「バベル」

a0051234_23463838.jpg「Babel」USA/フランス/メキシコ
タイトル“バベル”とは旧約聖書“バベルの塔”に由来する。
モロッコ、サンディエゴ(USA)、メキシコ、東京(日本)と、4つの地域で物語は同時進行する。
とにかく話題満載映画で、予告も何度も、何度も観て...でもやはりスゴイ映画だった。
監督は「21グラム/2003」のメキシコ出身アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ。
彼の「21グラム」は観たが「アモーレ・ペレス/ 1999」は未見。機会があれば観てみたい「アモーレ・ペレス」。
「21グラム」の監督という事で、この映画も暗いのではないかとイメージしていたが、それほどでもなく...いやとにかくスゴイ映画で感動してしまった。
a0051234_23465392.jpg

モロッコに旅行中のアメリカ人夫婦リチャードとスーザンに、ブラッド・ピット「Mr.&Mrs.スミス/2005」と「エリザベス/1998」「ヴェロニカ・ゲリン/2003」のケイト・ブランシェット。
リチャード夫婦の子供たちの乳母アメリアにアドリアナ・バラーザ。
アメリアの甥サンチャゴに「キング 罪の王/2005」のガエル・ガルシア・ベルナル。
東京に住む、母を亡くした少女チエコに菊地凛子。チエコの父ヤスジローに役所広司。
a0051234_23471031.jpg

ある出来事をきっかけに、離れそうになった絆を取り戻そうと、二人っきりでモロッコにやって来たアメリカ人夫婦、リチャード(ピット)とスーザン(ブランシェット)。
羊飼いの少年が発砲した銃弾が、二人を乗せた観光バスの窓ガラスを一撃する。そして、その銃弾はスーザンの肩に命中していた。
一方で、サンディエゴに残して来たリチャードとスーザンの子供たちマイク(ネイサン・ギャンブル)とデビー(エル・ファニング)の乳母アメリア(バラーザ)の元へ、モロッコにいるリチャードから電話がかかる。アメリアは母国メキシコで息子の結婚式に帰郷する予定だったが、二人の子供たちを預けるあてもなく、メキシコに連れて行くはめになる。
アメリアを迎えに来た甥サンチャゴ(ベルナル)は、アメリカ人の子供たちをメキシコに連れて行くことにためらいを見せるが...
また一方で、東京麻布の高層マンションに住む聾唖者であるチエコ(菊池)は最近母を亡くしたばかり。母の死因は自殺であった。父親ヤスジロー(役所)とはぎくしゃくした毎日。おまけに聾唖者であるが故に化け物扱いされたチエコは満たされない日々に苦悶する。
やがて、モロッコで起きた発砲事件のライフルは、かつてヤスジローが所有していたと言うことが判明する。
a0051234_23473190.jpg

それぞれのエピソードが上手く繋がって...いやホント上手く繋げたなと感嘆する。
リチャードとスーザン夫婦を演じたブラッド・ピット&ケイト・ブランシェットのコンビが滅茶ナイス!
ブラッド・ピットという俳優は年月を経るごとに素敵な俳優になっていく。
目のあたりに出来たシワと白髪のブラッド・ピットってかなり素敵なんだが...
彼のファンになったのはロバート・レッドフォードが監督した「リヴァー・ランズ・スルー・イット/1992」以来で、ブラッド映画は殆ど観ているかと思える。
この作品では二人の子供の父親役。
モロッコから電話で息子と話すシーンにはジーンと来る。
ガエル・ガルシア・ベルナルと言う俳優にもスゴイ!ものがある。彼の作品も多々観ているが、それぞれの作品で、それぞれにかなりな存在感ありで、やはりスゴイ俳優なのかな...なんて思ってしまう。
ケイト・ブランシェットは大好きな女優の一人で、どんな役を演じても素晴らしい!
オスカーにノミネートされた菊池凛子、高校生には見えなくて困ったが、オーラのある女優だなと感じる。今後の彼女に期待したい!
高層ビルが林立する夜の東京の街の映像が美しい!
見慣れた渋谷の街も、映像で観るとなんとなく美しく感じるのはなぜ?
今日、たまたま渋谷で映画を観て、この映画の”Sibuya”を思いだした。
エンディングに流れるギター曲も物語の余韻に浸れて素晴らしい!
