「カポーティ」

a0051234_22385847.jpg「Capote」2005 カナダ/USA
監督はベネット・ミラー。
主演のトルーマン・カポーティに2005年度オスカー主演男優賞に輝いた「コールド・マウンテン/2003」のフィリップ・シーモア・ホフマン。
彼の幼なじみで作家のネル・ハーパー・リーに「マルコヴィッチの穴/1999」のキャサリン・キーナー。
刑事アルヴィン・デューイに「美しき家、わたしのイタリア/2003」のクリス・クーパー...と個性派俳優の3人。
死刑囚ペリー・スミスは「タイガーランド/2000」のクリフトン・コリンズ・Jrが演じている。
a0051234_22391851.jpg

この映画に関しては飽きるほど予告を観、カポーティ演じるホフマンが発する台詞が脳裏に焼き付きくほどだった。やっと公開観る事が出来た。期待して観る映画って裏切られるとがっくし来るのだが、これに関しては期待どうりであった。平日、昼さがりの日比谷シャンテ、いつものように開演10分前にチケット売り場に行ったら、又また行列...シャンテって最近どうしたの?「キンキーブーツ」の日も満席だったが。この日も満席、前〜2列目しか空いてなくクビが...
かなり前にカポーティものは“ティファニーで朝食を”と“冷血”を読んでいるはずだが...ほとんど記憶に...“冷血”は途中で挫折したような気もする。今一度読みたくなったのでトライしてみるつもり...
a0051234_22522839.jpg

1959年11月、アメリカ、カンザス州、田園地帯の農家で一家4人惨殺死体が発見される。この小さな記事に目を留めたのはニューヨーカーで著名な作家トルーマン・カポーティ(ホフマン)であった。彼はこの事件を題材にノンフィクションを書こうと、幼なじみで、私設秘書で、ボディガードでもある作家のネル(キーナー)と共にカンザスへと向かう。事件を担当する刑事デューイ(クーパー)の妻マリー(エイミー・ライアン)はカポーティのファンで、ネルと共にカポーティを家に招待する。その後事件の容疑者として二人組ペリー・スミス(コリンズ)とリチャード・ヒコック(マーク・ペレグレーノ)が逮捕され新たな展開を迎える。
a0051234_22393717.jpg

カポーティがニューヨークで新作発表の朗読会で壇上に登場し、拍手喝采を浴びるシーン、60年代一世を風靡したファッション・フォトグラファー、リチャード・アベドンが死刑囚となったペリーとカポーティとのツーショット(一番下写真)を撮影するシーン...カポーティってこの時代アメリカではスゴイ人だったのだと改めて知った。
カポーティ演じるホフマンは性格脇役俳優でいろんな映画に出演しているが、主演の彼を観るのは初めてかも知れない。ネルが書いた「アラバマ物語/1962」が映画化されプレミアーに現れたカポーティが映画を評して”それほど騒ぐ作品でもない...”と発したのはネルに対する嫉妬のようでもある。
ネルを演じたキャサリーン・キーナーもデューイ役のクリス・クーパーも素晴らしい!個性派俳優で、ホフマンに迫っているのがスゴイ!
タイトル“冷血”というのは死刑囚二人ではなく、トルーマン・カポーティのことであろうか?
