「ほっ」と。キャンペーン

「こわれゆく世界の中で」

a0051234_005451.jpg「Breaking and Entering 」2006 UK/USA
心を閉ざした娘を持つ母と、盗みを働く息子を抱える母。二人の女性の間でゆれ動く一人の男の愛の姿を描いたラヴ・ストーリー風人間ドラマ。
「イングリッシュ・ペイシェント/1996」のアンソニー・ミンゲラが監督、脚本。
主演は「アルフィー/2004」「ホリデイ/2006」のジュード・ロウ。
ジュード・ロウ&アンソニー・ミンゲラは「リプリー/1999」
「コールド・マウンティン/2003」以来3度目の組み合わせ。
ジュードが演じたウイルに絡む女性二人のうち、アミラ役のフランス人女優ジュリエット・ビノシュ「隠された記憶/2005」「綴り字のシーズン/2005」も「イングリッシュ・ペイシェント」でミンゲラと組んでオスカーをゲットしている。
もう一人の女性リヴを演じるのはアメリカ人女優ロビン・ライト。ロビン・ライトはとても素敵な女優。最近ではコリン・ファレルと共演した「イノセント・ラヴ/2004」が印象に残る。
ウイルの共同経営者サンディに「ラヴ・アクチュアリー/2003」でポルノ俳優を演じたマーティン・フリーマン。ブルーノ刑事には「ディパーテッド/2006」のレイ・ウィンストンが出演している。
アンソニー・ミンゲラは「イングリッシュ・ペイシェント」以来大好きな監督。
a0051234_012789.jpg

ロンドンで10年越しの恋人リヴ(ライト・ペン)と、その娘ビー(ポピー・ロジャース )と3人暮らしのウイル(ロウ)は建築家。
ある夜、キングス・ロードにあるウイルとパートナーのサンディ(フリーマン)が経営する建築事務所に強盗が入り、現金や、パソコンが盗まれる。同じ事が再び起こり、ウイルは事務所の前に車を止め見張る事に...そしてある夜、盗みに現れたのは移民の少年だった。ウイルは彼を追いかけ家を突き止める。
突き止めた家には“衣服の修繕”という案内があった。
後日、ウイルはサイズが合わなくなった衣服を持って家を訪ねる。そこには盗みに入った少年ミロ(ラフィ・ガヴロン )と母アミラ(ビノシュ)が住んでいた。二人はボスニアの戦火から英国に逃れて来た移民だった。
ビーの問題もあり、リヴとの間がぎくしゃくしていたウイルはアミラと出会い、彼女に惹かれて行く。
a0051234_014530.jpg

映画の中でアミラはイスラム系ボスニア人の役。数年前ロンドンに行った時、イスラム系の人々の多さに驚いた。
この映画では、東ヨーロッパやイスラム諸国からやって来た移民の人々と、英国人の貧富の差が描かれている。
生活を支えるため、低賃金で働く母親。学校へも行かず盗みを繰り返す息子。とても哀れである。
a0051234_01117.jpg