日比谷スカラ坐にて...
a0051234_23474667.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-04-29 23:57 | USA | Trackback(41) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5505700
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Sweet* Days .. at 2007-04-30 07:03
タイトル : 『バベル』
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イリニャトゥ CAST:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、菊池凛子 他 ゴールデングローブ最優秀作品賞受賞 カンヌ映画祭最優秀監督賞受賞 アカデミー助演女優賞他ノミネート STORY:夫婦の絆を取り戻そうとモロッコを旅しているリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。しかし観光バス乗車中に、スーザンが突然何者かに撃たれる。同じ頃、東京では聴覚障害を持ったチエコ(菊池凛子)が満たされない思いでいた・・・・アレハンドロ・ゴン...... more
Tracked from 辛口だけれど映画が好きです at 2007-04-30 08:27
タイトル : バベル
注! 同じ記事がわたしの別ブログLeidende Fruchtにも載っています。バベル(2006年/仏・米・メキシコ/アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ監督/公式サイト)「伝わらない」をテーマに、複数の物語が同時進...... more
Tracked from Wilderlandwa.. at 2007-04-30 17:10
タイトル : 「バベル BABEL 」映画 感想
聾唖(ろうあ=耳が聞こえなくて言葉が喋る事が出来ない)少女を好演した”菊池凛子”... more
Tracked from 映画のメモ帳+α at 2007-04-30 20:16
タイトル : バベル
バベル (2006 アメリカ) 原題   BABEL    監督   アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ    脚本   ギジェルモ・アリアガ       撮影   ロドリゴ・プリエト                    音楽   グスターボ・サンタオラヤ                 出演   ブラッド・ピット ケイト・ブランシェット       ガエル・ガルシア・ベルナル アドリアナ・バラーザ       役所広司 菊地凛子 二階堂智 日本では、菊地凛子のアカデ...... more
Tracked from ラムの大通り at 2007-04-30 22:08
タイトル : 『バベル』
(原題:Babel) ----アカデミー賞ノミネートが発表されたね。 この『バベル』って7部門でノミネートでしょ? 「うん。 今日は最初は『ロッキー・ザ・ファイナル』のお話にしようと思ったけど、 急遽、こちらに」 ----『バベル』って「旧約聖書」にも出てくるよね。 確か、神に近づこうとした人間たちが 天まで届く塔を建てようとして、 神の怒りを買って、言葉を乱され、世界をバラバラにされたと言う…。 「おいおい。フォーンは本当に猫なの(笑)。 この映画の監督アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥは こ...... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2007-04-30 23:37
タイトル : 【2007-62】バベル(BABEL)
それは、一発の銃弾から始まった 事件は、モロッコから東京に─ そしてメキシコへと移っていく 言葉が通じない 心も伝わらない 想いは、どこにも届かない かつて、神の怒りに触れ言語を分かたれた人間たち 我々バベルの末裔は、永遠に分かり合うことは出来な....... more
Tracked from APRIL FOOLS at 2007-05-01 01:59
タイトル : 感想/バベル(試写)
凛子フィーバーひと段落で、なんだか忘れられそうだけどTHEパーフェクトだよ『バベル』4月28日公開。モロッコで起きた発砲事件。撃たれたのはアメリカ人女性。モロッコ、アメリカ、メキシコ、そして日本。1発の銃弾が世界中の壁に、バベルの塔に、風穴を開ける。脳みそブチ抜かれる大傑作! バベル 「ミスコミュニケーション」が主題として横たわり、その象徴としての「バベルの塔」。このメッセージが間接的ながら劇的に、鮮烈に、全編を通して響き渡る。観てからふた月くらい経っているけどいまだに消えない衝撃。ダメージと...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2007-05-01 10:17
タイトル : バベル
ひとつの銃弾が心の扉を開ける。 ... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-05-01 23:28
タイトル : バベル
「バベル」2007年 米 ★★★★★ 観てきました!! GW第1弾目は、やはりこの「バベル」 めちゃめちゃ楽しみにしていたのですよ~。 やっと観れた、安堵感が1番目の感想かな?^^ はるか昔、言葉は1つだった。人間たちは神に近づこうとして天ま...... more
Tracked from 観たよ〜ん〜 at 2007-05-02 07:03
タイトル : バベル 2007-18
「バベル」を観てきました〜♪ モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)。バスで砂漠を移動中、何者かに突然狙撃される。同じ頃、東京に住む聾唖の女子高生チエコ(菊池凛子)は、満たされない日常に尖った日々を過ごしていた・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、言葉が通じるかも!? ... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2007-05-02 07:43
タイトル : バベル
この超話題作を観ようと思った最初の動機は、ズバリ、エル・ファニングが出ているから!どれだけ成長してきたかスクリーンで確かめたいものです。... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2007-05-02 12:01
タイトル : バベル
バベルの塔 築く狸の 皮算用   この映画「面白いの?」と問われれば「面白くない」と応えてしまう。「ふうん」。そうじゃないんだ、そういうことじゃないんだ、それだけのことじゃないんだ。そう心の中が焦っている、続きを言わねば、それで終わってしまう。でも... more
Tracked from CURIOUS MAMA.. at 2007-05-02 14:37
タイトル : 皮肉にも幸運な人々  「バベル」 アレハンドロ・ゴンサレ..
