「サン・ジャックへの道」

a0051234_2326054.jpg「Saint-Jacques... La Mecque」2005 フランス
2006年フランス映画祭で「サンティアゴ...メッカ」のタイトルで上映されている。
「赤ちゃんに乾杯!/1985」「女はみんな生きている/2001」のコリーヌ・セローが監督、脚本の人間模様、ロード・ムーヴィー。
フランス映画お得意のコメデイが堪能出来る。
主演の3兄弟に「ダニエラという女/2005」のジャン・ピエール・ダルッサン、ジャン・レノ主演の「ビジター/1998」のミュリエル・ロバン、「アメリ/2001」のアルチュス・ドゥ・パンゲルン。
そして謎のターバン女に「コーラス/2004」のマリー・ビュネルといった豪華配役。
a0051234_2324342.jpg

ある日、クララ(ロバン)、ピエール(パンゲルン)、クロード(ダルッサン)の元へ母親の訃報が届く。彼らへ残した莫大な遺産の相続条件は、兄弟3人揃って聖地巡礼の旅に出る事であった。3人は信仰心などまるでなく、おまけに仲が悪かった。しかし母の遺産に目がくらんだ彼らは3人一緒にと言う条件を満たすためにも、揃って、仕方なく、いやいや巡礼の旅に参加する。
それはフランスのル・ピュイ(パリ、リヨン駅からTGVで3時間+SNCF在来線で1時間30分)からスペインの最西端にある聖地“サンティアゴ・デ・コンポステーラ”まで1500kmを徒歩で回る過酷な旅であった。
a0051234_23225328.jpg
ベテラン、ガイドのギイ(パスカル・レジティミュス)が待つ集合場所に現れた面々は、3兄弟の他、意味ありげなターバン姿のマチルド(ビュネル)。山歩きと勘違いしているお気楽娘二人、エルザ(フロール・ヴァニエ・モロー)とカミーユ(マリー・クレメール)。カミーユを追いかけて参加したアラヴ人青年サイッド(ニコラ・カザレ)。イスラムのメッカに行けると信じてサイッドに付いて来たラムジィ(エメン・サイディ)。
これより、老若男女、ガイド合わせて総勢9人の旅が始まろうとしていた。
a0051234_23235152.jpg

セローの「女はみんな生きている」はもう最高!の映画だったが、これでもたっぷりとコメディが入っていて楽しめる。
クララ、ピエール、クロードを演じる3人を始めとして、ワケありのマチルド、ガイド役のギイと、演じる俳優全てが素晴らしい存在感ありで、ラストはなんとなく解っていたが、やはりで...
人種や宗教を絡ませながら“愛”を描いた素敵な作品。
フランスってばりばりのキリスト教国なのだが、信じる、信じないは別問題なのかも知れない。
世界遺産に登録されているあの聖地(巡礼路含む)は有名で、映像で見る事が出来て幸せだった。サンティアゴのカテドラルはこの上なく素晴らしい!
