「リトル・チルドレン」

a0051234_22372422.jpg「Little Children」2006 USA
「イン・ザ・ベッドルーム/2001」の脚本家であり監督のトッド・フィールドが、同じく監督、脚本を担当した“大人になれない大人”のメロ・ドラマ。
主演の3人は「ネバーランド/2004」「ホリデイ/2006」のケイト・ウインスレットと「オペラ座の怪人/2004」のパトリック・ウイルソン。
そして「ビューティフル・マインド/2001」でオスカーをゲットした「ブラッド・ダイヤモンド/2006」のジェニファー・コネリー。
原作は全米でベスト・セラーになったというトム・ペロッタの小説“Little Children”。
ブロンドのウインスレットとブルネットのコネリーの対比が素敵。
劇中に登場する、フランス人小説家フローベールが19世紀に書いた大不倫小説「ボヴァリー夫人」がウインスレット演じるヒロイン、サラとかぶってニクい。
a0051234_22482993.jpg

舞台はボストン郊外の閑静な住宅地ウッドワード・コート。
ビジネスで成功したリッチな夫リチャード(グレッグ・エデルマン)と、夫の母の残したリッチな家で暮らすサラ(ウインスレット)は英文学を学んだ才媛だが、今では子持ちの専業主婦。
娘ルーシー(セイディー・ゴールドスタイン)を伴って公園で午後を過ごす毎日...それもくだらない会話しかしない近所の主婦たちと...
ある日公園で息子アーロン(タイ・シンプキンズ)を遊ばすブラッド(ウイルソン)と出会う。ブラッドの妻キャシー(コネリー)はTVディレクター。ブラッドは何度か司法試験にトライしているが、実生活では妻に養われている。
ブラッドは主婦たちの間で“プロム・キング”と呼ばれている。そのプロム・キング、ブラッドにちょっとしたイタズラでキスをしてしまった事からサラは彼に恋をしてしまう。
一方で性犯罪で服役していたロニー・マゴーヴィー(ジャッキー・アール・ヘイリー)が実家に戻り、市民プールに現れたことから街は騒然となっていく...
a0051234_2247211.jpg

“ボヴァリー夫人/Madame Bovary”は私的には世界で一番の不倫小説に位置づけたい。19世紀に書かれたこの小説は当時パリで、淫らなため裁判になったという歴史を持つ。
小説と映画の結末は違う(時代が違いすぎる...)がサラとボヴァリー夫人が滅茶かぶって、今一度“ボヴァリー夫人”を読みたくなる。
いい年して“大人になれない大人たち”...分別のある人間は理性がそれを押さえるのだろうか?映画のエンディングは想像どうりでgood!
ブラッドとセックスの後”あなたの奥さんは美人?”と聞くサラ。返答に躊躇しながらも“スゴく美人だ!”と答えるブラッド。
二人は子供を伴ってしか逢えないので、週末は互いの家族と過ごす事になる。
ある週末の朝、サラはブラッドの家の近くに車を止め彼の妻キャシーを盗み見する。キャシーのゴージャスさに焦るサラ。この辺の描写が素晴らしい。女ってやはり嫉妬に燃えるのだろうか...
a0051234_22472625.jpg

サラ演じるケイト・ウインスレットとキャシー演じるジェニファー・コネリーは、それぞれに生活に疲れた主婦&ばりばりのキャリアー・ウーマン...互いにナイスな演技で、ナイスなキャスティングだなぁと思う。
失業中の“プロム・キング”ブラッドを演じたパトリック・ウイルソン。「オペラ座の怪人」のウイルソンは今イチだった。ブロードウェイ出身なので歌は上手かったが、印象に残らない「オペラ座の怪人」でのウイルソン。でもこの作品では素敵に元プロム・キングを演じている。ウイルソンは既に引退したポール・ニューマンや、最近ちょっとお年のケヴィン・コスナーのような、ハリウッドの正統派ハンサム・ガイって感じで素敵な俳優。
彼の「アラモ/2004」は観たが、俄然「ハード・キャンディ/2005」が観たくなって来た。
十数年ぶりに銀幕に戻って来たというロニー・マゴーヴィー役のジャッキー・アール・ヘイリーは70年代の「頑張れベアーズ」の少年。なんとなく見た顔だと思っていたが...
