「ほっ」と。キャンペーン

「ブラウン夫人のひめごと/秘密は誰かに話すもの」

 a0051234_054130.jpg「24Heures de la vie d'une femme」...aka「24 Hours in the life of a woman」2002 フランス
2006年7月渋谷で公開された際は“ブラウン夫人のひめごと”であったが、DVDになったら“秘密は誰かに話すもの”に変わっていた。渋谷で公開された時に観に行きたかったのだが...結局DVDで...
タイトルはどちらでも良い...いづれにしろ、映画の中身は秘密の話なので、こういった邦題にしたかったのだろう...
原作はステファン・ツヴァイクの“女の24時間”。映画はこれが元となっている。
ブラウン夫人演じるアニエス・ジャウィは「みんな誰かの愛しい人/2004」や「ムッシュ・カステラの恋/1999」では監督、脚本も担当している才女。
「パピヨンの贈り物/2002」のミシェル・セローが元外交官ルイ役。
「ウインブルドン/2004」のニコライ・コスター・ワルドーがギャンブルに取り付かれた青年将校役で出演している。ニコライは「エニグマ/2001」にも出演している素晴らしくゴージャスなデンマーク人俳優。「ウインブルドン」の時はポール・ベタニーより素敵だった気がする。
監督、脚本はローラン・ブニーク。
a0051234_0541964.jpg

今では引退した、元外交官のルイ(セロー)は南フランス、リビエラを訪れる。この地は彼にとって非常に思い出深い街であった。カジノのスロット・マシーンで20万フランを当てた後、些細なトラブルに巻き込まれ、19才のマドモアゼル、オリビア(ベレニス・ベジョ)と帰りを共にする。ルイの泊まるホテルの部屋に上がり込んで来たオリビアに困惑しつつも、やがてルイはオリビアに過去の思い出話を聞かせ始める。
第二次世界大戦直前のある日、少年ルイ(クレマン・ヴァン・デン・ベルグ)の母は恋に落ちたイタリア人テニス・コーチと駆け落ちする。母の駆け落ちに嘆き悲しむ父だが、回りの大人たちは母を非難するばかり。耐えられなくなったルイはかんしゃくを起こすが、それを見ていたブラウン夫人(ジャウィ)はルイにある話を語り始める。
それはブラウン夫人と、カジノで知り合ったポーランドの青年将校アントン(ワルドー)との、短くも激しい恋物語であった。
a0051234_0543383.jpg