“せっかく来たんだから、この美しい景色を見ないと...”と映画の中でガイドのギイが言う台詞のごとく、フランス、スペイン国境、ピレネー山脈の景色は素晴らしい!!の一言。
a0051234_23344767.jpg

[PR]
by margot2005 | 2007-03-26 01:03 | フランス | Trackback(32) | Comments(18)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5289244
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 江戸っ子風情♪の蹴球二日.. at 2007-03-27 15:46
タイトル : サン・ジャックへの道
 フランス  コメディ&ドラマ  監督:コリーヌ・セロー  出演:ミュリエル・ロバン      アルチュス・ドゥ・パンゲルン      ジャン=ピエール・ダルッサン      マリー・ビュネル 仲の悪い3人の子どもたち、長男ピエール、長女クララ、次男クロー...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2007-03-27 19:44
タイトル : サン・ジャックへの道
「サン・ジャックへの道」SAINT-JACQUES... LA MECQUE/製... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-03-27 23:52
タイトル : サン・ジャックへの道
フランスからスペインへ1500km 世界遺産を舞台に心の旅の爽やかなウォーキングムービー... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2007-03-28 07:13
タイトル : 約束の旅路
1984年、常に死とト隣り合わせの世界、スーダンの難民キャンプで、エチオピア系ユダヤ人がイスラエルへ移送されることを知ったある母親が、息子を死の恐怖から救うため、病気で息子を失ったばかりのエチオピア系ユダヤ人の女性に息子を託します。イスラエルへ無事辿り着いたその9... more
Tracked from ソウウツおかげでFLAS.. at 2007-04-02 01:22
タイトル : サン・ジャックへの道@シネスイッチ銀座
ガイドに導かれ、老若男女8人がサンティアゴ巡礼の道を歩む。その道程を通して彼らは人間的に成長する。口論は絶えず、時には取っ組み合いながら、苦楽を共にして友情も芽生えた。とりわけ仲の悪かった兄と妹も雪解けが来た。いびきのうるさい3人組が宿の隣の部屋をとったと... more
Tracked from 映画でココロの筋トレ at 2007-04-02 19:44
タイトル : サン・ジャックへの道(フランス)
劇場予告を観ておもしろそうだなーと思った「サン・ジャックへの道」を観たよ! ( → 公式HP  ) 出演:ミュリエル・ロバン、アルチュス・ドゥ・パンゲルン 、ジャン=ピエール・ダルッサン 上映時間:112分  母親の遺産を相続するため、険悪な仲の3兄弟ピ... more
Tracked from おいしいものと日常+ at 2007-04-05 00:50
タイトル : 映画 「サン・ジャックへの道」
  この間、銀座のシネ・スイッチで 「サン・ジャックへの道」 を                                  観ました。                 ...... more
Tracked from おいしいものと日常+ at 2007-04-05 00:51
タイトル : 映画 「サン・ジャックへの道」
  この間、銀座のシネ・スイッチで 「サン・ジャックへの道」 を                                  観ました。                 ...... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2007-04-06 21:07
タイトル : 真・映画日記『サン・ジャックへの道』
3月12日(月) ふと思った。 映画が中心になる日記とはいえ、 あまりにも他人との絡みが少なすぎる。 行動の記録ばかり。 日記とはいえぼちぼち考えなおさなきゃ、だ。 先週土曜の「ビジュツイッキ塾」の打ち上げの席で 静岡在住の怪人君から「色がないね」との指摘を受けた。 それはそれで別問題(笑)。 ともかく、彼は自分のブログで他人を絡ませることにおいては名人である。 キャラ作りがうまい。 少しづつだが変えていこう。 この日も絡みが少ない一日。 歌枕さんとちょこ...... more
Tracked from knockin' on .. at 2007-04-08 23:38
タイトル : サン・ジャックへの道
Saint Jacques...La Mecque 遺産相続のための条件は、兄妹弟でキリスト教聖地まで巡礼の旅に出ることだった。素朴な自然の描写にも癒される、爽やかロードムービー。 家族でも仲の悪い3人に、それぞれ訳アリの参加者たち。ひたすら歩き続ける旅を通して、やがて次に...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2007-04-09 18:50
タイトル : 『サン・ジャックへの道』 ☆☆☆☆☆
コリーヌ・セロー監督いわく、ここに描かれるのは "消費や欲望の機械と化した現代人が人間性を回復する過程" 人間はこの二本足で歩いてこそなのだ。 キリスト教の聖地スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラへの1500kmの巡礼路。 遺産相続の条件として、仲の悪い三兄弟が巡礼の旅に参加することになり・・。2003年に観た『女はみんな生きている』(CHAOS)が大好きだった私は、去年のフランス映画祭では迷わずに、そのコリーヌ・セロー監督の作品をチョイス。それは期待通り、期待以上の素晴らしいものだ...... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2007-04-10 16:23
タイトル : 映画:サン・ジャックへの道
