「13才の夏に僕は生まれた」

a0051234_2333697.jpg「Quando sei nato non puoi più nasconderti」...aka「Once You're Born You Can No Longer Hide 」
イタリア/フランス/UK 2005
GWに有楽町で開催されたイタリア映画祭で上映された。
監督、脚本は「輝ける青春/2003」のマルコ·トゥリオ·ジョルダーナ。
主演はサンドロを演じたマッテオ·ガドラ。
サンドラの父親ブルーノ役はアレッシオ·ボーニ「心の中の獣/2005」
「家の鍵/2004」のキム·ロッシ·スチュアートも、この作品のアレッシオも共にとても若い父親を演じている。これが妙に素敵で、最近のイタリア映画ブレイクもこの辺が狙いなのかもしれない??
a0051234_2330557.jpg

イタリア北部のブレシャ(ミラノの東に位置する、ほぼヴェローナ(ロミオとジュリエットの舞台で有名)とミラノの中間にある小都市)に住むサンドロ(ガドラ)は工場を経営する裕福な父親ブルーノ(ロッシ)の一人息子。13才の夏、父ブルーノ(ボーニ)と彼の親友ポーピ(ロドルフォ・コルサト)に連れられ、サンドロは地中海ギリシャへヨット・クルージングに出かける。航海中のある夜、眠れないでデッキに出たサンドロは誤って海に転落する。助けを求めて息絶え絶えになったいたサンドロを助けたのは違法移民たちを乗せた船だった。そこに乗船していた、ルーマニアから逃げて来たラドゥ(ヴラド・アレキサンドラ・トーマ)とアリーナ(エステル・ハザン)兄妹に助けられながらなんとかイタリアへと帰り着く。
a0051234_23275477.jpg

いきなりのラスト・シーン...この後はどう理解すれば良いのだ??と悩んだが...「隠された記憶/2005」のようにそれぞれが解釈すれば良いのかと思う。
「13才の夏に僕は生まれた」というタイトルは中々goodだと思う。13才のサンドロは裕福な家庭で、両親の絶大なる愛を受けて育ってきた...なんの苦労もなしに...しかし海に落ちたことから、難民たちに救われ、彼らの惨めな人生を知る事となる。13才と言えば“魔の中学生”で、子供から、大人へと変わる狭間...この時期にとんでもない世界を見て、知ってしまったサンドロの心は乱れに、乱れたことだろう。
このサンドロ役のマッテオ·ガドラは、ぴったりの配役である。ラドゥとアリーナ役の二人も素晴らしい!
a0051234_23274043.jpg

移民問題がテーマである、この映画を観てイタリアもこういった問題を抱えていると言う事を知った。移民を望む人々はアフリカや東ヨーロッパから祖国を捨ててやって来たのである。彼らを乗せた船が巡視船に保護された時、船に乗り込んで来た係官は“誰か英語を話すものはいるか?フランス語は?スペイン語は?”と質問して行く、そこでサンドロが“イタリア人だ!”と手を挙げる。こういったシーンを観ると当たり前なのだが、ヨーロッパってホント多数の人種、多数の言語が混在しているのだと再納得してしまう。
冒頭のシーン、サンドロが駅でアフリカ人と出会う。彼が発した言葉を理解する事は出来なかったが、ラストでその言葉の意味を知ることになる...それは“生まれたからには逃げも隠れもできない”と...この言葉が映画のタイトルとなっている。
現在市庁舎に使われていると言う、ブレッシャの街のシンボルと呼ばれている建物“ロッジャ”が映画のシーンに登場していた。
アレッシオ・ボーニは相変わらずゴージャス!!
