試写会にて...「題名のない子守唄」

a0051234_020840.jpg「La Sconosciuta」2006 イタリア
会場でもらったチラシのタイトル...“イタリア・アカデミー賞 主要5部門独占!
母性を宿したすべての女性に贈る衝撃の感動作”
a0051234_048038.gif

GWに有楽町で開催されたイタリア映画祭で予告を観て以来、観たいなと思っていたら、運良く試写会のチケットをゲット。虎ノ門のニッショー・ホールで観てきた。
完全なる女性映画だが、カップルもいた。
このような作品男が観てもつまらないと思うが...
監督は「ニュー・シネマ・パラダイス/1989」「みんな元気/1990」「海の上のピアニスト/1999」「マレーナ/2000」のジュゼッペ・トルナトーレ。
上に書いたトルナトーレ作品の中で、マルチェロ・マストロヤンニ主演の「みんな元気」はお勧めである。
主演のイレーナにロシア出身のクセニア・ラパポルト。
アダケル夫人に「パッション/2004」のクラウディア・ジェリー二。
イレーナの弁護士役で 「カイマーノ/2006」のマルゲリータ・ブイが出演している。
音楽はエンリオ・モリコーネ。
原タイトルは「見知らぬ人」。
a0051234_021343.jpg

北イタリア、トリエステにやって来たウクライナ出身のイレーナ(ラパポルト)。彼女は貴金属商を営む裕福なアダケル家のメイドになる。そしてイレーナはアダケル家の真向かいのアパートに部屋を借り、裏窓から夜な夜なアダケル家を盗み見していた。
暗く、忌まわしい過去を持つイレーナはやがてアダケル家の一人娘テア(クララ・ドッセーナ)に近づいて行く...
a0051234_048238.jpg

イレーナの過去と現在をかぶらせながらストーリーは展開して行く。最初イレーナの目的は何なのだろうか?と、とても興味深い。中盤近くになってやっとイレーナの目的が解る。
ストーリーを盛り上げるバック・ミュージックが少々強烈な感じもするが、イレーナの凄まじいことこの上ないスゴイ過去を描くにはアレで良いのかな?と観終わって納得。
全体的に暗い、暗いイメージの作品であるが、希望を感じるラストは良かった。
同じ女性(母)として、こんなにまで過酷で強烈な人生を歩まなければならなかったイレーナが哀れでならない。
この映画とにかくスゴイ作品!
主演のクセニア・ラパポルトの演技にはスゴイものがある。
9/15よりシネスイッチ銀座他で上映。
[PR]
by margot2005 | 2007-09-05 00:58 | イタリア | Trackback(38) | Comments(14)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/6116413
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from APRIL FOOLS at 2007-09-12 23:50
タイトル : 感想/題名のない子守唄(試写)
この愛は刺さったよ! 『題名のない子守唄』9月15日公開。トリエステへとやってきたイレーナは、ある家を狙うかのように使用人として潜り込む。隙をみて家捜しをし、幼いお嬢さんに執拗なしつけをする。やがて明らかになるイレーナの目的と真実とは。 題名のない子守唄:ジュゼッペ・トルナトーレ監督 最新作 序盤からいわくありげなフラッシュバックが次々と差し込まれ、なにやら壮絶そうな過去が強烈に焼き付けられる。病的に何かに衝き動かされているイレーナの、その何かが気になって最後まで気を許せない展開。後からわかる...... more
Tracked from ポコアポコヤ 映画倉庫 at 2007-09-14 22:15
タイトル : 「題名のない子守唄」感想 ショッキングでした・・
マレーナ以来6年ぶりのジュゼッペ・トルナトーレの新作。 ハラハラドキドキしっぱなしでした。音楽もサスペンスを異様に盛り上げ、最初から何度も、いわくありげなフラッシュバックが挿入されて、イレーナの過去が段々明か... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-09-16 13:36
タイトル : 題名のない子守唄
ジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作は哀しくも強い母性を感じるミステリー... more
Tracked from Sweet* Days** at 2007-09-16 17:59
タイトル : 『題名のない子守唄』