サン・ジャックへの道 (2007/4/6 シネスイッチ銀座) 「皆と一緒に行きたい」 (原題:Saint Jacques...La Mecque)「夜ピク 」お遍路さんバージョン!!! 不仲どころかとっくみ合いのケンカをしたり、聖地への巡礼なのにお酒飲んだりと困った3兄弟、ワケありの女... more
Tracked from Cartouche at 2007-04-25 11:18
タイトル : *サン・ジャックへの道*
{{{   ***STORY***             2005年  フランス ストレスで薬に依存している兄ピエール、頑固なオバサン教師クララ、アルコール漬けで文無しの弟クロード。険悪な仲の兄姉弟が、亡き母の遺産を相続するためフランスのル・ピュイからスペインの西の果て、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで1500kmにも及ぶ巡礼路を一緒に歩くはめになった。このツアーの同行者は、ガイドのギイ、山歩きと勘違いして参加した女の子エルザとカミーユ、アラブ系移民の少年サイッド、従兄弟サイッドにだ...... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2007-05-08 20:18
タイトル : お国柄?『サン・ジャックへの道』
キリスト教の聖地サンティアゴへの巡礼の旅の様子を描いたロードムービーです。... more
Tracked from Death & Live at 2007-05-23 07:52
タイトル : 映画 『サン・ジャックへの道』
『サン・ジャックへの道』  2005年 原題 : SAINT-JACQUES... LA MECQUE 監督 : Coline Serreau 観る予定ではなかった、というのが本音なのですが、 チケットもらったので観ました。 良かったです。 予想通りの展開で、予想通りの結末で... だからつまらなかったと言うのではなく、 伝統あるフランス映画ですから、 そこは、そこに良さがあるワケで。 集まったメンバーがとても個性が強そうに見えて、 実のところ、人なんてあんなもんじゃないかと。 すぐに喧嘩す...... more
Tracked from no movie no .. at 2007-05-28 20:52
タイトル : サン・ジャックへの道(05・仏)
兄妹、とうの昔になくしていたものを、見つける旅路。 これ観て、「よし、自分も・・・」とはならなかったなぁ。なんたって、京都の醍醐寺で懲りてます。地元の山寺ですらキツかったですから。でも、苦しいからこそ巡礼なんでしょうね。 亡くなった母の遺産相続の条件は「3... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2007-05-29 22:54
タイトル : サンジャックへの道
われながらビックリした。 つい先週末なのにすっかりこの映画を観たことを忘れていた。 これだけで私のこの作品に対する思いいれの浅さがわかるかも。(笑) フランスのル・ピュイからスペインの西の果て、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで 1500kmを歩くツアーに参加したベテランガイドを含む9名の男女。 母親の遺産相続の条件にツアーに参加した3人の中年兄妹、 ワケもわからず軽いノリで参加した女子高生2人、 その女子高生を追いかけて従兄弟を騙して一緒に参加するアラブ系移民の男の子2人...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-06-09 18:02
タイトル : サン・ジャックへの道 巡礼の旅の先には・・・・。
 キリスト教の聖地サンティアゴ・デコンポステーラまで1500kmもの巡礼路を、仲の良くない兄弟3人が一緒に歩くことになった。 何とその巡礼は親が残した遺産相続の条件なのだ無神論者の上、歩く事なんて、大嫌いその上険悪な兄姉弟が、物欲のを燃やしながら、遥かなる旅路の第一歩を踏み出した 2ヶ月の長旅の連れとなるメンバーは、イスラムのメッカへ行くと思い込んでいるアラブ系少年わけありな女性と個性的な面々。それぞれの事情を背負って歩き始めた彼らを待っているものは???? ツアーのメンバーは、この9人です ...... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2007-06-12 18:29
タイトル : サン・ジャックへの道
仲の悪い兄姉弟が、母親の莫大な遺産を相続するために、フランスのル・ピュイからスペインの西の果て、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで1500kmにも及ぶ巡礼路を一緒に歩くはめになった物語。... more
Tracked from とんとん・にっき at 2007-07-29 09:13
タイトル : 映画「サン・ジャックへの道」を観る!
「下高井戸シネマ」で、映画「サン・ジャックへの道」を観ました。案内には以下のようにありました。 無神論者の上に歩くことなど大嫌い、仲も険悪な兄姉弟たちが、母親の遺産を相続するため、聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで1500キロの巡礼路を歩くこと... more
Tracked from ジフルは映画音楽札幌グル.. at 2007-12-06 00:47
タイトル : サン・ジャックへの道:映画
今回紹介する作品は、『サン・ジャックへの道』です。 まずは映画のストーリーから・・ 亡き母親の遺産を相続するため、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くことになった険悪な3兄弟。 ほかにも失読症を直して大好きな母親に喜んでもらいたい少年や、ワケありな女性など個性的な面々が同行することになるのだが…。 それでは感想を・・... more
Tracked from サーカスな日々 at 2008-01-15 13:43
タイトル : mini review 07091「サン・ジャックへの道..
