「カサノバ」

a0051234_23335122.jpg「Casanova」2005 USA
監督は「サイダー・ハウス・ルール/1999」「シッピング・ニュース/2001」のスエーデン人ラッセ・ハルストレム。ハルストレムの作品は少々暗いイメージがあるが、コレは滅茶軽快なドタバタ・ラヴ・コメディ(IMDbによると、アドベンチャー、ロマンス、ドラマ、コメディとの事)。
”カサノバ”にヒース・レジャー。
カサノバに絡む人物に「アルフィー/2004」のシエナ・ミラー、 「ヴェニスの商人/2004」の ジェレミー・アイアンズ、オリヴァー・プラット、おまけで大好きなレナ・オリン(監督夫人)も出演している。
過去にヒース・レジャーが主演した、14世紀フランスが舞台の「ロック・ユー/2001」を思い出してしまった。
ヒースは以外に?時代もの似合う。
a0051234_2335993.jpg

映画のサイト観ないで映画観る習慣なので...でも想像以上にコメディ度が激しくびっくりした...なにせ監督が、監督なので...
18世紀イタリア、ヴェネチアが舞台。かれこれ250年前が舞台なのだが、撮影場所(景色)は現在と同じというのには驚き!
a0051234_23345392.jpg

この作品はヒースが好きか?ヨーロッパの景色(ヴェネチア)が見たいか?古典もの(仮面舞踏会etc.)ファンか?以上、好みでない人にはおすすめではない。
私的には来月念願のイタリア旅行に行くのでヴェネチアの下見って感じであった。
a0051234_23472370.jpg

巷で噂のジャコモ・カサノバ(レジャー)は修道女との“愛”の現場を役人に見つかり捕らえられる。が、総督(ティム・マッキナリー)の計らいで無罪となる。しかし総督は“そろそろ良家の子女と身を固めれば...”とカサノバに促す。その後ひょんな事から出会った、剣の達人で、密かに小説も書いているフランチェスカ(ミラー)。彼女にマジで惚れてしまうカサノバだったが...
a0051234_23352558.jpg

ストーリーはかなりハリウッド的なんだろうか??...本当の“カサノバ”物語はどうなんだろう??まぁでもこれはこれでハリウッド映画なのだから許してしまおうと思った。
a0051234_23353860.jpg

やはりヴェネチアが舞台の、キャサリーン・マコーミック主演の「娼婦ベロニカ/1998」を思い出したが、“ベロニカ”が生きた時代は16世紀ということで、この映画の時代より2世紀も前の設定だったことに驚き!
2世紀たってもイタリアの女性はちっとも進歩していない(進歩させてもらえないが正解だが...)
a0051234_04858.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-06-18 00:06 | USA | Trackback(31) | Comments(18)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3755668
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-06-18 10:22
タイトル : 『カサノバ』
ヴェネチアが生んだイタリア最高の伊達男烈カサノバ烈 彼は単なる女たらしのプレイボーイなのか!? それとも知性とウイットに富み、繊細な感性に溢れ真心こめて尽くすがゆえに おのずと多くの女性に愛された稀代の人物だったのか!? (原題 CASANOV..... more
Tracked from *Sweet Days*.. at 2006-06-18 19:25
タイトル : 『カサノバ』
監督:ラッセ・ハルストレム CAST:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー 他 18世紀のイタリア、ヴェネチア。町中の女性を浮き名を流すジャコモ・カサノバ(ヒース)は、修道女との情事によって、教会に追われていた。後ろ盾を建てるため両家の子女との結婚を強いられたカサノバは、ある日気の強い女性、フランチェスカ(シエナ・ミラー)と出会う・・・ ジャコモ・カサノバ・・・作家、資本家、音楽家、冒険家など様々な顔を持ち、ヴェニスの社交界においてその才能を活かし王室の側近としても仕え、一方で多くの女性...... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2006-06-18 23:05
