「ダ・ヴィンチ・コード」

「The Da Vinci Code」2006 USA
監督と脚本は「ビューティフル・マインド/2001」のロン・ハワードとアキヴァ・ゴールドマン。原作はダン・ブラウン。主演のロバート・ラングドンにトム・ハンクス、ソフィー・ヌヴォーにオドレィ・トトゥ「ロシアン・ドールズ/2004」、ベズ・ファーシュにジャン・レノ、シラスにポール・ベタニー、リー・ティーピングにイアン・マッケラン、そしてマヌエル・アリンガローサにアルフレッド・モリーナと言う豪華な俳優人。a0051234_2454390.jpg映画を観る際、基本的に前知識はなしで、出来たら原作は読みたくない。しかしこの映画ほど原作を読んでおいて良かったと思ったことは過去にない気がする。原作の単行本上下2冊を2時間30分の映画にした脚本家アキヴァ・ゴールドマンってスゴイ!と思った。ただし満足はしていない。まあ2冊の単行本を2時間30分の映画にすること自体が無理だと思ったが...これも仕方がない...とにかく映画は限られた時間内で描くので...だがしかし、“ダ・ヴィンチ・コード”については全然語れていない。踏み込めていないのだ。ダン・ブラウンの小説を一気読みした後、バルセロナの歴史研究家マーティン・ランの書いたノン・フィクション“ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド”を読んだ。わたしのように頭の中で“ダ・ヴィンチ・コード”が出来上がった状態で映画を観た人は滅茶満足に欠けるでしょう...まあこれも仕方ないが...出演俳優はそれぞれ適役で良かったと思う。
a0051234_246517.jpg

ルーヴル美術館館長ジャック・ソニエール(ジャン・ピエール・マリエール)が何ものかに殺害された。ソニエールの死体はレオナルド・ダ・ヴィンチのウィトルウィルス的人体図を彷彿とさせる形で横たわっていた。捜査が開始され、ちょうどパリで講演をしていたハーヴァード大学のロバート・ラングドン(ハンクス)が殺害現場ルーヴルに呼ばれる。宗教象徴学の権威であるラングドンを出迎えたのはフランス司法警察のベズ・ファーシュ警部(レノ)。ソニエールが殺害された、正にその夜ソニエールとラングドンが会う約束をしていたと言う事を知ったファーシュはラングドンを疑い始めていた。そうこうするうち、フランス司法警察暗号解読官ソフィー・ヌヴォー(トトゥ)が現れる。ソニエールはソフィーの祖父で、彼はソフィーになら解けるであろう暗号を、自身の身体や、ルーヴルの名画周辺に残していた。
a0051234_2473968.jpg

その後映画はサスペンス・タッチでイエス・キリストの“聖杯”探しが描かれるのだが、何せ英語とフランス語がごちゃ混ぜの上...オプス・ディ、悪魔崇拝、シオン修道会、秘密結社、ウィトルウィルス的人体図、フィナボッチ数列、黄金比、クリプッテックス...と耳慣れない言葉の嵐で...おまけに聖書の言葉も引用され、非日常的この上ない会話(字幕)の連続で、ミステリーを楽しむと言うにはちょっと...本ではもちろんこれらにについて詳しく説明してあるので、興味しんしんで読み進める。しかし映画では余りにも説明が割愛されているので、本のそれらの箇所を何度も、思い出し、考えずにいられない状態であった...終始...なものでサスペンスに浸ると言う気分ではなかった。
a0051234_2494170.jpg

ルーヴルで撮影したということだが、“モナ・リザ”と“岩窟の聖母”の他は、さらっと映るのみで、階段途中にある、かの有名な“サモトラのニケ”が一瞬映ったかと思ったらルーヴルは終わりで..少々物足りない気がした。
a0051234_2492595.jpg

それぞれの人物の描写についても乏しく、特にティーピング(マッケラン)の従僕であるレミー・ルガリュデ(ジャン・イヴ・バーテルロ)やチューリッヒ保管銀行パリ支店長アンドレ・ヴェルネ(ユルゲン・プロフノウ)の描き方(彼らの行動)がとても短絡的で困った。観ていて、なんでいきなりそんな行動にでるの...みたいな...