キリスト教の聖地サンティアゴへの巡礼の道のりを、ひょんなことからともに旅するはめになった男女9人の心の交流を描くヒューマンドラマ。それぞれに問題を抱えた登場人物たちが、一緒に歩くことで自身を見つめ再生してゆく姿を、『女はみんな生きている』のコリーヌ・セロー監督がユーモラスに描く。出演は『アメリ』のアルチュス・ドゥ・パンゲルン、『ダニエラという女』のジャン=ピエール・ダルッサンら実力派が結集。世界遺産の巡礼路の美しい景色に心癒される。[もっと詳しく] 現在に「巡礼」の意味があるとするなら。 奇妙な...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-04-01 02:01
タイトル : 映画『サン・ジャックへの道』
原題:Saint-Jacques... La Mecque この聖地巡礼の旅は徒歩で1,500kmというから、四国八十八ヶ所巡礼のお遍路さんが1日30kmを歩いて40日間かけるのと似ている・・癒しの旅のものがたり・・ 遺産相続の条件に書かれているのでしょうがない、動機はとっても不純ながら、長男... more
Tracked from NiceOne!! at 2008-04-04 18:33
タイトル : 『サン・ジャックへの道』 (2006) / フランス
監督:コリーヌ・セロー出演:ミュリエル・ロバン、アルチュス・ド・パンゲルン、パスカル・レジティミュス鑑賞劇場: シネスイッチ銀座聖地サンティアゴ巡礼ってな〜に?? という方はこちらを。公式サイトはこちら。<Story>ストレスで薬に依存している兄ピエール(...... more
Tracked from Big Screen at 2008-05-08 01:13
タイトル : サン・ジャックへの道
○サン・ジャックへの道/SAINT-JACQUES... LA MECQUE ○2005年フランス/112min/コメディ・ドラマ [◆◆◆◆◆◇]5/6 ○2007/03/10公開(クレストインターナショナル) 聖地サンティアゴ(サン・ジャック)まで、1500kmもの巡礼路を一緒に歩くこと…。それが遺産相続の条件と知らされて、無神論者の上に歩くことなど大嫌い、仲も険悪な3兄弟が、物欲の炎を燃やしつつ遥かなる旅路の第一歩を踏み出した。2ヶ月余りの長旅の連れとなるのは、母親のためにイスラムの...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-05-13 18:43
タイトル : <サン・ジャックへの道> 
2005年 フランス 108分 原題 Saint-Jacques... La Mecque 監督 コリーヌ・セロー 脚本 コリーヌ・セロー 撮影 ジャン=フランソワ・ロバン 音楽 ユーグ・ル・バール  マドレーヌ・ベッソン 出演 ミュリエル・ロバン  アルチュス・ド・パンゲルン  ジャン=ピエール・ダルッサン    マリー・ビュネル  パスカル・レジティミュス  エメン・サイディ  ニコラ・カザレ    マリー・クレメール  フロール・ヴァニエ=モロー ... more
Tracked from MESCALINE DR.. at 2008-09-03 18:08
タイトル : 聖者の行進
ファンタジックな映画を試写会で観たのは先月の19日だった。これまで放っておいたが、公開を前にひとりでも多くの人に観てもらいたいので微力を尽くすことにする。 その「サン・ジャックへの道」は面白い。 ひとりの母親が亡くなった。 彼女の遺産を相続する三人の子供...... more
Tracked from 真紅のthinkingd.. at 2008-11-24 22:47
タイトル : 聖地巡礼の旅〜『サン・ジャックへの道』
 SAINT-JACQUES... LA MECQUE  仲の悪い3兄妹が遺産相続の要件を満たすため、フランスのル・ピュイからスペ インのサン・ジャックまで、1500キロを徒歩で行く「聖地巡礼」の旅に出る。 『画家と...... more
Tracked from 映画通信みるみる at 2009-02-11 21:53
タイトル : サン・ジャックへの道
お母様の遺産を相続できる条件とは。 3兄弟が同宿しながら、フランス南東部の街ル・ピュイからスペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで、徒歩で巡礼の旅をすること、だった。 その距離、1500km。 ...... more
