「華麗なる恋の舞台で」

a0051234_043732.jpg「Being Julia」2004 カナダ/USA/ハンガリー/UK
監督はハンガリー出身のイシュトヴァン・サボー。
イシュトヴァン・サボーは、レイフ・ファインズ主演、ハンガリーを舞台に、歴史に翻弄されるユダヤ人の壮絶なる人生を描いた「太陽の雫/1999」の監督。
「太陽の雫」は過去に観た事があり、これは全く違ったテイストの作品なのでとても楽しみにしていた。
ジュリア役のアネット・ベニング最高!で素晴らしい映画である!!
ジュリアの夫マイケルに 「ヴェニスの商人/2004」 のジェレミー・アイアンズ。
ジュリアの大ファン、トムにショーン・エヴァンス。
ウイリアム・サマセット・モームの“劇場”がベースになっている。
a0051234_042114.jpg

1938年、ロンドン、ウエスト・エンドにかかる劇場の人気女優ジュリア(ベニング)は45才。彼女の夫マイケル(アイアンズ)は元俳優だが、今ではジュリアのプロデューサー。
ある日マイケルの友人の、友人の息子である、アメリカ人のトム(エヴァンス)が訪ねて来る。
トムはジュリアの大ファンだと言い、ジュリアに“僕のアパートに来ませんか?”と誘いをかける。まるで自分の息子ロジャー(トム・スターリッジ)と同年代のトムの誘いに戸惑うが、誘いを受けるジュリア。
来る日も、来る日も、舞台でパフォーマンスすることしかないジュリアは疲れ果て、嫌気もさしてやけっぱちになっていたが、トムとの出会いが刺激となり、心ときめく日々が今や始まろうとしていた。
a0051234_04669.jpg