タイトル : カサノバ
【映画的カリスマ指数】★★★★★  ヴェニスの誘惑、カサノバの魅惑  ... more
Tracked from ラムの大通り at 2006-06-19 00:54
タイトル : 『カサノバ』
----カサノバって人、よく映画になるよね。 「うん。チラシの言葉を借りれば <恋愛史上最も名高いプレイボーイ>。 その道を究めた人のドラマと言うのは、どんなものであれ、 それだけでオモシロいけど、 それが色恋ごととなれば、さらに映画向きってことじゃないかな」 ----でも、そうなると<真実の愛>からは遠ざからない? 「現代のモラルからするとそうなるんだろうけど、 とにかく彼は、女性につくすことを人生最大の歓びとしたらしい。 貴族の令嬢から娼婦まで、その数、実に130人とも言われる。 この映画では、最...... more
Tracked from APRIL FOOLS at 2006-06-19 08:07
タイトル : 感想/カサノバ(試写)
カサノバっつー実在した人類史上最高のモテ男がヴェネツィアで繰り広げるロマンチックコメディ、『カサノバ』。ヒース・レジャー&シエナ・ミラー主演で6月17日公開ナリ。 カサノバ モテ男カサノバ君、今宵も修道女とニャンニャンニャンが見つかって逃亡した先は大学の講堂。そこで出会ったは男装して女性の権利を主張するフランチェスカ嬢。彼女に惚れたカサノバ君だったけど、オンナを転がすカサノバ君を超フェミニストのフランチェスカが好くはずもなく、恋の駆け引き始まり始まり~。 ボク、カサノバって人物を知らなか...... more
Tracked from パピ子と一緒にケ・セ・ラ.. at 2006-06-19 16:33
タイトル : カサノバ
誰よりも女性に愛された男――ジャコモ・カサノバの甘美な恋の冒険を描く、究極のラブ・ストーリー 惹かれあう男と女の永遠の秘密が今明かされる  数々のスキャンダルを巻き起こした伝説のプレイボーイ、カサノバが真実の愛に目覚めるまでを描いた史劇ロマン。監督....... more
Tracked from MoonDreamWorks at 2006-06-19 21:53
タイトル : 「 カサノバ 」
監督 : ラッセ・ハルストレム 出演 : ヒース・レジャー / シエナ・ミラー / ジェレミー・アイアンズ      公式HP:http://www.movies.co.jp/casanova/ 「 カサノバ 」は「 カサノバ(1927 」から数知れず映画化され続けたカサノバ伝説のリメイクです...... more
Tracked from CINEMANIAX! at 2006-06-21 00:20
タイトル : カサノバ(2005/アメリカ/ラッセ・ハルストレム)
【テアトルタイムズスクエア@新宿】 18世紀のヴェネチア。巷はどんな女性も虜にしてしまう究極のプレイボーイ、カサノバ(ヒース・レジャー)の噂で持ちきり。当のカサノバは、修道女との戯れが役人に見つかり御用となってしまう。結局、今回は総督の計らいでなんとか無罪放免となったカサノバだったが、強力な後ろ盾を得るため良家の子女と結婚する必要に迫られる。さっそく富豪の娘ヴィクトリア(ナタリー・ドーマー)を口説き落とし婚約を取り付けるカサノバ。ところが、そんな彼の前に、男勝りの剣の腕前と知性を兼ね備える美貌...... more
Tracked from しんのすけの イッツマイ.. at 2006-06-21 21:20
タイトル : 「カサノバ」
「カサノバ」、とても楽しい映画です。 大人の映画かと思いきや、 子供を連れて見に行ってもとっても喜んで見れると思いますよ♪... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2006-06-21 23:18
タイトル : ★「カサノバ」
2006年6月17日の劇場公開日のナイトショウで観てきました。 ひらりん的には「カサノバ」って聞くと・・・ ちょっとエロチックなイメージだったけど・・・ 予告編では「恋愛至上主義」・・・なーんてキャッチコピー。 ... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-06-22 10:34
タイトル : カサノバ/Casanova