a0051234_2240043.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-10-11 23:09 | MINI THEATER | Trackback(25) | Comments(10)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/4482859
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-10-13 09:06
タイトル : 『カポーティ』 日比谷シャンテシネにて
フィリップ・シーモア・ホフマンのオスカー演技! しかと観て参りました! 昨年度の各映画賞の主演男優賞を総なめにしたホフマン! さすがでしたね・・唸りました。 ヘップバーンの主演映画『ティファニーで朝食を』の原作者だと知ったのはこの作品のお陰ですが、カポーテ..... more
Tracked from 映画ダイエット at 2006-10-13 10:50
タイトル : 劇場『カポーティ』
監督:ベネット・ミラー 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン、キャサリン・キーナー、クリフトン・コリンズJr.、クリス・クーパー、ブルース・グリーンウッド、ボブ・バラバン、マーク・ペレグリーノ他 トルーマン・カポーティとゆー作家が『冷血』とゆー小説を書くにあた..... more
Tracked from 銅版画制作の日々 at 2006-10-13 17:40
タイトル : カポーティ:CAPOTE
京都シネマにて鑑賞。オードリー・へップバン主演の映画「ティファニーで朝食を」で有名な人気作家、トールマン・カポーティが、ある死刑囚と出会い、現代文学最高の傑作「冷血」を書いたこの映画「カポーティ」はその執筆する経過や体験などの苦悩を綴った物語である。そしてこの「冷血」以降、彼は一冊の本も完成さす事はなかった執筆中にカポーティが見たものは、いったいなんだったのか・・・・その体験が与えたものとは?と同時に奪ったものは? お話1959年、カポーティは新聞の小さな記事に目を止めるカンザス州の田舎町で一家4人...... more
Tracked from Chocolate Blog at 2006-10-13 22:57
タイトル : カポーティ
高校生友情プライスじゃないけど、友達4人で見に行きました~(笑) STORY:1959年11月15日。カンザス州ホルカムでクラッター家の家族4人が、 惨殺死体で発見される。 翌日、NYで事件のニュース記事を見た作家トルーマン・カポーティは、 これを次の小説の題材にしようと決心..... more
Tracked from ラムの大通り at 2006-10-14 11:23
タイトル : 『カポーティ』
----これってフィリップ・シーモア・ホフマンが 賞を総ナメにした映画だよね。 カポーティ本人そっくりって話題になっているけど? 「そうらしいね。 でも本当に似ているかどうかなんて ぼくたちには分からないよね。 そのことはともかくとして、 オスカーが全部ソックリさん大会になってしまったら、 それはそれで、ちょっと問題だと思う」 ----おや、少し辛口だニャ? 「ただね、 この映画は良きにつれ悪しきにつれ 彼の演技に負っているところがとても多い。 と言うのが、この中での彼の声色が 他の映画ではとても聞く...... more
Tracked from skywave blog at 2006-10-14 22:56
タイトル : カーポティ
絶対、カーポティの「冷血」を読んでから観てください。 一家惨殺殺人犯の死刑囚ペリーに近づき、信頼関係を築いていくが、それはあくまで、ノンフィクション小説を書くため。「... more
Tracked from 【映画がはねたら、都バス.. at 2006-10-14 23:01
タイトル : 「カポーティ」:銀座四丁目バス停付近の会話
{/hiyo_en2/}銀座のティファニー。この前でハンバーガーでもどう? {/kaeru_en4/}待て、待て。ニューヨークなら「ティファニーで朝食を」ってのもいいかもしれないけど、ここは東京だぜ。 {/hiyo_en2/}そうね。ニューヨークならロマンチックかもしれないけど、東京じゃあねえ。 {/kaeru_en4/}その「ティファニーで朝食を」の作者の映画はどうだった? {/hiyo_en2/}え、何の映画? {/kaeru_en4/}だから「ティファニーで朝食を」の作者、カポーティの映画。 ...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-10-16 12:50
タイトル : 『カポーティ』