a0051234_2471861.jpg

主演のトム・ハンクス、この作品ではほとんど笑わない...真剣そのもののトム・ハンクスの顔って余り見かけない気がする...
a0051234_2475648.jpg

ヒロインのオードレは「アメリ/2001」のイメージがいつも付いてくるが、いや中々良かった。ジャン・レノは相変わらず存在感あり!!イアン・マッケラン、ポール・ベタニー、アルフレッド・モリーナはそれぞれ適役でgood!
a0051234_2495832.jpg

ディレクターズ・カット版で5時間位の作品が作られたら観たいなぁ。
わたしはクリスチャンではないが、神イエスが人間であり、マグダラのマリアとの間に子供をもうけ、子孫がいる...その子孫は...と言うのはちとキツいなと思った...。
ラスト・シーン...ルーヴル・ピラミッドのガラスから下を見入るラングドン...その下にはあの像が...コレは原作にはない。原作はソフィーとの再会の約束である...ラングドンが見入るその像はマグダラのマリア???
ああ又パリに行きたくなって来た!!
a0051234_24971.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-05-25 19:51 | USA | Trackback(49) | Comments(14)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3653847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-05-25 22:20
タイトル : ダ・ヴィンチコード
私は例によって無謀にも原作を読まずしてこの作品に挑んだ。 原作に忠実であるらしいとのことなんで、ある意味それなりに話を知らなくても理解は出来るようになっているとは思った。 しかし予想通り内容は濃く、サスペンス仕立てでしかも展開が早いので話についていくのはやっとだった。{/face_ase2/} フランス語はもちろん字幕が必要だし、英語も?な人なんで字幕を追うのもやっと。しかも、英語字幕はちょっとニュアンス違うかもと思った箇所もありで、なかなか使わない頭を使った為に@@ぐるぐる回っていた。・・・と思...... more
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-05-25 23:18
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード THE DA VINCI CODE
トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演 ロバート・ラングドン博士は象徴学者で学会が開かれるパリにいます ルーブル美術館の館長であるジャック・ソニエールが殺害され 彼の周辺に謎のシンボルが描かれているので  同行して謎を解いてくれと頼まれ 現場に行くのです ダビンチのウィトルウィウス的人体図と同じポーズで館長が横たわり 彼が最後に残した記号を手がかりに 犯人を逮捕しようと 刑事司法警察局長官は残したサインからラングドンの文字を見つけ ロバートを逮捕しようとするのですが ソフィーと...... more
Tracked from *Sweet Days*.. at 2006-05-25 23:33
タイトル : 『ダ・ヴィンチ・コード』
監督:ロン・ハワード CAST:トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ、イアン・マッケラン、ポール・ベタニー フランスに滞在していたハーバード大のラングドン教授(トム・ハンクス)は、ある夜ルーブル美術館の館長と会う約束をしていた。しかしその夜館長は、ルーブル美術館内で不可解な暗号を残し、死体となって発見される・・・・ ダン・ブラウン著の同名小説の映画化。全世界でベストセラーとなったこの作品の映画化と言うことで、今年度公開映画で最大の話題?ってぐらい賑わってます。 確かに原作は面...... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-05-26 00:25
タイトル : 映画「ダ・ヴィンチ・コード」
映画館にて「ダ・ヴィンチ・コード」 ダン・ブラウンの同名小説の映画化。カンヌ映画祭のオープニング上映(プレス向け)で拍手がなかったなど話題をまいている大作がいよいよベールを脱いだ。 ルーブル美術館館長の死体が発見され、そこに残されていた不可解な暗号を宗教象徴学教授ラングドン(トム・ハンクス)と館長の孫で暗号解読官のソフィー(オドレイ・トトゥ)が解き明かしていくというストーリー。 ロン・ハワード監督作品はあまりハズレがないのでとりあえず信用していたのだけれど、この作品はやはり情報量が圧倒的に多いの...... more
