「キング 罪の王」

a0051234_0524168.jpg「The King 」USA/UK 2005
「ヴエノスアイレスの夜/2001」「アマロ神父の罪/2002」のガエル・ガルシア・ベルナル主演のスキャンダラス・サスペンス・ストーリー。
ガエル主演なので、またすっごいストーリーかと?想像していたが...
いやはや想像以上であった。監督はジェームズ・マーシュ。
オープニングにドリー・パートンの“谷間の静けさ”が流れる。
ガエル演じるエルヴィスの実父デビッド役に「蜘蛛女のキス/1985」のオスカー俳優ウイリアム・ハート。
a0051234_0542646.jpg

ある日、海軍を退役したエルヴィス(ベルナル)は、テキサスで神父をしているまだ見ぬ父親デビッド(ハート)を訪ねる。母は既に亡くなり、たった一人の父親に受け入れてもらおうと訪ねたにも関わらず、彼には妻トゥワイラ(ローラ・ハリング)、息子ポール(ポール・ダノ)、娘マレリー(ペル・ジェームス)で構成される幸せな家庭があった。車で後をつけ、なんとか父デビッドと話すチャンスを得、自分自身を紹介し、母の名前を告げるが”記憶にない”と追い払われてしまう。しかしここで復讐を誓ったエルヴィスは16才のマレリーを誘惑しようと考え、実行に移す。
a0051234_054974.jpg

マレリー演じるペル・ジェームスはガエルより年上(1977生まれ)のようだが、いやいや、中々若い役、清楚な感じでOKであった。
ウイリアム・ハートは一時期好きな俳優であったが、今では見るも無惨なoyajiで...神父役は似合っていたが...
とにかくとんでもない結末のドラマである。エルヴィスのラストの台詞“懺悔して、天国へ”がクリスチャンなんだと又また納得。
原題の”キング”は“キング・エルヴィス”からきていると思われるが...
ガエルお得意のとっても暗い、重い映画だが、随所陽気なbackmusicが流れて、それほど暗い雰囲気にはならないのだが、やはり見終わってどっと疲れる映画であるのは確か。
この映画を観た人は「アマロ神父の罪」を演じたガエルと絶対かぶってしまうと思う。観ながら途中何度も“アマロ”の面影が...
ガエルが演じると“アマロ”の時もそうだったが、なぜか??罪を許してしまいそうな...彼のキャラのせいか??顔のせいか??
この映画は渋谷のココチビル、アミューズCQNで観たのだが...このシアター今回初めて...2年前に出来たビルらしい。
シアターのスクリーンが上に取り付けてあり、後ろの方の席に座ってもスクリーンを見上げる感じなので余計疲れが...あのようなスクリーンの位置って珍しい...ちょっと疲れる。
下トレーラー、字幕は無しですがちょっと大きな画面で2分間予告が見られます(PCによって見られない場合もあるかも??...)トレーラー
a0051234_0445227.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-11-22 01:06 | MINI THEATER | Trackback(19) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/4724915
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-11-24 00:26
タイトル : キング 罪の王~THE KING 
海軍を除隊した21歳の青年エルビスは、一度も会ったことがない父親に会うため、テキサスの小さな町を訪れた。 しかし招かざる客のエルビスは、父デビッドに拒絶される。デビッドは今では教会の牧師になり、妻と高校生の息子と娘がいる幸せな家庭を持っていたのだ。 やがてエルビスは父の娘、つまり自分の妹である16歳のマレリーに接近し、関係を持つようになる。それは悲劇の始まりだった…。goo映画より 復讐劇ということになってはいるんだけど、すみませぬ、私には結構難しい。 それはエルビス演じた、ガエル・ガルシア・ベル...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-11-24 18:04
タイトル : キング 罪の王/THE KING
わたしの中の5大イイ男の中のひとり、 {/kirakira/}{/kirakira/} ガエル・ガルシア・ベルナル{/heart_pink/}主演の2005年の作品。 ここへきてやっと日本でも公開。 初日の初回にはりきって?行ってきました{/hikari_blue/} 先着50名特典のハイビスカスリキュールまでもらっちゃって{/kirakira/}{/face_en/} 愛を求めるがゆえに起こす罪 それも、人として決して犯してはいけない恐るべき大罪。 出来る限り情報を入れないようにして観たの...... more
