「やさしくキスをして」

「A Fond Kiss...」...aka「Just a Kiss」2004 UK/ベルギー/ドイツ/イタリア/スペイン
監督は「麦の穂をゆらす風/2006」「明日へのチケット/2005」のケン・ローチ。
a0051234_1394683.jpg

主演は映画の舞台となる、スコットランド、グラスゴー出身のアッタ・ヤクブと、アイルランド、ダブリン出身のエヴァ・バーシッスル。バーシッスルは「プルートで朝食を/2005」に出演している。
撮影時、二人とも無名の俳優だったそう。
a0051234_140165.jpgアッタ・ヤクブはアルマーニのパートタイム・モデルでもあったらしくて中々のイケメン。

スコットランド、グラスゴーを舞台に、パキスタン移民のイスラム教徒である男と、カトリックのアイルランド人女性の愛の行方を描いた素敵なヒューマン・ラヴ・ストーリー。

カトリック・スクールに通うタハラ(Shabana Akhtar Bakhsh)はセルティックのファン。同級生はクリスチャン(白人)だらけで“パキ(パキスタン人)パキ”とからかわれる日々。
ある日、妹タハラを学校へ迎えに行ったDJの兄カシム(ヤクブ)は、そこで音楽教師ロシーン(バーシッスル)と出会う。互いに惹かれ合った二人はやがて恋に落ちる。
そして二人きりで過ごすためスペイン旅行に旅立つ。
スペインで愛を確かめ合う二人だったが、ロシーンはカシムより思いもよらぬ告白を受ける。それは親がアレンジしたイスラム教徒の従姉と婚約しているという事実だった...

ケン・ローチってこんなにロマンティックなラヴ・ストーリーを作るなんて以外...まぁテーマは民族と宗教だが...
21世の今、親の決めたフィアンセとの結婚を承諾しなければ、家族とは縁を切る事になる...すっごいナンセンス極まる習わしで理解に苦しむが、映画の中でも語られるように、過去にインドとパキスタンの間に戦争があり、多くの人々が命を落とした。新天地を求めてイギリスにやって来たカシムの両親は、同じ民族同士で、いたわり合い、支え合って生活を送っているという事実。カシムの父親が息子に向かって“白人女はいつお前を捨てるかもしれない、それでも良いのか?”という台詞。哀し過ぎる言葉で辛いものがある。
しかし、民族、宗教を越え愛し合う二人が愛おしい。
とにかくとっても、とっても素敵な、素敵な、お気に入りに入れたい作品。
2005年に一般公開されている。
[PR]
by margot2005 | 2007-12-06 01:45 | UK | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6528846
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2007-12-06 08:53
タイトル : 愛が越えるべきもの〜『やさしくキスをして』
 AE FOND KISS...  スコットランド・グラスゴーの高校。パキスタン移民二世のタハラは「文化のミックス」 である自分に誇りを持って生きている。音楽の臨時教員であるアイルランド系移民 のロシーン(エヴァ・バーシッスル)は、タハラの兄カシム(アッタ・ギ..... more
Tracked from Big Screen at 2008-01-13 16:09
タイトル : やさしくキスをして
○やさしくキスをして/AE FOND KISS... [◆◆◆◆◆◇]5/6 ○104min/イギリス・ベルギー・ドイツ・イタリア・スペイン ○ドラマ・ロマンス/2004年/2005.05.07公開(シネカノン) 作品の内容と題名がなかなか結びつかなかったので、ちょっと調べてみました。 原題は、「AE FOND KISS...」 (「JUST A KISS」という表記はヨーロッパ内での英字題)。見慣れないつづりだけど、スコットランドの方言のようで、ロバート・バーンズ(スコットランドの詩人...... more
Commented by Bianca at 2007-12-06 08:39 x
margotさん、ご無沙汰を。このハンサムな「パキ」男性に反応してしまいました。ロンドン在住のパキスタン人が白人と恋に落ちるのは「マイ・ビューティフル・ランドレット」(これも美青年)にありましたが、それ程絶対数が増えたということもあるのでしょうね。ケン・ローチは他にも異人種間の愛を描いていましたかしら。
Commented by margot2005 at 2007-12-06 22:04
Biancaさん、こんばんは!
こちらこそお伺いしてなくて恐縮しております。
このハンサムなパキに反応していただいて嬉しいですわ。
過去にアルマーニのショーでキャットウオークしていたとの記事(2004)を読みましたが、見たいですね?彼のキャットウオーク...
「マイ・ビューティフル・ランドレット」は見てない気がします。
イギリスはイスラム系多いですよね?ロンドンの街で確認しましたわ。
他に異人種間の愛を描いた作品は知りませんが、彼の作る人間ドラマは素晴らしいと思います。
Commented by JT at 2008-01-13 16:08 x
margotさん、こんにちはー
最近やっとみましたよ。
彼って、アルマーニのモデルもやったんですか~
確かに身長も高いし、ハンザムですよね。アルマーニ好み?(笑)

しかし、結構根が深いストーリーでした~
愛は強しと言えども、自分がカシムだと想像して、
かなり勇気がいりますよ、やっぱり。
しかし、こうした移民の問題がどんどん映画化されるのって、
しばらく続きそうですね。

Commented by margot2005 at 2008-01-13 20:10
JTさん、こんばんは!
素敵な作品ですよね?
これを観た後、アッタ・ヤクブの作品を探してみたのですが、TVやUK映画には出演しているようですが日本で公開されるには至らない作品ばかりのようで残念です。
そう私も自分がロシーンだったらちょっと考えるかも?
昔、大英帝国と呼ばれ山ほど植民地持っていたのですから移民が多いの当たり前ですね。
<< 「サラエボの花」 「マイティ・ハート/愛と絆」 >>