Tracked from 映画通信みるみる at 2009-02-17 21:25
タイトル : サン・ジャックへの道
お母様の遺産を相続できる条件とは。 3兄弟が同宿しながら、フランス南東部の街ル・ピュイからスペインの聖地サンティアゴ・デ・コンポステーラまで、徒歩で巡礼の旅をすること、だった。 その距離、1500km。 ...... more
Tracked from Diarydiary! at 2009-07-29 20:22
タイトル : サン・ジャックへの道
《サン・ジャックへの道》 2007年 フランス映画 - 原題 - SAINT-J... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-04-04 18:22
タイトル : 『サン・ジャックへの道』
人生には思うほどの荷物は要らない。            前へ前へと共にただ、歩けばいい。 『サン・ジャックへの道』 SAINT-JACQUES... LA MECQUE 2005年/フランス/108min 監督・脚本:コリーヌ・セロー 出演:ミュリエル・ロバン、アルチュス・ドゥ・パンゲル... more
Commented by Bianca at 2007-03-26 11:59 x
王妃らしい、すてきな画像をそろえて下さって、こちらまで、旅の楽しさを(足の疲れなしで)味わうことができました。コリーヌ・セロー、このひとの名は忘れられません、1977年の「彼女と彼達」の監督ですから。あの頃は若くて突っ張っていた?彼女も、ずいぶん、人生の達人的な作風になったようですね。アラブの少年、かわい~い!
Commented by MACHI at 2007-03-26 14:49 x
試写会で見ました。自然の景色を楽しみながら、こんな旅がしてみたくなる映画でした。
都会のギスギスした生活から離れると、人間のいい面が出るのかも。
Commented by シャーロット at 2007-03-27 23:56 x
こんばんは。
景色を見るだけでも価値ありですかね。
シンプルイズベスト!な作品でした。
もっと気楽にこういう巡礼の旅に出かけられたらいいなって思いますよ。宗教はあまり重んじないのですが。
妄想シーン等は大好きでした。笑
Commented by margot2005 at 2007-03-28 01:07
Biancaさん、こんばんは!
この旅は相当歩きますから...二ヶ月だったか?スゴイものがあります。
映画で景色を堪能して、巡礼した気分にさせてもらいましたわ。
Biancaさんも是非ご覧下さいませな。関西でも公開されてるんじゃないでしょうか?
セローの「彼女と彼達」はサミー・フレー主演なんですね?観たかもですが?記憶にございませんの。
アラヴの少年はやはりキュートですわね。
Commented by margot2005 at 2007-03-28 01:11
MACHIさん、こんばんは!
素晴らしい景色で堪能しましたわ。
過去にフランス&イギリスの田舎で自然を見ましたが、あのような広大な自然は未見なので、是非見てみたいものですが、あの巡礼地めぐりはまぁ無理でしょうね。
素敵な人間ドラマでしたわ。
Commented by margot2005 at 2007-03-29 00:28
シャーロットさん、こんばんは!
景色を観に行ったようなもので...あの大自然は最高でしたね。
スッゴイ妄想シーンにはちょっとびっくり...監督何を語りたかったのでしょうねぇ??
四国巡礼の旅ならなんとか行けそうですが、あこはちょっと無理がありますね。夢の世界でピレネーに行くとしましょうか...今夜にでも...
Commented by 現象 at 2007-04-02 01:34 x
いやー、いつも素晴らしい画像を揃えてらっしゃいますね。
今回は僕いろいろ探し回った挙句、
小さい画像しかパクれなくて不本意に思ってました。
いーなー。
多人種、多民族って日本にいると身近じゃないというか、
複雑な事情の深い理解が難しく思うんですが、
美しい景色を交えながらの群像ロードムービーが心地良かったです。
Commented by margot2005 at 2007-04-03 02:31
現象さん、こんばんは!