Tracked from 気まぐれ映画日記 at 2006-05-26 00:28
タイトル : キリスト教の内紛〜「ダ・ヴィンチ・コード」
ダ・ヴィンチ・コード(上)初日に観てしまいました、「ダ・ヴィンチ・コード」。 上映時間150分とやや長尺ながら、あっというまだった。この頃では2時間ほどの映画でも長いーと思ってしまうあきあきあっちゃんの私にしては、飽きはしませんでしたね、少なくとも。私は元々美....... more
Tracked from 平気の平左 at 2006-05-26 00:35
タイトル : 超弾丸パリツアー 「ダ・ヴィンチ・コード」
評価:55点 ダ・ヴィンチ・コード 公開前に悪い噂しか聞かなかったので、かなり心配していたのですが、そこまで悪い映画でもないと思いました。 まぁ、よくもないんですけどね。 この映画は、例えるならば、「超豪華チャーター機で行く!パリ0泊2日の旅!!」って感じです。 まず、成田空港からパリに着きまして、モナリザで有名なルーブル美術館を通りかかります。 その後、ノートルダム寺院、凱旋門、などを眺めた後、自由行動になります。 自由行動は5分です。 その後、エッフェル塔に行くと見せかけて、空...... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2006-05-26 07:46
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
原作は前に読んだんですが、 上巻は面白く読め、下巻になるとなんだか実は!実は!みたいな どんでん返しと「暗号」の必然性にムリがあるんじゃ?って感想。 途中で物語の真相も読めてしまったし・・。 原作が世界的にヒットした理由の一つには、世界でもトップク...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-05-26 08:19
タイトル : 「ダ・ヴィンチ・コード」を吹き替え版で♪
某TV番組で「映像を楽しみたいなら吹き替え版で見るのもいいかも」なんて言ってるのを聞いたら、それもいいかもと・・ 吹き替えと言っても英語の部分だけで、フランス語とシラスの(?)語はそのままで字幕が付きましたので、洋画の雰囲気を残しつつ(笑)画面に集中出来て..... more
Tracked from エルミタージュジャパン公.. at 2006-05-26 10:06
タイトル : ダ・ヴィンチ「リッタのマドンナ」
エルミタージュジャパン http://hermitage-japan.com/ では、ロシア国立エルミタージュ美術館の優れた芸術コンテンツや美術館内の様々な情報を日本へ向けて発信し、エルミタージュ美術館とみなさまとをつなぐ日本公式サイトです。... more
Tracked from Akira's VOICE at 2006-05-26 10:10
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
爆発のない「ナショナル・トレジャー」(笑... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-05-26 10:27
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード/THE DA VINCI CODE
甘かった。。。。 これほど原作を読んでから観れば良かった~。と思った事もそうない。 いつも原作を読まずに、なるべく前知識ナシで観るワタシですが、、、、 読んだ人は皆面白いというし、 原作読まずに観ると難解と聞いてたのでちょっとは不安だったんだけど。。。 読んでたら読んでたで、文句を言いたくなっちゃうかも?? ルーブル美術館で本物の「モナリザ」を見てからというもの "レオナルドダヴィンチ"という人に興味が湧いて、そのダヴィンチの謎に迫ったこの映画、 5月公開作品の中ではかなり楽しみだったのに~...... more
Tracked from 「感動創造カンパニー」城.. at 2006-05-26 16:05
タイトル : ■週末の学び5/19「ダ・ヴィンチ・コード」〜波紋広がる..
今年最大級のおすすめ作品が!!! ... more
Tracked from 「感動創造カンパニー」城.. at 2006-05-26 16:06
タイトル : ■週末の学び5/19「ダ・ヴィンチ・コード」〜波紋広がる..
