「ほっ」と。キャンペーン

「リトル・ミス・サンシャイン」

a0051234_064174.jpg「Little Miss Sunshine」2006 USA
主演のリチャード&シェリル・フーヴァー夫婦に「恋愛小説家/1997」のグレッグ・キニアと「アバウト・ア・ボーイ/2002」のトニ・コレット。二人ともお気に入り俳優なのでこれは観逃せないと前から思っていた。監督はジョナサン・デイトン。
フーヴァー家の息子ドウェーンに「キング 罪の王/2005」のポール・ダノ。娘オリーヴにアビゲイル・プレスリン。シェリルの兄フランクに「ブルース・オールマイティ/2003」のスティーヴ・カレル。一家のじいちゃんに「ノエル/2004」のアラン・アーキン。
a0051234_07946.jpg

とても心暖まるロード・ムーヴィー。しかしかなりのコメディ(ブラック含む)が入っていて大笑いしてしまった。
家から一番近い映画館“シネ・リーヴル池袋”で観た。このシアターは家から10分とかからないで行けるので、リピーターになりたいのだが、私的に観たい映画を上映してくれないので滅多に行かない。今回は数年ぶりかと思える。
実は今年初映画はこれではなく、昨日007/「カジノ・ロワイヤル/2006」をまたしても観に行ってしまった。
二回同じ映画観るなんてこと皆無なのだが...お正月ってことで...
a0051234_08949.jpg

アリゾナ州アルバカーキに住むリチャード(キニア)は、施設から追い出されたじいさん(アーキン)を引き取り、妻シェリル(コレット)と、息子ドウェーン(ダノ)、娘オリーヴ(プレスリン)の5人暮らし。ある日ここへ自殺未遂をしたゲイであるシェリルの兄フランク(カレル)が同居人としてやって来る。じいさんはヘロイン中毒、ドウェーンは独自の成功論を振りかざす父リチャードへの反抗心から喋ることを止めている。オリーヴはジュニア・ミスコンに出場することだけが生き甲斐...という滅茶病める家族で構成されている。
そしてとうとうミスコン出場のため、ある朝アルバカーキからLAに家族全員で向かうことになる...
a0051234_065649.jpg
何度も、何度も書いてるが、アメリカ人て離婚組が多いので、こういった家族の愛情物語が受けるのであろうか...
しかし全米でスマッシュ・ヒットしたこの作品も日本では単館系公開である。
家族の絆を描くハリウッドものは少々うんざりだが、これは“サンダンス映画祭2006”で上映された際、スタンディング・オベージョンになったという...いや解る、解る...素晴らしい映画であった。とにかく映画には全然お金かかってないなぁ...とまず感じる。
お金をかけないでも素晴らしい映画を作ることが出きるというのは素晴らしいことだと思う。
グレッグ&トニの夫婦役を始めとして、フランク役のスティーヴ・カレルと、じいさん役のアラン・アーキンが素晴らしく、オリーヴ役のアビゲイルも、きっとこれから注目されることであろう。
今年初のミニ・シアター作品は正解であった。
a0051234_072411.jpg

トレーラー
[PR]
by margot2005 | 2007-01-04 00:23 | MINI THEATER | Trackback(44) | Comments(12)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/4936950
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from travelyuu とら.. at 2007-01-06 09:56
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン Little Miss Su..
グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン主演 アリゾナに住む少女オリーブはミスコン・クイーンに憧れています ミスコンに応募する為、ポーズをとったり、特技の練習をしたり していますが まだまだ体型は幼児体型です オリーブの兄ドウェーンはニーチエを崇拝し、 空軍士官学校に入るまで誰とも口を聞かないと誓いを立てています そして自分の部屋に閉じこもり筋肉トレーニングばかりしています 父親リチャードは9ステップ・プログラムと言うお...... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2007-01-07 23:59
タイトル : リトル*ミス*サンシャイン 勝ち・負けなんて、関係ない!