いつも画像を観て下さっているなんて嬉しいですわ。
フランスものはフランスのサイトに行くとばっちりでございます。多々ございますわ。
ほんと心地よかったですね。美しい景色をもっと見ないさい!!なんてスクリーンに向かってコメントしそうでしたが、あれだけ過酷な旅だと景色どころじゃないでしょうね?
多人種、多民族は日本人の理解の範囲ではないですね?
Commented by CaeRu_noix at 2007-04-09 18:50
ぼんじゅーるっ。
二度目の巡礼に行ってまいりました。
コリーヌ・セロー監督は無神論者なんですね。
それゆえのクララの宗教ねた毒舌がおもしろかったです。
スペインのカテドラルって、他の国のものより素晴らしい気がします。なんとなく。
Commented by margot2005 at 2007-04-11 01:01
CaeRuさん、ゔぉんそわぁ!
やはり二度目でしたか、映画祭で上映された時観に行きたかったのですが...
そう無神論者のセローさん。カトリックの国フランスも宗教離れが加速しているみたいですね。それゆえの毒舌クララ...確かに良かったです。
過去にフランス、イタリア、英国のカテドラルを見て来ましたが、スペインのカテドラルは、一見の価値あるなと感じました。
Commented by カオリ at 2007-05-28 20:53 x
こんばんは!フランス映画バンザイ!ですね。私はその前に「ザメッティ」も観たんですが、フランス映画も幅広い・・・
これは、愛すべきステキな作品でした♪ハリウッドじゃこうは行かないだろうなあ。
Commented by sabunori at 2007-05-29 22:58
margotさん、TBありがとうございました!
こんなレビューになってしまいましたが・・・TBさせていただきますね。
かの地は多くの方が行ってみたい!でも・・・と思っているのでは?
ストーリーも心地良くおまけに風景も素晴らしいなんて
1粒で2度おいしいグリコキャラメルみたいな作品じゃありませんか!
Commented by margot2005 at 2007-05-29 23:04
カオリさん、こんばんは!
フランス映画大好き人間なので、こういった作品観ると万歳したくなっちゃいます。
「ザメッティ」ロシアン・ルーレットですよね?公開された際、ちょっと気にはなっていたのですが今だ観に行っておりませんの。
ハリウッド映画も好きですが、やはり限りある時間の中で映画館に行くので、出来ればヨーロッパ映画を優先したいですね。
Commented by margot2005 at 2007-05-31 00:00
sabunoriさん、こちらにもお越しを...
いつも書いてますが、映画ってそれぞれが、それぞれに感じますから良いのですよね?
かの地は一度行きたい!と観れば誰もが思いますが、現実を見つめるとやはり四国でしょうか??
Commented by kimion20002000 at 2008-01-27 14:05 x
TBありがとう。
みんな、味のある役者さんでしたね。
とても、満喫できた作品でした。
Commented by margot2005 at 2008-01-27 21:02
kimion20002000さん、古い記事にコメントありがとうございます!
この作品は昨年度のマイベストに選んだ素敵な作品で大好きですわ。
Commented by JT at 2008-05-08 01:22 x
margotさん、こんばんはー
またまた昔の記事におじゃまします。
こういうの好きです。まったくといっていいほど変わらない次男が、
この映画をよりリアルにしてるかんじでした。
男ってしょうがないやつは、かわらないのよ。っていう監督の声が聞こえてくるようで(笑)
ほどよいコメディに、しっかりと教会批判もはいってたりして、
うまい!と言う言葉があてはまる作品でした。はい。
Commented by margot2005 at 2008-05-09 00:22
JTさん、こんばんは!
TB&コメントありがとうございます!
>まったくといっていいほど変わらない次男が...
なるほど!そういやそうでしたね。
あの俳優はこういったノホホンというのか、コレ系の役似合いますね?
娘に電車代を貸してくれなんていう父親ってそういないと思いますが...
コメディ仕立てにしながら、宗教や、教会を上手く扱ってましたね。
さすがフランス映画でございます。
ホント上手い!作品でした。
<< 「デジャヴ」 「約束の旅路」 >>