今年最大級のおすすめ作品が!!! ... more
Tracked from 利用価値のない日々の雑学 at 2006-05-26 19:19
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
全世界で6000万部のセールスを誇る大ベストセラーの映画化である。普段はあまり映画化される作品の原作を読む機会に恵まれない筆者ですら、流石にこの作品は読んでいるものの、映画作品化に向いている原作とは全く思えなかった。この原作が映画化されることにより、多くの誹謗、中傷、偏見、批判が色々なところから発せられるのは分かっているし、同時に映画という「視聴覚」での表現は、字間に表現される微妙なニュアンスをも、明解に描写してしまうものだ。だが、一方で大いなる期待としては、ロン・ハワードが監督であること、また、世界...... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-05-27 09:18
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
 公開前から前評判が高いばかりでなく、世界各地でカトリック教徒を中心にボイコット運動が起きた作品。  ということで、今年、いや近年最大の問題... more
Tracked from 映画と秋葉原とネット小遣.. at 2006-05-27 10:18
タイトル : 『ダ・ヴィンチ・コード』2006・5・21に観ました
『ダ・ヴィンチ・コード』 公式HPはこちら ●あらすじ ルーヴル美術館での館長殺人事件を発端に、フランス警察ファーシュ警部(ジャン・レノ)はハーバード大学教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)に捜査の協力を依頼したが・・・・・・・・・・・・。それは... more
Tracked from Diarydiary! at 2006-05-27 22:44
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
《ダ・ヴィンチ・コード》 2006年 アメリカ映画 - 原題 - THE DA... more
Tracked from ノラネコの呑んで観るシネマ at 2006-05-28 14:19
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード・・・・・評価額1400円
ダン・ブラウンの原作はだいぶ前に読んで、映画化を楽しみにしていた1本。 直前のカンヌ映画祭のプレス試写で不評だったとか、失笑されたとかの報道があったんで、ベテラン、ロン・ハ... more
Tracked from とにかく、映画好きなもので。 at 2006-05-28 14:53
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
   モナリザはその微笑みの奥に何を隠したのか。  今週末・・・最も皆が観に行った作品は、この作品でしょう。  初日、9時には有楽町の日劇に着いて二人分の座席を確保しました。(今回は珍しく一人では無く・・・サークル時代の後輩、S嬢と行って...... more
Tracked from la nourritur.. at 2006-05-28 14:54
タイトル : THE DA VINCI CODE
少し前から書店を賑わせていた作品。 ┐( ̄ヘ ̄)┌。oO(ミステリー?興味ナシ。) なんて思っていたのですが。 先日たまたまTVをつけた時に 『たけしの誰でもピカソ 』を見て。 見事にハマってしまいました。 早速Amazonで原作をオーダー。 Dan Brown The Da... more
Tracked from まったりでいこう~ at 2006-05-28 15:14
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
初日ということもあって大混雑でした。 この作品、文庫になった時点で原作のほうを読んでいたため、ストーリーの展開というか流れはほぼ読めてしまいました。そのため、ミステリーとかサスペンスにある「次はどうなるんだろう?」といったワクワク感はなかったですね。それだけがちと残念~! けっこう原作に忠実に作ってあるのですが、あの話を2時間半にまとめるのはちょっとキツイような気がします。これって説明不足なんじゃ?と思えるシーンがいくつかありましたし、展開がちょーっと早かったようにも感じました。 人と人の繋がり具合も...... more
Tracked from flicks revie.. at 2006-05-28 17:06
タイトル : 『ダ・ヴィンチ・コード』
キリストの聖杯にまつわるいわずとしれたベストセラー小説の映画化。 映画化の話が伝わってきた時にちょうど原作を読んでいたのもあり注目していたので早々の鑑賞となりました。 ... more
Tracked from soramove at 2006-05-28 17:22
タイトル : 「ダ・ヴィンチ・コード」難解なミステリーをハリウッドテイ..
