「ほっ」と。キャンペーン

「エリザベス1世 〜愛と陰謀の王宮〜」

a0051234_2352127.jpg「Elizabeth I 」2005 USA/UK
エミー賞を受賞したTV映画。
NHKBSで放送した時見れなくてDVDになったので見る事が出来た。
「クィーン/2006」でエリザベス2世を演じたヘレン・ミレンがエリザベス1世を演じている。
エリザベスの愛人レスター伯ロバート・ラドリー役には「ヴェニスの商人/2004」「華麗なる恋の舞台で/2004」「カサノバ/2005」のジェレミー・アイアンズ。
ラドリーの義理の息子で、やはりエリザベスの若き愛人となるエセックス伯ロバート・デヴァルーに「ルワンダの涙/2005」で海外青年協力隊の英語教師ジョー役で印象深いヒュー・ダンシー。
C・ブランシェットの「エリザベス/1998」ではジョセフ・ファインズがレスター伯を演じている。
監督はトム・フーパー。
a0051234_23503448.jpg

ヘンリー8世とアン・ブーリンの間に生まれたエリザベス(ミレン)は1558年イングランド女王に即位する。
そして20年後、プロテンスタントのイングランドは、スペインやスコットランドなどカトリック勢力に狙われていた。
ある日、やはりカトリック国であるフランスのアンジュー公(Jérémie Covillault)が政略結婚の相手としてやって来る。エリザベスはアンジュー公を気に入り、結婚を望むが、愛人レスター伯(アイアンズ)の反対に合う。
しかしレスター伯には恋人がおり、彼女はレスター伯の子供を身ごもっていた。それを知ったエリザベスは怒り狂いレスター伯を宮殿から追放する。
だが結果的には国民の反対に合い、アンジュー公との結婚はならなかった。
数年後、ローマ教皇から異端者として破門されたエリザベスは、信頼に値するレスター伯を再び宮殿に呼び戻す。
やがて、レスター伯を始めとしたエリザベスの側近は、スコットランド女王メアリー(バーバラ・フリン)を処刑してしまう。
それは、メアリーがイングランド王位継承権を持っている人物であることに所以する。
1588年、スペイン艦隊からの攻撃を受けるイングランドだったが、戦いは勝利に終わる。
戦いから戻って来たレスター伯は、義理の息子エセックス伯(ダンシー)をエリザベスに引き合わせ亡くなるのだった。
年甲斐もなく若きエセックス伯に夢中になって行くエリザベス。
わがまま放題の彼はエリザベスの寵愛を受け、王宮での地位を高めて行くのだった...
a0051234_23505767.jpg

ヨーロッパ歴史もの大好きなので、エリザベスの結婚相手としてのアンジュー公など興味深い。彼はフランス、ヴァロワ家のアンリ2世(マルグリット・ド・ヴァロワ/margotの父親でもある)とカトリーヌ・ド・メディチの一番下の息子。
スコットランド女王メアリーは、やはりアンリ2世とカトリーヌ・ド・メディチの息子フランソワ2世の妻である。
物語の中でも語られるが、小国イングランドを守るため、フランス人と結婚すれば、フランスに吸収される。愛するレスター伯と結婚すればエリザベスは貴族の妻となる。
そういった事が許せなかった(叶わなかった)時代でもある。
政略結婚相手のアンジュー公との出会いは、エリザベスに恋心をかき立てたようだが、それも国のため叶わぬ恋だったのかも知れない。
a0051234_23493953.jpg

エセックス伯の若き恋人に子供が出来た事が解り、エリザベスが怒り狂うシーンがある。1533年生まれのエリザベスに対して、エセックス伯は1566年生まれ。33才年下の愛人だったため、エリザベスは嫉妬に炎を燃やしたことだろう。
a0051234_2350131.jpg

エリザベスを演じたヘレン・ミレンは素敵な女優だ。
若き愛人エセックス伯役のUK俳優ヒュー・ダンシー。
彼は中々キュートで、「キング・アーサー/2004」の役での記憶はないが、「ルワンダの涙」はちょっと前にDVDで見たのでジョー役を思い浮かべてしまった。
1969年にジュヌヴィエーヴ・ビジョルドがアン・ブーリンを演じた「1000日のアン」が又また見たくなってしまった。
ケイト・ブランシェットの出世作となった「エリザベス」の続編、「エリザベス・ゴールデン・エイジ/2007」が日本では来年2月に公開される(予告始まる)予定。
益々楽しみになって来た「エリザベス・ゴールデン・エイジ」。
[PR]
by margot2005 | 2007-11-08 00:50 | USA | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6414495
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画『いつか眠りにつく前.. at 2008-02-20 06:26
タイトル : ヒュー・ダンシーは注目の男優さんです!
'''ヒュー・ダンシー'''は注目の男優さんです・・・とか言うと 今頃気がついたの?と言う方もいらっしゃるかと思います。 そう実は私、この'''『いつか眠りにつく前に』'''で初めて彼を認識したんです。 '''『キング・アーサー』'''も'''『氷の微笑2』'&#0...... more
Commented by JT at 2007-11-08 22:28 x
こんんばんはー
これ、私はTVで見ましたよ~
どちらかと言うと”人間”エリザベス女王をメインに描いた作品でした。
エリザベス1世のヘレン・ミレンとレスター伯ジェレミー・アイアンズの二人、大人の関係を上手く演じていましたね。この作品の前半が好きです。

おっしゃるとおり、私もエリザベス・ゴールデン・エイジが楽しみで仕方ないです!予告編を見る限り、今度のエリザベス1世はダイナミックな作品になってそうな予感。
Commented by margot2005 at 2007-11-10 01:19
J.T.さん、こんばんは!
TVでご覧になってたんですね。
人間エリザベス...そう女王というより、恋(愛)に翻弄される一人の女性って感じで中々素敵に描かれてました。
ヘレンとジェレミーのコンビはgoodでしたね。

「エリザベス・ゴールデン・エイジ」のC・ブランシェット。
予告しか見てないので何とも言えませんが、パワフルなエリザベスが描かれていそうでとっても楽しみです!!
<< 「タロット・カード殺人事件」 「フリーダム・ライターズ」 >>