Tracked from 死ぬまでにしたい∞のこと at 2006-11-25 11:51
タイトル : THE KING(キング 罪の王)
TSUTAYAのサイトでカテゴリーが「ファミリー」「しみじみ感動」と なっているのには笑った。確かに「ファミリー」だけど、、、 ガエル演じるエルビスのモチベーションの説明が足りないので、 なんとなく中途半端な印象。「何でそこまでやるの?」と思って しまう。どうせなら、もっと無茶苦茶やれば(奥さんまでたらし こむとか)面白かったかも。 一歩間違えば、とんだB級映画になりそうなところを、何とか 踏みとどまっているという感じの作品。そこはガエルの存在感に よるところ大かも。... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-11-25 17:07
タイトル : キング 罪の王
めでたく海軍を除隊となり、母からその名を聞かされていた会ったことのない父、デビッドを訪ねていったエルビスは、牧師として成功し、幸福な家庭を築いていたデビッドに拒絶されます。そして、始まる復習。それは、深く陰惨で容赦ありません。まるで、悪魔のような...と言った... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2006-11-27 14:07
タイトル : キング 罪の王
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  罪という名の王冠をかぶって、愛の道を行く     ... more
Tracked from Sweet* Days .. at 2006-11-27 16:53
タイトル : 『キング 罪の王』
CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル、ウィリアム・ハート 他 STORY:海軍を除隊したエルビス(ガエル)は、会ったことのない父、デビッド(ウィリアム・ハート)に会いに行く。デビッドは街の教会の牧師をしていて、新しい家族を築いていた・・・・ 物語は淡々と、とても静かに流れていきます。 まるで何事も起きていないかのように静かに。 その静かな展開は退屈と感じてしまいそうですが、 実はそこには、皆を地獄に堕とすべく復讐劇が展開されていて、 その結末を想像すると背筋が凍ります。 作品...... more
Tracked from SmallTalk at 2006-11-30 01:44
タイトル : キング罪の王
『キング 罪の王』(2005年/米国 原題:THEKING)を見た。私のお気に入り俳優ガエル・ガルシア・ベルナルの主演。海軍を除隊したエルヴィス(ガエル・ガルシア・ベルナル)は、亡き母から聞いた父デイヴィッド(ウィリアム・ハート)に会いにいくが、現在は幸せな家庭を...... more
Tracked from Death & Live at 2006-12-02 11:17
タイトル : 映画 『キング 罪の王』
『キング 罪の王』  2005年原題 : THE King監督 : James Marshガエル・ガルシア・ベルナルの英語はあまりスペイン語訛がないね。彼にとっては初の全編英語の映画じゃないかな?この作品の中に良い人物っていたかな?マレリーさえもエルビスの罪を知っても彼を責めなかったしね。全員がどこかに人間の暗部を持っていた。「懺悔しますから、天国に行かせて下さい。」困った時の神頼みはするけれど、こういうところが、どうしてもキリスト教を信じ込めない点なのだな。人の弱さを救ってくれるという効力は確かにあ...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-12-04 01:23
タイトル : 『キング 罪の王』 THE KING
救いようのないダークな物語なんだけど、映画としてはすこぶる気に入った。 海軍を退役した21歳の青年エルビスは、亡き母から聞かされていた父親デビッドに会うため、テキサス南部の小さな町を訪ねる。ガエルくんの役者根性は素晴らしい。世界のファンを夢中にさせるような好青年役ではなくて、観客が感情移入できないような非道なアンチヒーローになりきってしまうのだから。主人公エルビスは何を考えているのかよくわからない、不気味な男なんだけど、それはガエルくんの悲しげ子犬キャラのせいか、脚本や演出の巧妙さなのか、被害者...... more
