「ほっ」と。キャンペーン

「あるスキャンダルの覚え書き」

a0051234_2215548.jpg「Notes on a Scandal」2006 UK
孤独な初老の女と、家庭を持つ美しい女の奇妙な友情が、ある出来事により崩壊して行くスリリングなドラマ。
オールド・ミスの歴史教師バーバラに「007/カジノ・ロワイヤル/2006」「ヘンダーソン夫人の贈り物/2005」のジュディ・デンチ。
バーバラの罠にハマる美術教師シーバに「バベル/2006」のケイト・ブランシェット。
シーバの夫役リチャードは「ラヴ・アクチュアリー/2003」「ナイロビの蜂/2005」
のビル・ナイが演じている。
シーバと関係を持つスティーヴンにアンドリュー・シンプソン。
監督は「アイリス/2001」のリチャード・エアー。“アイリス”役はやはりジュディ・デンチ。
原作はゾーイ・ヘラー。
a0051234_2223871.jpg

つかみ合い、にらみ合い、ひっぱたく...いや女は怖い。
とにかくエンディング怖過ぎ...
“007のM”“ヘンダーソン夫人”とは全く違った役柄のジュディ・デンチと、カメレオン女優のケイト・ブランシェット...オスカー女優の競演は楽しめる!
a0051234_2225712.jpg

20才の学生時代に知り合った大学教授の夫リチャード(ナイ)、娘ポリー(ジューノ・テンプル)、ダウン症の息子ベン(マックス・ルイス)と幸せに暮らすシーバ(ブランシェット)は、ロンドン郊外にある、労働者階級の子息が多く通う学校に美術教師として赴任してくる。
シーバは同僚の教師にも、生徒にも好かれる美しく魅力的な女性。
皆から煙たがられているオールド・ミスの歴史教師バーバラ(デンチ)は、そんなシーバが気に入り近づき始める。
夜な夜なシーバの事を日記に記すバーバラ。
ある日、シーバの教室で起こった生徒の喧嘩をバーバラが止めに入る。バーバラに助けられたシーバは感謝し、二人の間に友情が芽生え始める。
やがて、クリスマス・シーズン。催しが行われている夜、バーバラは、生徒のスティーヴン(シンプソン)と教室でSexしているシーバを見つける。
a0051234_2232616.jpg

年上の男と結婚し、子育て一筋だったシーバは、若くて美しい獲物(少年)に出会い、快楽の世界に足を踏み入れてしまう。止めようとしても止められない...
一方、生涯オールド・ミスのバーバラは、男に触れられる事もなく年老いて行く...
バーバラがシーバに放つ強烈な一言...“スティーヴンはまだ15才だけど、あなた(30代)は決して若くはないのよ!そのうちに捨てられるわ!”...嫉妬むき出しの女の戦い。
UKの名優ビル・ナイがこの作品でも情け無い男を演じ似合っている。
デンチの恐ろしい形相は迫力あり。でもデンチはキュートな役の方が素敵だなぁと思う。
観たい!観たい!と思っていた作品。そして大満足!
ウイーク・ディの昼下がりにも関わらずシアターは埋まっていた。
日比谷シャンテ・シネにて...
a0051234_2234663.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-06-06 22:55 | UK | Trackback(26) | Comments(26)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5700107
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2007-06-07 21:56
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き/NOTES ON A SCA..
ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが、 アカデミー賞とゴールデングローブ賞で共にノミネートされ話題になった。 この作品、20Th Foxさんから試写状頂かなかったらたぶん観なかったと思う。 タイトルからしてつまんなそうだし。{/face_cry/} てっきり宣伝文句から、"歳の離れた教え子との禁断の恋"がテーマだと思ってたから、 ああ、よくある映画のパターンね?と。 それもそうなんだけど実はもっと違うところに主題はあって、、、、、 期待していなかっただけに面白かった! 主演に、最近では「...... more
Tracked from 表参道 high&low at 2007-06-07 22:15
タイトル : Notes On A Scandal 「あるスキャンダ..