ジョニーデップとディカプリオ共演の感動作「ギルバートグレイプ」以降は、 '95 ジュリアロバーツ「愛に迷った時」 '99 シャーリーズセロン「サイダーハウスルール」 '00 ジョニーデップ「ショコラ」 '02 ケビンスペイシー「シッピングニュース」。。。。 あまり好きじゃない作品が続くので全く期待もしていなかった ラッセ・ハルストレム監督作品 今回の、ヒースレジャーが恋多き男カサノバに扮した本作は...。 とりあえず観てきました {/kaminari/} お相手は、イロイロあった後またジュード...... more
Tracked from Cartouche at 2006-06-22 22:31
タイトル : *カサノバ*
{{{    ***STORY***            2005年   アメリカ 18世紀のヴェネチア。巷はどんな女性も虜にしてしまう究極のプレイボーイ、カサノバの噂で持ちきり。当のカサノバは、修道女との戯れが役人に見つかり御用となってしまう。結局、今回は総督の計らいでなんとか無罪放免となったカサノバだったが、強力な後ろ盾を得るため良家の子女と結婚する必要に迫られる。さっそく富豪の娘ヴィクトリアを口説き落とし婚約を取り付けるカサノバ。ところが、そんな彼の前に、男勝りの剣の腕前と知性を兼ね備...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-06-23 22:54
タイトル : カサノバ
人類恋愛史上最も有名なプレーボーイ・・・ジャコモ・カサノバ どうも実際のカサノバ自体もさほど美男子というわけではなさそう。 ヒースがカサノバ役なんて。どうして彼なのかよくわからなかったけど、映画を見て納得。 コメディタッチの娯楽作品で、18世紀の女性の立場をよく理解し信頼を得るような人間味溢れる一男性として描いている。 ラッセ・ハルストレム独自の喜劇とでもいいましょうか。 軽さと豪華さと笑い。 これには音楽もかなり貢献してる気がしたかな。 クラシックも軽快なチェンバロをベースに、ヘンデルやヴィ...... more
Tracked from Welcome aboard at 2006-06-24 16:18
タイトル : カサノバ
18世紀のイタリア、不徳と享楽の街ヴェネチアで、数限りない情事に浮名を流したジャコモ・カサノヴァ。 そんなカサノバの人生を・・・・じゃなくって! そんなカサノバのラブコメディ漣を、ヒース・レジャーを主演にラッセ・ハレストレム監督が描く・・っ..... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2006-06-25 19:23
タイトル : 【劇場映画】 カサノバ
≪ストーリー≫ 18世紀、ヴェネチア。ある男が修道女との情事の末、教会の役人たちに追われている。彼の名はジャコモ・カサノバ。娼婦から淑女まで、落とせない女性はいないと評判のプレイボーイだ。逃げ込んだ大学の講堂で、彼は女性解放を説く演説を目にする。実は、論客はフランチェスカという男装をした美しい女性だった。結局、カサノバは逮捕されるも、総督の取り計らいによって放免になるが、後ろ盾を得るため、良家の子女との結婚が必要になり…。 (goo映画より) ラッセ・ハルストレム監督は好きだし、ヒース・レンジ...... more
Tracked from 映画を観たよ at 2006-06-26 14:17
タイトル : カサノバ
恋愛至上主義? なんか変な言葉。 何だかんだで楽しんできました。それだけなんですけどね。 最初はこの軽~い感じでコメディちっくな所が嫌でした。もっとまじめなラブストーリーを想像していたんです。 展開も何か普通な感じで途中で飽きかけそうになっちゃいました。 でも何かこんなコスチューム劇もありかと割り切った(吹っ切れた?)ら何か楽しくなって楽しめました。 展開とかとってもご都合主義なのですがそれも含めて楽しんじゃえばいいや的な感じです。 ラストまでさくさくっと軽~く突っ走ってくれましたしね♪ でもどうも...... more
Tracked from とんとん亭 at 2006-06-26 22:13
タイトル : カサノバ
「カサノバ」 2006年 米 ★★★★★ 18世紀ヨーロッパに実在した恋愛の達人、ジャコモ・カサノバを 『ブロークバック・マウンテン』で寡黙なゲイのカウボーイを熱演したヒース・レジャーが好演。  恋愛至上主義の名うてのプレーイ・ボーイ、カサノバ...... more