Tracked from flicks revie.. at 2006-12-04 10:21
タイトル : 『キング 罪の王』
 ガエルくんお得意の背徳もの、といったら何ですがそんな感じ。やっぱああいう邪気のない目をしてみせるかわいい男の子にはみんないけないことをさせてみたくなるのでしょうかね。... more
Tracked from CHEAP THRILL at 2006-12-10 17:29
タイトル : 真・映画日記『キング 罪の王』
12月7日(木) 日中、これといったことがない。 (ここだけオンタイム)猛烈に眠い。映画パートのみ書きます。 *** 渋谷の「シネ・アミューズCQN」で『キング 罪の王』を見る。 これが予想以上に良かった! ガエル・ガルシアが出てる作品はどれもレベルが高い。 監督はジェームズ・マーシュ。 主演はガエル・ガルシア・ベルナル。 他、ウィリアム・ハート、ペル・ジェームズ、ローラ・ハーリングが出演。 海軍を退役したエルヴィス(ガエル・ガルシア)は父親に会いにテキ...... more
Tracked from 1-kakaku.com at 2006-12-11 00:44
タイトル : アマロ神父の罪
司祭から期待されている新人神父のアマロは、ローマへ修行に出る前に見習いとして、メキシコの小さな町の教会に派遣される。強欲な神父たちの金の取引きを知りつつも、権力に逆らえないアマロ。そんな中、彼は16歳の少女と禁断の愛を交わしてしまう。 教会の不正や堕落と神父と少女の愛を描いた本作は、メキシコ、アメリカでは上映禁止を求める声が上がったという問題作。政界の汚職以上に聖なる場所である教会の汚職を描いた本作はショッキングだ。そして将来を嘱望された神父が、その誘惑に落ちていく姿は、神父といえど人間、...... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2007-01-03 18:24
タイトル : 【劇場映画】 キング 罪の王
≪ストーリー≫ 海軍を除隊した21歳の青年エルビスは、一度も会ったことがない父親に会うため、テキサスの小さな町を訪れた。しかし招かざる客のエルビスは、父デビッドに拒絶される。デビッドは今では教会の牧師になり、妻と高校生の息子と娘がいる幸せな家庭を持っていたのだ。やがてエルビスは父の娘、つまり自分の妹である16歳のマレリーに接近し、関係を持つようになる。それは悲劇の始まりだった…。(goo映画より) ガエル・ガルシア・ベルナル君の主演映画。 非常に怖い映画だった。 能面のように張り付いたうそ...... more
Tracked from とんとん亭 at 2007-01-24 07:52
タイトル : キング罪の王
「キング罪の王」 2007年 米/英 ★★★★★ 無邪気な悪魔? とても気になっていた作品。ようやく公開されたが期待を上回る出来だ。 海軍を退役した21歳の青年エルビス(ベルナル)は、メキシコ人の亡き母 に聞かされてきたまだ見ぬ父へ会いに行く...... more
Tracked from Diarydiary! at 2007-03-04 21:25
タイトル : キング 罪の王
《キング 罪の王》 2005年 アメリカ映画 - 原題 - THE KING ... more
Tracked from 駒吉の日記 at 2007-08-03 23:46
タイトル : 映画:キング 罪の王(DVD)
キング 罪の王(DVD) 「懺悔をして救われたい」 うへー、「アマロ神父の罪 」に続きどうしようもないろくでなし、いやそれ以上!!まあ元は父が悪いんだけどー!この父も最悪、この父にしてこの子あり、なのか? それにしてもこんなにヤな奴の役をよく引き受けたよなあ... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-08-21 01:10
タイトル : キング 罪の王
 『懺悔しよう、愛のために。 ―彼が犯すのは、悪魔さえ怯える、究極の罪。』  コチラの「キング 罪の王」は、11/18公開となった"現代社会の偽善と妄想が暴かれる、スキャンダラスで冷酷な寓話"なんですが、観てきちゃいましたぁ〜♪  主演は、「アモーレス・ペロス....... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2007-11-27 15:28
