティチ  ヤスナ・オルネラ・ベリー ... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2009-01-25 22:47
タイトル : 『サラエボの花』'06・ボスニア・ヘルツェゴビナ・墺・独..
あらすじ12歳の娘サラ(ルナ・ミヨヴィッチ)と、つましく暮らすエスマ(ミリャナ・カラノヴィッチ)は、修学旅行を楽しみにするサラのため、旅費の調達に奔走している。そんな中、戦死者の遺児は修学旅行費が免除されると知ったサラは戦死したと聞かされていた父親の戦...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-10-30 22:35
タイトル : 『サラエボの花』を観たぞ〜!
『サラエボの花』を観ました第二次世界大戦後のヨーロッパで最悪の紛争となったボスニア・ヘルツェゴヴィナの内戦によってもたらされた深い爪痕に苦しむ母娘の再生と希望の物語を描く衝撃と感動のヒューマン・ドラマです>>『サラエボの花』関連原題: GRBAVICA    GR...... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-09-15 09:31
タイトル : 『サラエボの花』
傷だらけのサラエボに咲いた花 故郷の歌を口ずさむ、その時が来るまで 『サラエボの花』 2006年/ボスニア・ヘルツェゴビナ、墺、独、クロアチア/95min 監督・脚本:ヤスミラ・ジュバニッチ 出演:ミリャナ・カラノヴィッチ 許しでもなく復讐でもない。 彼女はた... more
Tracked from まてぃの徒然映画+雑記 at 2010-09-16 23:30
タイトル : サラエボの花 GRBAVICA
ボスニア・ヘルツェゴビナで起こった悲劇。シングルマザーのエスマは、娘のサラと二人暮らし。サッカーで男子生徒と張り合うサラの一番の楽しみは、もうすぐ出かける修学旅行。戦死...... more
Commented by JT at 2007-12-08 17:41 x
こんにちはー、今日は久々にゆっくり休んでいま~す。

>テーマもストーリーも違うが「題名のない子守唄/2006」を思い出してしまった。

結末は分からないなりにも、私もmargotさんのレビューを読みながら「題名のない子守唄」と「カルラのリスト」を思い出しました。こういった傷跡がどんどん映画化されていますが、よーく目を開けてみないといけないんでしょうね。
一番下の写真は、エスマ役のミリャナ・カラノヴィッチなのでしょうか?
なんか写真を見ただけで、重たいものを抱えてる感じがわかりますね。
Commented by margot2005 at 2007-12-08 22:26
J.T.さん、こんばんは!
私も本日家に籠っておりますわ。
12月に入って一年で一番忙しい日々となったのですが、仕事でストレス溜まるので、忙しくなると益々映画に逃避したくなって困ります。
今年、後、何回?シアターに足を運べるかなんて数えたりして...
岩波ホールは仕事&家の沿線で便利なので仕事帰りに観て来ました。
平日なのでシアターがらがらでした。
機会があればご覧くださいまし。
そうそうエスマ役のミリャナ・カラノヴィッチです。ナイス キャストでしたね。
「題名のない子守唄」と同じく辛くって、辛くって...
ジョン・レノンの命日にちなんで“War is over if you want too 〜”を聞きたくなりましたわ。
Commented by kimion20002000 at 2008-06-30 01:13 x
TBありがとう。
ルナ・ミヨヴィッチは、セルビア人女性ですからね。どちらかというと、セルビア人の陵辱が多く伝えられていますから、2重に複雑な気持ちで、役に立ち向かったんでしょうね。
Commented by margot2005 at 2008-07-03 00:32
kimion20002000さん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!
戦争による悲劇を体験した女性は他者には想像ができないくらい辛いものがあるかと思えますが、それを訴える素晴らしい作品でした。
<< 「ある愛の風景」 「やさしくキスをして」 >>