Tracked from ソウウツおかげでFLAS.. at 2006-06-27 08:25
タイトル : カサノバ@シネセゾン渋谷
映画監督など十把一からげでエゴイスト、総じて性格が悪いとふんでいるが、ラッセ・ハルストレムは別だと思う。人の良さが作品ににじみ出ているように感じる。 18世紀イタリアの水の都ヴェネチアで繰り広げられる愛の物語、その中心には常にジャコモ・カサノバがいた。3桁に... more
Tracked from Alice in Won.. at 2006-06-28 13:13
タイトル : カサノバ
カサノバと聞くとカナダ留学の時に出会ったカサノバというあだ名のメキシコ人の超色男を思い出します。その時に初めて知ったカサノバですが、ヒースが演じるということですごく楽しみにしていた映画で今年65本目です。 18世紀、ヴェネチア。ある男が修道女との情事の...... more
Tracked from ようこそ劇場へ! Wel.. at 2006-06-30 13:11
タイトル : カサノバ
”CASANOVA”監督=ラッセ・ハルストレム。女性を喜ばせることを使命と考える伝統的イタリア伊達男の元祖=カサノバの「イタリア式恋愛狂想曲」。 その彼をしても難攻不落の女性が登場。しかも、男装も厭わないフェミニズムの闘士だとしたら。☆☆☆☆... more
Tracked from knockin' on .. at 2006-07-07 00:29
タイトル : カサノバ
Casanova Director:ラッセ・ハルストレム Cast:ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ カサノバなる人物は名前以外良く知らないのですが・・・観ようかどうか迷ったけれど、ラッセ・ハルストレム監督作ということで観て来ました。見た目は濃い...... more
Tracked from flicks revie.. at 2006-07-17 13:11
タイトル : 『カサノバ』
 18世紀のヴェネチアを舞台に当代きってのプレイボーイ、カサノバが真実の恋に目覚めるというロマンチック・コメディ。 ... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-07-20 19:58
タイトル : 『カサノバ』
楽しくて美しくてロマンチック。 カサノバ様と一緒に気球に乗りたい。ゴンドラに乗いたーい。 18世紀、ヴェネチア。生涯に1,000人の女性とベッドを共にしたという伝説のプレイボーイ、カサノバの物語。え?ラッセ・ハルストレムがイタリア舞台でコスプレ時代劇?! え?ヒース・レジャーが名うてのプレイボーイ? ええ? それは違うでしょうとまず思いつつも心待ちにしていた。だって、ヴェネチアなんだもん。『ヴェニスの商人』をあまり楽しめなかった私は、今度のヴェネチアには期待。そして映画が公開され、漏れ聞えてく...... more
Tracked from Blossom縲€Blog at 2007-04-23 11:52
タイトル : カサノバ
カサノバ CASANOVA 監督 ラッセ・ハルストレム 主演 ヒース・レジャー シエナ・ミラー アメリカ 2005... more
Tracked from 映画を観よう at 2007-04-24 07:51
タイトル : カサノバ
カサノバ ¥3,420 アメリカ 2005年 ヒース・レジャー、シエナ・ミラー、ジェレミー・アイアンズ、オリヴァー・プラット、レナ・オリン、オミッド・ジャリリ、チャーリー・コックス、ナタリー・ドーマー、スティーヴン・グリーフ、ケン・ストット、ヘレン・マックロ... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-09-24 23:50
タイトル : カサノバ
 『恋愛至上主義 100万もの恋か、ただひとつの愛か…』  ってなワケでコチラの「カサノバ」は、6/17に公開になった伝説のプレイボーイのラブストーリーをラッセ・ハルストレム監督が描いた映画なんですが、今日は映画の日〜♪って事で観てきちゃいましたぁ〜v( ̄Д ̄)v...... more
Tracked from とんとん・にっき at 2007-09-30 13:21
タイトル : ラッセ・ハルストレム監督の「カサノバ」を観た!