フィリップ・シーモア・ホフマンの演技にグッと心をつかまれて。 カポーティという作家の姿を通してあぶり出されるものが興味深い。 作家トルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説の名作「冷血」を書き上げる取材過程を描く。1959年11月、カンザス州ホルカムで一家惨殺事件起きた・・・。ただの映画ファンであるはずの自分が、またこうやってアメリカの著名人に興味をもたされる。ハワード・ヒューズのことなんてどうでもよかったのに、アルフレッド・キンゼイのこともジョニー・キャッシュのこともエド・マローのことも...... more
Tracked from 映画とはずがたり at 2006-10-20 01:23
タイトル : カポーティ(2回目)
今年度アカデミー賞で 主要5部門にノミネートされた力作! 作家の苦悩と情熱を切々と熱演する、 フィリップ・シーモア・ホフマンが圧巻! 1回目の感想はコチラ! STORY:1959年、『ティファニーで朝食を』で すでに人気作家となっていたトルーマン・カポーティ (...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2006-10-21 03:20
タイトル : カポーティ
数々のスキャンダラスなゴシップで知られ、アメリカの社交界の頂点に君臨していた人気作家トルーマン・カポーティが、「冷血」を執筆中に見たものとは??。 1950年代末、作家トルーマン・カポーティは輝く光に包まれていた。 「ティファニーで朝食を」で人気作家に...... more
Tracked from ひるめし。 at 2006-10-22 20:48
タイトル : カポーティ(映画館)
何よりも君の死を恐れ、誰よりも君の死を望む。 製作年:2005年 製作国:アメリカ 監 督:ベネット・ミラー 出演者:フィリップ・シーモア・ホフマン/キャサリン・キーナー/クリフトン・コリンズ・Jr/クリス・クーパー 時 間:114分 [感想] ヤバイ・・・ほとんど睡魔との戦いで集中しちゃってたから映画本体に集中しきれなかった~。 トルーマン・カポーティを全く知らないからフィリップ・シーモア・ホフマンがどれだけ似てるからわからないけど、かなりクセがある人だったのね。 「冷血」を書き上げるのにか...... more
Tracked from 犬も歩けばBohにあたる! at 2006-10-23 13:19
タイトル : 名作が生まれるまでの苦悩【カポーティ】
「ティファニーで朝食を」などの名作を生み出したトルーマン・カポーティが 作家生... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2006-10-26 15:29
タイトル : カポーティ
カポーティという作家を知らなかった。 そういえばトルーマン・カポーティという名を聞いたことがあるなぁ・・・そんな程度。 映画を観始めてやっと 「あぁ、『ティファニーで朝食を』を書いた作家なんだ。」とわかったくらいだ。 なにしろオードリー・ヘップバーンに興味がないせいもあり『ティファニーで朝食を』も ビデオで鑑賞した記憶はあるものの、結末どころかストーリーさえ憶えていない。 そんなわけで彼の書く作品にはそれほど興味がないのだが、 この映画を観る限り彼自身への興味の方がわき上がる・・...... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-10-28 08:37
タイトル : カポーティ
 『M:i:Ⅲ ミッション・インポッシブル3』で敵役を好演したフィリップ・シーモア・ホフマンが、予想以上の圧倒的な名演をみせてくれました。 ... more
Tracked from シネマ de ぽん! at 2006-10-31 08:06
タイトル : カポーティ
カポーティ公開中ストーリー ☆☆☆☆映画の作り方☆☆☆☆総合評価  ☆☆☆☆ す... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2006-11-01 04:07
タイトル : ★「カポーティ」
この作品で2005年度のオスカー主演男優賞を取った、フィリップ・シーモア・ホフマン。 名前が長いので、略してF・S・Hとしておこう。 受賞するとは思ってなかったのか、だいぶ経ってからの公開。 この種の映画は、受賞でもしなかったら劇場未公開になってたかもね。 ... more
Tracked from 映画でココロの筋トレ at 2006-11-02 16:01
タイトル : カポーティ(アメリカ)
劇場予告で、フィリップ・シーモア・ホフマンのなりきりっぷりに興味津々。 「カポーティ」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:フィリップ・シーモア・ホフマン 、キャサリン・キーナー 、クリフトン・コリンズ・Jr 、クリス・クーパー 、ブルース・グ... more