「ダ・ヴィンチ・コード」★★★★ トム・ハンクス、オドレイ・トトゥ、ジャン・レノ主演 ロン・ハワード監督、2005年アメリカ ルーブル美術館の館長が殺害された。 彼の死体はダ・ヴィンチの有名な素描 「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわっていた。...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-05-28 20:44
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
「ダ・ヴィンチ・コード」 THE DA VINCI CODE/製作:2006年、... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2006-05-28 21:08
タイトル : 【劇場映画】 ダ・ヴィンチ・コード
≪ストーリー≫ 閉館後のルーヴル美術館。ダ・ヴィンチの有名な素描「ウィトルウィウス的人体図」を模して横たわる、館長の死体が発見された。死体の周りに残された、不可解な暗号。その暗号の中には、その夜、彼が会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンの名前が含まれていた。殺人の容疑者として現場に連れて来られたラングドンだったが、館長の孫娘で暗号解読官のソフィーに助け出される。暗号の謎をときはじめるふたり。しかしそれは、歴史的真実を覆す謎解きのはじまりに過ぎなかった…。 (goo映画より) 初日の...... more
Tracked from ☆ 163の映画の感想 ☆ at 2006-05-28 21:58
タイトル : 映画館「ダ・ヴィンチ・コード」
この作品って、レオナル・ド・ダヴィンチの話がメインなのかと思っていた、、、モナリザもチョットしか出てこないんですねぇ。。。 原作を読んでいない私は、テレビで「本を読んでいない人は、せめて特集番組を見てからの方が楽しめる!」と言っていたので、いろいろ見...... more
Tracked from きょうのあしあと at 2006-05-28 22:27
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード / THE DA VINCI CODE
「ダ・ヴィンチは、その微笑みに、何を隠したのか」 監督:ロン・ハワード 原作:ダン・ブラウン 出演:トム・ハンクス、 オドレイ・トトゥ、 イアン・マッケラン、 アルフレッド・モリーナ、 ユルゲン・プロホノフ、 エチエンヌ・シコ、 ポール・ベタニー、ジャン・レノ、他 公式HP:http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/ 鑑賞:CINECITTA\' ■ストーリー パリ、ルーヴル美術館で、館長ジャック・ソニーエールが殺害された。...... more
Tracked from 映画とアートで☆ひとやす.. at 2006-05-28 22:50
タイトル : ★ダ・ヴィンチ・コード@TOHOシネマズ 六本木ヒルズ:..
私は映画ブログをやってはいるが、映画好きか?と聞かれたら「見るのは好き」としか答... more
Tracked from さるおの日刊ヨタばなし★.. at 2006-05-29 00:49
タイトル : 映画鑑賞感想文『ダ・ヴィンチ・コード』
さるおです。 『THE DA VINCI CODE/ダ・ヴィンチ・コード』を劇場で観たよ。 観終わってすぐ、愕然としましたね(涙)。 ヒミツを知ってるの、ソニエール館長さんたちだけじゃなかったぁーっ! ミッテランも、イオ・ミン・ペイ(貝聿銘)も、けっこう知ってる人いっぱいいたぁー..... more
Tracked from シネマ日記 at 2006-05-29 14:37
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
読んでから観るか、観てから読むか、それが問題だ。少しだけネタバレあり。原作がベストセラーである映画の場合、どちらか迷うものだ。映画化が決定していない時点で本を手にした場合は別として、映画化か決まっている場合、観るまで待とうか、先に読んで予習しようか迷う。「自分は必ず観てから読む」とか「読んでから観る」とか常に決めている人にはそれぞれこっちのほうがいいという言い分はあるだろう。ワタクシの場合、特に決めているわけではないのだけど、基本的には観てから読むほうが多い。それは原作の存在を映画化によって知る場合が...... more
Tracked from 映画を観たよ at 2006-05-29 18:21
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
カンヌで失笑!? 彼の変な髪型も失笑の原因をかってるかと思いますけどね。でも観てると途中で慣れました。 なかなかつまらなかったです(笑 2時間30分をとっても長~く感じてしまいました。 原作は読んでいてかな~り面白かったしかな~り興味をそそられたんですね。 でもこの映画はやっぱり大雑把に作られていて原作の面白さを全く失くしてしまったって感じでした。 微妙にエンターテイメント&アクションに走りすぎたかなって感じもします。 だって本では終始謎解きしていてページをめくるたびにドキドキなのに映画ではあまりに...... more
Tracked from よしなしごと at 2006-06-01 21:48
タイトル : 「ダ・ヴィンチ・コード」見てきました
 世界中でベストセラーとなったダ・ヴィンチ・コードを見てきました。正直キリスト教じゃないし、ダ・ヴィンチにも興味ないんですが、一応ベストセラーということで流行に流されてみました。... more
Tracked from しんのすけの イッツマイ.. at 2006-06-01 22:59
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
さすが世間を騒がせているだけのことはありますね~(^^; これは予備知識がないと、かなりキツイかもしれませんわ(笑)... more
Tracked from 守谷発、夢がモリモリ at 2006-06-02 02:27
タイトル : 映画 「ダ・ヴィンチ・コード」
公開前から話題騒然の「ダ・ヴィンチ・コード」。 早速、観ました@つくばシネプレ 会場30分ほど前に行ってみると、既に「完売」の張り紙が。 あらかじめチケットはオンラインで予約しておいたので良かった。 観終わった感想としては「本読んでないと理解できないのでは?」 と思った。 ボクもカミさんも読んでいたので実際のところはわからないけど、説明不足では?と思われる箇所がちょくちょく見受けられた。 あとは、原作が長いので仕方ないが、だいぶはしょられてたな〜。 ...... more
Tracked from Amazonマニア at 2006-06-05 12:56
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード(上)
ルーヴル美術館のソニエール館長が異様な死体で発見された。死体はグランド・ギャラリーに、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害当夜、館長と会う約束をしていたハーヴァード大学教授ラングドンは、警察より捜査協力を求められる。 ... more
Tracked from Mon plaisir ☆ at 2006-06-08 00:58
タイトル : 映画『ダ・ヴィンチ・コード』観に行きました!