アル・パチーノの「ヴェニスの商人」に続いて、ヴェネツィアもの、TUTAYAで借りてきたDVDで観たのは、ラッセ・ハルストレム監督の「カサノバ」(2005年)、あの「ショコラ」をつくった監督の作品です。この映画は、「人類史上、最も有名な恋愛の達人、カサノバ」の名を借... more
Tracked from to Heart at 2007-10-10 22:24
タイトル : カサノバ
私は女性のために生まれ、つねに女性を愛し、愛されるよう務めた。     ジャコモ・カサノバ「回想録」より 原題 CASANOVA 製作年度 2005年 上映時間 112分 監督 ラッセ・ハルストレム 出演 ヒース・レジャー/シエナ・ミラー/ジェレミー・アイアンズ/オリヴァー・プラット/レナ・オリン/オミッド・ジャリリ 数々のスキャンダルを巻き起こした伝説のプレイボーイ、カサノバが真実の愛に目覚めるまでを描いた史劇ロマン。 実在した愛の貴公子カサノバをヒース・レジャーが演じる。 あら...... more
Tracked from ミーガと映画と… -Ha.. at 2007-10-31 15:57
タイトル : ≪カサノバ≫
カサノバ ¥3,192 Amazon.co.jp (WOWOW@2007/10/27) 原題 CASANOVA 製作年度 2005年 製作国 アメリカ 上映時間 112分 監督 ラッセ・ハルストレム 出演 ヒース・レジャー 、シエナ・ミラー 、ジェレミー・アイアンズ 、オリヴァー・プラット 、レナ・... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2007-11-13 10:41
タイトル : <カサノバ> 
2005年 アメリカ 112分 原題 Casanova 監督 ラッセ・ハルストレム 原案 キンバリー・シミ  マイケル・クリストファー 脚本 ジェフリー・ハッチャー  キンバリー・シミ 撮影 オリヴァー・ステイプルトン 音楽 アレクサンドル・デズプラ 出演 ヒース・レジャー  シエナ・ミラー  ジェレミー・アイアンズ    オリヴァー・プラット  レナ・オリン  オミッド・ジャリリ    チャーリー・コックス  ナタリー・ドーマー... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-07-23 19:27
タイトル : カサノバ
恋愛至上主義 100万もの恋か、ただひとつの愛か・・・ ... more
Commented by マダムS at 2006-06-18 10:26 x
ヒース版「カサノバ」 気に入りましたわ♪
以前アランドロンも演ってるんですねぇ・・昔のはご覧になってます?
パンフ読んだら衣装もそのキャラクターにあった物をちゃんと作っているみたいで、さすがオスカー受賞者、センス良かったですよね~♪
ヴェネチア、本物はすぐ目の前に!!
Commented by margot2005 at 2006-06-19 20:59
マダム!ヒースは古典似合いますわよね。
アラン・ドロン、マルチェロ・マストロヤンニ、ドナルド・サザーランド版“カサノバ”があるんですってね??
ドロン版初め、どれも知らないですぅ。マストロヤンニ版観たいですね...一番似合いそう!
衣装、音楽は滅茶映画を盛り上げていましたわよね。
Commented by charlotte at 2006-06-23 23:00 x
こんばんは☆見てきました!
