「鞄を持った女」

a0051234_2234364.jpg「La ragazza conla valigia」...aka「Girl with a suitcase」 1961 イタリア
主演の“鞄を持った女”アイーダにクラウディア・カルディナーレ。アイーダに恋する少年ロレンツィオに「ロバと王女/2003(デジタル・マスター版)」「コーラス/2004」のジャック・ペラン。
監督、脚本はヴァレリオ・ズルニーニ。
カルディナーレ23才、ペラン20才の作品である。
ペランは16才の少年役だが違和感無し。
最近(21世紀)のカルディナーレ映画と言えば、ジェレミー・アイアンズ主演の劇場未公開作品「男と女 アナザー・ストーリー/2002」をBSで観たことがある。フランス/UK合作映画で、彼女はイタリア人富豪の妻役であった。まぁかなりのobasan化は否めないが、相変わらずのナイス・バディであった。
数年前デジタル・マスター版で上映された「山猫/1963」も新宿のシアターで観たが、クラウディア・カルデナーレという女優はホントにゴージャスな方である。
「コーラス」に出演していたペランの幼い息子が、この作品の少年ペランにそっくり。
ヨーロッパ映画お得意の、年上の女性に憧れる少年の哀しい恋物語。
映画はモノクロである。
この映画のタイトルは余りにも有名で前〜観たい、観たいと思っていた作品。随分前にBSで放映していたのをやっと観ることが出来た。
a0051234_2243815.jpg

アイーダ(カルディナーレ)はミラノのナイトクラブで働くシングル・マザー。子供は施設に預けてあり、週に一回しか会えない。クラブで知り合った男を愛してしまったアイーダは、男に誘われるまま彼の車に乗る。男の家はパルマにあったが、家に着く前に男はアイーダと彼女の鞄を置いて立ち去ってしまう。途方に暮れるアイーダはなんとか男の家を探し当てるが、瀟酒な屋敷から現れた少年ロレンツィオ(ペラン)に、探している男はここの住人ではないと言われる。しかしアイーダの探している男は、ロレンツィオの兄マルチェッロ(コラッド・パー二)その人であった。マルチェッロのアイーダに対する裏切りから、同情心が芽生えるロレンツィオ。しかしそれは次第に儚い恋心となって行く。
a0051234_224885.jpg