アネット・ベニングはこの作品でオスカー主演女優賞(2004年度)にノミネートされ、ゴールデン・グローヴ/女優賞(2004年度)に輝いている。
アネットは「アメリカン・ビューティ/1999」で有名な女優だが、ハリソン・フォードと共演の「心の旅/1991」や、マイケル・ダグラスと共演した「アメリカン・プレジデント/1995」でも素晴らしい彼女を観る事が出来る。
そして、アネットは本国で舞台に出演し、喝采を浴びた女優のようだが...コレを観て納得!
ジュリアの夫マイケル役のジェレミー・アイアンズは相変わらずゴージャスで素敵。
この作品今頃日本で公開?...いつものことだが...
原題の「Being Julia」のごとく、ラストの舞台でのパフォーマンスが最高!!
もうラストはとにかく最高でシアター中で笑った感じ。
私的には拍手を送りたいくらいだったが...
ウイーク・ディの午後、渋谷bunkamuraのシアターはほぼ満員。
今月初め、このシアターでジュディ・デンチの「ヘンダーソン夫人の贈り物/2005」
を観たが、最近bunkamuraって中高年御用達シアターと化しているような気がする。
[PR]
by margot2005 | 2007-02-28 00:38 | MINI THEATER | Trackback(16) | Comments(14)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5177084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from APRIL FOOLS at 2007-03-01 22:47
タイトル : 感想/華麗なる恋の舞台で(試写)
デキる女は失恋だって鮮やかなのよ『華麗なる恋の舞台で』2月10日公開。舞台女優として華々しいキャリアを持つジュリア。彼女の大ファンだという歳のはなれた男子に恋をするが、あろうことかこの若造、別の若い女優とデキてしまう。激しく傷つくジュリア。しかーしそこは大人のオンナ。ただじゃ起きませんわよ。 華麗なる恋の舞台で いい歳のオンナが恋に恋い焦がれ恋に泣く、ってところだけど、そこからの起死回生がそんじょのコムスメとはワケが違う。このニキータ臭つーか、気っ風の良さが痛快。まあ先は多少読めるけれど観てて...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2007-03-02 00:48
タイトル : ★「華麗なる恋の舞台で」
2004年アカデミー賞主演女優賞にノミネートされてた作品。 主演はアネット・ベニング。 何度か予告編見て、気になってたので。... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2007-03-02 13:18
タイトル : 映画:華麗なる恋の舞台で
華麗なる恋の舞台で(ル・シネマ) 「恋と劇場はなんでもアリだ」 (原題:Being Julia)予告の音楽と映像に惚れました。古風なんだけど華やかで明るくて。 何不自由ないけれどマンネリ気味の生活に若くてハンサムな青年登場、恋に落ちる。けれど彼は新人女優に心変わり... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-03-02 14:30
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
人生は華やかな舞台のよう・・・... more
Tracked from knockin' on .. at 2007-03-04 03:52
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
Being Julia 1930年代、ロンドンの演劇界を舞台に見せる洗練された上質なコメディ。ヒロインの大女優、ジュリアのとことん舞台人生と女優魂がまぶしい。 原作はイギリスの作家、サマセット・モームの『劇場』。全編に漂うクラシカルでリッチな雰囲気もまた素敵☆... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2007-03-07 09:56
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
脚本ゼミの仲良しと「映画を観る会」をやろうと言っていて やっと実現しました。 が、 記念すべき第一回の参加者はスケジュールの都合で 私とクールビューティの二人だけ。( ^ _ ^; まっ、とりあえず、第一回ということで決行。 彼女とはいつも映画の趣味が合わないのです... more
Tracked from 備忘録 at 2007-03-13 00:34
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
ゴージャスなアネット・ベニング! 舞台上での痛快な復讐は大女優の貫禄ならでは! 「華麗なる恋の舞台で」 2004年カナダ・アメリカ・ハンガリー・イギリス 104分 監督:イシュトバン・サボー 出演:アネット... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2007-04-06 21:06
タイトル : 真・映画日記『華麗なる恋の舞台で』
3月8日(木) 朝、JR吉川駅についた時にふと気がついた。 ケータイを自宅に忘れた。 家に戻って取りにも行けたが…… 面倒なので夜までケータイなしで過ごすことに。 そういうことで、会社に行く前に神谷町からひと駅先の六本木で降り、 駅近くのマンガ喫茶で日記を更新した。 日中、仕事の量が少なく楽。 職場に新人さんが来た。 言っちゃ悪いが『イレイザーヘッド』の主人公に似てる。 果たして続くのか? 午後5時50分に終業。 虎ノ門駅から銀座線で渋谷へ。 『華麗なる恋...... more
Tracked from 辛口だけれど映画が好きです at 2007-04-11 09:04
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
華麗なる恋の舞台でBeing Julia(2004年/加・米・英・ハンガリー/イシュトヴァン・サボー監督/公式サイト)1930年代後半。ロンドン一番の人気と実力を誇る舞台女優のジュリアだが、恋の悩みは尽きない。... more
Tracked from kaoritalyたる所以 at 2007-04-21 12:56
タイトル : 華麗なる恋の舞台で★★★☆劇場48本目:スッキリした気分..
3/21の映画2本目は、『華麗なる恋の舞台で』でした。大物俳優!?のアネット・ベニングとジェレミー・アイアンズが競演の大人の映画。キャッチコピーは、女であること、恋をすること、私であること。解説とストーリーはシネマトゥデイからコピペ。感想はちょっとネタ...... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2007-04-29 10:35
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
サマセット・モーム原作らしい上品な軽さのある映画。アネット・ベニングが舞台のみならず日々の生活まで”演じて”しまう女性を好演しています。... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-07-17 21:43
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
 『女であること、恋をすること、私であること。 大人の恋は、 軽やかで美しく、 ちょっと意地悪で ドラマチック。 人生は華やかな 舞台のように。』  コチラの「華麗なる恋の舞台で」は、2/10公開になったサマセット・モームの「劇場」をイシュトヴァン・サボー....... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-09-08 23:14
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
「華麗なる恋の舞台で」2007年  米 ★★★★★ 1938年ごろのロンドン。 舞台女優として活躍中のジュリア(ベニング)には舞台監督の夫マイケル(アイアンズ)と 息子ロジャーがいるが、舞台が現実、舞台の外こそ別の世界だ、という元の劇場主で ジュリ...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2007-11-10 20:15
タイトル : 『華麗なる恋の舞台で』'04・米
あらすじ1938年ロンドン。満たされながらも変化のない生活に、うんざりしていた人気女優ジュリア(アネット・ベニング)は親子ほども年の違う米国人青年トム(ショーン・エヴァンス)と出逢い、恋に落ちるのだが・・・感想こんな映画が存在してた事も知りませんでした...... more
Tracked from Big Screen at 2007-12-22 15:09
タイトル : 華麗なる恋の舞台で
○華麗なる恋の舞台で/BEING JULIA/2004アメリカ/104min ○ドラマ/コメディ/ロマンス[◆◆◆◆◆◇]5/6 ○公開2007.02.10(アルシネテラン) 左の写真は、主人公ジュリア(アネット・ベニング)にまつわる男性達。 最初は、彼女の師ジミー・ラングトン役のマイケル・ガンボン(ハリーポッターの2代目ダンブルドア先生)。原作サマセット・モームの「劇場」は、幼少のころから描かれているので、その穴埋めのために挿入した新たなキャラクターとの事ですが、誰の目にも見えないスト...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-03-31 09:02
タイトル : <華麗なる恋の舞台で> 
2004年 カナダ・アメリカ・ハンガリー・イギリス 105分 原題 Being Julia 監督 イシュトヴァン・サボー 原作 サマセット・モーム「劇場」 脚本 ロナルド・ハーウッド 撮影 ラホス・コルタイ 音楽 マイケル・ダナ 出演 アネット・ベニング  ジェレミー・アイアンズ  マイケル・ガンボン    ブルース・グリーンウッド  ショーン・エヴァンス  ルーシー・パンチ 倦怠気味の大女優が若き恋人と付き合い、恋をしたり嫉妬する中で再び活力を取り戻すというコメデ...... more
Commented by 紫の上 at 2007-02-28 18:55 x
ご覧になりましたねっ。
監督は舞台も出来る女優を捜していたそうだけど、ほんとこの映画を見ると、ジュリアで大いに納得でした。
私は「「アメリカン・プレジデント」の彼女も好きでしたが、
この作品こそ、彼女が大輪の花を咲かせた感じがします。
表情豊かな彼女を見ていると、とっても魅力を感じます!
ラストの大舞台、劇場中が大笑いに包まれたけど、いやぁ~私も拍手喝采したい気持ちになりました。
女優は舞台で・・・。とっても面白かったです!!
戦い終わっての満ち足りた表情も最高でした。
Commented by margot2005 at 2007-03-01 22:16
紫の上 さん、こんばんは!
観て来ましたわ!!アネット・ベニングは前からスゴイ女優だと思ってはおりましたが、やはりでございました。
舞台出身だけあってハマり役でしたね。
アネット・ベニングは「グリフターズ」で世間に知られる頃から貫禄ありましたもの。
ラストのパフォーマンスは最高でしたね。シアターで観てこそ価値のある映画かなと思いましたわ。
Commented by april_foop at 2007-03-01 22:51
こんばんは。TBありがとうございます。
乙女から熟女まで、いろんなアネット満載でしたね。
女は女優を地で行く女優っぷりが見事でした。