ジュリエット・ビノシュという女優はどんな役を演じても様になる素晴らしい女優。「ポンヌフの恋人/1991」の頃の若いビノシュより、40代になった現在のビノシュの方が魅力的だと感じる。
ジュード・ロウとのベッド・シーンあり。ビノシュはかなりな豊満ボディで...さすがもう若くないのでもろアップは少ないが...
ジュード・ロウがインタビューで、“この役は自分自身に近い”というコメントがあったが、父親であるジュードは子供を持つ役を演じると輝くように見える。実際も映画のように素晴らしい父親なのだろうか?想像してしまう。
やはりもう若くはないロビン・ライト・ペン。彼女の一番好きな作品は「メッセージ・イン・ア・ボトル/1999」。ロビン・ライトは憂いを秘めたミステリアスな女性がとても似合う。
「イングリッシュ・ペイシェント」はめくるめくラヴ・ストーリーだったが、これは見応えのある人間ドラマとなっている。3人の俳優がとにかく素晴らしい!
日比谷シャンテにて...
[PR]
by margot2005 | 2007-04-26 00:32 | UK | Trackback(18) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5485324
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2007-05-02 07:43
タイトル : こわれゆく世界の中で
4年ぶりに出口調査にひっかかりました(笑)まぁ、月並みな感想しか述べていないので掲載されないでしょうが……... more
Tracked from シャンテ シネ愛好会 at 2007-05-03 01:52
タイトル : 壊れゆく世界の中で
 現代のロンドンを舞台に、それぞれに問題を抱えた子供との関係に苦悩する2人の女性と、そんな2人と恋に落ちたひとりの男の葛藤を描いたドラマ。出演はジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ、ロビン・ライト・ペン。監督は「イングリッシュ・ペイシェント」「コールド マウンテン」のアンソニー・ミンゲラ。  ロンドンのキングス・クロス。建築家のウィルは、この地区にオフィスを開き、都市再開発の巨大プロジェクトを...... more
Tracked from ラムの大通り at 2007-05-03 10:25
タイトル : 『こわれゆく世界の中で』
(原題:Breaking and Entering) ----アンソニー・ミンゲラ監督と言うと 確か『イングリッシュ・ペイシェント』の監督だよね。 『コールド マウンテン』もそうじゃなかった? 「うん。 『リプリー』もね。 この映画は、その『イングリッシュ・ペイシェント』のジュリエット・ビノシュと 『コールド マウンテン』『リプリー』のジュード・ロウが共演。 そこにロビン・ライト・ペンも加わって、 現代に生きる男女の、それぞれの愛の姿が描かれる」 ----ニャんだか、 味も素っ気もないニャあ。 よく...... more
Tracked from KINTYRE窶儡DIARY at 2007-05-05 21:57
タイトル : 映画『こわれゆく世界の中で』を観て
32.こわれゆく世界の中で■原題:BreakingAndEntering■製作年・国:2006年、イギリス■上映時間:119分■鑑賞日:4月29日、ル・シネマ(渋谷)□監督・製作・脚本:アンソニー・ミンゲラ□製作:シドニー・ポラック、ティモシー・ブリックネル□音楽:ガブリエ...... more
Tracked from APRIL FOOLS at 2007-05-07 09:45
タイトル : 感想/こわれゆく世界の中で(試写)
春のジュード・ロウ祭ファイナル『こわれゆく世界の中で』4月21日公開。精神のバランスを崩した娘を持つ恋人リヴと10年同棲する建築家ウィル。都市再開発プロジェクトを抱え新たなオフィスを構えるが、窃盗団の侵入を許す。犯人の少年を追ったウィルは、やがてその母親アミラと出会う。 こわれゆく世界の中で けっこう好きー、この映画。明確な答えのないメタファーじみた作品だけど、そこかしこにいろんな含みを持たせた種がまかれてて思わず思考を巡らせちゃうわ。テーマは多分原題にも入ってる「breaking」で、いろい...... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2007-05-07 22:29
タイトル : 映画:こわれゆく世界の中で 試写会
