「ヘンダーソン夫人の贈り物」

a0051234_0484161.jpg「Mrs Henderson Presents 」2005 UK
主演のヘンダーソン夫人に「007/カジノ・ロワイヤル/2006」のジュディ・デンチ。
劇場の支配人ヴィヴィアン・ヴァンダムにボブ・ホスキンス「メイド・イン・マンハッタン/2002」。
劇場のスター、モーリーンにケリー・ライリー「ロシアン・ドールズ/2005」
監督はスティーヴン・フリアーズ「堕天使のパスポート/2002」。
巷で評判のこの作品...前から観に行こう、行こうと思っていたのだが、行けなくて...やっと...
シアターは中高年の方々で一杯。
ジュディ・デンチ主演だからか?作品がオールド・ファッションぽいからか?は解らないが...
期待していたように素晴らしい作品で満足。
a0051234_0491893.jpg

1937年、舞台はロンドン。夫が他界し、莫大な財産を相続した未亡人ローラ・ヘンダーソン(デンチ)は、家で刺繍やおしゃべりに満足しているタイプではない。夫の死後しばらくして、街に出かけたローラはウエストエンド、ソーホーにある“ウインドミル劇場”を買い取り改装する。
ここのオーナーとなったローラは劇場の支配人としてヴィヴィアン・ヴァンダム(ホスキンス)を雇い入れる。
ローラが考えだした“ヌード・レビュー”により劇場はセンセーションを巻き起こす。
a0051234_0493336.jpg