[PR]
by margot2005 | 2006-06-08 01:00 | イタリア | Trackback(13) | Comments(10)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3706890
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-06-09 00:29
タイトル : イタリア映画祭� 『13歳の夏に僕は生まれた』
映画祭3日目、私は2日の『私が望む人生』に続く2本目。 既に一般公開も決まっており、東京では渋谷Bunkamuraル・シネマで5月末~上映、全国順次公開予定。 映画祭がプレミア上映になります。 ... more
Tracked from ようこそ劇場へ! Wel.. at 2006-06-09 10:59
タイトル : 13歳の夏に僕は生まれた
イタリアの裕福な家庭に育った少年が、不法移民の密航船に救助されたことから、社会の矛盾に満ちた現実を直視することになる。 原題=Quando sei nato non puoi piu nasconderti(生まれたからには逃げも隠れもできない)。脚本=サンドロ・ペトラリア+ステファノ・ルッリ。監督=マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ。☆☆☆☆★★... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-06-09 15:28
タイトル : 13歳の夏に僕は生まれた
2005年 カンヌ国際映画祭フランソワ・シャレー賞受賞作品 「輝ける青春」のマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督が描く移民大国のイタリア。 イタリア映画祭でも話題の今作品。見逃していたので公開早々に見に行ってきた。 まず思うことはイタリア映画の輝くような映像美にはいつも目を瞠る。 輝く陽の光とその陰影が作品のテーマにも見て取れる。 そして「その監督だから」見たい、「その俳優だから」見逃したくないと思って見に行く自分は浅はかかなと思いつつも、やはり魅力的なオーラを放つ作品に満足して劇場を後にした。 ...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-06-10 21:23
タイトル : 13歳の夏に僕は生まれた
「13歳の夏に僕は生まれた」 QUANDO SEI NATO NON PUOI ... more
Tracked from flicks revie.. at 2006-06-11 14:12
タイトル : 『13歳の夏に僕は生まれた』
 『輝ける青春』のマルコ・T・ジョルダーナ監督の昨年のカンヌ映画祭コンペ部門に出品された新作。... more
Tracked from I N T R O+blog at 2006-06-12 17:43
タイトル : 「13歳の夏に僕は生まれた」/ノスタルジックな感傷を排し..
『13歳の夏に僕は生まれた』(2005 / イタリア / マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ) (ネタバレあり)Text By 仙道 勇人  馴染みの女の元からひっそりと去っていく男の心情を歌ったトム・ウェイツの名曲「ルビーズ・アームズ」と共に、本作「13歳の夏に僕は生まれた」の幕は上がる。この曲はそう...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-06-12 20:54
タイトル : 13歳の夏に僕は生まれた
北イタリアの小都市プレジャの裕福な家庭に育ったサンドロは、13歳の夏休みに父親と地中海にクルージングに出かけ、海に転落してしまいます。力尽き、沈みかけていた時、助けられ、船に引き上げられます。その船は、様々な国籍の不法移民を乗せた密航船。多くの人が重なり合うよう... more
Tracked from よしなしごと at 2006-06-18 14:40
タイトル : 6/20は難民の日、「13歳の夏に僕は生まれた」見てきま..
 今年50本目(映画館のみカウント)は13歳の夏に僕は生まれたです。この映画も予告編を見て、絶対行かなければ!と思っていました。... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-07-10 01:13
タイトル : 『13歳の夏に僕は生まれた』
思春期のほろ苦い思いが瑞々しくもリアルに描かれる。 せつなさが心に沁みる味わい深い良作。 北イタリアの小都市ブレシャの父親が小さな会社の社長で裕福な家庭に生まれ育った少年サンドロは、13歳の夏に父親と地中海クルージングに出かけた・・・。オープニングの曲にしびれる。冒頭にトム・ウェイツの曲を使うそのセンスに期待が膨らむ。「ルビーズ・アームズ」が何を歌った曲かは知らないけれど、オープン・クレジットと共に子どもの描いた絵が映し出されて、トムの歌声を聴くだけで、これから始まる物語から受ける感傷が見えて...... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2006-07-16 00:18
タイトル : 13歳の夏に僕は生まれた
イタリアの裕福な家庭に育ったサンドロ。 彼は13歳の夏に父親と父親の友人と3人で地中海クルーズに出かけるが あやまって海に転落してしまう。 何者かに助けられ気がつくとそこは不法移民たちでひしめく密航船の中。 さまざまな国の不法移民の中でルーマニア人のラドゥとアリーナの兄妹に 何かと助けられるサンドロは生還後、移民収容センターに収監された2人を どうにか助けたいと考える。 子供にとって「ある出来事」を通してドーン!と成長する時期というのがある。 (それにしても彼のこの経験は13歳...... more
Tracked from 私のイタリア映画紀行 at 2006-07-27 14:59
タイトル : 13歳の夏に僕は生まれた Quando sei nat..
