「太陽はひとりぼっち」

a0051234_23542834.jpg「L Éclipse」...aka「Eclipse」1962 イタリア/フランス
監督はイタリアの鬼才ミケランジェロ・アントニオーニ。
ヒロイン、ヴィットリアには、アントニオーニの「情事/1960」「赤い砂漠/1964」のモニカ・ヴィッティ。
「赤い砂漠」は観ている。
ヴィットリアと出会う男ピエロにアラン・ドロン「太陽がいっぱい/1960」「太陽が知っている/168」
タイトル直訳すれば“太陽・月の食”...“失墜、没落”の意味がある。
IMDbによると台詞はイタリア語(ごくわずか英語の台詞あり)とあるが、BSで放映されていたのはフランス語バージョン。白黒映画。
昔の映画は始めにキャスト&スタッフの名前が紹介される。
それと同時に一世を風靡したという有名なテーマが流れる。その後この作品バック・ミュージックはほとんどない。
カンヌ映画祭、審査員特別賞(ミケランジェロ・アントニオーニ)に輝いた作品。
しかし鬼才と呼ばれる監督が作った作品て、凡人には理解出来ないものがある。
a0051234_045683.jpg

舞台はローマ。ある日、3年越しの恋人リカルド(フランシスコ・ラバル)に別れを告げたヴィットリア(ヴィッティ)は彼のアパルトマンを後にする。“新しい男が出来たのか?”と言うリカルド。“そうではない”と答えるヴィットリア。リカルドのアパルトマンを出たヴィットリアは自身のアパルトマンに向かう。後を追ってくるリカルド...“後で電話をする”と言うリカルド...“電話はしないで!”と答えるヴィットリア。
株にハマっている母親に会いに出かけたヴィットリアは、そこで株式仲買人ピエロ(ドロン)と出会う。その後二人は急接近し結ばれる。“結婚しよう!”と言うピエロに“Oui!”と言えないヴィットリア。
“明日また会おう、明後日も、いや今夜会おう!”と言って別れる二人...
a0051234_1434386.jpg

カンヌ映画祭(2007)にスターのバッジを付けて現れた元スター、アラン・ドロン
“日本人のお気に入りヨーロッパ俳優”というIMDbのコメントあり。確かにうなずける。
彼のファンって日本にはうじゃうじゃいた(過去形)だろうが、私的には好みではない。
彼は美し過ぎてなんか味がない。
歩き方がガニ股ぽくて笑えるのだが...まぁそれも顔でカヴァーは可能かと思える。
逆にヒロインのモニカ...もぅ滅茶素敵!
彼女はイタリアンなのだが、限りなくアンニュイなモードを漂わせて...アントニオーニお気に入りというのもうなずける。
モニカ映画はフランソワーズ・サガンの「スエーデンの城/1962」がお勧め。
a0051234_143167.jpg