監督:ジュゼッペ・トルナーレ CAST:クセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド 他 北イタリアの街に異国からやってきたイレーネ(ジュゼッペ・トルナーレ)は、金細工の工房を営むアダルケ家のメイドとなる。そしてその家の4歳の長女に愛情を注ぐ・・・名作、...... more
Tracked from そーれりぽーと at 2007-09-17 13:09
タイトル : 題名のない子守唄
一番好きな映画は?と聞かれたら、迷わず『ニュー・シネマ・パラダイス』と答える。 ジュゼッペ・トルナトーレ監督×エンニオ・モリコーネ音楽の最強タッグを楽しみに、最新作『題名のない子守唄』を観てきました。 ★★★★★ ジュゼッペ・トルナトーレ監督作で心から酔えたのは『ニュー・シネマ・パラダイス』以来。 是非、何も知らないまま、ポスターのコピーさえ読まずにご覧下さい。 得体の知れないオープニング。 何が起きているのか。 彼女は何者なのか。 これまでとは一線を画すサスペンスタッチのストーリー展開にメロメ...... more
Tracked from Butterfly St.. at 2007-09-19 00:08
タイトル : 題名のない子守唄
母の愛は、いつどんな時も強く、揺るぎない 久々に映画館に足を運んだヨーロッパ映画は、あの傑作「ニュー・シネマ・パラダイス」のマエストロ、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の6年ぶりの新作。 (CAじゃ、滅多に外国映画の封切ありませんし。。。) 本作、イタリア....... more
Tracked from Big Screen at 2007-09-24 00:59
タイトル : 題名のない子守唄
○LA SCONOSCIUTA/THE UNKNOWN WOMAN ○2006イタリア 121min/公開2007/09/15ハピネット(R-15) ○ドラマ/ミステリー/サスペンス[◆◆◆◆◆◆]6/6 イタリアの街トリエステに現れたのは、ロシアのウクライナからきたというイレーナ。異常なまでの執着心で、ある家族の家に入り込もうとする。手荒い手段もいとわないほど、彼女を突き動かすものはなんなのか…サスペンス的展開と奥の深いドラマが秘められたその動機に、心を揺さぶられない人はいないと思う。 ...... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2007-09-24 21:48
タイトル : 痛みで謎がかき消される。『 題名のない子守唄 』
北イタリアの港町を舞台に描かれた一人の女性の物語です。... more
Tracked from 映画コンサルタント日記 at 2007-09-25 22:33
タイトル : 限定公開:「題名のない子守唄」
上映劇場: シネスイッチ銀座ほか8スクリーンオープニング土日祝興収: 950万円... more
Tracked from アートの片隅で at 2007-09-26 09:55
タイトル : 題名のない子守唄
「題名のない子守唄」の試写会に行って来ました。 「ニュー・シネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」などで有名なジュゼッペ・トルナトーレ監督の最新作です。 しかし前2作品とは、全く違うタイプの作品です。 サスペンスタッチのミステリー映画です。 眠くなりそうな映画かなぁと思っていたら、冒頭から衝撃的なシーンで始まり、最後まで眠くなる事はありませんでした。(毎回始まりの30分が眠くなるんですよ、、、、) いきなり下着姿の女性達が壁穴から覗く男に選ばれるというシーンから始まります。 ...... more
Tracked from 京の昼寝〜♪ at 2007-09-26 17:40
タイトル : 『題名のない子守唄』
□作品オフィシャルサイト 「題名のない子守唄」□監督・脚本 ジュゼッペ・トルナトーレ □キャスト クセニャ・ラポポルト、ミケーレ・プラチド、アンヘラ・モリーナ、クラウディア・ジェリーニ、マルゲリータ・ブイ、ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ、クララ・ドッセーナ、アレッサンドロ・ヘイベル ■鑑賞日 9月22日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★★ (5★満点、☆は0.5)<感想> トルナトーレの今までのアプローチとは違う、混ぜた絵の具が偶然的に真新しい色合いになったような、や...... more