←クリックしてね涙と笑いと感動の物語 大晦日に観た『リトル・ミス・サンシャイン』、2006年を締めくくるには素晴らしい映画でした。バラバラ状態のフーヴァ一家が、おんぼろのフォルクスワーゲンミニバスで旅をしながら、最後には心一つに・・・・なっていくというファミリー・ドラマ&ロードムビーです。 《お話》アリゾナに住むフーヴァ一家は、“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに繰り上げ参加することになった娘オリーヴを連れてカルフォルニアに向けて出発。家族のメンバーは父親リチャード、独自の成功論を振りかざす...... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2007-01-08 11:56
タイトル : 「リトル・ミス・サンシャイン」:西新橋一丁目バス停付近の会話
{/kaeru_en4/}バスだぜ、バス。 {/hiyo_en2/}なに、感激してるの?いつも乗ってる都バスじゃない。 {/kaeru_en4/}いや、このバスのことじゃなくて、黄色いフォルクスワーゲンのミニバス。 {/hiyo_en2/}ああ、「リトル・ミス・サンシャイン」に出てきたバスのことね。 {/kaeru_en4/}そうそう。9歳の娘が子どものミス・コンに出場するんで、家族みんなでミニバスに乗って海の近くのコンテスト会場まで行くんだけど、そのミニバスがおんぼろで、もう最高。 {/hiyo_...... more
Tracked from TATSUYAのシネマコ.. at 2007-01-08 19:29
タイトル : 『リトル・ミス・サンシャイン』で、スタート。
  走れ! 家族のオンボロLOVEワゴン。 07年の劇場での第一作目は、「ラムの大通り」のエイさんからお薦めいただいた ハートウォームなロードムービー『リトル・ミス・サンシャイン』。 結論から言うと、ホン... more
Tracked from Sweet* Days .. at 2007-01-08 20:41
タイトル : 『リトル・ミス・サンシャイン』
CAST:グレッグ・キニア、トニー・コレット 他 ゴールデン・グローブ作品賞、主演女優賞 他ノミネート STORY:小太りで眼鏡をかけたオリーヴの夢はミスコンで優勝すること。そんな彼女は理法予選で繰り上げ優勝し、決勝大会に出場することに。そして、家族総出で古いバスを借りて、決勝大会への旅に出る・・・ この作品をご覧になった方々のレビューを読ませていただいて、 その高い評価に引かれて見に行きました(^^) で、評判通りなかなか良かったです☆ 家族それぞれがかなり変でバラバラで、一...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2007-01-08 22:29
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
黄色いフォルクスワーゲンワゴンがプヒ〜ッと壊れたクラクションを 鳴らしながら走る走る・・・ 目指すはカリフォルニア「リトル・ミス・サンシャイン」コンテスト会場。 すごい一家だ。 ポンポコリンのお腹に大きな眼鏡のオリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)は 地区大会の繰上げ当選となり美少女コンテストの決勝大会進出に意欲を燃やす。 「イヤミは負け犬の遠吠えだ」と独自の成功論を持つ、しかし自分自身はまるで冴えない 父親リチャード(グレッグ・キニア)、 ヘロイン中毒で毒舌、でも孫を溺愛するグラ...... more
Tracked from シネマでキッチュ at 2007-01-08 23:45
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン~映画初めにどうぞ♪
(札幌ファクトリー・ユナイテッドシネマにて) ネタバレ 勝ち組だ負け組みだって。。2種類しかないレッテルって貧しいよなあ~と常々思うのよね。 十人十色ですもん、人間は。 しかし、そんな負け組みにならないための訓練プログラムを開発した(自己啓発みたいなもんかな)パパ。 でも家に帰ると、老いてもちっとも枯れずヘロイン吸ってホームを追い出されたワルな色爺さんと、 ニーチェの思想にかぶれて口をきかない高... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2007-01-09 00:10
タイトル : ★「リトル・ミス・サンシャイン」
2006.12.23劇場公開作品っていろいろあって・・・ 「大奥」は、フジテレビくさいし・・・ 「鉄コン筋クリート」は絵がごちゃごちゃしてそうだし・・・ 「シャーロットのおくりもの」は動物が喋ってそうだし・・・ まっ、後々これらの作品も見ることにはなるんでしょうけど、 まず、上映時間が、ちょうどぴったりだったこの作品を観ることに・・・。... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-01-09 12:20
タイトル : 映画「リトル・ミス・サンシャイン」
原題:Little Miss Sunshine 夢と希望と、そして目一杯の不幸せと怒りを背負い込んでフォルクスワーゲンのミニバスが行く・・不運に見舞われ続ける彼らに、家族の幸せは訪れるのか アイスクリームが大好きで、お腹がぷっくりな眼鏡っ子のオリーヴ・フーヴァー(アビゲイル... more
Tracked from 映像と音は言葉にできない.. at 2007-01-11 01:57
タイトル : 『リトル・ミス・サンシャイン』
ヤバイです。これは凄く面白い! yanksのツボにピッタリとハマりました。ホント、最後は大爆笑で涙がとまりませんでしたから...。... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2007-01-11 21:50
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン~東京国際映画祭にて
夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く・・・{/car_pink/}~~~ 監督:ジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス プロデューサー:デイヴィッド・T. フレンドリー         マーク・タートルトーブ/ピーター・サラフ    脚本:マイケル・アーント   音楽:マイケル・ダナ    撮影:ティム・サーステッド   美術:カリーナ・イワノフ   編集:パメラ・マーティン グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル/ ポール・ダノ/アビゲイル・ブレスリン/アラン・アーキン 20...... more
Tracked from 万歳!映画パラダイス〜京.. at 2007-01-12 12:09
タイトル : 人生はミスコンと同じぐらい馬鹿げているのか〜「リトル・ミ..