こわれゆく世界の中で 試写会(ブエナビスタ試写室) 「お互いの顔を見なくなる」 (原題 BREAKING AND ENTERING)予告とタイトルからドロドロのメロドラマ?かと思ってました。確かにメロドラマ、しかも皆疲れた顔してて辛気臭い。でも生きていく中ではこんな時期もあるん... more
Tracked from カノンな日々 at 2007-05-09 10:39
タイトル : こわれゆく世界の中で/ジュード・ロウ
「ホリデイ」「オール・ザ・キングスメン」そしてこの「こわれゆく世界の中で」とジュード・ロウ主演作品の日本公開が続いてるわけですが、この作品がズバリ本命!?。不倫的な要素が盛り込まれているもの決して官能的な色っぽい内容ってわけでもなく、登場人物の心のひだまで....... more
Tracked from とんとん・にっき at 2007-05-13 10:54
タイトル : アンソニー・ミンゲラ監督の「こわれゆく世界の中で」を観た!
アンソニー・ミンゲラの作品は、先日知人の薦めで「イングリッシュ・ペイシェント」を観ましたが、はっきり言ってとらえどころのない映画でした。サハラ砂漠の映像は美しく見事でしたが、ジュリエット・ビノシュは期待していたのに、ちょっと脇役のような扱いでした。... more
Tracked from 詩はどこにあるか(谷内修.. at 2007-05-18 19:26
タイトル : アンソニー・ミンゲラ監督「こわれゆく世界の中で」
監督 アンソニー・ミンゲラ 出演 ジュード・ロウ、ジュリエット・ビノシュ、ロビン・ライト・ペン、ラフィ・ガヴロン  ジュリエット・ビノシュにただただみとれてしまう。途中まで出て来ないので、なんだかまだるっこしいがジュリエット・ビノシュが出て来たとたんにスクリーンに奥行きが出る。空間の奥行きではなく、時間の奥行きである。映画や芝居は小説と違って「説明」がない。登場人物はそれぞれ過去を背負っている。小説は、それをことばで「説明」ができる。この映画の場合なら、ジュリエット・ビノシュは実はボスニアの難民であ...... more
Tracked from サーカスな日々 at 2007-06-04 01:09
タイトル : mini review 07053「こわれゆく世界の中で..
カテゴリ : ラブ・ストーリー 製作年 : 2006年 製作国 : イギリス 時間 : 119分 公開日 : 2007-04-21〜 監督 : アンソニー・ミンゲラ 出演 : ジュリエット・スティーヴンソン マーティン・フリーマン レイ・ウィンストン ジュード・ロウ ヴェラ・ファーミガ ジュリエット・ビノシュ ロビン・ライト・ペン 再開発が進むロンドンのキングス・クロス。ウィルとサンディが経営する会社のオフィスに窃盗団が侵入し、コンピューターなどが盗まれて...... more
Tracked from シネクリシェ at 2007-06-08 03:32
タイトル : こわれゆく世界の中で
 『イングリッシュ・ペイシェント』や『コールド マウンテン』に続く作品としては、公開規模がやや小ぶりなのが少し気になり、一抹の不安を感じましたが、とにかくもアンソニー・ミンゲラの新作ということで映画館... more
Tracked from 心のままに映画の風景 at 2007-06-14 19:10
タイトル : こわれゆく世界の中で
治安の悪いロンドンのキングス・クロスで、 都市の再開発計画を進める建築家ウィル(ジュード・ロウ)は、恋人リヴ(ロビン・ライト・ペン)と彼女の娘ビー(ポピー・ロジャース)と暮らしている。 オフィスの窃盗事件をきっ... more
Tracked from Sweet* Days** at 2007-11-01 20:01
タイトル : 『こわれゆく世界の中で』
こわれゆく世界の中で(2007/09/19)ジュード・ロウ.ジュリエット・ビノシュ.ロビン・ライト・ペン.マーティン・フリーマン.レイ・ウィンストン.ヴェラ・ファーミガ.ラフィ・ガヴロン.ポピー・ロジャース.ジュリエット・スティーヴンソン商品詳細を見る監督:アンソニー・ミ...... more
Tracked from Have a movie.. at 2007-11-03 13:14
タイトル : こわれゆく世界の中で
愛を描いて、人間の生きる姿をじっくり見つめるアンソニー・ミンゲラ監督の今回はより身近な人物たちにスポットが当てられている。個性の全く違う3人の大人たちがそれぞれの内なる苦しみから脱出する様を丁寧に映し出していてさすがの見応え。しかも憧れのロビン・ラ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-12-11 21:13