妖しい(危険な)役が似合い過ぎのジャッキー・アール・ヘイリー。
とにかくケイト&パトリックのメイク・ラヴ・シーンがインパクトある。ケイト・ウインスレットの脱ぎっぷりはさすが。
しかしジェニファー・コネリーってクールでゴージャスな魅力たっぷりの素晴らしい女優。
“大人になれない大人の不倫映画”と名付けたい作品で、これはどう見ても女性映画であるが、土曜の夜に観たためカップル多し。隣の中年カップルの男性は、ストーリーが始まるやいなや眠りに...
映画が終わってシアターの出口に向かう若いカップルの女性が“ずっと寝てたでしょ!”と男を責めている。
“こんな映画に夫や恋人を誘ってはいけませんわよ!”と言いたい私。
モチ一人で観に行った。
今年度私的ベスト10に是非に入れたいミニ・シアター作品。
日比谷シャンテにて...
a0051234_22475626.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-08-07 23:08 | MINI THEATER | Trackback(25) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5970849
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from APRIL FOOLS at 2007-08-08 00:24
タイトル : 感想/リトル・チルドレン(試写)
大人になれない大人たち。は愚かですか? 『リトル・チルドレン』7月28日公開。夫と娘と、不自由のない暮しをするサラ。美人妻と愛息を持つブラッド。子供を連れて公園で出逢った2人は、やがて惹かれあう。成熟した大人でありながらも、子供のように何かを求めてしまう彼らが進むべき道とは。 映画[リトル・チルドレン]公式サイト あ、決して不倫の話じゃないのよ。人間、どんなに歳を取って良識を身につけても、子供っぽさが完璧に抜けるわけないじゃない? ワガママ通してみたり、イケナイとわかっててやっちゃったり、自己...... more
Tracked from ラムの大通り at 2007-08-08 09:35
タイトル : 『リトル・チルドレン』
(原題:Little Children) ※カンの鋭い人は注意。※映画の核に触れる部分もあります。 鑑賞ご予定の方は、その後で読んでいただいた方がより楽しめるかも。 ----この映画、ジャッキー・アール・ヘイリーがカムバックを遂げた作品だよね。 確か、各映画賞で助演男優賞にノミネートされていなかったっけ? 「うん。厳密には その前の『オール・ザ・キングスメン』が復帰第一作だけどね。 それにしても、『がんばれ!ベアーズ』の少年が こんな冴えない風貌のオジさんになっちゃうとは いやあ、ちょっと信じら...... more
Tracked from 映画のメモ帳+α at 2007-08-10 00:20
タイトル : リトル・チルドレン
リトル・チルドレン(2006 アメリカ) 俳優出身のトッド・フィールドの映画初監督作品『イン・ザ・ベッドルーム』(2001)は全編にわたって緊迫感がみなぎる傑作だった。第74回(2001年)のアカデミー賞でも作品賞など5部門にノミネート。主演シシー・スペイセクの演技は特に絶賛された。 そのトッド・フィールドの5年ぶりの監督作品が、この映画『リトル・チルドレン』。 トム・ペロッタのベストセラー小説の映画化で、作者自身脚色に参加している。 『イン・ザ〜』では中年夫婦の危機を描いたが、...... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2007-08-16 21:54
タイトル : 熱いやかんに触れた子供たち。『リトル・チルドレン』
アメリカのボストン郊外にある閑静な住宅街ウッドワード・コートに住む人々の物語です。... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2007-08-18 02:37
タイトル : リトル・チルドレン
アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。 夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、典型的な主婦の集団と気が合わず違和感を拭えない。 彼女たちが“プロム・キング”と名付けたブラッド... more
Tracked from soramove at 2007-08-18 10:34
タイトル : 「リトルチルドレン」大人もかつては子供だった
「リトルチルドレン」★★★★ ケイト・ウインスレット、パトリック・ウィルソン 主演 トッド・フィールド 監督、2006年、アメリカ、137分 ケイト・ウインスレットはタイタニックの カワイコ女優から着実にキャリアを築いている、 しかしディカプリオと同様、 ...... more
Tracked from travelyuu とら.. at 2007-08-19 09:05
タイトル : リトルチルドレン little children
ケイト・ウィンスレット、ジャッキー・アール・ヘイリー ジェニファー・コネリー出演 [画像] 期待せず観たら なんと面白い内容でした 題名のリトルチルドレンのイメージと違い 大人のストーリー 第三者的なナレーションも効果的 子供を出汁に・・・不道徳な道徳映画 脚本がいいです... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-08-19 21:34