 いやー素晴らしかった。笑い過ぎて、涙が出た。例によって、予備知識ゼロで観た米映画「リトル・ミス・サンシャイン」(監督はジョナサン・デイトン&ヴァレリー・ファリス夫妻)。とんでもなくおかしく、途方もない傑作である。単に傑作とすればいいのに、わざわざ「とん....... more
Tracked from われおもふこと at 2007-01-12 17:50
タイトル : 【映画】「リトル・ミス・サンシャイン」評
先日、東京国際映画祭http://blog.livedoor.jp/yamato26840/archives/51238351.htmlで観た映画が「リトル・ミス・サンシャイン」http://www2.foxsearchlight.com/littlemisssunshine/ (英語)http://movies.foxjapan.com/lms/ (日本語)―――だ。東京国際映画祭では...... more
Tracked from われおもふこと at 2007-01-12 17:51
タイトル : 【映画】「リトル・ミス・サンシャイン」評
先日、東京国際映画祭http://blog.livedoor.jp/yamato26840/archives/51238351.htmlで観た映画が「リトル・ミス・サンシャイン」http://www2.foxsearchlight.com/littlemisssunshine/ (英語)http://movies.foxjapan.com/lms/ (日本語)―――だ。東京国際映画祭では...... more
Tracked from 映画でココロの筋トレ at 2007-01-13 12:09
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン(アメリカ)
すんごーく評判いい「リトル・ミス・サンシャイン」を観たよ。 ( → 公式HP  ) 出演:グレッグ・キニア 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、アラン・アーキン 、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン 上映時間:100分 太鼓腹にで... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2007-01-21 21:56
タイトル : 最近観た映画たち(その6)
うーむ、やっぱり映画を観るペースと記事を書くペースをあわせるのは難しい・・・。あっという間にまた溜まってしまいました。1本の映画で1本の記事、というスタイルはあんまり変えたくないし、最近観た作品はなかなか充実していて色々書きたいのですが、とりあえずまたまとめて一気にリスト・アップしたいと思います。『悪夢探偵』と『リトル・ミス・サンシャイン』はもしかしたら後で個別記事を書くかもです。 デート・ウィズ・ドリュー "My Date with Drew" 2004年アメリカ満足度)★★★★ TOHOシネマズ六...... more
Tracked from シネクリシェ at 2007-01-24 23:16
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
 かなり以前に観ていた映画で、そろそろ感想をUPしようと考えていたところ、アカデミー賞の4部門(作品賞、助演男・女優賞、オリジナル脚本賞)に... more
Tracked from 古今東西座 at 2007-01-25 01:34
タイトル : 「リトル・ミス・サンシャイン」
もしもこの映画を公開直後の昨年中に観ていたら間違いなく「2006年の3本」に入れたのに、とちょっぴり悔やむ気持ちもあったが、2007年に劇場で観た最初の映画が大当たりだった嬉しさの方が大きく、素晴らしい作品と出逢えた事を素直に喜びたい。 まずキャラクター設定が実にユニーク。家長であるリチャードは「成功への9ステップ理論」を掲げ、講演会(セミナー?)を行っている。とにかく勝たなければ意味がないという考え。この理論を本として出版して大成功するつもりでいる。 妻・シェリルは苦しい家計を切り盛りしつつ、個性的...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2007-01-25 15:28
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
幸せの黄色いバスに乗った愛すべき落ちこぼれ家族の奇妙でハートフルなロード・ムービー!サンダンスを始め、多くの国際映画祭で、スタンディング・オベーションの絶賛を受けたロードムービー。美少女コンテストのクィーンを夢見る少女とその個性的な家族が、黄色いワゴン...... more
Tracked from AKATUKI DESIGN at 2007-01-25 23:39
タイトル : ■リトル・ミス・サンシャイン~東京国際映画祭
会期ギリギリになって嫁さんが東京国際映画祭のチケットを二枚貰ってきた。 こりゃ~見に行かないとという事で、行ってきました渋谷Bunkamura オーチャードホールへ。 会場の15分ぐらい前に到着したんですけど、凄い行列! オーチャードホールへ向かうのに一旦地下2階まで降りてから進む事に! 収容人数2150人の大ミュージックホールが満員となっていました。 --- てんでバラバラな家族が一つのバス旅行を通じて団結していく心温まるロードムービー。 娘のミスコン出場の夢をかなえるべくダンスの振付を教え...... more
Tracked from console-stor.. at 2007-01-31 18:03
タイトル : LITTLE MISS SUNSHINE