そして間違いTBをお返ししてしまいました。。
お手数ですが削除していただけると助かります。
Commented by シャーロット at 2007-03-02 14:30 x
こんにちは♪
ジュリアが役者として舞台で演じてる姿は、いつも同じラストシーンのみ。あの舞台もどんなのか見てみたかったり。笑
ラスト、アドリブでやってのけちゃうところは、うまい脚本の流れだったなあと思いました。本当は途中までこの女性像に共感もできなかったのですが、意地悪さ(笑)もこういう演出なら悪くは思えないんだなって変な感心をしちゃいました。
アネット・ベニングはチャーミングでしたね
Commented by margot2005 at 2007-03-02 23:36
april_foopさん、こんばんは!
アネット・ベニングて前らか好きな女優ですが、コレを観て益々ファンになりました。
私生活なのか?演技なのか?かわかんない所が良かったですよね。
間違いtb了解いたしました。
Commented by margot2005 at 2007-03-02 23:43
シャーロットさん、こんばんは!
そうですラストしか見せないあの舞台はどんな内容だったんでしょうね?気になりました。
ラストのアドリブ演技...マイケルが“次回も一言漏らさず同じ台詞を言ってくれ!”と懇願してましたが、ジュリアなら言えそうな気がします。
共感するって感じの女性像じゃありませんが、でもニクいですよね。最後には息子も拍手喝采してましたから...
アネット・ベニングは本当にチャーミングな女優ですね。
そうそう今月BSで「アメリカン・ビューテイ」放映されるようです。
Commented by MACHI at 2007-03-07 11:03 x
原作、読み終わりました。ジュリアの年齢が46才で、内容がとってもよく把握できました。(笑) 原作と違うところもちょこちょこありますが、ラストのジュリアの表情は、原作から想像するとおりで、お見事でした。
Commented by margot2005 at 2007-03-09 00:56
MACHI さん、こんばんは!
原作ですか??最近チョウ多忙なもので本読みは全然出来ませんの。
原作はサマセット・モームですよね?彼の小説は結構好きで過去に何作か読んだ覚えがありますがコレは読んでないですね。
ラスト原作も素晴らしかったのですね?映画のラストは最高でしたわ!
Commented by バニ at 2007-04-11 09:10 x
こんにちは、気持ちのいい映画でしたね。