タイトル : リトル・チルドレン
 『今の自分を愛せたら、 未来はきっと変えられる 心の中で、大人と子供が揺れている。幸せ探しの物語』  コチラの「リトル・チルドレン」は、トム・ペロッタのベストセラー小説を自ら脚色した脚本を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した7...... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2007-08-20 12:37
タイトル : リトル・チルドレン
郊外生活者の平穏な生活の中に起こる事件をサスペンスたっぷりに描いています。... more
Tracked from Cinematheque at 2007-08-20 19:13
タイトル : Little Children  リトル・チルドレン
郊外に住む主婦・サラと司法試験に挑む子連れの主夫・ブラッドはある日、近所の公園で出会い恋に落ちる。そんな中、街では元・受刑者のロニーの釈放が話題になっており、ブラッドの友人ラリーは子どもたちを守るためにロニー... more
Tracked from 辛口だけれど映画が好きです at 2007-08-22 07:48
タイトル : リトル・チルドレン
リトル・チルドレンLittle Children(2006年/アメリカ/トッド・フィールド監督/公式サイト)ある郊外の町に引っ越してきたサラは、公園での主婦たちの平凡な会話に飽き飽きしている。主婦たちが「プロム・キン...... more
Tracked from NiceOne!! at 2007-08-25 16:27
タイトル : 『リトル・チルドレン』 (2006) / アメリカ
監督・製作・脚本:トッド・フィールド原作・共同脚本:トム・ペロッタ出演:ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー鑑賞劇場 : Bunkamuraル・シネマ公式サイトはこちら。<Story>郊外の街に住...... more
Tracked from シネクリシェ at 2007-09-14 06:08
タイトル : リトル・チルドレン
 標題の意味は主人公二人の子供たちにかけて、この大人たちもまだまだ子供だといいたいのでしょう。  しかしながら、男であろうが女であろうが誰だって(?)結婚して子供ができても、大なり小なりすてきな恋愛に... more
Tracked from Diarydiary! at 2007-09-30 20:05
タイトル : リトル・チルドレン
《リトル・チルドレン》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - LITTLE ... more
Tracked from Prism Viewpo.. at 2007-10-01 07:56
タイトル : 愛を求める大人たち、情に気付く子供たち●リトル・チルドレン
ビールと恋愛は、最初が一番美味しい。 ただし、飲み干した旨さと、一緒に過ごした味わいは、何物にも変え難い。 『Little Children』 アメリカ、ボストン郊外の閑静な住宅街ウッドワード・コート。 成功したビジネ... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-10-07 22:18
タイトル : リトル・チルドレン“大人になれない大人たち”
  ケイト・ウィンスレットが脱いだ!なんていうのはちょっと大げさなのかも・・・・・。 彼女がこういう役を演じるのは「えぇ〜〜!」って感じだった。私個人の印象は上品なイメージだったし・・・・。かなり濡れ場も多いです。結構かな?でも体当たりに演じているケイトに、役者魂を感じました。イメージで見てはいけませんね あるライターさんのお話、ケイト・ウィスレットの“物言う肉体” 目の前にいる実物のケイト・ウィスレットはほっそりしているのに、カメラを通すとどうしてあんなに存在感のある雄弁なボディになるのだろ...... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-11-29 01:22
タイトル : リトル・チルドレン−(映画:2007年133本目)−
監督:トッド・フィールド    出演:ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジェニファー・コネリー、ジャッキー・アール・ヘイリー 評価:83点 公式サイト (ネタバレあります) リトル・チルドレン=大人になりきれない大人達、の物語。 郊....... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-02-23 14:05
タイトル : 『リトル・チルドレン』'06・米
あらすじ郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるトッド(パトリック・ウィルソン)と話をする機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子どもを連れて会うよう...... more