アカデミー賞、作品賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞にノミネートされた、ちょっとマニア好きする映画「LITTLE MISS SUNSHINE(リトル・ミス・サンシャイン)」を渋谷シネクイントで観てきました。オンボロの黄色いワーゲン・バスにのって西海岸を目指す道中で家族、人、... more
Tracked from console-stor.. at 2007-01-31 18:04
タイトル : LITTLE MISS SUNSHINE
アカデミー賞、作品賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞にノミネートされた、ちょっとマニア好きする映画「LITTLE MISS SUNSHINE(リトル・ミス・サンシャイン)」を渋谷シネクイントで観てきました。オンボロの黄色いワーゲン・バスにのって西海岸を目指す道中で家族、人、... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-02-04 01:57
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン−(映画:2007年14本目)−
監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 アビゲイル・ブレスリン 、グレッグ・キニア 、ポール・ダノ 、アラン・アーキン 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、ブライアン・クランストン 、マーク・タートルトーブ 、ベス・グラント 評価:93点...... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2007-02-04 01:58
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン−(映画:2007年14本目)−
監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 アビゲイル・ブレスリン 、グレッグ・キニア 、ポール・ダノ 、アラン・アーキン 、トニ・コレット 、スティーヴ・カレル 、ブライアン・クランストン 、マーク・タートルトーブ 、ベス・グラント 評価:93点...... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2007-02-12 09:35
タイトル : 『リトル・ミス・サンシャイン』
人間には2種類あるそれは勝ち組と負け組みだバラバラな家族が、家族再生の旅に出る   ■監督 ジョナサン・デイトン/ヴァレリー・ファリス■脚本 マイケル・アーント ■キャスト グレック・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキン  □オフィシャルサイト  『リトル・ミス・サンシャイン』 アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は、ビューティー・クィーンになる事。 コンテストのビデオを研究したり、大好き...... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2007-02-14 12:34
タイトル : そしてミニバスは行く「リトル・ミス・サンシャイン」
黄色いミニバスに乗って〜「リトル・ミス・サンシャイン」。9歳の娘を美少女コンテストに出場させるためにカリフォルニアへ向かうフーヴァー一家、その途中に起こる様々な出来事をハートフルに綴るロード・ムービー... more
Tracked from こだわりの館blog版 at 2007-02-15 20:25
タイトル : 「リトル・ミス・サンシャイン」
1/20 シネクイント にて 愛すべき【変人】たち! 監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 脚本:マイケル・アーント 出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、     アビゲイル・ブレスリ... more
Tracked from 男を磨く旅 at 2007-02-21 14:13
タイトル : 「リトル・ミス・サンシャイン」観てみました。
「リトル・ミス・サンシャイン」観てみました。久々のいい映画でした。アリゾナからカリフォルニアまで「リトル・ミス・サンシャイン」の大会を目指し、バラバラで負け組みの家族「フォーヴァー家」がぼろぼろのフォルクスワーゲン・ミニバスでハイウェイを走りながら一つに纏まって行くストーリー。やさしくマトモなお母さん、真面目で独自の成功理論の売り込みに躍起のお父さん、空軍パイロット志望のニーチェに傾倒し沈黙の誓いを行っている長男、ヘロイン好きな「ぶっ飛びジジイ」で老人ホームを追い出されたお爺ちゃん、プルースト研究第一...... more
Tracked from 銀の森のゴブリン at 2007-02-21 18:37
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
2006年 アメリカ 2006年12月公開 評価:★★★★ 監督:ジャナサン・デ... more
Tracked from めそのたわごと at 2007-02-22 16:22
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン アリゾナに住む小太りなメガネ少女・オリーヴの夢は、ビューティー・クィーンになる事。コンテストのビデオを研究したり、大好きなおじいちゃん指導の元、ダンスを特訓したりと訓練に余念がない。そんな彼女の元に、朗報が舞い込む。カリフォルニアで行われる“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに繰り上げ参加が決定したのだ!問題だらけのフーヴァー家は、家族6人ミニバスに乗り込み、一路コンテスト会場を目指すが…?!  この映画は、今年に入ってから映画館で見た中で、今のところ一番です!!まず...... more
