「エンパイア・オブ・ザ・ウルフ」

a0051234_23411470.jpg「L'Empire des loups」... aka 「Empire of the Wolves」2005 フランス
「クリムゾン・リヴァー/2000」のジャン・クリストフ・グランジェ原作。
監督はクリス・ナオン。
主演のコンビ刑事にジャン・レノとジョスラン・キヴラン。
昨年12月に公開されていて、観ようと思っていながら観る事ができなかった。いや残念是非シアターで観たかった!「クリムゾン・リヴァー」は一作目は良かったが、二作目は駄作であった。これも第二作あるのか?
a0051234_23415787.jpg

ストーリーはとても斬新で素晴らしいサスペンス・アクション。
ジャン・レノは相変わらずかっこいい!!この役は汚いoyaji役だが、これが又似合う。
相棒の若い刑事ポール・ネルトー演じるジョスラン・キヴランはこれぞフランス人!て顔で滅茶好み。
おまけにバックに流れるmusicがとてもお洒落である。
a0051234_23414451.jpg
記憶喪失に悩む内務省高級官僚の妻アンナ(アーリー・ジョヴァー)は、記憶の中で夫ローラン(フィリップ・バス)の顔を思い出す事が出来ない。日夜幻想にも悩まされ“自分は狂っているのか?”と思いつつ夫に内緒で精神科医を訪ねる。一方、パリ10区トルコ人街で3人目のトルコ人女性惨殺死体が発見される。刑事のポール・ネルトー(キヴラン)はトルコ人裏社会に通じたベテラン刑事シフェール(レノ)に捜査の助けを求める。辛い過去を持つ、元来一匹狼であるネルトーは、強引なやり方のシフェールと共に捜査をするのはうんざりだった。しかしとうとう二人は高級官僚の妻アンナと殺されたトルコ人女性との接点を見つける。それには強力な政治秘密結社“灰色の狼”が絡んでいた。
a0051234_23421795.jpg
観終わって「クリムゾン・リヴァー」のレノ&ヴァンサン・カッセル コンビが蘇った。
「クリムゾン・リヴァー」も斬新なストーリーでハリウッドでもヒットしたようだが、これもぐいぐい引き込まれるストーリーに128分はあっと言う間だった。
アンナ役のアーリー・ジョヴァーはスペイン出身の女優でウエズリ・スナイプスの「ブレイド/1998」に出演していたらしい...記憶になしだが...
ギロチンを発明したフランス人はホントに残酷な殺し方を描くの好きだなぁとしみじみ思う。この程度ならなんとか観れるが、これ以上残酷シーン連発作品はとても観れない...「ジェヴォーダンの獣/2001」とか「サイレンス/血の呪い/2003」とかは観てない...観れない...
[PR]
by margot2005 | 2006-09-25 00:09 | フランス | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/4354222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 激安通販 【DVD・CD.. at 2006-09-26 21:30
タイトル : 激安価格 映画【ダ・ヴィンチ・コード】 DVD 通販
ジャン・レノ出演の【ダ・ヴィンチ・コード】 DVDの楽天で1番安い店をご紹介!【ダ・ヴィンチ・コード】 関連商品もご覧下さい。 ... more
<< 「イルマーレ」 「アガサ・クリスティーの奥様は... >>