う~ん。アメリカが撮るイタリアはちょっと違った感じの映像ですよね。
なんとなくイタリアらしく見えないというか。
映像にはもっと独特の輝きがあってラテン系みたいな熱いノリが見たかったなあと思ったので、ツボが外れましたよ。^_^;
イタリア人キャストがいればもっと入り込めたかもしれませんが。
margotさんイタリアですか~。いいなあ。
くれぐれもナンパされてもついて行っちゃダメですよっ!!笑
Commented by margot2005 at 2006-06-24 01:32
charlotteさん!ご覧になったのですね!
アメリカ映画ですが、監督はスエーデン人(ヨーロッパ人)なんだよな??なんて感じてましたが...イタリアらしくないですかぁ??
ラティンのノリはオーストラリア人のヒースじゃ無理かもですね??
現在モードはイタリアに入っております!!
難破...じゃないですねナンパですか??
逆ナンパに気をつけて旅をして来たいと思っております。
Commented by ラクサナ at 2006-06-24 16:23 x
うひゃひゃ、もうこれは軽い青春ラブコメ仕様のカサノバでしたね♪
でもヒース、良かったですわ~ガタイも良いのでコスプレも嫌味がなく似合ってましたね!ヴェネチアロケが本当に豪華でした。
それはそうと・・・
ひゃーーもう来月ご出発なんですね!(羨)
是非素敵なカサノヴァボーイの写真もヨロシク!
楽しい旅のご報告をお待ちしております♪
Commented by margot2005 at 2006-06-24 23:28
ラクサナさん!
<軽い青春ラブコメ仕様...なるほどそのようでしたわ。
過去に作られた“カサノバ”が滅茶観たくなりましたわ。wowで放送してくれないかしら??いつも願ってるんですが...
ヴェネチアの景色、250年前と変わってないか検証して来ますね。
カサノバ・ボーイってきっとそこいら中にいるんでしょうね?
Commented by とんちゃん at 2006-06-26 22:17 x
TB有難うございました♪
面白くて 笑えたしとっても楽しい気分になりました。

ヒースも中々素敵だったけど 脇をかためる デブちゃんや ママ(シエナの)なんかも 良かったです。
シエナ・ミラーだけは ・・・( ̄  ̄;) うーんでしたが^^;

Commented by 現象 at 2006-06-27 08:29 x
こんにちは!
イタリア旅行ですか! いいですねぇ。
学生の頃に貧乏旅行で行ったことがあるのですが、
その時はヴェネチアをスルーしてしまいました。
悔やまれる…
オールロケで18世紀を表現できる街なんて他にそうないですよね。
水の都を堪能してきてください!
Commented by margot2005 at 2006-06-28 22:59
とんちゃん さん、どうもコメントありがとうございました!
ユーモアたっぷりの楽しい映画でした。ヨーロッパの古典もの大好きなので堪能しました。
シエナ・ミラーって綺麗なんだけど、なんか?魅力感じない女優さんですよね。ママ、レナとリッチッマン、プラットのコンビは最高でした!
Commented by margot2005 at 2006-06-28 23:04
現象さん、かつてヴェネチア スルーされたのですか?ヴェネチアは前〜憧れの地なんですが、今回の初めてのイタリアは個人旅行ではなく、ツアーなのでヴェネチアを堪能して来れるか?少々気がかりです。
現在でも18世紀と同じ景色ってスゴイですよね。
前に行ったフランスのロアール地方なども殆ど中世の景色で素晴らしかったですね。
Commented by 紫の上 at 2006-07-03 00:35 x
ちょっくらご無沙汰でした。
久しぶりに訪問したら、精力的に映画鑑賞されているので、凄いです!
私も以前から、ヨーロッパコスプレもの大好き人間なので、見てきました。今でも18世紀の風景を残すベェネツアは素晴らしいですよねぇ~!