Tracked from Sweet*Days** at 2008-03-01 19:04
タイトル : 『リトル・チルドレン』
リトル・チルドレン(2007/12/21)ケイト・ウィンスレット.パトリック・ウィルソン商品詳細を見る 監督:トッド・フィールド  CAST:ケイト・ウィンスレット、パトリック・ウィルソン、ジャッキー・アール・...... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-03-21 08:30
タイトル : リトル・チルドレン
レンタルで鑑賞―【story】郊外の住宅地で夫と娘と暮らすサラ(ケイト・ウィンスレット)は、その生活にうんざりしていた。ある日、彼女は主婦たちの憧れの的であるブラッド(パトリック・ウィルソン)と話す機会を得る。主夫である彼とサラは意気投合し、お互いの子どもを連れて会うようになり―     監督 : トッド・フィールド    〜トム・ペロッタ原作のベストセラー小説を映画化〜    *第79回アカデミー賞 主演女優賞・助演男優賞・脚色賞ノミネート【comment】かなり惹き込まれた―タイトルの『リトル・チ...... more
Tracked from <花>の本と映画の感想 at 2008-05-13 21:07
タイトル : 映画「リトル・チルドレン」
リトル・チルドレン 監督 ケイト・ウィンスレット.パトリック・ウィルソン.ジェニファー・コネリー.ジャッキー・アール・ヘイリー 出演 トッド・フィールド 2006年 娘を連れ、公園でママ友たちと遊ぶサラは、ママ友たちとの悪ふざけで、公園に息子と来ている... more
Tracked from <花>の本と映画の感想 at 2008-05-13 21:12
タイトル : 映画「リトル・チルドレン」
リトル・チルドレン 監督 ケイト・ウィンスレット.パトリック・ウィルソン.ジェニファー・コネリー.ジャッキー・アール・ヘイリー 出演 トッド・フィールド 2006年 娘を連れ、公園でママ友たちと遊ぶサラは、ママ友たちとの悪ふざけで、公園に息子と来ている... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-03-12 13:09
タイトル : リトルチルドレン
心の中で、大人と子供が揺れている。幸せ探しの物語。  ... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2009-03-29 00:18
タイトル : 『リトル・チルドレン』を観たぞ〜!
『リトル・チルドレン』を観ましたトム・ペロッタの全米ベストセラー小説を「イン・ザ・ベッドルーム」のトッド・フィールド監督が映画化した悲喜劇メロドラマです>>『リトル・チルドレン』関連原題: LITTLECHILDRENジャンル: ドラマ/サスペンス/コメディ製作年・製...... more
Tracked from Blossom at 2009-09-02 14:59
タイトル : リトル・チルドレン
リトル・チルドレン LITTLE CHILDREN 監督 トッド・フィールド 出演 ケイト・ウィンスレット パトリック・ウィルソン     ジェニファー・コネリー ジャッキー・アール・ヘイリー アメリカ 2006... more
Commented by JT at 2007-08-09 00:52 x
ご覧になったんですね。
“大人になれない大人たち”のお話のようで、とても興味があり、
観たい映画です。
ケイト・ウインスレットは、タイタニックの大ヒット後つぶれることも無く、
しっかりと地に脚がついてる感じで、目覚しい活躍ぶりです。

この映画も、アメリカン・ビューティのように、病める?アメリカ庶民の家庭を描いているのでしょうか?
Commented by margot2005 at 2007-08-09 23:19
JTさん、こんばんは!
観ました!ずっと楽しみにしていた作品だったので....
かなりな不倫映画ですが、男性であるJTさんの感想聞きたいですね。是非ご覧になってくださいませ。
ウインスレットは「タイタニック」の後つぶれるどころか活躍しまくりですね。彼女の映画はやはり英国製作の作品が素晴らしいと思いますが、ハリウッドでも活躍していて素晴らしい女優だと思います。
「アメリカン・ビューテイ」とはちょっと違ってますね。
性倒錯者のロニーの姿は病めるアメリカを描いているように思えますが、ロニーもやはり“大人になれない大人”の一人で、彼の姿もとても興味深いものがありました。
Commented by バニ at 2007-08-22 07:47 x
margot2005さん、こんにちは。わたしは『アメリカン・ビューティ』のような映画だと思っていました。見てみて、びっくり、というわけでした。もうちょっと皮肉たっぷりでもいいんじゃないかと思いましたが、「女らしい」映画でしたね。おっしゃるとおり、男性は退屈しちゃうかもしれませんねぇ。
Commented by margot2005 at 2007-08-23 22:55
バニさん、こんばんは!
「アメリカン・ビューティ」のような作品かと思える作品なのでしょうか?
見てみて解るその違い...といったところでしょうか?
綺麗に描きすぎで退屈する人もいるかなぁ?なんて思いましたね。
こういった作品て、観る人によって感じ方が違うので面白いです。
<< 「プロヴァンスの贈りもの」 「みえない雲」 >>