「バベル」公式サイト 「バベル」という言葉は、時々、耳にするけど、詳しいことはよく知らない。 なんでも、旧約聖書、創世記11章に登場する街の名前なんだそうだ。 バベルに住む人々は言葉と価値観を共有し、大地の呼吸に耳を澄まし、神を崇めて暮らしていた。平和な至..... more
Tracked from タイで想う日々の日記 at 2007-05-02 17:53
タイトル : [Movie] 映画BABEL(バベル)は凄い
本日チェンマイ初日(タイではR指定)。やはりファラン(白人)の姿が目立ちました。 この映画、仮にボクがずっと日本に住んでいたなら、この見終わった後の感慨というか、ここまでの圧倒的なリアリティを感じられなかったと想います。 タイに住んで、ボクがこの国では外国... more
Tracked from 江戸っ子風情♪の蹴球二日.. at 2007-05-03 11:55
タイトル : バベル
 アメリカ  ドラマ  監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  出演:ブラッド・ピット      ケイト・ブランシェット      ガエル・ガルシア・ベルナル      役所広司 モロッコ。険しい山間部を走る一台のバス。そこに乗り合わせた一組のア ...... more
Tracked from to Heart at 2007-05-04 16:31
タイトル : バベル
        届け、心。        製作年度 2006年 製作国・地域 アメリカ 上映時間 143分 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 脚本 ギジェルモ・アリアガ 出演 ブラッド・ピット 、ケイト・ブランシェット 、ガエル・ガルシア・ベルナル 役所広司 、菊地凛子 、二階堂智 言葉が通じない。心も通じない。想いは届かない。  ―世界はバラバラになってしまった― 始まりは、モロッコの少年が放った一発の銃弾だった・・ 撃たれたのはモロッコを旅行中のアメリカ人スーザン(ケイ...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-05-05 01:56
タイトル : 映画「バベル」
原題:Babel 我々は十分賢くなったので、"塔を建て、天に届かせよう・・・"、そして主は町と塔を見て、言われた"彼らの言葉を乱し、互いに言葉が通じないようにしよう"・・・ アフリカ(モロッコ)、アメリカ(ロス、メキシコ)そしてアジア(東京)の3... more
Tracked from たーくん'sシネマカフェ at 2007-05-05 03:04
タイトル : 『バベル』(試写会)
待ち遠しかった試写会。しかし待っている間に銃を用いた事件がありました。そして、六本木ミッドタウンでの試写会へ。試写会場はUSENグループの会社の試写室。打ち合わせをしている人たちが多く場違いに感じました。部屋は試写室のとおりこじんまりしていますが座って驚き...... more
Tracked from have a heart.. at 2007-05-06 14:41
タイトル : 映画「バベル」を見に行きました
こんばんは   とうとうGWもあと1日となってしまいましたね(:_;)   今日は日本人女優、菊地凛子さんがアカデミー賞助演女優賞にノミネートされたことでも有名な映画「バベル」を見に行きました。   (ストーリー) モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード... more
Tracked from Cold in Summer at 2007-05-07 17:38
タイトル : 映画vol.121 『バベル』*試写会 07-10
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランジェット 菊地凛子     製作:2006年 米 公式HP 試写会第10弾は、待ちに待ったバベルです♪ 「プレミア」試写会という事で、特典映像付きですよ。 ...... more
Tracked from Cold in Summer at 2007-05-07 17:38
タイトル : 映画vol.121 『バベル』*試写会 07-10
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット ケイト・ブランジェット 菊地凛子     製作:2006年 米 公式HP 試写会第10弾は、待ちに待ったバベルです♪ 「プレミア」試写会という事で、特典映像付きですよ。 ...... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2007-05-09 07:14
タイトル : 掛け違えたボタンの後悔。『バベル』
モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、一発の銃弾が切っ掛けとなり、各々の国での出来事を描いた作品です。... more
Tracked from 映画でココロの筋トレ at 2007-05-10 01:23
タイトル : バベル(アメリカ)
菊地凛子さんがスゴイらしい。。。ということで「バベル」を観ました。 ( → 公式HP  ) 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、菊地凛子 上映時間:143分  モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦の... more