豪華な衣装と楽しいラブコメはとっても堪能出来ましたよっ!
私も以前にビデオですが「娼婦ベロニカ」を見たことありますが、雰囲気と言い、女性の地位といい、そう言えば18世紀の「カサノバ」と変わっていないですねぇ~。
「ベロニカ」は好きな作品ですが・・・。
Commented by margot2005 at 2006-07-03 23:55
紫の上さん、お元気でしたか?私的には以前に比べればう〜んと映画観てるつもりですが...他のブロガーのかたたちに比べたら足下にも及びません。もっと時間を!!自由な時間が欲しいですぅ!と言いながら明後日からマダムとイタリアへ行きますの。ベネチア楽しみですわ。
この映画素敵なラヴコメでしたよね。ヒース素敵でしたわ。
「娼婦ベロニカ」やはりお好きでしたのね?あの作品はホント素晴らしかったですね。大昔の女性の独立について考えさせられました。
Commented by M. at 2006-07-17 12:53 x
こんにちは〜。TBコメントありがとうございました。
カサノバ・ネタのものではマストロヤンニとドロン版みてますが、やっぱどっちかといえばコメディタッチですよね。こちらほどではなくっても。ドロンなんて「老いらくの恋」というか若い娘に翻弄されるちょっと情けないカサノバっぷりが笑えました。
ヒースの時代物コスプレは結構好きです、わたしも^^
ヴェネツィアはやっぱ憧れですよ〜。わたしはぜーったいリド島に行きたいです。「ベニスで死す」みたいに砂浜に置いてあるビーチイスでイチゴをつまんでみたいです。
Commented by margot2005 at 2006-07-21 00:58
M.さんごめんなさいレス遅くなりました。こちらこそありがとうございました!マストロヤンニ版、ドロン版いずれも観てないのです。観たいですが私が行くtsutayaにはない可能性が高いので...観るのは叶わないかもしれません。万が一BSで放送してくれれば良いのですが...
リド島は誰もが憧れるようですね。「ベニスに死す」のいちごですか...優雅な世界でしたね。
Commented by D at 2007-04-24 07:48 x
お久しぶりです!!
今頃ですが、やっとこの作品を観ました
なるほど、コメディーでしたね♪

もっとドロドロっとしているのかと思ったけれど、すごくキュートなカサノバでした
本格的(?)作品を期待している方にはオススメできないけれど、私はこれも結構すきです
Commented by margot2005 at 2007-04-26 01:16
Dさん、こんばんは!
こちらこそご無沙汰でありました!
DVDになってますねそういや...コレは素敵なコメディでしたわ。
ヒースは古典もの似合いますわね。
ハリウッドじゃなく、ヨーロッパ版のカサノバ観てみたいのですが...BSで放映してくれないかしら??
そうそう本格的とは程遠いチョウ娯楽作品で楽しめました!
Commented by kira at 2007-10-10 22:38 x
こんばんは!
ラッセ・ハルストレム監督のカサノバは、とっても意外な軽さでした。
ヒースのコスプレが素敵~(^^b
脇役陣もとっても嵌ってて魅力的でした~。
あと、なんといってもヴェネチアの街並み!一番楽しめたかも(笑)
イタリア、もっと短時間でいけたらなぁ~*
Commented by margot2005 at 2007-10-11 21:11
Kiraさん、こんばんは!
古い記事にコメントありがとうございます!
コスプレ...特にヨーロッパもの大好きでございます。
ヒース以外に似合うんですよね古典。
ラッセ・ハルストレムさんこんなに素敵なラヴコメを作られるなんて嬉しいです。
ヨーロッパは本当に遠いですね?
一日の半分飛行機に乗らなきゃなりませんから。
あぁヨーロッパ人に生まれ変わりたい〜!
<< 見逃してしまった単館系、DVD... 「インサイド・マン」 >>