Tracked from Cartouche at 2007-09-28 00:09
タイトル : *題名のない子守唄*
{{{   ***STORY*** 北イタリアのトリエステにやって来た異国の女イレーナが、金細工の工房を営むアダケル家のメイドに雇われる。それは周到に策を講じて手に入れた念願の職場だった。完璧な仕事ぶりですぐに主人夫妻の信頼を得ると、最初こそ手を焼いていた彼らの4歳になる一人娘テアの心も確実に掴むのだった。しかし、テアを慈しむイレーナの本当の目的を知るものは誰もいない。さらに、忌まわしい過去の黒い影が忍び寄る。      gooより}}} 衝撃的で、感動作!!でした。 でも書きたい...... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2007-09-30 08:04
タイトル : 映画:題名のない子守唄
題名のない子守唄(シネスイッチ銀座) 「たくさんの過ち」 ある一家を見つめ、調べて手段を選ばず近づこうとする女。予告からでは復讐か、子供目当てかという予想でした。家政婦として入り込み、娘に取り入ったイレーナ。過去の忌まわしい記憶が亡霊のように現れ、つきまと... more
Tracked from シネ・ガラリーナ at 2007-10-10 13:49
タイトル : 題名のない子守歌
2007年/イタリア 監督/ジュゼッペ・トルナトーレ <京都シネマにて鑑賞> 「子を持つ全ての母親に捧げる」 「ニューシネマ・パラダイス」のほろりと泣かせるイメージがどうしても強いジュゼッペ・トルナトーレですが、本作はサスペンスタッチのかなり硬派な作品。セックスシーンの女性をいたぶるような描写もかなり強烈です。実は前作「マレーナ」でも、そういうシーンはあったので、我々はあまりにも「ニューシネマ」のイメージを引っ張りすぎているのかも知れないです。 ウクライナからやってきたひとりの女性...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2007-10-10 18:04
タイトル : 題名のない子守唄
イタリアのある街にやってきた異国人イリーナ(クセニア・ラ・パポルト)。 彼女はアパートから通りをはさんだマンションに住むアダケル家を監視し続ける。 そのマンションの管理人に取り入り、更には人を落としいれることでマンションでの 清掃の仕事からやがてはアダケル家のメイドとして働き始める。 全て「ある目的」のために。 彼女の抱えた過去とは? そして何に対して復讐もしくは償いをしようとしているのか・・・? 珍しくハリウッド映画以外で冒頭に「ネタバレ厳禁」のお願いがあった作品だ。 わざわざお...... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2007-10-12 09:12
タイトル : 題名のない子守唄
北イタリアのトリエステにやって来たイレーナ(クセニャ・ラポポルト)は、貴金属商を営むアダケル家のメイドになる。 家事を完ぺきにこなす彼女は、アダケル夫人(クラウディア・ジェリーニ)から瞬く間に信頼を得るよ... more
Tracked from NiceOne!! at 2007-10-13 21:47
タイトル : 『題名のない子守唄』 (2006) / イタリア
監督:ジュゼッペ・トルナトーレ音楽:エンニオ・モリコーネ出演:クセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、アンへラ・モリーナ、マルゲリータ・ブイ、クラウディア・ジェリーニ鑑賞劇場 : 109シネマズ川崎公式サイトはこちら。<Story>北イタリアのトリエス...... more
Tracked from no movie no .. at 2007-10-18 16:58
タイトル : 題名のない子守唄(06・イタリア)
女に残されたもの。哀しくも強い母性。 ウクライナ出身のイレーネは、イタリアのある町で裕福なアダケル一家を監視していた。ついに家政婦として働くことに成功したイレーネの目的は何なのか?時折垣間見える彼女の過去とは・・・?監督は「ニューシネマパラダイス」のジュゼッ... more
Tracked from 三毛猫《sannkene.. at 2007-10-21 17:11
タイトル : 「題名のない子守唄」(イタリア 2006年)
彼女が捨てたかったのは地獄の日々の記憶。 彼女が求めたのは幻に消えた愛。 彼女が求めたのはささやかな希望・・・題名のない子守唄。... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2007-10-21 19:02