Tracked from TMDiary at 2007-03-01 00:30
タイトル : 「リトル・ミス・サンシャイン」(2006)
監督:ジョナサン・デイトン、ヴァレリー・ファリス 出演:グレッグ・キニア、トニ・コレット、スティーヴ・カレル、アラン・アーキン、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン 他 原題:「LITTLE MISS SUNSHINE」 アリゾナ州に住むフーヴァー一家は、家族それぞれに問題を..... more
Tracked from ふかや・インディーズ・フ.. at 2007-04-16 17:10
タイトル : 坂の途中
『リトル・ミス・サンシャイン』を観た。 爆笑&号泣。 負け組家族の、押しがけロード・ムービー。   丹念によく練り上げられた、手打ちうどんのようなマイケル・アーントの脚本。 ツルリとした喉越し、それでいて腰がある(座ってる)。 そばより断然うどん好...... more
Tracked from ふかや・インディーズ・フ.. at 2007-04-16 17:10
タイトル : 坂の途中
『リトル・ミス・サンシャイン』を観た。 爆笑&号泣。 負け組家族の、押しがけロード・ムービー。   丹念によく練り上げられた、手打ちうどんのようなマイケル・アーントの脚本。 ツルリとした喉越し、それでいて腰がある(座ってる)。 そばより断然うどん好...... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-04-21 23:54
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
「リトル・ミス・サンシャイン」 2006年 米 ★★★★★ 遅くればせながら、ようやく観る事ができました♪ ホント、面白かったです。 涙あり、笑いありでツボにはまりました。 バラバラな家族が彼らの天使“オリーヴ”(ブレスリン)を美少女コンテス...... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2007-06-12 23:50
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
予告で観て爆笑。 そしたらアカデミー賞受賞したりして 話題になりましたね。 DVDで鑑賞。 アリゾナに住むメガネ少女・オリーヴは、 カリフォルニアで行われる“リトル・ミス・サンシャイン”コンテストに 繰り上げ参加が決定し大喜び! 独自の成功論をとなえ、人生... more
Tracked from to Heart at 2007-06-15 19:30
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
製作年度 2006年 監督 ジョナサン・デイトン 、ヴァレリー・ファリス 出演 グレッグ・キニア/トニ・コレット/スティーヴ・カレル/アラン・アーキン/ポール・ダノ/アビゲイル・ブレスリン 小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フランク(スティーヴ・カレル)らと車で決勝大会の会場を目指す。 (シネ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-07-17 21:32
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
 『夢と希望を乗せて、黄色いバスは行く』  コチラの「リトル・ミス・サンシャイン」は、12/23公開になった崩壊寸前の"負け組家族"が繰り広げる可笑しくも切ないハートフルなロード・ムービーなのですが、新年早々観てきちゃいました♪今年最初の映画館鑑賞作品なのです...... more
Tracked from ○o。1日いっぽん映画三.. at 2007-08-23 11:07
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
ずっと見たかった「リトル・ミス・サンシャイン」です。 アリゾナに住む小太りなオリーヴの夢は、ビューティー・クィーンにな... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2007-10-01 21:10
タイトル : 『リトル・ミス・サンシャイン』'06・米
あらすじ小太りの眼鏡っ子、オリーヴ(アビゲイル・ブレスリン)の夢は美少女コンテストで優勝すること。地方予選で繰り上げ優勝した彼女は、独自の成功論に取りつかれる父リチャード(グレッグ・キニア)や母のシェリル(トニ・コレット)、自殺を図ったゲイの伯父フラン...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2008-03-03 14:46
タイトル : <リトル・ミス・サンシャイン> 
2006年 アメリカ 100分 原題 Little Miss Sunshine 監督 ジョナサン・デイトン  ヴァレリー・ファリス 脚本 マイケル・アーント 撮影 ティム・サーステッド 音楽 マイケル・ダナ 出演 グレッグ・キニア  スティーヴ・カレル  アラン・アーキン    トニ・コレット  アビゲイル・ブレスリン  ポール・ダノ... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2008-03-15 23:41
タイトル : 『リトル・ミス・サンシャイン』を観たぞ~!