嫁さん絶賛のNotes On A Scandal(あるスキャンダルの覚え書き)は2人の究極に孤独な女教師の愛憎ドラマ。Judi Dench(ジュディ・デンチ)演じる鉄の女教師は猫が唯一の家族というオールドミスで、新任の若い教師に惹かれていきます。 Cate Blanchett(ケート・ブランシェット)は元パンクの美術教師で家にはダウン症の男の子と優しい夫Bill Nighy(ビル・ナイ)がいます。 同性愛にも似た感情を日記に綴る老教師は若い女教師と教え子のスキャンダルの現場を目撃、そして秘密にす...... more
Tracked from ラムの大通り at 2007-06-08 00:04
タイトル : 『あるスキャンダルの覚え書き』
(原題:Notes on a Scandal) ----ニャんだか小難しそうな映画のタイトルだね。 これって社会派映画ニャの? 「いやいやどうして。 ある意味、これはスリラーとも言えるかな。 原作がブッカー賞の最終候補に残ったりもしたところから、 硬めの作品を覚悟していたんだけどね」 ----でも主演がジュディ・デンチにケイト・ブランシェット。 いずれにしてもクオリティは高そう。 「ふたりは以前に『アイリス』でも組んでいるけど、 この映画はその『アイリス』のリチャード・エア監督作品。 と聞けばよけ...... more
Tracked from Chocolate Blog at 2007-06-09 09:45
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
STORY:ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に興味を抱く。家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、シーバとの友情に固執するように..... more
Tracked from APRIL FOOLS at 2007-06-09 21:40
タイトル : 感想/あるスキャンダルの覚え書き(試写)
思った以上にプライベートな話なのね。『あるスキャンダルの覚え書き』6月2日公開。老女バーバラは孤独なうとまれ教師。そこへ赴任して来た美しい美術教師シーバ。彼女に近づき、"友達"になろうとするバーバラは、シーバが15歳の教え子と関係を持つのを目撃し、それをネタにシーバを支配し始める。 映画「あるスキャンダルの覚え書き」公式サイト 老醜&乾いた女のごくごく個人的な話で、オレ的にはもっと社会的な広がりのある話を勝手にイメージしてたから、なんとなく肩透かし。まあ大女優2人の狂気じみたバトルは観応えある...... more
Tracked from 描きたいアレコレ・やや甘口 at 2007-06-09 23:57
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
バーバラのシーバへの視線、まるで”恋”をしてるかのよう...。いや、これは”恋”? このシュチュエーション、考えてなかった。うわ〜、考えるだに、おぞましい。 『ベニスに死す』のように、初老の男が美少年に懸... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2007-06-12 23:18
タイトル : あるスキャンダルの覚書き
労働者階級の子供たちが通うロンドン郊外にある中等学校。 ここで歴史を教えるベテラン教師のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、厳格で生徒や同僚教師たちからも疎まれる孤独な存在。 ある日、美術教師シーバ(ケイト・... more
Tracked from Alice in Won.. at 2007-06-14 00:11
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
先週に引き続いてOS名画座での鑑賞です。予告編で見た『ハリウッドランド』に『リトル・チルドレン』がすごく気になってしまいました。 15歳の教え子と不適切な関係を結び、その関係が世間に露呈してしまった美しい美術教師シーバ。教師の起こしたスキャンダルに、世...... more
Tracked from 映画のメモ帳+α at 2007-06-14 09:10
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
あるスキャンダルの覚え書き(2006 イギリス) 原題   NOTES ON A SCANDAL    監督   リチャード・エアー     原作   ゾーイ・ヘラー       脚色   パトリック・マーバー          撮影   クリス・メンゲス                    音楽   フィリップ・グラス                 出演   ジュディ・デンチ  ケイト・ブランシェット       アンドリュー・シンプソン ビル・ナイ イギリスの文学...... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2007-06-14 20:13
タイトル : 【劇場映画】 あるスキャンダルの覚え書き
≪ストーリー≫ 15歳の教え子と不適切な関係を結び、その関係が世間に露呈してしまった美しい美術教師シーバ。教師の起こしたスキャンダルに、世間や周囲からの批判がシーバに集中する。そんな中、同僚でシーバの友人でもあるベテラン教師バーバラだけが彼女をかばう。だが一方でバーバラは、スキャンダルの全容やシーバの身に起きたことをすべてを日記に綴っていた…。(goo映画より) 二人の女優の迫力有る演技が凄い!! 女心って、なまじっかなホラーよりも怖い…、と思わせてくれます。 ケイト・ブランシェットの弱さ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-07-17 21:56
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
 『彼女の恋の相手は15歳だった』  コチラの「あるスキャンダルの覚え書き」は、ゾーイ・へラーの同名ベストセラー小説の映画化で、6/2公開になったR-15指定のサスペンスなのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪  2006年アカデミー賞で主演のジュディ・デンチが主演女優...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2007-07-21 21:21
タイトル : 「あるスキャンダルの覚え書き」 エゴと支配 
バーバラもシーバも、エゴが強いという点では同じに見えました。 自分がかわいらしく... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-07-22 09:14
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
「 あるスキャンダルの覚え書き 」 2007年 英 ★★★★☆ 効果音楽が素晴らしかったですね! もう初っ端から、グイグイと引き込まれサスペンスフルに煽り立てる音楽の使い方。 この音楽なくしては、ひょっとしたら案外普通の映画だったかも^^; 孤...... more
Tracked from 俺の明日はどっちだ at 2007-07-24 21:00
タイトル : 「あるスキャンダルの覚え書き」 Notes on a S..