Tracked from Big Screen at 2007-05-10 23:35
タイトル : バベル
○BABEL○ドラマ[◆◆◆◆◆◆6/6]○2006アメリカ/143min (PG-12) ○ギャガ・コミュニケーションズ       ”悪い人ではないのよ。           ただ、おろかな行為をしただけ・・・”            アメリアが発したこの言葉。        バベルの説明はこのセリフだけで充分・・・                              だと思う。 繰り返しになりますが、メキシコからの帰り道、甥(ガエル・ガル...... more
Tracked from はらやんの映画徒然草 at 2007-05-13 08:52
タイトル : 「バベル」 人はなんと不完全な生きものであろうか
「バベルの塔」のエピソードが出てくるのは、旧約聖書の創世記。 聖書によれば、人類... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2007-05-13 10:28
タイトル : 「バベル」:テレコムセンター駅前バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}テレコムセンターの「テレコム」ってどういう意味だ? {/hiyo_en2/}「テレ」は遠いっていう意味。「Telephone」とか「Telegram」の「Tel」。「コム」は「Communication」。直訳すれば、遠いコミュニケーションってことかしら。 {/kaeru_en4/}それって、映画「バベル」のテーマじゃないのか。 {/hiyo_en2/}そうね。「バベル」って、コミュニケーションがうまくとれないことによる悲劇の連鎖といえないこともないからね。 {/kaeru...... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2007-05-15 22:31
タイトル : 【劇場映画】 バベル
≪ストーリー≫ 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦のリチャードとスーザン。バスで山道を走行中、どこからか放たれた銃弾が、スーザンの肩を撃ち抜く。なんとか医者のいる村までたどり着くが、応急処置がやっと。彼は英語がなかなか通じない村の住人たち、対応が遅いアメリカ政府に苛立ちを露わにするが…。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコは、満たされない日々にいら立ちを感じていた…。(goo映画より) 「アモーレス・ペロス」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2007-05-16 03:58
タイトル : ★「バベル」
(2007/A83/S45)←今年劇場鑑賞45本目。 大型連休中はシネコン混むからあまり行く気がしなかったけど・・・ ナイトショウなら、そうでもないのかなっ・・って事で、 菊池凛子と、チカチカシーンで気分が悪くなった人続出ネタの「バベル」を鑑賞。 ... more
Tracked from 「ボブ吉」デビューへの道。 at 2007-05-18 00:15
タイトル : 菊地凛子さんの似顔絵。映画「バベル BABEL」
年に4、5本の娯楽映画しか観ない僕なので、気の効いた感想は書けませんが、 事前に情報を知らないと、どんな印象を持つ映画なのか、ありのままを 書いてみたいと思います(ネタバレ勿論あります)。 結論としては、観たくないシーンも、何箇所かありましたが、 非常に面白く観る事が出来ました。 それは、藤井隆のプロモ(※1)、小松彩夏のファンタのCM(※2) という、ミーハーな僕の入り口が前半に見つかったから(笑)。 幼い子供2人を、メキシコ人の乳母に託し、 モロッコを旅行中のアメリカ人夫婦、リチャード(ブラ...... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-05-19 19:08
タイトル : バベル−(映画:2007年58本目)−
監督:アレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ 出演:ブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、役所広司、菊地凛子、二階堂智、ガエル・ガルシア・ベルナル、アドリアナ・バラーザ 評価:71点 公式サイト (ネタバレあります) ケイト・ブランシェットと菊....... more
Tracked from やまたくの音吐朗々Diary at 2007-05-20 09:59
タイトル : 「バベル」
公開中の映画「バベル」を観賞。監督はアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ。出演はブラッド・ピット、ケイト・ブランシェット、ガエル・ガルシア・ベルナル、役所広司、アドリアナ・バラッザ、菊地凛子、エル・ファニングほか。仲たがいしていたアメリカ人夫婦のリチャードと... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-05-21 01:00
タイトル : BABEL 人間は皆、何処かで繋がっているのだ!