Tracked from knockin' on .. at 2006-11-03 16:59
タイトル : カポーティ
Capote 作家トルーマン・カポーティがノンフィクション・ノベル『冷血』を書き上げる過程を追った、ちょっと新鮮な切り口の伝記映画。 淡々とドキュメンタリータッチの作風ということもあり、最近寝不足状態での仕事帰りの観賞にはきつかったです・・・つまり眠気が...... more
Tracked from しづのをだまき at 2007-06-11 00:58
タイトル : 【映画】アラバマ物語
1962年 米国 129分 DVD(つたや) 原題 To Kill a Mockingbird 原作 ハーパー・リー  監督 ロバート・マリガン  出演 グレゴリー・ペック メリー・バダム ロバート・デュヴァル 1963年 アカデミー主演男優賞受賞・助演女優賞候補 2003年 米映画協会(AFI)米映画の英雄イメージ100 の第1位にアティカス・フィンチ弁護士が選抜される この映画は1930年代の南部での人種差別と戦う弁護士の物語であると同時に、子供時代の思い出の魅惑や、父と子の情愛の物語でもある...... more
Tracked from Sweet* Days** at 2007-07-15 15:26
タイトル : 『カポーティ』
カポーティ コレクターズ・エディションフィリップ・シーモア・ホフマン (2007/03/16)ソニー・ピクチャーズエンタテインメント この商品の詳細を見る監督:ベネット・ミラー CAST:フィリップ・シーモア・ホフマン、... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-08-29 00:23
タイトル : カポーティ
 『何よりも君の死を恐れ、 誰よりも君の死を望む。』  コチラの「カポーティ」は、演技派俳優として知られるフィリップ・シーモア・ホフマンが、初めて製作総指揮と主演を務め、アカデミー賞をはじめとする主要映画賞の主演男優賞を受賞した映画なんですが、9/30に公....... more
Tracked from ★YUKAの気ままな有閑.. at 2007-12-23 16:57
タイトル : カポーティ
WOWOWで鑑賞―【story】農家の一家4人が惨殺された事件に目をつけたカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、この事件を題材に雑誌の記事を書くことを思いつく。ザ・ニューヨーカーの編集者ウィリアム・ショーン(ボブ・バラバン)に話を持ちかけたカポーティは、事件のあったカンザス州に向かう事を決意する―文学界に名を残すトルーマン・カポーティが、ノンフィクション小説の名作『冷血』を書きあげた6年間に迫る伝記映画―      〜第78回アカデミー賞主演男優賞受賞作品〜   監督 : ベネット・ミラー【...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-12-26 01:50
タイトル : 映画『カポーティ』
原題:Capote 「ティファニーで朝食を」の作家が、ノンフィクション小説の新たな地平を築き上げるべく野心を持って取り組んだ問題作「冷血」・・ハードでシビアな物語・・・ トルーマン・カポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)が目に留めた小さな新聞記事、それは195... more
Tracked from サムソン・H・トマトマス.. at 2008-03-16 18:01
タイトル : カポーティ (DVD)
1959年、カンザス州。 のどかな田舎町で、一家4人が惨殺されるという事件が発生する。 翌日、ニューヨークで事件を知った作家カポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、この惨劇を作品にしようと思い立ち、すぐさま現地へと取材に向かう。 同行した幼なじみのネル(キャサリン・キーナー)と共に、事件現場や関係者を訪ねて回るカポーティ。 やがて2人の容疑者が逮捕されると、カポーティは彼らへの接近を試み、そのうちの一人、ペリー・スミス(クリフトン・コリンズ・Jr)の不思議な魅力に...... more
Tracked from 映画、札幌グルメ情報はジ.. at 2008-04-02 00:29
タイトル : カポーティ:映画