おもに労働者階級の子供たちが通うロンドン郊外にあるセントジョージ総合中等学校。ここで歴史を教えるベテラン教師のバーバラは、厳格すぎるゆえに生徒ばかりか同僚の教師たちからも疎まれる孤独な存在だった。そんなある日、美貌の美術教師シーバが赴任してくる。彼女との間にならば友情が築けると確信したバーバラは、以来シーバを秘かに観察し、それを日記に書き留めていく。そして、ある出来事をきっかけにシーバと親しくなったバーバラは、上流階級の幸せそうな家庭生活にシニカルな感情を抱きながらもシーバとの友情に喜びを感じていた。...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-11-07 16:31
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き(-_-;)バーバラが望む歪ん..
バーバラは危険きまわりない人物だった。   10月16日、京都シネマにて鑑賞。上映前からかなり気になっていた作品『あるスキャダンルの覚え書き』。上映時間や、上映回数が少なく・・・・。この日も10:40の1回だけだったようです。   ジュディ・デンチとケイト・ブランシェットという演技派女優の共演ということもあって、お客さんも多かったような・・・・。   舞台はロンドン郊外の中学校で歴史を教えるバーバラ(ジュディ・デンチ)、非常に厳格な態度で生徒に接することで知ら...... more
Tracked from Have a movie.. at 2007-11-27 22:37
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
イギリス、アメリカの両国においてベストセラーとなったゾーイ・ヘラーの原作をオスカー女優二人が四つに組み、暗澹たる人間心理を抉り出す。濃密な演技の焔に目が釘付けになり、吸い込んだ空気をはき出すのを忘れる… 透けるように白い肌の美しい新任美術教師シーバ(...... more
Tracked from ピロEK脱オタ宣言!…た.. at 2008-01-14 20:00
タイトル : 【映画】あるスキャンダルの覚え書き…なんだかガラじゃない..
たった今“ヤッターマン”のリメイクを観終えたピロEKです。 ナレーションが富山敬じゃないのは残念です{/face_z/} 今日{/kaeru_fine/}で三連休も終わり{/down/} 暇があっても、お金とやる気の無い私(&我が家){/face_hekomu/}は、ついダラダラだけで時間を浪費してしまいました{/face_ase2/}。 今日は携帯電話{/handyph_blue/}の料金プランを変更に行って… …携帯の料金プランってのはどれをとってもシックリこないですねぇ{/down/} W...... more
Tracked from とんとん・にっき at 2008-01-16 22:52
タイトル : 「あるスキャンダルの覚え書き」を観た!