フランス映画もそうだが、イタリア映画にしても、ヨーロッパ人てジャズがとてもお好き。この作品でも、ジャズが流れる中、'60年代に大流行したイタリアン・ポップスが流れる。なんとなく記憶にあるイタリアン・ポップス...あぁあの曲はこの映画のサントラだったのだと納得した。
ストーリーはありがちな年上の女と年下の少年のつかの間の恋..いやでもこれは恋と呼べるものではない...単なる憧れのようなものである。
この作品の監督は、後にアラン・ドロン主演の「高校教師/1972」を作っている。「高校教師」は年上の中年教師と年下の女生徒とのラヴ・ストーリー。なんとなく観た記憶あり。
a0051234_2242542.jpg
映画の中でカルディナーレが着る'60年代ファッションがとってもお洒落である。今着ても全然遜色ない。まぁカルディナーレが着るからこそお洒落なのかもしれないが...
“鞄をもった女”と言うのは直訳のようだが...“鞄”が物語る映画である。
[PR]
by margot2005 | 2007-01-11 23:52 | イタリア | Trackback(1) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/4973175
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from にじばぶの映画 at 2007-07-15 09:06
タイトル : 鞄を持った女
『鞄を持った女』(1961) 上映時間:122分 製作国:イタリア 監督: ヴァレリオ・ズルリーニ 脚本: ヴァレリオ・ズルリーニ ベンベヌッティ・ベナッティ ピエロ・デ・ベルナルディ 撮影: ティーノ・サントーニ 音楽: マリオ・ナシンベーネ  出演: クラウディア・カルディナーレ ルチアーナ・アンジェリロ ジャック・ペラン レナート・バルディーニ *********...... more
Commented by Bianca at 2007-01-13 15:30 x
マルゴ様、ズルニーニの「家族日誌」はとっても好きでしたし、CCの「刑事」の主題歌「アモーレ、アモーレ・・・・」は耳に残っていますがこれは見たかな?でも「鞄を持った女」このタイトルの字面、ポスターはいいですね。「コーラス」のちびが、ジャック・ペランの息子?
Commented by margot2005 at 2007-01-13 17:42
Biancaさん、こんにちは!ズルニーニの「家族日記」ですか?観たことないので観てみたいですね。
「刑事」ピエトロ・ジェルミでしたよね?“アモーレ アモーレ アモーレ アモーレ ミーヨ!”あの曲はイタリア、カンツィオーネの名曲となっているのではないでしょうか?「鞄を〜」はホント素晴らしい作品でした。
そうそうあのおちびちゃんが息子です。年齢的にまるで孫状態ですが...
Commented by claudiacardinal at 2007-01-14 02:05 x
カルディナーレいいですねぇ〜。実はこの作品観た事ないのですが・・・「山猫」では高貴な令嬢、「ピンクパンサー」ではキュートなコメディアンヌ、そしてこの作品ではバルドーさながら60’sの雰囲気、色んな顔を持った女優ですね。
Commented by ドロップ at 2007-01-14 08:09 x
こんにちはー、「鞄を持った女」のカルディナーレ、好きですねーー。ということで以前にアメリカ版DVDが出てたので買ったのですがこれが無茶苦茶画質が悪いうえに英語吹き替えでガッカリ。それから後にフランス版が発売されたのでこりずに買ったらこちらは画質もとてもよくてイタリア語でした、ちなみに字幕はフランス語・・・・まあどちらにしても私にはわからないけどやっぱイタリア映画はイタリア語で見たいですよね・・・・。
そういえば昔、リバイバルで「ひまわり」を見たときに英語版だったのでガッカリした記憶があります。
Commented by margot2005 at 2007-01-14 20:43
CCさん、未見でしたかコレ?カルディナーレは「山猫」や、この間BSで放映されていた「熊座の淡き星影」のお嬢様(奥様)より、男に翻弄される自堕落な女の方が似合うのですが...そうロマコメは似合いますね。
BB&CCはやはり古き良き時代のアイドルでしょうね。
Commented by margot2005 at 2007-01-14 20:50
ドロップさん、こんばんは!見に来ていただいてありがとう!
やはりドロップさんご覧でしたのね。イタリアものはイタリア語、フランスものはやはりフランス語で喋って欲しいですね。
英語吹き替えじゃイメージ崩れるので、せめて英語字幕ならなんとか観られると思うのですが...アメリカ人は基本的に字幕映画は観ないようですね。
ハリウッド映画に多々出演し、英語も喋るソフィア・ローレンだけど、でも「ひまわり」はイタリア語じゃないと許せないですし...
Commented by 紫の上 at 2007-01-21 23:31 x
こんばんは。
私も昨年BS放映を録画していたのを、margotさんの影響で、見ました。大分前に見てはいたけど、ほとんど覚えていなかったので・・・。そうそうあのカルディナーレが草むらで○○のシーンは衝撃度が大きくてそこは覚えていましたが・・・。
いやぁ~、とっても良かったです!!見応えがありました。彼女はこういう役良いですねっ。目が野性的な感じを持っているせいかな?
ペランってこのときは20歳だったのですか。16歳違和感なかったです。まさに上流階級のおぼっちゃまが良く似合っていましたねぇ~!で、ラストに彼が彼女に封筒を渡したけど、あの中身にひっかかるのだけど、あれまでは、少年の彼女への純粋なあこがれ・・・と思っていたのが、ちょっと世俗的になったかな・・・と。
どう思われたかしら?
Commented by margot2005 at 2007-01-24 00:15
紫の上 さん、こんばんは!
ご覧になったのですね。あのオープニングの草むら...忘れられないシーンとなりました。
野性的かつ奔放的な女性役とっても似合いますねカルディナーレ。
ジャック・ペランは同じ時期にドヌーヴと「ロバと王女」でも共演してますが、王子様ですね正に彼は...
ラストのシーン、多分お金かな?と思いましたが、やはりでしたね。あれはどうなんでしょう?金持ち階級はやはりなんでもお金で解決するってことで理解すればよいのでしょうかしら?手切れ金として叔母が用意したお金をロレンツィオが持参したようにも解釈できますが...
二人がキッチンで食事をするシーン素敵でした。ヒロインの名前が“アイーダ”でそのオペラを選曲してかけるなんてニクいですよね?
<< 「プラダを着た悪魔」 「愛されるために、ここにいる」 >>