キョーレツな個性を放つ恐ろしくバラバラな家族フーヴァー家。怪しい成功論で一攫千金の出版に賭けるパパ リチャード(グレッグ・キニア)、しょうもない... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2008-12-14 21:33
タイトル : 「リトル・ミス・サンシャイン」
問題ある人らを抱えたアリゾナ州田舎町に住むフーバー一家が、娘のミスコン参加のため1000㌔以上も離れたカリフォルニアまでのミニバスによる道中を描いたロード・ムービー「リトル・ミス・サンシャイン」(2006年、米、100分、ジョナサン・デイトン&バレリー・ファリス監督、FOX映画配給)。この映画は道中のエピソードを積み重ね、個々の問題点を浮き彫りにし、さらには家族の絆(きずな)を強く訴えている。第79回オスカー脚本賞や助演男優賞(アラン・アーキン)などを受賞した。... more
Tracked from むーびーふぁんたすてぃっく at 2010-03-28 02:05
タイトル : リトル・ミス・サンシャイン
リトル・ミス・サンシャイン [DVD] 「リトル・ミス・サンシャイン」 感想 ロードムービーってなんかいいよね 本作「リトル・ミス・サンシャイン」は、娘オリーヴをカルフォルニアで行われるコンテスト`..... more
Tracked from シネマ・ワンダーランド at 2014-06-30 23:14
タイトル : 「世界名作映画」ベスト10 ロードムービー篇
世界名作映画ロードムービー篇のベスト10は下記の通り。ロードムービーとは、主人公らが旅の途中で経験する様々な出来事が、物語(ドラマ)として構成されていくものである。それらの旅とは、新たな発見・人間関係や、悲哀、歓喜などがあり、人生の縮図と言ってもいいものだ。... more
Commented by Bianca at 2007-01-04 16:32 x
こちらにもお邪魔します。ふふふ、この最期の写真、傑作ですね。
見たくなりました。ジョンベネはいやな事件だったけど。「007」にまたいらしたんですね(ニコ)。劇場内、女性同士、男性同士、女性主導のカップルとにぎわっていて、結構ファン層はあついのですね。
Commented by margot2005 at 2007-01-05 23:19
Biancaさん、ふふふこのラストの写真一番気に入りましたわ。
本日の読売新聞夕刊にもこの映画の紹介がありました。
観に行ってきださいませな。おすすめでございます。

“007”また行ってしまいました。007未見の息子を誘ったのですが、結局“007”全て制覇している夫と観に行きましたの。前回はほっぽいといて一人で行ったもので...“New Bond ダニエル”の夫評は"Very nice!"でした。

Commented by sabunori at 2007-01-08 22:34
margotさん、こんばんは。
この作品、なんといっても俳優陣がよかったですね。
妙に味のある冴えないけれど愛しい面々でした。
シネ・リーヴル池袋に徒歩で行ける所にお住まいですか!
シネ・リーヴルでは邦画系が多いかな?