観る前には、初老のベテラン女教師と若い新任の女教師の「同性愛」がテーマの映画かと、僕は勝手に思いこんでいました。ところがどうもそうじゃない、ということが、観ているうちに少しずつわかってきました。アメリカで実際に起こった女教師の事件を基に作られたゾー... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2008-01-25 18:14
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
レンタルで鑑賞―【story】ロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に興味を抱く。家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、シーバとの友情に固執するようになる。しかし、ある日、シーバの秘密を知り―    監督 : リチャード・エアー 『アイリス』    〜アメリカで実際に起こった事件を題材とした小説の映画化〜【comment】『誰もが私を信頼して悩みを打ち明ける。   私は誰に相...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-02-02 13:06
タイトル : 『あるスキャンダルの覚え書き』'06・英
あらすじロンドン郊外の中学校で歴史を教える初老のバーバラ(ジュディ・デンチ)は、若く美しい新任の美術教師シーバ(ケイト・ブランシェット)に興味を抱く。家族も親しい友人もおらず、飼っている猫だけが心のよりどころだったバーバラは、シーバとの友情に固執するよ...... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2008-03-06 21:40
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
ジュディ・デンチ女史は結構好きな女優です。 脚本ゼミ仲間で作ってる映画を観る会で この映画を押したら 「えーっ?…」と言われ、却下。 というわけで、DVDで観賞也。(T^T) ロンドン郊外。 労働者階級の子供が通う中学校で歴史を教える 初老の教師・バーバラ。 ある日... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2008-04-02 00:27
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き−(映画:2008年29本目)−
監督:リチャード・エアー 出演:ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェット、ビル・ナイ、アンドリュー・シンプソン、トム・ジョージソン、マイケル・マロニー 評価:90点 緊張感溢れまくりの大女優の競演。火花散る演技がなんとも素晴らしく、時を忘れて見入って....... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-08-20 12:43
タイトル : <あるスキャンダルの覚え書き> 
2006年 イギリス・アメリカ 93分 原題 Notes on a Scandal 監督 リチャード・エア 原作 ゾーイ・ヘラー「あるスキャンダルについての覚え書き」 脚本 パトリック・マーバー 撮影 クリス・メンゲス 音楽 フィリップ・グラス 出演 ジュディ・デンチ  ケイト・ブランシェット  ビル・ナイ    アンドリュー・シンプソン  トム・ジョージソン... more
Tracked from Blossom Blog at 2008-09-14 17:13
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
あるスキャンダルの覚え書き NOTES ON A SCANDAL 監督 リチャード・エアー 出演 ジュディ・デンチ ケイト・ブランシェット     ビル・ナイ アンドリュー・シンプソン イギリス 2006... more
Tracked from しぇんて的風来坊ブログ at 2009-07-13 20:40
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
これは、ある意味変に思える(あくまで思えるとだけしたい)ヒトを描いて実はどいつがどうで・・・みたいな面白さが表面にはあるけれど、実際人間ってこうだと思う。だからオドロオドロというより、あり得るということだしそれはエゴと性癖と社会生活もぶつかりあいということだろうし。実力のある女優さん主役なので、このタイトルだとかジュディ・デンチとケイト・ブランシェットが並んでるポスターに気をとられて観に行って、そんなに裏切られた気分にはならないと思う。 (またダウン症の扱いはそんなには差別的といえず許容範囲。某...... more
Tracked from いやいやえん at 2011-08-24 09:16
タイトル : あるスキャンダルの覚え書き
ジュディ・デンチ、ケイト・ブランシェットさん共演。グイグイと一方的に好意を寄せられ自分のスペースが侵されていく…そんな恐怖感。バーバラのシーバへの好意は、羨望と嫉妬もあわせ持っていると思う。屈折した感情が恐ろしいですね。 ジュディ・デンチさん扮するバーバラは、オールド・ミスで厳しく皆に嫌われている孤独な女性。彼女は赴任してきた美人教師シーバに一方的に心を寄せ近づいていくんですね。観察し日記をつけていくのですが…その近づき方が尋常じゃない。シーバと少年との情事を目撃した事から、相手を心理的に囲って...... more
Commented by Bianca at 2007-06-06 23:59 x
マルゴ様、こんばんわ。
近いうちに見るつもりです。ところで「オールドミス」ってことば、久し振りに聞きましたわ。
Commented by margot2005 at 2007-06-07 20:35
Biancaさん、こんばんは!
おぉ是非ご覧くださいまし!
おそらくBiancaさんの好みと合致するかと思います。
そういやオールド・ミスって死語でしょうか?蔑称かもですね?
Commented by MACHI at 2007-06-08 22:09 x
ジュディ・デンチ、こわかったですぅ。サイコサスペンスみたいでした。
Commented by sainsburys_UK at 2007-06-09 09:47
ジュディ・ディンチの日記が結構笑いましたね。「ゾッとするようなダンス」とか。(笑)

しかし怖いですよね~、シーバを友達としてではなく完全に女性としてみてたっていうかなんというか。
Commented by あん at 2007-06-09 23:56 x
こんばんは。私も、この映画、大満足でした。
”ぞっとするようなダンス”?!思い出しました(笑)
もう、ジュディ・デンチの言い草、ブラック・コメディーとしか言いようがないですね。TBさせて頂きました。
Commented by margot2005 at 2007-06-10 23:55
MACHIさん、こちらにもお越しを...
ジュディ・デンチさすがの迫力ですね。
ストーカー的なサイコ・サスペンスでしょうか?