  言葉が通じない。心も伝わらない。思いはどこにも届かない。 なるほど遥昔は、言葉はひとつだったんだ人間は神に近づこうとして、天まで届く塔を建てようとしたから、神の怒りをかうことに・・・・。そのおかげで、言葉は乱され、世界はバラバラになってしまった。ーーこれは旧約聖書の創世記に記されたバベルという街の物語なのです。 21世紀の今も、地球全体がその“バベル”なのかもしれない。世界のあちらこちらで争いは絶えないたとえ、言葉が通じても、隣人や親子でさえ心を通わす事はない。本当にそうです急速な発展で、...... more
Tracked from よしなしごと at 2007-06-10 00:05
タイトル : 話題作 バベル 観てきました。
 公開前はいろいろな意味で評判だったけれど、いざふたを開けると反応は微妙な映画、バベルを見てきました。... more
Tracked from ○o。1日いっぽん映画三.. at 2007-06-13 16:32
タイトル : バベル
あんまり気が進まなかったんですが。「バベル」見ました。 壊れかけた夫婦の絆を取り戻すために旅をしているアメリカ人夫婦の... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-07-17 21:52
タイトル : バベル
 『私たちは、いまだ、つながることができずにいる―。 届け、心。』  コチラの「バベル」は、旧約聖書の"バベルの塔"をモチーフに、モロッコで放たれた一発の銃弾が世界中に影響を及ぼす様を描いている4/28公開になったPG-12指定のヒューマン・ドラマなのですが、早速...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2007-09-23 10:29
タイトル : mini review 07075「バベル」★★★★★★..
解説: モロッコ、メキシコ、アメリカ、日本を舞台に、ブラッド・ピット、役所広司らが演じるキャラクターが、それぞれの国で、異なる事件から一つの真実に導かれていく衝撃のヒューマンドラマ。『アモーレス・ペロス』のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、言語、人種、国などを超え、完成度の高い物語を作り上げた。名だたる実力派俳優たちが名演を見せる中、孤独な少女を演じ、海外のさまざまな賞に名前を連ねる菊地凛子の存在感のある演技に、目がくぎ付けになる。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) ...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-01-03 21:59
タイトル : 『バベル』'06・米
あらすじモロッコを旅行中のアメリカ人夫婦のリチャード(ブラッド・ピット)とスーザン(ケイト・ブランシェット)が、突然何者かによって銃撃を受け妻が負傷するという事件が起こる。同じころ、東京に住む聴覚に障害を持った女子高生のチエコ(菊地凛子)は、満たされな...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-03-02 00:22
タイトル : <バベル> 
2006年 アメリカ・メキシコ 143分 原題 Babel 監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ 脚本 ギジェルモ・アリアガ・ホルダン 撮影 ロドリゴ・プリエト 音楽 グスターボ・サンタオラヤ 出演 ブラッド・ピット  ケイト・ブランシェット  ガエル・ガルシア・ベルナル    菊地凛子  アドリアナ・バラーザ  役所広司... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2008-03-31 19:47
タイトル : バベル&ガンバは東京Vに勝ち今季の初勝利
バベルはWOWOWで先月の中旬に録画していたのを鑑賞したけども 全体的に悪くは無いし理解は出来るが微妙な感じでスッキリしないね 内容はモロッコ&&の3カ国オムニバスをが繋ぐ感じだけど モロッコは兄弟&被害者の夫婦では被害者夫婦の子供達だったけど はを渡した父... more
Tracked from erabu at 2009-02-20 13:00
タイトル : 映画『バベル』(お薦め度★★)
監督、アレハンドロ... more
Tracked from Addict allci.. at 2011-10-13 01:07
タイトル : 神は、人を、分けた。「バベル」
【関連記事】 バベル(ブラッド・ピット) 壁紙... more
Commented by claudiacardinal at 2007-04-30 16:50 x
こんにちわ。早速ご覧になられましたね。ブラピって歳をとる毎によくなってきますね。付き合う女によっても結構変わる??とにかく私はこの映画での凛乎ちゃんの存在感というのに圧倒されました。これからどう変化していくのが楽しみです。ベルナルもケイトブランチェットもバラーザも役所広司も皆個性の強い俳優なんだけど、それらが美味く調理されていました。やっぱこれはアレハンドロの力量ですよね。そういえばもうすぐカンヌですねぇ、楽しみです。
Commented by margot2005 at 2007-04-30 22:35
CCさん、こんばんは!