映画ダ・ヴィンチ・コード オフィシャル・ムービー・ブック角川メディアハウスこのアイテムの詳細を見る ついに、私も『ダ・ヴィンチ・コード』観に行きました!!! 公開後、世間の評判は、「小説の方がよかった」とか、「省略が多いから“どうしてそうなるわけ?”っていう疑問が多い」とか、「原作を読んでから行った方がいい」などなど、あまりいい感じではない。。。 だから私は、どうしても原作を読み終えてから行こうと思い、逸る気持ちを抑えつつ、読了。上巻は、絵画やキリスト教の説明と関連人物の紹介が主で、なかなか進まなかっ...... more
Tracked from 猫姫じゃ at 2006-06-10 10:51
タイトル : ダ・ビンチ・コード 06年105本目
ダ・ビンチ・コード これって、話題の映画?ですよね。 トム・ハンクス 主演、ロン・ハワード 監督。原作はダン・ブラウン のベストセラー、、、ぁ、原作はおもしろいのね?たぶん、、、 てなわけなさそう、、、 つまらん、、、 どこがおもしろいのか、ぜんぜんかわから...... more
Tracked from とりあえずな日々(仮) at 2006-06-12 05:02
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
講演会のためパリを訪れていたハーバード大学教授のラングドン。 深夜に突然フランス司法警察のファーシュ警部に呼ばれ、ルーブル美術館に連れ出され、美術館長のソニエールが殺された事件の捜査に協力して欲しいとの要請を受ける。 そこにソニエールの孫娘で暗号解読者の....... more
Tracked from 金言豆のブログ ・・・映.. at 2006-06-13 16:28
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
★本日の金言豆★ 「ダ・ヴィンチ・コード」原作者ダン・ブラウンは、ミュージシャン(ボーカル兼ギター担当)、母校フィリップス・エクセター・アカデミーの英語教師等を経て作家業... more
Tracked from シカゴ発 映画の精神医学 at 2006-06-18 02:06
タイトル : ダ・ヴィンチの性格から分析するモナ・リザの謎
モナ・リザのモデルは誰だったのか? 美術界の長年の謎に、挑みます。ヒントは、ダ・ヴィンチの発明品と彼の「性格」です。天才ダ・ヴインチの性格はどのようなものだったのか? 驚くべき、モナ・リザの謎とは。... more
Tracked from Alice in Won.. at 2006-07-03 17:03
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
やっと観に行くことが出来ました。感想は・・・ ダ・ヴィンチが名画に隠した暗号とは?歴史の真実を託された2人は、謎の扉を開けることができるのか── パリのルーヴル美術館で発見された、館長のジャック・ソニエールの他殺体は、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィ...... more
Tracked from 映画とアートで☆ひとやす.. at 2006-07-03 19:22
タイトル : ■原作■ダ・ヴィンチ・コード:ダン・ブラウン著(越前敏弥訳)
やっと読み終わった、『ダ・ヴィンチ・コード』の原作。長かった…。映画を見た時のダ... more
Tracked from CinemA*s Cafe at 2006-08-06 10:38
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
http://www.sonypictures.jp/movies/thedavincicode/ あまり本を読まない私が珍しく読んだ本が原作となり、映画化された1本。 主人公にジョージクルーニーの名前もあがっていたのだけどねぇ。実際はトムハンク... more
Tracked from ハサウェイのシネマ!シネ.. at 2006-12-01 14:35
タイトル : 【洋画】ダ・ヴィンチ・コード