タイトル : 映画『題名のない子守唄』を観て
72.題名のない子守唄■原題:LaSconosciuta■製作年・国:2006年、イタリア■上映時間:121分■鑑賞日:9月29日、シネスイッチ銀座(銀座)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ□製作総指揮:ラウラ・ファットーリ□製...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2007-10-22 06:43
タイトル : 題名のない子守唄
北イタリアのトリエステにやって来たイレーナは、策を弄して金細工の工房を営むアダケル家のメイドに雇われます。完璧な仕事ぶりですぐに主人夫妻の信頼を得、最初は手を焼いていた彼らの4歳になる一人娘、テアの心も掴みます。けれど、テアを見るイレーナの眼差しには、複雑な思... more
Tracked from ゆるり鑑賞 Yururi.. at 2007-10-26 18:58
タイトル : 題名のない子守唄
映画「題名のない子守唄」オリジナル・サウンドトラック(2007/08/22)エンリオ・モリコーネ商品詳細を見る 監督 ジュゼッペ・トルナトーレ (2006年 イタリア) テアトル梅田にて鑑賞。 北イタリア、トリエステにやってきたイレーナ(クセニャ・ラポポルト)は`..... more
Tracked from don't worry!.. at 2007-11-02 21:27
タイトル : 映画「題名のない子守唄」
 映画が始まり、だんだんと映画の中に入っていくなんて、 そんな悠長なことは言ってられないほど衝撃的なシーンからスタートし、 そのままラストシーンまで、ず~と息をすいっぱなしのような、 そんなことありえないんだけど、 とにかく最後を確認して、やっと息がつけたみたいな、 そんな映画だった。  今のところ、今年見た映画の中で、私の一番の映画だ。  過酷な過去、それも自分を四六時中痛めつけるような経験が、 人に与える影響は怖い。 それを背負いながら生きていくことは辛い。  この...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2007-11-06 21:42
タイトル : 題名のない子守唄
復讐なのか?償いなのか?その愛が、あなたの心に突き刺さる・・・ アドリア海から吹く風が頬に冷たい、北イタリア・トリエステ。目立たぬ地味な服に身を包み、長距離バスからひとりの女が降り立った。彼女の名はイレーナ(クセニア・ラパポルト)。思いつめた表情で街を...... more
Tracked from とんとん・にっき at 2007-11-08 11:17
タイトル : ジュゼッペ・トルナトーレ監督の「題名のない子守唄」を観る!
銀座4丁目・和光裏のシネスイッチ銀座で、ジュゼッペ・トルナトーレ監督の「題名のない子守唄」を観ました。「ニューシネマ・パラダイス」「海の上のピアニスト」「マレーナ」のイタリアを代表する監督、観ないわけにはいきません。内容も知らないまま、シネスイッチ銀... more
Tracked from Diarydiary! at 2007-11-17 19:42
タイトル : 題名のない子守唄
《題名のない子守唄》 2006年 イタリア映画 - 原題 - LA SCONO... more
Tracked from Good job M at 2007-11-30 14:29
タイトル : 題名のない子守唄
公開日 2007/11/17(大分県)監督・脚本:ジュゼッペ・トルナトーレ 「ニュー・シネマ・パラダイス」出演:クセニア・ラパポルト/クララ・ドッセーナ/クラウディア・ジェリーニ 他【あらすじ】ウクライナから北イタリア・トリエステにやってきた女・イレーナ。彼女はあ...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-12-01 12:36
タイトル : 題名のない子守唄♪イレーナのまだ見ぬ子どもへの愛・・・・・。
  彼女のたったひとつの願い、それは生き別れになった子どもを見つけることだった。   10月26日、京都シネマにて鑑賞。この日は、この作品鑑賞後、「パンズ・ラビリンス」も鑑賞しました。どちらも悲しい映画だった。鑑賞から一ヶ月経ってしまい、少しづつ思い出して記事を書く事に。   映画の始め場面は、かなり衝撃だった。裸の女性が仮面をかぶり複数立っていて、どうも品定めをされているようだった。そしてその中でもきわだって美しい金髪の女性が選ばれる。何とその女性は &...... more