〉bunkamuraって中高年御用達シアターと化しているような気がする

ですよ、ですよ!わたしが東京を離れてそろそろ3年になりますが、その頃からbunkamuraっぽい映画の新作情報を聞くと、心の中で「bunkamura系映画」と呼んでいました。
実際中高年の方が多いですし、その客層にウケる映画が上映されるんですよね。岩波ホールよりちょっと洗練されているのかしら。

トラックバック送らせてくださいね。
Commented by margot2005 at 2007-04-12 22:44
バニ さん、こんばんは!
そうですよね!離れて3年ですか...そういやそれ以前のbunkamuraはここまで中高年御用達じゃなかった気もしますが...
ここ数年で俄然中高年御用達が加速していったようですね??
岩波ホールはシアターが古くて、席も良くないですね。ブランケットの貸し出しがあるのが、中高年御用達を益々加速してるかもです?
bunkamuraは場所が渋谷なので、岩波よりも少し洗練されているのでしょうか??
TBこちらからも送らせていただきました。
Commented by nyanco at 2007-04-30 18:50 x
こんばんは♪
 TB&コメントありがとうございました。
アネット・ベニングは舞台出身なんですね!知らなかったです。
たしか旦那さんがウォーレン・ベイティで、お子さんも4人もいるんですよね。
この映画のジュリアさながらの人生を送っているような感じで羨ましいです。
ラストの舞台劇は、本当に拍手を贈りたいくらい圧巻でした!
Commented by margot2005 at 2007-04-30 22:45
nyanco さん、こちらこそありがとうございます!
そうなんですアネットは舞台出身女優のようです。色々な作品でみせるあの演技力は舞台で培ったものでしょうね。
ベィティさんとの間に子供数人いるようですね。4人もいるんですか??
ラストの舞台劇にはほんと拍手しそうになりましたわ。一緒に観た友人と帰り道、拍手すれば良かったね、なんて話しながら帰りましたっけ...
Commented by JT at 2007-12-22 15:08 x
やっと観ました~
爽快なエンディングでした!
もちろんアネット・ベニングの演技素晴らしかったですが、
ジェレミー・アンアンズやマイケル・ガンボンの力も大きかったですね。

>もうラストはとにかく最高でシアター中で笑った感じ。
やっぱりそんな感じでしたか!
劇場で見た時にみんなが共感してると思うとなんだか嬉しいんですよ。

>私的には拍手を送りたいくらいだったが...
そうそう、拍手したい時ありますよね。
でも、ひとりだけだと思って遠慮してしまいます。奥ゆかしい日本時だからでしょうか(笑)でも、一度やってみたい。

しかし、恋人あり愛人あり、ずいぶんと自由でしたね。しかも周りが容認してしまってるところが凄い(笑)
Commented by margot2005 at 2007-12-23 01:55
JTさん、ご覧になりましたのね。
エンディング最高でしたでしょ!
そう、アネット他ジェレミー・アイアンズや、マイケル・ガンボンと演技者揃いで素晴らしい作品になったと感じます。
シアターで拍手ってやはり変??なのでしょうか??
過去に観に行った映画祭(フランスかイタリアか東京国際か?忘れましたが...)で拍手があったように記憶してます。
しかしそれはその作品を作った監督が上映前に挨拶に現れたからかもですね??
普通のシアターの上映ではやはり拍手は起こらない...一度してみましょうか拍手?
<< 「ライアンの娘」 「母たちの村」 >>