今回紹介する映画は、一家惨殺事件をノンフィクション小説として描いた、 「冷血」が出来るまでを描いた作品の『カポーティ』です。 カポーティ:ストーリー 農家の一家4人が惨殺された事件に目をつけたカポーティ(フィリップ・シーモア・ホフマン)は、この事件を題材に雑誌の記事を書くことを思いつく。ザ・ニューヨーカーの編集者ウィリアム・ショーン(ボブ・バラバン)に話を持ちかけたカポーティは事件のあったカンザス州に向かうことを決心する。... more
Commented by マダムS at 2006-10-13 09:11 x
お先に鑑賞失礼しました~
シャンテは最近 開演10分前じゃ~ダメダメですわよ。 前売り座席指定券売ってるようですんで、当日券買うなら1時間前に行かないと。
お互い何度あの予告編を見せられたことかしらね!!(笑) 公開まで長かったですね。でも期待どおりの素晴らしい出来でよかったです。
カポーティの本、結構読んでいらっしゃるんですねぇ!素晴らしい! 私もちょっとはまりそうです。
キャサリン演じるハーパー・リーの子供時代はこんなだったかもと思える映画の方の『アラバマ物語』も再見しましたよ~(ティファニーもまた観ちゃった) カポーティのモデルになった”隣の子”も笑えます。
Commented by Chocolate at 2006-10-13 22:58 x
こんばんわっ。

ちょっとウトウトしちゃったんだけど、
後半は中々面白くて見応えがある作品だなーって思いました。
「冷血」はまさにカポーティそのもののことでしょうね~
私もそんな気がしまーす。
TBさせて頂きました。
Commented by margot2005 at 2006-10-14 23:00
マダム!シャンテでご覧になったのですね。あこはもう最近スゴイですね。列に並んでいるのは殆ど会員なのでしょうか?状態です。シアターには時間ギリギリにしか行かない人なので、これからは早めに行かないとマズいなと思いますが...行けるか...
「アラバマ物語」は最近たまたま観たので(二回目)はっきり記憶にあり、トルーマン”隣の子”も納得でございましたわ。
「ティファニー〜」は随分脚色してあるようで、トルーマン映画は気に入らなかったことでしょうね?
Commented by margot2005 at 2006-10-14 23:58
Chocolate さん、TBありがとうございます!うとうとしちゃたんですか?
いつものように満員のシャンテ、結構閉所恐怖症なので、回りに空席がないのは圧迫感があって辛いですね。
トルーマンは映画の中で“私は嘘はつかない”なんて言ってましたが、実際は大嘘つきだし...いやスゴイ方ですわ。
Commented by CaeRu_noix at 2006-10-16 12:56
こんにちは。
レディースデー主義の私は近頃シャンテで、というかキンキーブーツでは苦労しました。
というわけで、これは恵比寿で見ました。
やっぱりホフマンは素晴らしいですよねー。
Commented by margot2005 at 2006-10-17 22:06
CaeRuさんこんばんは!
レディースディにこの5年間行った事のない私でございます。水曜日休めないので...普段でもあれなのでレディースディのシェンテってスゴイでしょうね??日比谷は便利なのと会員になったので、ついシャンテに足が、エビスの映画館も大好きなんですが、便も悪くないし...近いのですが...駅から延々歩くのが少々辛くて...やはり日比谷になってしまいますの。ホフマンの次の主演作品に期待したいですね。
Commented by sabunori at 2006-10-26 15:33
margotさん、こんにちは!
私はストーリーよりはカポーティ自身に、
カポーティよりはキャサリン・キーナーが演じるリーの方に惹かれて
しまいました。
Commented by margot2005 at 2006-10-26 22:36
sabunoriさん、こんばんは!
カポーティに惹かれたのなら是非一度彼の本をひもといてくださいませ。
キーナーはいつも良い味だしますね。
わたしもネル・ハーパー・リーの書いた小説を読んでみたくなりました。
Commented by Bianca at 2007-06-11 01:06 x
margotさま、こんばんわ!「アラバマ物語」を見ましたので、虎コメさせていただきます。カポーティがけなしたわけは、ディルを見ると分かるような気がします。天才というより、奇妙な幼児にしか見えません。
Commented by margot2005 at 2007-06-12 00:50
Biancaさん、こんばんは!
虎コメありがとう!!
やはりですか...ディルの描き方が気に入らなかったのでしょうかしら??
確かに奇妙な幼児にしか見えませんでした幼いカポーティ...
彼は“ベストセラー”になって、“ピリュツァー賞”をもらったネルに嫉妬してたとしか思えませんが?
<< 「ワールド・トレード・センター」 「イルマーレ」 >>