Tracked from おいしいものと日常+ at 2007-12-09 00:18
タイトル : 題名のない子守唄
    この間 「題名のない子守唄」 という映画を                    銀座のシネスイッチで観ました。    原題  La Sconosciuta       2006年  イタリア    監督/脚本  ジュセッペ・トルナトーレ     音楽     エンニオ・モリコーネ   第1回  ローマ国際映画祭 特別招待作品   第52回 イタリア・アカデミー賞    作品賞 監督賞 主演女優賞 音楽賞...... more
Tracked from たーくん'sシネマカフェ at 2008-02-10 15:23
タイトル : 『題名のない子守唄』『マレーナ』
飯田橋ギンレイホールにてこのホールでは珍しい同じ監督の作品のラインナップ。(大抵同じ時期の作品を邦画・洋画に分けて上映)「題名のない子守唄」は気になっていて観たかった作品。 映画「題名のない子守唄」オリジナル・サウンドトラック原題:LASCONOSCIUTA/THEUNK...... more
Tracked from 小部屋日記 at 2008-06-01 14:09
タイトル : 題名のない子守唄
LA SCONOSCIUTA/THE UNKNOWN WOMAN(2006/イタリア)【DVD】 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 出演:クセニア・ラパポルト/ミケーレ・プラチド/アンへラ・モリーナ/マルゲリータ・ブイ/クラウディア・ジェリーニ 女は哀しみを食べて生きている 監督は『ニュー・シネマ・パラダイス』、『海の上のピアニスト』、『マレーナ』のジュゼッペ・トルナトーレ。 今回は珍しくミステリーサスペンス。 ドキドキさせられ、ストーリーにひきこまれました。 イタリア・アカデミー賞主要全5部門受...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2008-06-15 22:39
タイトル : mini review 08304「題名のない子守唄」★..
『ニュー・シネマ・パラダイス』の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレの監督最新作。北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロイン、イレーナの愛と謎に満ちた物語を描く。イタリアのアカデミー賞ともいうべきダヴィッド・ディ・ドナテッロ賞で最多12部門にノミネートした話題作。ミステリアスなヒロインを、ロシアの実力派女優クセニャ・ラポポルトが演じている。すべての謎が明らかになり、感動がこみ上げるラストまで目が離せない。[もっと詳しく] 「ニュー・シネマ・パラダイス」から20年。あのコンビは哀しき母性...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-10-19 07:12
タイトル : 『題名のない子守唄』'06・伊
あらすじ北イタリアのトリエステにやって来た異国の女イレーナが金細工の工房を営むアダケル家のメイドに雇われる。それは周到に策を講じて、手に入れた念願の職場だった・・・。感想ヨーロッパ映画賞、観客賞受賞。監督賞、主演女優賞、撮影賞ノミネート。『ニュー・シネ...... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2009-04-18 05:07
タイトル : 「題名のない子守唄」(La Sconosciuta)
「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」などの作品で知られるイタリアの映画監督、ジュゼッペ・トルナトーレが2006年にメガホンを執ったミステリアスなヒューマン・ドラマ「題名のない子守唄」(原題=見知らぬ女、伊、121分、R15‐指定)。この映画は華麗なエンニオ・モリコーネの音楽をバックに、北イタリアの港町を舞台とし、謎に満ちた1人の美しい女性を主人公に、そのいまわしいく哀しみに満ちた過去と彼女の行動目的を徐々に明らかにしていくドラマだ。本作でイタリアの伝統的な映画が、今日でも...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-05-31 21:44
タイトル : 『題名のない子守唄』を観たぞ〜!