Commented by margot2005 at 2007-06-11 00:03
chocolateさん、こんばんは!
必死の形相で日記書いてるシーンは笑えました確かに。
バーバラは余りにも几帳面過ぎる女性で、何か?間違ってあぁいう人間になったのでしょうかしら??
レズビアン的な感情ではないかとは思えるのですが、あこまで迫られると怖いですわね?
Commented by margot2005 at 2007-06-11 00:11
あんさん、こんばんは!
演技派の二人激突作品は見応えありましたね。
“ぞっとするようなダンス”を始めとして、バーバラが語る台詞は楽しめましたわ。
Commented by ALICE at 2007-06-14 00:13 x
こんばんは!
オスカー女優の競演は本当にすごかったですね。
女の喧嘩は本当に見苦しいし怖い・・・
同じ女ながらもおぞましかったです。
Commented by オリーブリー at 2007-06-14 19:14 x
こんばんは。

二人の演技につきるような作品で、内容云々より満足でした!
個々人的にはもう少し、ねっちりと執拗でも良かったかなあ(笑)
また宜しくお願いします。
Commented by margot2005 at 2007-06-15 00:18
ALICE さん、こんばんは!
オスカー女優はやはりすっごいですね。デンチはチャーミングな役も、クールな役もOKだし...ケイト・ブランシェットは正にカメレオン女優ですわ。
バーバラの家に身を寄せたシーバは鏡に向かって濃い化粧楽しんでましたね。あれって??女の自己満足でしょうか??
マジでおぞましかったです。女は怖い!怖い!
Commented by margot2005 at 2007-06-15 00:22
オリーブリーさん、こんばんは!
この映画は実話を元にしているようですね?なんか原作本読みたくなりましたが...なんとなくかなり脚色されているような気もいたしますの。
二人の取っ組み合いはリアルでしたわ。
こちらこそまた映画をかたりませぅ。
Commented by Bianca at 2007-06-17 11:30 x
margotさま、おすすめに従い、見ました。歳も近い私ですので、バーバラの気持はかなり共鳴しました。ずっと日記もつけているしね。ただし、彼女ほど有能な社会人ではありませんでしたが。
Commented by シャーロット at 2007-06-17 23:32 x
こんばんは。
デンチって私も可愛い女の役の方が好きかもですぅ。
なんかホント意地悪婆さんにしか見えなっですぅ。
でもオスカー女優同士の見ごたえあるやり取りには、とっても目が惹かれました。ラストにはまたちょっと一波乱待ち受けていそうで、ドキドキして・・・でも私、独映画祭の間にこの作品を見ていて、「イェラ」とかに感銘を受けたばかりだったから、ちょっと埋もれちゃった感じでした;
Commented by margot2005 at 2007-06-19 00:53
Biancaさん、こんばんは!
歳も近いって??バーバラに共鳴しちゃわないでくださいましな。
日記もつけてるんですか??
有能なハウスワイフじゃぁございませんこと??
Commented by margot2005 at 2007-06-19 01:03
シャーロットさん、こんばんは!
怖いデンチって怖過ぎですわよね??
二人ともスゴイ形相で取っ組み合いもあって、誠に面白いブラックな映画で楽しめました。
「イェラ」とかドイツ映画祭の谷間にご覧で、埋もれてしまったのでしょうか??
私的には非常にインパクトのある作品で、今年度印象に残る一作かもしれません。
Commented by ななな at 2007-06-24 20:23 x
こんばんわ♪
ジュディ・ディンチってやっぱりこういう怖いおばあさんが一番似合う気がします。
バーバラも昔若い人に捨てられたことがあるのかしら?なんて勘ぐっちゃいました。
でもあの人はなさそうかな?
二人の怖いほどの戦いに思わず見入っちゃいました。
Commented by margot2005 at 2007-06-28 22:43
なななさん、こんばんは!
亀レス申し訳ありません。
デンチは確かに怖いおばあさん似合いますね...でも怖過ぎですわ。
バーバラの過去はどうだったのでしょうね??
とにかくオスカー女優のスゴイ形相と、戦いを堪能できるスゴイ作品でした。
本年度のベストに入れたいですね。
Commented by JT at 2007-07-01 20:27 x
なかなか見ごたえがありましたねー
ジュディ・デンチの抑えた表情や激高するところ、
ケイトの奔放なブルジョワな感じ、
よかったと思います。
ただ、ケイトのほうの心理状態が僕には良く分からなかったのが残念です。
でも、女性ならあのぐらいの表現でピンとくるのかもしれませんね。
シャンテシネもまだ結構はいってましたよ。
Commented by margot2005 at 2007-07-03 00:54
JTさん、こんばんは!