ずっと楽しみにしておりまして初日に観てまいりました。
ブラッドは年々素敵になっていって、将来はレッドフォードのような俳優になりそうですね?同居人アンジーが良いのかしら??
凛子ちゃんの存在凄かったですね。
そうそうベルナル、ブランシェットほか皆さん個性的な俳優たちで、それぞれの個性が終結して素晴らしい作品となったようですね。
メキシカンのバラーザは「アモーレ・ペレス」に出演しているんですね?
アレハンドロは素晴らしい監督です!
カンヌですか?リポート楽しみにしています!
東京ではイタリア映画祭が始まりました。昨日一本観まして、この後も数本観る予定ですわ。
Commented by J.T. at 2007-05-10 23:34 x
>ケイト・ブランシェットは大好きな女優

と、聞いて嬉しくなりました!私も大好きなんですよ。
砂漠の中のブラビとケイトの夫婦は、とてもしっくり来てました。Mr.&Mrs. スミスのアンジーとの夫婦よりも、しっくりくるツーショットだったなぁと思ってます(笑)
そうそう、アモーレス・ペロスは秀作です。少し荒削りだなと感じるところはありますが、なかなか味わいのある映画でしたよ。私がアレハンドロという凄い監督とであった映画です。
Commented by margot2005 at 2007-05-11 20:55
J.T. さん、こんばんは!
ケイト・ブランシェット素敵ですね。
彼女は女性から見ても素敵な女性と感じる存在だと思います。
そうそうアンジェリーナよりケイトとのコンビが似合うかもですねブラピは...
アモーレス・ペロスはDVDレンタルしてこようと思っておりますの。
やはりアレハンドロはスゴイ監督なのですね?
そういやJ.T.さんの所へTB出来ないようなんです。とりあえず懲りずに今一度飛ばしてみますね。
Commented by J.T. at 2007-05-11 23:09 x
トラックバックできなくてごめんなさい。
きっと、スパムのトラックバック防止策の設定のせいだと思います。
はずしておきますので、もう一度試してもらえますか?
よろしくです。
Commented by margot2005 at 2007-05-13 00:38
J.T. さん、ありがとうございました。
これからじゃんじゃん飛ばさせていただきます。
Commented by 紫の上 at 2007-05-13 17:57 x
皺が見え、白髪が目立った、格好良くないブラピがとっても良かったです!
なぜ、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされなかったか?不思議に思ったのですが・・・。
またノミネートされた3人の女優さんたちもガルシア君もそれぞれがきちんとそれぞれの分野を演じていたと思いました。
重い内容ながら、とっても見応えのある作品でしたねっ!私は結構気にっています。
ブラピ作品は私もあの「リバーランド・スルーイット」を見てとっても新鮮に思えました。あのときはジェームス・ディーンの再来と言われたそうですが、私はどちらかというと、彼よりもロバート・レッドフォードに近いのでは?と思ったものです。
渋谷や新宿は時々訪れる馴染みの場所ですが、映画で見るとまた新鮮ですよねっ!
東京の夜景も綺麗で、あの高層ビルが現代のバベルの塔では?と思いましたが・・・。
Commented by margot2005 at 2007-05-14 23:58
紫の上 さん、こんばんは!
若い時より今のブラッドが好きですね。年を重ねるごとに素敵な俳優になっていきますね。ファンとしては嬉しい限りです。
この作品は中々良かったですね。日本人俳優が出演していなければ単館系公開映画となったでしょうが...
初日に観ましたが、大きなシアター満席でした。
ブラッド・ピットは決してハンサムな顔じゃないので、ジミーにもレッドフォードにもかないませんが、なんか男の色気があるというのか、ゲイのファンも多いみたいですし...
3人の女優さんはそれぞれに素晴らしかったです!
そうそうわたしも東京のビル、あれってバベルの塔だと感じました。
<< 「フランドル」 「こわれゆく世界の中で」 >>