「終着駅」

a0051234_2304099.jpg「Stazione Termini 」...aka「Indiscretion of An American Wife」1953 イタリア・USA
監督は「ひまわり/1970」のヴィットリオ・デ・シーカ。
主演の二人にモンゴメリー・クリフト「陽のあたる場所/1951」「私は告白する/1953」&ジェニファー・ジョーンズ「慕情/1955」「タワーリング・インフェルノ/1974」。
ローマ、テルミニ駅を舞台に繰り広げられる別離のドラマ。

舞台はテルミニ駅のみ。オープニングで、ヒロインのマリアがジョヴァンニのアパートを訪ねるシーンがあるが、すぐに駅のシーンとなり、その後は駅のみでドラマは展開する。
アメリカでのタイトル“アメリカ人妻の無分別”というタイトルが笑える。そのものズバリなので...

アメリカ人の主婦マリア(ジョーンズ)は、ローマに住む姉を訪ねる。スペイン広場(この場面は映画の中には登場しない)で道を訪ねたイタリア人青年ジョヴァンニ(クリフト)とお茶を飲み、彼に惹かれる。
ローマを去る日が来た。ジョヴァンニのアパートまで行ったマリアだが、彼の家のチャイムを押す事は出来なかった。駅に戻ったマリアは甥ポール(ベイマー)に電話をかけ、テルミニ駅に身の回りの物を持って来て欲しいと依頼する。鞄を持って現れたポールと別れを惜しんでいたその時いきなりジョヴァンニが現れる。黙って去って行くメアリーを攻めるジョヴァンニ。パリ行きの列車が走る迄一緒にいようと懇願するジョヴァンニ。カフェに入る二人。ジョヴァンニはなんとかマリアをアメリカに返さないよう必死に説得する。ジョヴァンニに猛烈な未練を残しながらも、アメリカに残して来た夫と一人娘が気がかりなマリア。やがてパリ、ガー・デ・リヨン行きの列車の発車時刻が迫って来る。
a0051234_231495.jpg

このドラマは21世紀の今観るとあまりにも、もどかしく、愚かでばかばかしいなんて思ってしまうが、俳優二人の盛り上がる感情表現にはスゴイものがある!
あこまで別れが辛いならなんで、それも異国で、年下の男(主演の二人は1才しか違わないが、ジェニファーがやはり貫禄あり)と不倫なんてするの?と言いたいが、まぁそれが人間の性なのだから致し方ない。
ディヴィッド・リーンが作った「逢びき/1945」に匹敵するドラマを作ろうとして、製作者がヴィットリオ・デ・シーカを監督に抜擢したという。残念なことに「逢びき」を観てない...これは是が非でも「逢びき」を観ないわけには行くまい。
a0051234_2313761.jpg

以前から何度も書いてるが、50年代の映画にはメイク・ラヴ・シーンはいっさい登場しない。ひしと抱き合ってキスするのみ。究極の不倫映画なので二人が結ばれなかったなんてことは絶対にあり得ない。なので想像力が必要となってくる。想像力にかけては誰にも負けないと自負しているので、こういった映画も楽しむ事が出来るのかな??なんて思ってしまう。
モンティの映画を3作観て、正統派美青年と言う言葉にぴったりの俳優だと納得した。
しかしその美青年もエリザベス・テーラーやマリリン・モンローと浮き名を流したのではなく、彼女たちは心を許した友人であって、同性のパートナーがいたという事実には驚く。
「ウエスト・サイド・ストーリー/1961」のリチャード・ベイマーがマリアの甥役で出演している。ベイマーとモンティの年齢は近いと思っていたが、モンティがかなり年上である。50年代ベイマーはまだ少年。
白黒映画。台詞は英語。
イタリア語もOKなモンティが、劇中に少しだけ話すイタリア語...もう少し話して欲しかったイタリアン。
[PR]
by margot2005 | 2007-05-20 23:56 | イタリア | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5616703
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 海外の女優 ハリウッドの女優 at 2007-05-22 22:25
タイトル : マリリン・モンロー
ハリウッドの女優を中心に海外の女優を紹介していきます。 美人女優・セクシー女優・アクション女優など素晴らしい女優がたくさんいますので、最終的には映画女優名鑑のようなものに仕上がれば良いなと思っています。... more
Tracked from 雑学的ブログ at 2008-08-10 22:20
タイトル : 陽のあたる場所、
ラジオで紹介していました。陽のあたる場所 浜田省吾ヒストリー(田家秀樹)陽のあたる場所改版という本が復刻した記念として、浜田省吾特集オール・アバウト 浜田省吾/ギター弾き語り全曲が放送されていました。私は、浜省ファンなので楽しく聞かせていただきました。テレビには、あまり出演してくれない浜省ですが、応援しています!エンタメランキングへ--------------- おすすめのページ ---------------「火災対策グッズ」で検索してみました!「フラワー」ランキングです。...... more
Commented by Bianca at 2007-05-21 12:00 x
えーっ、margot2005さん、この二人、すでに一線を越えていたと?これは論議の分かれるところですが・・・・是非、英国版不倫純愛映画「逢びき」もご覧の上、再度この点について語って下さいませ。
Commented by margot2005 at 2007-05-21 21:59
Bianca さん、え〜っつですか?
すいません。「逢びき」観る前に語らせてくださいまし!
男って石器時代から狩りにでて獲物をゲットする本能を持っておりますので、征服欲を押さえるのは無理かと存じます。
そういやカフェに入った二人、お酒を注文したものの、飲まずに“僕の部屋に行こう!”なんてジョヴァンニがマリアに言う台詞がありましたわ。
Commented by Bianca at 2007-05-22 19:21 x
margot2005さん、男の狩猟本能と征服欲、当時は健在だったと思いますが、一方、女の防御の姿勢も、正比例して大きかったと思いますよ。世間の見る目も、観客の視線も、ほしいままの行動には厳しかったわけで、彼らに言わせれば、ひしと抱きあってキスするのみで、もう、不倫ですわ。SEX革命以前ですので。
Commented by margot2005 at 2007-05-23 23:33
Bianca さん、こんばんは!
わかりました。Biancaさんの解釈で「逢いびき」を観たいと思います。まだゲットしてないのですが...
<< 「主人公は僕だった」 「陽のあたる場所」 >>