『題名のない子守唄』を観ました『ニュー・シネマ・パラダイス』の巨匠ジュゼッペ・トルナトーレの監督が、北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロインの愛と謎に満ちた物語を描くミステリー・ドラマです>>『題名のない子守唄』関連原題: LASCONOS...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-12-15 21:55
タイトル : 題名のない子守唄
 『女は 哀しみを食べて 生きている』  コチラの「題名のない子守唄」は、「ニュー・シネマ・パラダイス」や「海の上のピアニスト」のジュゼッペ・トルナトーレ監督のR-15指定のミステリーです。  ウクライナ出身のイレーナ(クセニア・ラパポルト)、北イタリアの....... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-03-17 13:38
タイトル : 『題名のない子守唄』
『題名のない子守唄』 原題:LA SCONOSCIUTA(THE UNKNOWN WOMAN) 2006年/イタリア/121min 監督:ジュゼッペ・トルナトーレ 音楽:エンリオ・モリコーネ 出演:クセニア・ラパポルト、クラウディア・ジェリーニ、クララ・ドッセーナ 【introduction】 『ニュー・... more
Tracked from Yuhiの読書日記+α at 2011-02-07 22:37
タイトル : 題名のない子守唄
北イタリアの港町を舞台に、忌まわしい過去を抱える美しきヒロイン、イレーナの愛と謎に満ちた物語を描く。監督はジュゼッペ・トルナトーレ、キャストはクセニア・ラパポルト、ミケーレ・プラチド、クラウディア・ジェリーニ他。 <あらすじ> 北イタリアのトリエステに長距離バスでやって来たイレーナ(クセニャ・ラポポルト)は、貴金属商を営むアダケル家のメイドになる。家事を完ぺきにこなす彼女は、アダケル夫人(クラウディア・ジェリーニ)から瞬く間に信頼を得るようになる。また、4歳になるアダケル家の娘テア(クララ・ドッセー...... more
Commented by JT at 2007-09-08 19:05 x
こんばんはー、台風の被害はなかったですか?

9月15日から、シネスイッチ銀座ですかー
magotさんに、”とにかくスゴイ作品!”と言われると観たくなりますね。
予告編の最後にでてくる、”女は哀しみを食べて生きている”というのも凄いキャッチコピーですし。
過酷で強烈な人生ですか・・・
クセニア・ラパポルトはロシアの新人?だそうですが、演技力も見ものとか。
とりあえずは、お薦めの「みんな元気」是非観てみようと思います!
Commented by margot2005 at 2007-09-09 20:23
JT さん、こんばんは!
台風スゴかったですね。お心遣いありがとうございます。
川の側に住むと都内でも怖いなぁと感じた台風です。
うちは近くに川がないので台風も怖くありませんが、JTさんの所も大丈夫でしたでしょうかしら?

この作品シアターで予告編上映してますね。
昨日シネスイッチで映画観たのですが、いよいよ来週公開のようです。

「マレーナ」はちょっと頂けなかった女性映画ですが、コレは移民と、幼児売買がテーマの重い、重い作品で、奥が深くて見応えありましたね。
ロシア出身のクセニア・ラパポルトはスゴイ女優さんです。
マストロヤンニ主演「みんな元気」はBSで放映していたのをたまたま観たのですが、素晴らしいファミリー・ドラマでした。
Commented by シャーロット at 2007-09-16 13:35 x
こんにちは。ちょっとご無沙汰してました;
私も見てきました。そうそう音楽がちょっとキョウレツでしたわ。
思ったよりスリリングな展開にずっと緊張感連続・・・とても見応えがありました。子役ちゃんも体を張って頑張ってましたよね。
Commented by margot2005 at 2007-09-17 19:52
シャーロットさん、こんばんは!
書き込みに来ていただいて嬉しいです。最近TB専門になってしまって...