オープニング、リビエラのカジノでルイが大金を当てるシーンから始まり、回想シーン(ルイの少年時代)を織り交ぜながら物語は進行して行く。少年ルイに過去の秘密を語るブラウン夫人の”恋物語”に登場するシーンもカジノで、これが巧く重なっていて素敵なLove storyとなっている。
a0051234_0545192.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-12-20 01:01 | フランス | Trackback(3) | Comments(8)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/4869450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-12-20 21:41
タイトル : ブラウン夫人のひめごと
ジュテーム・シネマ・フェスティバルの2作品 最終日にまたしてもぎりぎりで鑑賞。 でも、思いのほかすごく良かったので見逃さなくてよかったー{/kaeru_fine/} まず「ブラウン夫人のひめごと」 監督はローラン・ブーニング そして個人的に特筆すべきは…音楽はマイケル・ナイマン すごく情緒溢れるスコアで表現が豊か。とても聴き入ってしまった。 南仏のリゾート地リビエラ。いくつかの束の間で淡く切ない恋。 年老いた元外交官の男の回想する、10代の頃に聞いたある夫人の秘められた恋のお話を軸に、3つの時間...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-12-22 12:47
タイトル : 『ブラウン夫人のひめごと』 などジュテーム・シネマ3作
ジュテーム・シネマ・フェスティバルという名のもとで公開されたフランス映画3本。フェスティバルと銘打っている割には、いつもガラガラだったK's cinema。 もっと宣伝したら、ルシネマやシャンテシネ系の女性たちにも楽しんでもらえるドラマだと思うのだけど・・・。 公式サイト ▼『ブラウン夫人のひめごと』 ~1913年戦争で夫を亡くした未亡人マリー・コリンズ・ブラウンは、気晴らしにやって来たニースのカジノで、若き青年アントンの姿に目を奪われる。男に誘われるがまま、彼女はついに超えてはな...... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-04-29 03:17
タイトル : 秘密は誰かに話すもの
「秘密は誰かに話すもの」 2006年公開 仏/独/英 ★★★★☆ このゆったり感・・・ヨーロッパ映画って素敵ですねぇ。 うっとりしちゃう。 何度も現在と回想シーンとその回想シーンの中の「物語」とが交錯する。 甘く甘美な「物語」は、こうした作りで語ら...... more
Commented by charlotte at 2006-12-20 21:41 x
連日、お邪魔します~
邦題変わったんですね。でもどっちでもいい…ってホントだ。笑
私は結構はまってしまったんです。
回想部分の音楽とか衣装とかロケーション等にうっとりしちゃったのでした。内容はさておきって感じでしたけど、ひめごとのように恋がしたい!と思って・・・っていけませんねえ~ははは
Commented by margot2005 at 2006-12-22 00:16
charlotteさん、こちらにもお越しいただたようで...この時期仕事滅茶忙しい上、飲みも入るので身体二つ欲しいです!
さてうっとり映画でしたね。最初はなんかつまんないのかなぁ?なんて思いながらオリビアの場面を観ていましたが、ブラウン夫人&アントンが登場して、映画の世界に入り込んでしまいました。
秘め事イコール不倫ですから、くれぐれもお気をつけあそばせね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-22 12:53
ぼんじゅーる。
「秘密は誰かに話すもの」って、韓流マダムズを取り込もうという作戦でしょうかね。
私はそんなに物語にははまれなかったんですが、美術や衣装がステキざました。
ブラウン夫人のドレスやアクセサリーがそりゃーもう素晴らしかった。
この時代のカジノというのも興味深かったですー。
マッツといい、ニコライといい、デンマーク俳優はいいですねー。
Commented by margot2005 at 2006-12-24 00:27
CaeRuさん、こんばんは!韓流ですか??韓流は苦手ですがヨーロッパだとなぜかハマってしまうのはなぜなのでしょう??
衣装は素敵でしたね。カジノ行きたくなりますね...でもあのようなドレス調達できないので、南仏の高級カジノは夢のまた夢でございます。
Commented by MACHI at 2006-12-25 08:22 x
レンタルで見たウィンブルドンで、あら、わたし好みのイケメンだわと思い、ニコライ目当てで、映画館で見ましたよ。
ファヤーウォールでも、ポール・ベタニーと共演していましたね。

女って、こういうしょーもない男に、惹かれちゃったりするんですよね。
Commented by margot2005 at 2006-12-27 00:17
MACHI さんこんばんは!「ウインブルドン」わたくしもDVDでございます。「ブラウン夫人〜」を観てどこかで観た、観たと考えていたらニコライでしたの。
「ファイアーウオール」はグアムに行くcontinentalで観たはずですが...ニコライ記憶には??「ファイアーウオール」のベタニーはひどい役でしたよね?
しょうもない男に惹かれる方っているんですよね?でもニコライ級のハンサムじゃないと惹かれないような気もしますが...
Commented by とんちゃん at 2007-04-29 03:22 x
(^o^)コ(^-^)ン(^0^)バ(^-^)ン(^0^)ハ
古い記事へのTB、コメントごめんなさい!
私、ちょいとばかし忙しかったものでDVDでレンタルしたものの
3日かかってようやく観たのですが(笑)
これはもう!すんばらすぃ!! でもって、「誰かに秘密(映画)を話したい!」と思っても、この映画もやはりデータが少なくて・・・margoさんなら、きっと観てる!!と思って来ました(o^-^o) ウフッ

やっぱり御覧になってたのね♪ おっとシャーロットさんみっけ(笑)
良かったです。震えがきました(爆)
いや~~映画ってホント素晴らしいですね^^
Commented by margot2005 at 2007-04-30 20:55
とんちゃんさん、こんばんは!
古い記事にコメントつけて下さるなんて嬉しいですわとっても。
そう観てましたわ。シアターで観たかったですね。
これは観ている間にがんがん引き込まれて...すんばらしかったですよね!
タイトルはなんとなく“ブラウン夫人の秘め事”の方が好きですね。
あの秘密はほんと凄かったですわ。あんなシークレット・ラヴってぞくぞくしますね。まぁ現実に、私的には無理がありますが...
ニコライ素敵でした。
<< 「ダニエラという女」 「あるいは裏切りという名の犬」 >>