劇中、“テーブルもクロスも本も男も同じ、飽きるのよ!”と言い放つヴィットリアがニクい。
恋人と別れた夜、ヴィットリアが同じアパルトマンに住む、アフリカ、ケニア帰りのマルタの家で、友人のアニタとアフリカン・ダンスに興じるシーンは素敵。
ラスト、いつも二人が待ち合わせる場所...それは建設中のビル(アパルトマン)の前...
そこに現れなかった二人...あのエンディングこそアントニオーニが描きたかった“愛の不毛”なのだろうか?
「情事」「赤い砂漠」の間に作られたこの作品はアントニオーニ愛の不毛3部作とか...
白黒で解りにくいが、“水”のシーンが美しい!
[PR]
by margot2005 | 2007-06-02 01:57 | イタリア | Trackback(4) | Comments(10)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5676709
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from イタリア Repubbl.. at 2007-06-02 16:59
タイトル : イタリア Repubblica Italiana イタリ..
イタリア共和国(イタリアきょうわこく、イタリア語表記:Repubblica Italiana)、通称イタリアは、ヨーロッパ南部の国。イタリア半島およびその付け根に当たる部分と、地中海に浮かぶ2つの大きな島(サルデーニャ島、シチリア島)からなる。北にあるアルプス山脈において、フランス、スイス、オーストリアと、またスロベニアとも国境を接する。サンマリノ、バチカンの領土を取り囲んでいる。... more
Tracked from にじばぶの映画 at 2007-06-28 10:07
タイトル : 太陽はひとりぼっち
『太陽はひとりぼっち』(1962年) 上映時間:124 分 製作国:イタリア/フランス ジャンル:ドラマ/ロマンス 監督: ミケランジェロ・アントニオーニ Michelangelo Antonioni 脚本: ミケランジェロ・アントニオーニ Michelangelo Antonioni トニーノ・グエッラ Tonino Guerra エリオ・バルトリーニ 撮影: ジャンニ・ディ・ヴェナンツォ Gianni Di Venanzo 音楽: ジョヴァンニ・フ...... more
Tracked from ももたろうサブライ at 2007-07-28 23:25
タイトル : 「太陽はひとりぼっち」ヒットしそうにないヒット作
監督 ミケランジェロ・アントニオーニ(1962年) アントニオーニの作品なので当然好き嫌いが分かれる。私は好き、というより同情的に観てしまう。変な言い方だが、つまり「とても良いけど、もう少しわかりやすくしないと売れないよ」と言ってあげたくなる作品である。 ...... more
Tracked from 沈黙のしのしのし at 2007-07-31 23:27
タイトル : ミケランジェロ・アントニオーニのindulgence
先ほど、映画監督のミケランジェロ・アントニオーニが亡くなったということを知った。 94歳だというから、かなりの大往生だったのだろう。 良い意味でも、悪い意味でも、あれだけ我侭なアーティストもいないと思うのだけど そういう人が長生きをした、と聞くと、そんなもんかな、という気がする。 (若かった頃)僕は、ある時期、この監督の 「倦怠感」+「不条理な感じ」+「おしゃれな感じ」+「大人な感じ」 に何故かものすごく惹かれていて、実は、結構ヘヴィに見ていた時期があった。 「indulgenc...... more
Commented by Bianca at 2007-06-02 11:35 x
この映画、何故か好きです。音楽もいいし・・・ドロンは17歳でインドシナ戦争に行き、帰ってからはヤクザ集団に入ったりして、実に毛並みの悪い男。お嫌いなのも分かる気がします!「Total Eclipse」だと「太陽と月に背いて」になるのが、面白いですネ。
Commented by margot2005 at 2007-06-02 22:16
Biancaさん、こんばんは!
この映画わたしも好きです!モニカのファッションが素敵でしたわ。
モニカは憧れの女性ですね。「赤い砂漠」のモニカも滅茶アンニュイな雰囲気で素敵です。
テーマはイタリアンのミーナが歌っていたように記憶してますが...
強烈なメロディは耳に残ります。映画自体はけだるいのですが...
ドロンはホントに日本で人気の俳優なんですね?
月&太陽ってタイトルに持っていきやすいのでしょうね?
「太陽は知っている」の原題は“スイミング・プール”ですが、まぁプールと言えば太陽も関係しますから良しといたしませぅ。
Commented by amore_spacey at 2007-06-03 21:11
margotさん、こんにちは。
アラン・ドロンの元ファンです。母娘2世代…(^^)
イタリアの代表的な女優と言うと、ソフィア・ローレンや
ジーナ・ロロブリジダやクラウディア・カルディナーレ…を
思い浮かべる人が多いのですが、私はモニカを第一に押したい
ですね。アンニュイだけれど楚々として、シニカルなユーモアに
溢れている。歳を感じさせない。ハスキー・ヴォイスが魅力的。
こんな女性に憧れますね。
先日のカンヌ映画祭で見かけたアラン、歳とりました。
Commented by claudiacardinal at 2007-06-04 18:19 x
モニカ・ビッティいいですよねぇ。この表情、憧れの憧れ。初めて彼女を見た時(たしか10代だったような)アイラインをこんな風に入れようと真似した時があります。がなぜか違う・・・
アントニオーニで好きなのは、彼の女性のテイスト、どの作品でもいい女が出てます。いいですねぇ〜〜〜。
Commented by margot2005 at 2007-06-05 00:15
amore_spaceyさん、こんばんは!
親子二代のドロン、ファンですのね?
モニカはイタリア女優ですが、最初フランス女優とばかり思っていました。というのも「太陽がいっぱい」のマリー・ラフォレと雰囲気似ていたので...
アンニュイなモニカさんはからから笑うのですよね。それがなんか変にミスマッチで素敵だったりします。
ローレンや、ロロブリジダは派手なイメージがありますが、モニカは楚々として素敵ですよね。
ドロンは70代ですものね。孫と遊んでる姿なんぞ想像出来そうですが、いかがでしょうか??
Commented by margot2005 at 2007-06-05 00:31
CCさん、こんばんは!
モニカは女性が素敵と思える女性ですよね?
あの頃の化粧...アイライン凄かった気がしますが....
アントニオーニは女優の使い方が上手いのでしょうか?
“愛の不毛”が専売特許と書いてあるサイトもありで...アントニオーニ作品もっと観たくなりましたわ。
Commented by nijibabu at 2007-06-28 10:07
はじめまして!
『太陽はひとりぼっち』でTBさせて頂きました。

私はアントニオーニ好きで、モニカ好きで、そしてドロンも好きだったりしますが、興味深く記事の方を拝見させて頂きました。

特に気になったのが、真ん中付近にあるモノクロのモニカの画像!
こちらの方、コピーして私のブログの方でいつか使わせて頂いてもよろしいでしょうか??

それとフランソワーズ・サガンの「スエーデンの城/1962」、こちらも是非観てみたくなりました。

今後ともよろしくお願い致します<m(__)m>
Commented by margot2005 at 2007-06-29 00:12
nijibabuさん、初めまして!
TB&コメントありがとうございます!
アントニオーニ映画って難解と言われているようで...なんか良く解らない感じもありますが...なんとなく私的にお洒落な感じがしますの。
モノクロのモニカどうぞお持ちになってください。
イタリア(フランスだったかも?)のモニカのサイトで見つけてきた写真です。
「スエーデンの城」はサガン ファンなので、翻訳戯曲は読んでいます。
ジャン・ルイ・トラティニアンを始めとした、フランス有名俳優が多々出演しておりますよ。
こちらこそ宜しく!
Commented by びあんか at 2009-02-01 17:00 x
TBこのごろうまくいかないのですが、やって見ました。
見たのです、10年ぶりに。やはり素敵でした。
彼女の服は余り好きとはいえませんが、
Commented by margot2005 at 2009-02-02 00:28
Biancaさん、こんばんは!
TB送れないですか?残念です。
コメントありがとう!
10年ぶりにご覧になりましたか。なんだか私も見てみたくなりましたわ。
ドロンの太陽シリーズでは一番の秀作かと思います。
あの時代のドレスお気に召しませんか??
<< 「あるスキャンダルの覚え書き」 「リプリーズ・ゲーム」 >>