コレは本当に音楽スゴかったですね?少々うるさいなぁ!と思ったくらいです。
スリリングな展開には堪能出来ました。
あの女の子、縛られて、縛られて、見ていて可哀想になりましたが、子供ながら演技者ですよね。
Commented by JT at 2007-09-24 01:11 x
margotさーん、観てきましたよ。
ほんと、凄い作品でしたね!世の中にはああいった人生を歩んでいる人がいるのかもしれないと思うと、背筋が寒くなってきましたよ。
ドラマだと思いつつ、すっかり感情移入してしまい涙が滲んでしまいました(汗) クセニア・ラパポルトという女優さんは腰の座ったいい演技をしますね。これからも注目していきたいです。
作品レビューありがとうございました。
Commented by margot2005 at 2007-09-24 19:16
JTさん、こんばんは!
いつもいつもMY WORLD=偏見ブログのレビューを読んでいただいて感謝しております!
コレって実話ではないのですが、あのような過去に関わった人々をリサーチしたようですね。実話じゃスゴ過ぎます。
背筋も寒いし、鳥肌も立ちましたわ。
クセニア・ラパポルトさんはほんとコレから楽しみな女優さんですね。あの演技力は評価されるべきだと感じますわ。
Commented by sabunori at 2007-10-10 18:08 x
margotさん、こんにちは♪
ジュゼッペ・トルナトーレ監督&エンニオ・モリコーネのコンビはちょっと苦手な
私ですが、見ごたえのある作品でしたね。
イリーナの悲しく重い人生が辛かったのですがラストシーンに救われました。
Commented by margot2005 at 2007-10-10 23:27
sabunoriさん、こんばんは!
苦手な二人...なんとなく解るような気がします。
何度も予告を観て楽しみにしていた作品。
観て満足して凄い映画だなぁと思いました。
上に書いた凄いというのはイリーナの人生そのものでして、ラストシーンにホント救われましたわね。
Commented by なな at 2008-06-01 19:40 x
TBが不調なのでコメントのみで・・・・。
アダケル夫人って,どっかで観たと思ってたら,「パッション」で
総督ピラトの奥さんをやった女優さんですね。
あの役より若くみえました。
イタリアの女優さんって,美しいですね。
もっとも主演のイレーナを演じたひとはロシア系だそうですが・・・。
彼女あっての,この作品だったと思います。雰囲気も外見も演技もハマっていましたね。
暴力描写が賛否両論に分かれていますが,素晴らしい作品だとは思います。
Commented by margot2005 at 2008-06-03 00:19
ななさん、こんばんは!
TB届かなくて残念ですわ。
そうそう「パッション」に出てました彼女。
マグダラのマリア役のベルッチもイタリア人でしたし...
フランス女性も美しいですが、イタリア女性はより整ってるかもしれませんね?
クセニア・ラパポルトの大胆演技に圧倒された作品でした。
>暴力描写が賛否両論...まぁでもアレはストーリーを描く際必要なシーンだったのでしょうね?
昨年度のMY BESTに入れた作品です。
Commented by kimion20002000 at 2008-06-25 22:10 x
TBありがとう。
そうですね、この女優さんのほかの出演作品が観たくなりました。
Commented by margot2005 at 2008-06-26 23:24
kimion20002000さん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございます!
ロシア人女優のクセニア・ラパポルトのロシア映画観てみたいですね。
Commented by at 2008-11-27 01:01 x
この作品は邦題があまりにもイメージと違っていてビックリしました
アンヘラ・モリーナが出ていたので驚きましたが
トルナトーレ監督作品でしたね・・・

クセニア・ラパポルトという女優さんは凄いですね
若い頃と、現在を演じているのに同じ女優さんには見えませんでした

Commented by margot2005 at 2008-11-30 01:21
D さん、たくさんのコメントありがとうございました。
邦題があまりにもイメージと違ってましたか?
この映画は母性をテーマに描かれたようなんですが、まぁ展開は強烈でしたので母性云々はそれぞれ見た方が判断すれば良いのかも知れません。
アンヘラ・モリーナって「靴に恋して」ですよね?この作品での彼女の記憶はちょっとトンでしまっています。
クセニア・ラパポルトは素晴らしい演技でした。
<< 「恋とスフレと娘とわたし」 「ブライアン・ジョーンズ スト... >>