タイトル : こわれゆく世界の中で
 『愛をこわす―― それは、真実の愛へと至る、唯一の方法。』  コチラの「こわれゆく世界の中で」は、2人の対照的な女性の間で揺れ動く男性をジュード・ロウが演じるPG-12指定のラブ・サスペンスです。  「ベオウルフ 呪われし勇者」でも、書いたけどこの映画でもや...... more
Tracked from ジフルは映画音楽札幌グル.. at 2007-12-25 01:03
タイトル : こわれゆく世界の中で:映画
今回紹介する映画は、ジュード・ロウ主演作品の「こわれゆく世界の中で」です。 こわれゆく世界の中でのストーリーロンドンのキングス・クロス再開発地区。そのプロジェクトを担う建築家ウィル(ジュード・ロウ)は、ドキュメンタリー映像作家で美しい恋人のリヴ(ロビン・ライト・ペン)と、彼女の娘ビー(ポピー・ロジャース)と一緒に10年間家族同様に暮らしている。だが、リヴは心の病を抱える娘を持つ罪悪感から、心のどこかでウィルを拒み、距離を保っていた。お互いを強く愛し、惹かれあっているのに、心が触れ合えない・・・そ...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2008-03-26 02:28
タイトル : 「こわれゆく世界の中で」
「マイ・ブルーベリー・ナイツ」のジュード・ロウ繋がりで1本。 原題は「BREAKING AND ENTERING」=法律用語で「家宅侵入罪」という意味らしいぞ。 ... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-09-16 20:16
タイトル : 『こわれゆく世界の中で』'06・英・米
あらすじ治安の悪いロンドンのキングス・クロスで、都市の再開発計画を進める建築家ウィル(ジュード・ロウ)。美しい恋人リヴ(ロビン・ライト・ペン)と彼女の娘ビー(ポピー・ロジャース)とともに暮らす彼はオフィスの窃盗事件をきっかけに出会ったボスニアの未亡人ア...... more
Commented by Bianca at 2007-04-27 10:23 x
margot2005さん、お早うございます!ジュード・ロウの首筋が若く、瞳がいいですね?!この人「利埔里ー(リプリーのつもり)」を思い出させる若さを保ってますね。ビノシュは、昔は高峰秀子といわれたものですが、そうですか、太り気味ですか。
Commented by margot2005 at 2007-04-29 00:58
Binacaさん、こんばんは!
ジュード素敵でしたわ!彼は2人だったか?のパパですが、確かに「利埔里ー」の頃と変わりませんね?
彼にはなんか素晴らしい、特殊なオーラがあるように思えます。
父親であろうが、なかろうが知ったことじゃありませんが...ジュードは素敵な俳優ですね...UK人だし...
ビノシュは秀子さんですか???
彼女40代ですから少々...いやいや、40代の初めってまだまだ若い域だと思うのですが、ビノシュさんシェイプアップ必要でございますわ。
Commented by fizz♪ at 2007-11-03 13:25 x
margotさん、こんにちは~
芳醇な秋色に模様替えですね♪
今回も俳優ジュードに惚れ惚れした作品でした。
ちょっぴりマザコン気味のウィルでしたが、貫禄ある二人の女優に負けていず立派でしたよね。
margotさんはロンドンにも行かれてるんですね!
複雑な街の社会事情なども直に感じて来られたんですね。

ミンゲラ監督も好みですし、ロビン・ライト・ペンも好きな女優のひとりなので、とても嬉しい作品でした。
『メッセージ~』も良かったですよね。『美しい人』も是非みたくなり、探してみるつもりです。
TBさせて頂きました。
Commented by margot2005 at 2007-11-03 18:23
fizz♪さん、こんばんは!
ご覧になったのですね。ジョード・ロウの出演する作品は、素敵なものが多いと思います。だからどれもこれも観たくなっちゃうんでしょうね?

ロンドン街中の土産物屋件雑貨屋の主人は殆どイスラム系かインド系でしたね。
空港の税関でもイスラムの人々がわんさかおりましたわ。だからかどうか解りませんが、あたりに漂う匂いが(お香のような)強烈でした。

ミンゲラ作品もロビンも大好きです!
「美しい人」ロビンの出番は短いですが、やはり存在感ありですねこの方。是非ご覧くださいませ。
<< 「バベル」 「ドレスデン、運命の日」 >>