確かにmargotさんの好みのモノは少なそうですね。(笑)
Commented by Bianca at 2007-01-08 23:13 x
行ってきました、シネリーヴル梅田。ロビー売店でプルーストやニーチェの関連本を見つけ「な、なんで?」と聞けば、登場人物に専門家と信奉者がいるからとか。ちっとも売れないそうです。しかし、この二人の名を売店で見ようとはネ。作品は面白かったです。後味が良く、元気になれる映画。ロードムーヴィーはもともと好きだし、いかにもアメリカ的な味つけがあって、随所で楽しませてもらいました。
Commented by 紫の上 at 2007-01-09 00:12 x
私も今年初の作品、正に正解でした。
あっけにとられながらも、大笑いしてきました。
日本人的な家族とは感覚が全然違うけど、でも、見ているうちに共感しだし、ラストは拍手喝采!!
それぞれの個性的な俳優さんたちはもろん素晴らしいけど、ぽっちゃりのオリーヴちゃんを演じたアビール・ブレスリン、将来的はラブコメに合いそう!
margotさんは「シネリーブル池袋」の近くなのですか。
我が家からだと50分ぐらいは掛かるけど、都内では一番近いです。2度ぐらい行ったことあるけど、もっと見たい作品をして欲しいですねぇ~!韓国ものが多かったような?
Commented by margot2005 at 2007-01-09 00:13
sabunoriさん、こんばんは!
ホント良かったです俳優陣。確かに冴えないけど愛せますよねあの方達。
池袋は我が町でございますが...歩いてはやはり25分くらいかかりますね。長距離ランナーなら10分OKでしょうか?
シネ・リーブル会員になりたいのですが...上映作品がどうも芳しくなくて...そうそう「王の男」なんぞ上映中でしたわ。
Commented by margot2005 at 2007-01-09 00:36
Biancaさん早速観に行かれたのですね。シネリーブル梅田でご覧になったのね。そうそうこのゲイのお兄ちゃんはなんと“プルースト”評論家なんですわよね。だからってシアターに“プルースト”ものを売ってるって余りにも便乗すぎますわよね?池袋のシネリーブルにも“プルースト”置いてあったのかな??気がつかなかったです。でもとてもじゃないけど売店で“プルースト”は売れないでしょう?無理矢理のこじつけですものね。
ホントこれぞアメリカ映画でした!こういったブラック入ったアメリカ映画は最高ですね!
ロード・ムーヴィーはわたしも大好きで楽しませてもらいました。一緒に観た夫も“中々ナイス!”なんてのたまっておりました。
Commented by margot2005 at 2007-01-09 00:48
紫の上さん、こんばんは!
ご覧になったのですね。まぁ映画ですからあんな行動とれるんだと思いますよ。現実ではありえないことも映画の世界では可能ですから...
夫婦役のグレッグ&トニは大好きな俳優さんなので余計楽しめました。アビゲールちゃんも芸達者でしたよね。ラヴコメ良いかもしれません。
池袋はわが町でして...電車だと最寄りの駅から3分くらいで行けます。
シネリーヴルはメトロポリタンの中にあって、帰りに食事も出来るしで最高ですが...観たい映画上映してくれないのですね。残念ながら、そう韓国映画かかってましたね。
フランス映画の「あるいは裏切りというなの犬」が1/13〜ここで公開されるようですね。看板かかってましたわ。おすすめですわよ紫の上さん。
Commented by Ken at 2007-01-21 22:17 x
margotさん、こんばんは!
これは本当に良かったですね。
こういうエキセントリックな人たちが出てくる映画ってギャグもエキセントリックで僕は笑えないことも多いのですが、これは心の底から笑えるし、幸せな気分になれました。
嘘みたいな極端な家族達の設定を無理なく見せてしまう俳優陣の好演も良かった!
Commented by margot2005 at 2007-01-24 00:03
Kenさん、こんばんは!
ほんとエキセントリックな方たちばかりで楽しめましたわ。
まぁ映画の世界だから、あんな日常が可能なんでしょうが...
あの演技者の俳優たちが演じると、なんか嫌みなく日常ぽく見えて素敵な作品でした。
Commented by みのり(楽蜻庵別館) at 2008-03-03 14:51 x
俳優たちのアンサンブルがステキでしたね。 久しぶりに楽しい映画を観賞できました。
Commented by margot2005 at 2008-03-04 21:54
みのりさん、こんばんは!
この作品は俳優のアンサンブルが素晴らしく、素敵なロードー・ムーヴィ−でした。wowowで放映していたのでまた見てしまいましたわ。
<< 「オーロラ」 今年もよろしく! >>