見応えありましたか。
これは私的に今年のマイベストに入れたい作品ですね。
やはり二人のオスカー女優はさすがでありましたわ。
奔放なブルジョアという言い回しはぴったりで素敵です。
確かにケイトの心理状態は細かく描かれてなかったですね?
でもそうあんな感じの表現で何となくケイトの心は読めましたね。
シャンテでロングラン映画って余りないのですが、これは素晴らしい作品ということなのでしょう!
Commented by nyanco at 2007-07-09 19:53 x
margot2005さん、こんばんは♪
TBとコメントありがとうございました。
本当に、女同士のぶつかり合いがとてもリアルで、一種のスリラーと思えるような怖い映画でした。。
でも、デンチ&ブランシェットの見事な演技と、サスペンスタッチな展開に、あっという間の90分という感じで、とても楽しませてもらいました。
ビル・ナイも味があって、存在感のあるいい俳優さんですね。

日比谷シャンテ・シネでご覧になったのですね! いいなぁ♪
また、ウィークディなのに、お客さんでいっぱいというのはさすが東京だなと思います。
私も独身の頃は東京に住んでいたので、よく日比谷シャンテ・シネ行ってたんですよ。
銀座、日比谷の映画館は、ミニシアター系の映画をたくさん上映してくれるのでいいですよね〜。(^^)
今は長野なので(笑)、、ミニシアター映画をなかなか上映してくれないことが悩みですね。。トホホ。。
Commented by margot2005 at 2007-07-11 23:58
nyancoさん、こんばんは!
こちらこそありがとうございます!
デンチ&ブランシェット競演ならではの作品で、ホント見応えありました。
ビル・ナイ良いですよね。
限りなく英国男の雰囲気をかもし出し、そして英国訛りの彼のEnglishにはぐぐっと来ちゃいます。
日比谷シャンテは便利なのと、テイストが合う映画を多々上映してくれるので、一番良く行くシアターですね。
東京に住んでいると言う事は、好む、好まざるに関わらず公開される作品は全て観られるというのはラッキーだと思います。
そうなんですか?かつて日比谷に通われた次期があったのですね?
でも私的には長野って憧れありますね。松本を始めとして、長野は過去に何度も訪れていますのよ。
Commented by とんちゃん at 2007-07-22 09:18 x
こんにちは~★
margot2005 さん♪
私の方こそ普段TB逃げですがお許し下さい~~^^;
この映画、どっちもどっちかなぁなんて思いました。
バーバラは、人の私生活を覗き込んで日記にしたためるという悪趣味な
点が共感できないですね^^
しかも相手が同性なんて・・・有り得ない~~(笑)
ケイトは綺麗でした。あの顔や脚に私も触ってみたいな、とは思いましたが(爆)
Commented by margot2005 at 2007-07-26 01:23
とんちゃんさん、こんばんは!
どっちもどっち...いやそうかもですね?
ケイト・ブランシェットって年々美しくなっていきますね。
彼女は20代より、30代の今の方が断然綺麗ですものね。
女優さんてどんどん洗練されていくのでしょうね?
触ってみたいとは...少々まずいですな...
Commented by fizz♪ at 2007-11-27 22:43 x
margotさん、こんにちは~
怖い映画を観てしまいました(笑)
でも見応えありましたー!
>スティーヴンはまだ15才だけど、あなた(30代)は決して若くはないのよ!
言ってましたねぇ。そしてバーバラもまた、若い女性ばかりがターゲットでした。
人間の暗部がリアルで怖かった…ってことは、自分も怖いってことでしょうか?(笑)
TBさせて頂きました。
Commented by margot2005 at 2007-11-28 23:35
fizz♪さん、こんばんは!
いつもコメントありがとうございます!
怖い映画でしたよね?でもコレかなり好きです!
やはり女優二人がスゴイ(演技派)ので盛り上がりましたよね。
ブランシェットもデンチも大好きな女優さんですわ。
人間の暗部ですが、誰しも持っていると思いますね。
それを行動に移すか、移さないかはそれぞれですものね。
私も持ってると思います...女は怖い...
<< 試写会にて...「300/スリ... 「太陽はひとりぼっち」 >>