タイトル : キング 罪の王
WOWOWで鑑賞―【story】海軍を退役し、まだ見ぬ父親のデビッド(ウィリアム・ハート)に会うためテキサスの田舎町に現れたエルヴィス(ガエル・ガルシア・ベルナル)。しかし、牧師のデビッドには家族があり、エルヴィスを拒否する。やがてエルヴィスはデビッドの娘マレリー(ベル・ジェームズ)を誘惑するが―    監督 : ジェームズ・マーシュ【comment】 (*ネタばれあります)ガエル君に釣られて、観たいなぁ〜と思っていた映画だけれど・・・                                 ...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-12-04 01:43
タイトル : 映画『キング 罪の王』
原題:The King プライドは高く何処までも続く・・彼に潜むのは悪魔なのか、愛の欠如か屈折した心なのか、復讐の鬼と化した天涯孤独な青年が禁断の近親タブーを冒す・・・ 青年エルヴィス・バルデレス(ガエル・ガルシア・ベルナル)は海軍を退役、娼婦だった亡き母から聞か... more
Commented by charlotte at 2006-11-24 00:35 x
こんばんは~。
ガエル君てどこか憎めないオーラを持ってますよね。笑
私も許しちゃうのかなあ。どうだろう。。。
なんか禁断の○○というものに憧れてしまうのですが(危)、やはりダメだと思ってると無意識のうちにやってみたくなっちゃうもんですかね。それで懺悔して許して~なんて。人生そんなにうまくいくもんかなあ。
ウィリアム・ハート…オヤジになってしまったですね…あのお腹にはとほほでしたぁ。でも私はこの父親こそ、罪のキングだっ!と思ったのでした。
Commented by margot2005 at 2006-11-24 23:44
charlotte さん、こんばんは!
ガエル君てホント憎めない顔というのか、キャラというのか不思議な方でございますわ。
ウイリアム・ハートって若い頃とかな〜り変化してしまってますよね。アメリカ、テキサスのoyaji役はぴったしでしたが、変にカウボーイ・ハットも似合ってましたしね。
神父パパが罪のキングですか...なるほど、なるほど...
しかし“懺悔して許して”というキリスト教にはどうもついて行けないですね。
ガエルの「アマロ神父の罪」是非ご覧下さいませね。
Commented by CaeRu_noix at 2006-12-04 01:30
ぶえのっ。
いやー、これ、酷いオハナシなのに作風が気に入りました。
アマロ神父は欲望や保身のためという目的があったわけですが、エルビスはそういう言い訳的な理由さえもないのが怖いんですよね。単なる復讐にしては酷すぎる行為の数々。その謎めき方が映画としてはおもしろかったですー。
Commented by margot2005 at 2006-12-05 01:33
CaeRuさん!ブエナス・ノーチェスでございます。
目的もなく、理由もなく...そういやそうでしたね。
今回は保身ではありませんでしたので...ただ単に感情のままに行動を起こしているとしか考えられなかったですね。
あれよあれよと言う間に次々と犯して行く罪...なんか壮快というのか...憎めないというのか...ラストは理解に苦しみましたが...
エルヴィスの行為をエンターテインメントとして観れば面白いかもですね??
Commented by MACHI at 2006-12-06 20:10 x
わたしも先月見に行き、お初の映画館でした。
渋谷のミニシアター系は、わかりにくい場所にある映画館が多いのですが、これは表通りにあってわかりやすかったです。
最近冷血を読んだんですが、ガエル君の役と、ペリー・スミスが重なりましたわ。親の愛情不足って、影響大ですねえ。
Commented by margot2005 at 2006-12-07 01:21
MACHIさんこんばんは!
渋谷は池袋、新宿と違って雑居ビルというのでしょうか?小さなビルがいっぱいあって、初めての映画館は探すのに苦労します。都内の中では一番映画館が多い街なので仕方ありませんが...このココチビルはお洒落なビルなんですが、シアターのスクリーンが上取り付けてあってほんと観づらいですね。
ここでしかやってない映画でもなんか行く気が失せそうですわ。
「冷血」のペリーですか...なるほど...親にほったらかしにされるとマズいかも知れませんね。
<< 「明日へのチケット」 「上海の伯爵夫人」 >>