あの時代、フランスではOKなヌード・レビューが、英国では上演が許可されなかったというが、これもお国柄なのか?
紳士、淑女の国英国で、あのようなレビューを考え、演じさせたローラ・アンダーソンってスゴイ人。70才になっても女性って恋をしたいのだ、と思わせるローラ役のジュディ・デンチが可愛い。
ローラの劇場を完全に仕切ったヴィヴィアン・ヴァンダムも、さぞかし才能ある人物であったことだろう。ヴァンダム役のボブ・ホスキンスも最高に適役である。
映画の中、劇場でのパフォーマンスはどうってことは無かったが、ミセス・ヘンダーソンとヴァンダムのやり取りは素晴らしかった。
あの時代、フランスまで小型飛行機で飛んだり、ボートを漕いでストレスを発散させたりしているローラ・ヘンダーソンって逞しい女性だったんだなぁ!と感動してしまった。
[PR]
by margot2005 | 2007-02-07 00:57 | UK | Trackback(9) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/5087825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2007-02-08 11:24
タイトル : 『ヘンダーソン夫人の贈り物』
ハダカのステージにココロ温まる。 第二次世界大戦前夜の1937年、夫に先立たれ未亡人となったローラ・ヘンダーソンは、ロンドンのソーホーにある劇場「ウィンドミル」を買い取る。舞台もの、バックステージものは大好きです。私も莫大な財産があったら、劇場を買うのもいいかなぁ、映画館も兼ねます。ジュディ・デンチはいつだって素晴らしいけれど、こんなふうにコミカルさを醸し出しつつも大らかな気風のよさを見せてくれる役は最適。ヘンダーソン夫人は、冒頭から夫の死に対してもむやみに悲しみを表さず、未亡人としての先輩であ...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-02-09 13:06
タイトル : ヘンダーソン夫人の贈り物
贈り物シリーズに魅かれるこの頃・・・{/hiyob_hat/} こちらの贈り物は・・・愛と勇気がもたらす熱いステージ♪ ローラ・ヘンダーソン…大富豪の夫人であるなら、彼女の親友のようにもっと女性らしいブルジョワ的な道楽に現を抜かすようにも思えるのだけど、彼女は不器用だったのがよかったのか(笑)ある意味一般大衆的な娯楽に興味を持っていく。 オペラなどのちょっと位の高い娯楽ではなく、ミュージカル、それもヌードを披露してしまう舞台なんていうアイディアが当時としてはものすごく前衛的で、それも劇中が戦争になっ...... more
Tracked from 夫婦でシネマ at 2007-02-19 16:32
タイトル : ヘンダーソン夫人の贈り物
この映画は、ヘンダーソン夫人演じるジュディ・デンチの魅力全開といった感じで、ジュディの出演した映画は色々観ましたが、こんなお茶目なジュディは初めて見ました!... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-06-05 19:13
タイトル : ヘンダーソン夫人の贈り物
「ヘンダーソン夫人の贈り物」 2007年 英 ★★★★★ 兎に角、ジュディ・デンチが可愛らしくてお茶目で、抱きしめたくなり ます。 1937年のロンドン。 旦那様に先立たれ莫大な遺産を相続した、ヘンダーソン未亡人は、先輩 未亡人から「案外、気楽...... more
Tracked from 銀の森のゴブリン at 2008-02-24 16:41
タイトル : ヘンダーソン夫人の贈り物
2005年 イギリス 2006年12月公開 評価:★★★★☆ 原題:MRS. H... more
Tracked from Sweet*Days** at 2008-02-26 09:17
タイトル : 『ヘンダーソン夫人の贈り物』
ヘンダーソン夫人の贈り物 デラックス版(2007/11/21)ジュディ・デンチ;ボブ・ホスキンス;クリストファー・ゲスト;ケリー・ライリー商品詳細を見る 監督:スティーブン・フリアーズ CAST:ジュディ・デンチ`..... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2008-05-11 02:09
タイトル : 映画『ヘンダーソン夫人の贈り物』
原題:Mrs. Henderson Presents 1930年代初頭の実話を基にしながら、舞台を第二次世界大戦前夜から戦時中に設定し直し、保守的な英国にあって革新的なヌード・レビューを実現させる・・ ローラ・ヘンダーソン(ジュディ・デンチ)は、70歳にして夫の遺産相続により莫大な... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-05-13 19:17
タイトル : <ヘンダーソン夫人の贈り物> 
2005年 イギリス 103分 原題 Mrs. Henderson Presents 監督 スティーヴン・フリアーズ 脚本 マーティン・シャーマン 撮影 アンドリュー・ダン 音楽 ジョージ・フェントン 出演 ジュディ・デンチ  ボブ・ホスキンス  ウィル・ヤング    クリストファー・ゲスト  アンナ・ブリュースター  ケリー・ライリー イギリスで初めてヌード・レビューをした実在のウィンドミル劇場での人間模様を綴ったヒューマン・コメディです。 1937年に夫を亡くし...... more
Tracked from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ at 2009-09-11 00:11
タイトル : 「ヘンダーソン夫人の贈り物」
主演のジュディ・デンチの、オスカーの主演女優賞ノミネート作品。 おばちゃんものはあまり得意じゃないけど、 舞台ミュージカルものなので、ちょっと見てみることに。 共演は、ボブ・ホスキンス。... more
Commented by ラクサナ at 2007-02-10 01:46 x
王妃さま、こんばんは☆彡
ちょっとホロリとさせる内容でしたが、楽しい作品でしたね。
ジュディ・デンチは本当に素敵でした。
ラストの一度だけダンスにもコロリと参りました。
お金のアル未亡人、将来の夢でございます。(笑;)
そうしたら何か買おうかしらん?(爆)
Commented by Bianca at 2007-02-10 18:29 x
margot2005さん、
ジュディ・デンチの評判がいいですね。「007」の上司役はよかったけど、この画像では、あごが角ばり過ぎ。無慈悲な中年女ってイメージから抜けられないです。ゴメンナサイ!!見もしないのに。
Commented by margot2005 at 2007-02-11 18:52
ラクサナ さん、こんばんは!
ラストのダンスのシーン素敵でしたね。
女はいくつになってもときめく、恋心を持ち続けたいという気持ちわかりますわ。
デンチは何れの作品でもチャーミングなbasanですが、これは極め付きですね?
リッチな未亡人という方程式はわたしにとってありえませんので...哀しいことに...想像すら出来ません事よ。
Commented by margot2005 at 2007-02-11 18:56
Biancaさん、こんばんは!
デンチは素敵ですね。前から大好きです!
観てもいないのに、なぁんておっしゃっていないでご覧くださいませ!
昨年から上映しているので、そろそろ終わりそうですわよ。
確かに写真だけだと“無慈悲な中年女”に見えるかも...
Commented by nyanco at 2007-02-19 16:38 x
margot2005さん、こんにちは!
ヘンダーソン夫人とヴァンダムのやり取りが漫才みたいで面白かったですね。
私も、ヘンダーソン夫人のストレス解消法がボートを漕ぐというのは笑えました。本当に70歳を過ぎているとは思えない逞しい女性ですね。
ジュディ・デンチの魅力あふれる素敵な映画でした。
Commented by margot2005 at 2007-02-19 21:13
nyanco さん、こんばんは!
素敵な作品でした。ヘンダーソン夫人のあのボートを漕ぐ姿は最高でしたわ。あの時代にあんなタフな女性がいたなんて嬉しくなりますね。
ホプキンスも演技派ですから、二人の掛け合いも素晴らしいものになったのでしょうね。
ジュディ・デンチさん大好きです!
Commented by 紫の上 at 2007-02-27 18:04 x
前から見たいと思いつつ、見れなかったのですが、
「華麗なる恋の舞台で」とはしごしてきました。
どちらも同じ時代のイギリスが舞台で主演女優は若くはない。
いやぁ~、どちらも大のお気に入りになりましたが・・・。
あの時代のイギリスの雰囲気を醸し出しながら、ジュディ・デンチの可愛さにはすっかり脱帽です。
あのように年を取りたいものです!!
そして、いくつになってもちょっぴり恋をして、輝いていたいものです!
昨日のアカデミー賞授賞式にデンチさん、欠席でしたが、胸を手術とのこと、心配ないと良いのですが・・・。
まだまだご活躍して欲しいものです!
Commented by margot2005 at 2007-02-28 23:01
紫の上 さん、こちらにも書き込みありがとう!
「華麗なる〜」とはしごされたのね。
わたしも観て来ましたわよ。
「ヘンダーソン〜」はもう上映してなかったですね。bunkamuraでご覧ですよね?
ジュディ・デンチが可愛くって困ります。
70才過ぎてあんなチャーミングな女優てあんまりいませんよね?
まぁ70も越えちゃうと有名女優は映画に出ないと思いますが、デンチさんには80才まで頑張ってもらいたいものです。
デンチさんオスカー欠席でしたね。
彼女とケイト・ブランシェット共演の映画が俄然楽しみとなりましたわ。
<< 「モーツァルトとクジラ」 「見つめる女」 >>