こちらは原作本、オリジナルタイトルは「生まれたからには逃げも隠れもできない」という意味。どうでもいいけどこの色の組み合わせセンスいいと思いました。海と大地の色かな。 【あらすじ】 北イタリアの小都市ブレシャ。父親ブルーノは小さな会社を経営しており、一人息..... more
Tracked from イタリア!「252枚」の.. at 2006-12-04 08:06
タイトル : No.013 青の洞窟へ
青の洞窟に向かっている船の上から撮った写真です。 高い山がありますね。 この辺の地形が起伏激しいのがよくわかります。 沖に出るとけっこう風が出ていて寒かった記憶。 波は穏やかですね。 さて、こんな大きな... more
Tracked from 心の栄養♪映画と英語のジ.. at 2009-12-21 21:19
タイトル : 「13歳の夏に僕は生まれた」
輝く太陽の光と、その陰影、子役たちの存在感等々、とても印象に残りました... more
Commented by マダムS at 2006-06-09 00:39 x
テーマは重く、ラストも決して甘くないラストでしたよね
あんな歳でこんなことをと、悲しくなりますね・・
ボーニは良かったでしょう? もう若くないんだけどね(^^;)
ちゃんとオフィシャル・サイトもあるのですよ~ん♪
http://www.infonauta.it/boni/homepage.asp
Commented by charlotte at 2006-06-09 15:28 x
こんにちは。
よくヨーロッパの作品を見て思うのは、感情表現が実に豊だなというところです。泣きたいときは思い切り嘆き、笑う時はがははと笑い・・・。(^^ゞ
そして何より思うのは、「潔い幕引き」・・・決して見る側には優しくないんですが、あらゆる解釈をする機会を与えてくれるというか。
私には明るい輝くような陽の光が、子役達の輝く未来にリンクさせました。これからも楽しみな人材ですね~
おお、ボーニのサイト、私も行ってこよっと!笑
Commented by margot2005 at 2006-06-09 21:18
マダム!サンドラが海でもがくシーンは映画だと解っていながらヒヤヒヤしました。でも現実ではとても助からないでしょうね??
ボーニはコレからですわよ!
マダム紹介のウエブから私も画像拝借しておりますわよ。
Commented by margot2005 at 2006-06-09 21:36
charlotteさん、そうなんですよね。日本人は感情表現が少ないですからね?「ナイロビの蜂」でもテッサの従兄弟の男性が、自分はイギリス人だけどイタリアの血が入っているからと、冷静な従兄弟の夫ジャスティンに言ってるシーンがありました。
私はいつも生まれ変われるならヨーロッパ人と切に願っております。
この作品の子供達はとっても良かったです!
Commented by M. at 2006-06-11 14:05 x
コメントTBありがとうございました。
ジョルダーナ監督の映画はテーマは深いのだけれど、そればかりではない登場人物の描写も深いですよね。悪い奴は悪い、いい人はいい人みたいな短絡的な描き方はされないので味わいがあって好きです。「輝ける青春」とキャストが何人かかぶっているのも何となくうれしかったですね。
Commented by margot2005 at 2006-06-12 01:08
M.さんこんばんは!
ジョルダーナの他の作品観てみたいのですが、中々時間がなくて...
ジョルダーナの描く世界は素晴らしいです!
7月にイタリア旅行に行く事になったので、イタリアンの素敵な男性にお目にかかれるにが滅茶楽しみであります。
Commented by CaeRu_noix at 2006-07-10 01:18
ぼなせーら。
きゃー、 margotさんは今頃、ステキなイタリア人男性と・・・。
私は映画でこんなイタリアを味わってきました。
ジョルダーナ作品3作目ですが本当にすばらしいです!
Commented by margot2005 at 2006-07-15 01:06
Caeruさん、そうイタリア男素敵でしたわ。やはりラティン男って素晴らしいですよね!フランス男同様イタリア男万歳でございます!
ジョルダーナ映画これからも観ていきたいですね!
Commented by sabunori at 2006-07-16 00:29
margotさん、フランス男性同様イタリア男性万歳なんですね!
確かにサンドロのお父さん、日本のお父さんと違って色気あるわ~。
ラスト近くサンドロと再会したアリーナの全てをあきらめたような無表情と
部屋でかかっている曲が印象的でした。
おっしゃる通り「13歳の夏に僕は生まれた」というタイトルはなかなかいいですね。
Commented by margot2005 at 2006-07-17 01:03
sabunoriさん!イタリア男素敵でしたわよ。でもでも、最初に行ったヨーロッパがフランスだったので、やはり思い出深いのかも知れませんフランス男...
邦題タイトル良かったですよね。原題のまま邦題にするのは少々無理があると思いましたし...
サンドロとアリーナの再会のシーン素晴らしかったです!
カプリにサンドロが乗ったようなヨットがいっぱい浮かんでいて、この映画思い出しましたわ。
<< 「プルートで朝食を」 「ポセイドン」 >>