ルキノ・ヴイスコンティ...「夏の嵐」

a0051234_21562689.jpg「Senso」...aka「Livia」1954 イタリア
BSでルキノ・ヴィスコンティ生誕100年にあたっての特集放送をしている。BSはいつもナイスな企画をやってくれてありがたい。
この作品は、ただただひたすら破滅へと向かう、ラヴ・ストーリー。ラストでリヴェンジを果たす女は滅茶怖い...
原題は“官能”と言う意味。
ある映画サイトに、“恋人を追いかけるアリダ・ヴァリの激情は「アデルの恋の物語/1975」のイザベル・アジャーニの比ではない。”と書いてあるが、いやヴァリはスッゴイ形相である。アジャーニも真っ青のヴァリである。「イザベル・アジャーニの惑い(アドルフ)/2002」にかぶるストーリーでもあるが、こちらの方がスゴイ!
監督ルキノ・ヴィスコンティ。主演のイタリア人伯爵夫人にアリダ・ヴァリ。伯爵夫人を夢中にさせるオーストリア軍中尉フランツ・マーラーにファーリー・グレンジャー。アリダ・ヴァリは多々映画出演しているようで、彼女の出演するフランス映画は過去に何本も観ている。
7月にささっと回ったイタリア、ヴェネチアも舞台として使われている。
この時代のヴァネチアの運河に架かる橋は木の橋である。
a0051234_2214780.jpg

1860年代、オーストリア軍占領下のヴェネツィア。ある夜、オペラを鑑賞していた伯爵夫人リビア(ヴァリ)はハンサムなオーストリア軍中尉フランツ・マーラー(グレンジャー)と出会う。帰り支度を始めたリビアに、“夜の一人歩きは危険だ。”と言いながら後を追うフランツ。結局夜の明けるまで、二人きりで街を歩き回った。別れの際、“明日また逢いたい!待っている!”と言ってフランツは去って行く。リビアは翌日彼の待っている場所には行かなかったが、4日後理由を見つけてフランツの宿舎を訪ねる。その理由は流刑にさらされている従兄弟の公爵ロベルト(マッシモ・ジロッティ)を救ってもらおうと言う考えがあったからだ。
この後はお決まりの展開で、部屋を借り二人は“官能”の世界へとのめり込んで行く。
フランツを本気で愛してしまったリビアだったが、ある日二人の部屋にフランツは現れない。彼に会いたい衝動を押さえられないリビアは、フランツの宿舎に乗り込んで行く。しかし逢えず、愕然として屋敷に戻ると、夫のセリピエーリ伯爵は、戦争が再開されるのでヴェネチアから離れる準備をしていた。
a0051234_21564468.jpg

最初にも書いたが、年下の男とのめくるめく恋に身を任せて行くヴァリの形相がスゴイ!この時代男は既婚の女性か、娼婦としか“愛”を交わせなかったのであろう。映画の中でフランツも又こう言っている...“ぼくが愛したいと思う女性は、夫のいる女性か、恋人のいる女性しかいない...”
女は女で、若いうちに金持ちの男と結婚。恋/愛に身を震わせることもなく、年を重ねて行く。
しかしこのまま年老いていくのには耐えられず、若い男に誘われるとのめり込んでいくのであろうか...なんか気持ち解る。この時代に生きてなくて良かったなぁ...なんてマジで思ってしまう。
ラストのリヴェンジがちょっと怖い。アリダ・ヴァリ凄すぎ...
映画の中、愛する二人の熱情が盛り上がる時は思い切りミュージック(全篇に響き渡るブルックナーの第七番...は某サイトから抜粋)が流れ、ひしと抱き合う...少々kusaiかな?なんて思いながら、結構ハマってしまってラストまで一気に観た。ヴィスコンティの“官能”の世界も中々素晴らしい!
a0051234_21583345.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-11-28 00:11 | イタリア | Trackback(2) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/4758345
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from CHEAP THRILL at 2006-12-10 17:34
タイトル : 真・映画日記『夏の嵐』
11月21日(火) 午後6時前に終業。 渋谷のTSUTAYAにDVDを返しに行く。 何か借りたかったが、 今日はやめておく。 しかし、地元(吉川)に着いたら借りたくなり、 結局マリリン・モンローの作品を借りる。 9時過ぎに家に着く。 この時録画していたヴィスコンティの映画が良さそうだったので、 10時半からそれを見ることに。 あまり期待してなかったけど、 これ、最高です! 1954年の作品。モノクロかと思いきや、カラー。 監督はルキノ・ヴィスコンテ...... more
Tracked from とんとん・にっき at 2007-02-01 06:00
タイトル : ルキノ・ヴィスコンティ監督の映画「夏の嵐」を観た!
ルキノ・ヴィスコンティ(1906年~1976年)は、イタリアの映画監督ですが、よくご存じの通り、イタリア・ミラノの名門ヴィスコンティ家出身の伯爵です。1943年の「郵便配達は二度ベルを鳴らす」で映画監督としてデビューしました。「郵便配達は二度ベルを鳴らす」に関し... more
Commented by マダムS at 2006-11-28 22:55 x
わたくしも観ておりますわ、ヴィスコンティ特集。。
「夏の嵐」も観ましたです♪ んまぁ~凄かったですねあそこまでトチ狂うとは!!
「イノセント」は男の方が情けなく思えましたが、こちらは女の方がオイオイでございました。でも最後はいつも男が悲惨・・(^^;)
なるほど昔は身分が高い人ほど自分の思うような恋愛は出来ないですものね~そこで数々の文学やら名画が生まれるわけですが・・
でも、ヴィスコンティに出てくるプレイボーイは彼自身なのかな?とも思えますよね~
昨晩はまた「若者のすべて」観ちゃいました。
残すは「郵便配達は二度ベルを鳴らす」 「熊座の淡き星影」楽しみです! 「郵便~」はヴィスコンティのは初めてなので余計楽しみ♪(ジャック・ニコルソンのは見たけど)
Commented by margot2005 at 2006-11-30 23:38
マダムこんばんは!
やはりご覧でしたのね。貴族が主人公だとヴイスコンティとかなりダブりますね。職場恋愛も、出会い系サイトもない時代ですし...自由恋愛の今の時代に生きてる我々には想像もつかない世界だけに...変に?ミステリアスで滅茶ハマってしまいます。
カルデナーレの「熊座の淡き〜」も楽しみですね。
「郵便〜」ヴイスコンティものはモチお初でございます。ヴイスコンティが作っていることすら知りませんでしたわ。ジャック・ニコルソンのしかないと思っておりました。
「イノセント」「若者のすべて」「ルードヴイッヒ」「山猫」と今一度観てみようと思っております。
Commented by claudiacardinal at 2006-12-04 00:19 x
ルキノ・ビスコンティー特集なんてTVでやってるなんて、毎晩家に帰るのが楽しみになりますね。
Commented by margot2005 at 2006-12-05 00:02
CCさん、そうなんです。BSは“衛星映画劇場”と言う名でクラッシク映画を随時放映してくれます。日本人が昔観たヨーロッパ映画、主にフランス、イタリアものですが。繰り返し放送してくれるのでBS万歳!!でございます。
<< 「 007/カジノ・ロワイヤル」 USA映画(カナダ含む) >>