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  A (演技4/演出5/脚本5/撮影4/音響3/音楽3/美術4/衣装4/配役4/魅力4/テンポ4/合計44) 『評論』 以前も... more
Tracked from 別館ヒガシ日記 at 2007-08-09 20:06
タイトル : 祝1000記事&ダ・ビンチ・コード&BLEACH&ホタル
祝1000記事はスポーツ瓦版が約2年6ヵ月半で達成した事であり嬉しいし BLEACHはアランカルで内紛あり宝玉を奪い現世で戦闘が開始して ホタルノヒカリは蛍は閉じ込められ遂に告白し部長は離婚を決意した ダビンチ・コードは原作を読んでなくて映画を観終わった感... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-09-27 00:24
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
 『ダ・ヴィンチは、 その微笑みに、何を仕組んだのか。』  コチラの「ダ・ヴィンチ・コード」は、既にご覧になられた方も多いと思うのですが、原作を読み終えたので、や〜っと観て来ましたぁ〜♪ビミョーにカットされてたり、変えてある部分もありますが、基本的には....... more
Tracked from 雨漏り書斎 at 2007-10-17 21:24
タイトル : ダ・ヴィンチ・コード
5月20日。  世界同時公開だそうです。 朝10時開演のを観てきました。  勿論、家人Tも一緒です。 下手な感想を書くより、ネタバレしない程度に、パンフから引用した方がいいと思ったので、そうします。 始まりは奇妙な殺人事件だった。 ルーブル美術館で発見された、ソニエール館長の他殺体が、レオナルド・ダ・ヴィンチの「ウィトルウィウス的人体図」を模した形で横たわっていたのだ。しかもそれは、瀕死の傷を負った身で、自ら作り上げたものだった。 さらに不可解な暗号が残されていた。 ハーヴァード...... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-03-13 21:15
タイトル : 『ダ・ヴィンチ・コード』
DVD ダ・ヴィンチ・コードデラックス・コレクターズ・エディション(2枚組)【ベストコレクションLIMITED\1980第3弾】あんなに話題になった原作なのに、活字離れしてる自分は原作読んでない状態。余計にどんな話なんだろうと思ってワクワクしながら映画観ました。ちょっ...... more
Tracked from さも観たかのような映画レ.. at 2010-12-17 01:55
タイトル : 『ダ・ヴィンチ・コード』 映画レビュー
2006  ơ ġϥɥ㥹ȡȥࡦϥɥ쥤ȥȥޥåΡեåɡ꡼ʡݡ롦٥ˡ륲ץեΥԥ롦ޥꥨ롢ᥤ٥ȥ롼ȡ֥饦٥ȥ顼إӥ塼ƥե롦ޥ ٤ΥϥɴĤDz貽ڥŷȤȰ١إ꡼ޥ٤Υȥࡦϥإ٤Υɥ쥤ȥȥ إ쥪٤ΥΤ餬б顣롼֥ѴۤǵĹĴꤵ줿ɥʥϥˤϡŹɴեʥȥ ˤȶ˻ΤΰŹɤƤ椯ˡ䤬ƥꥹȶζشé夤Ƥޤ &#160...... more
Commented by charlotte at 2006-05-25 22:26 x
こんばんは~☆
私は原作を読んでませんー
なんだか??なところもありましたけど、それなりには楽しんできましたよ。もっとダビンチについて語られるものかと思ってましたんで、キリストの話だとは思わず、な~んだ…という感じ。(^^ゞ
映画を見た後、原作本が売れるでしょうねえ~。笑
もっと美術も見せて欲しかったし、現地の空気を感じるような撮り方をして欲しかったですー。
私もパリ、いきたいっ!
Commented by ミチ at 2006-05-26 00:28 x
こんばんは♪
TBありがとうございました!
タイトルといい、ポスターといい、知的好奇心を刺激するような作りですが、実際はキリストの話なんですよね~。
もしかして騙されたと思った方もいるかな?
原作でもアッサリ謎を解いていましたが、映画では一層駆け足でしたね。
Commented by マダムS at 2006-05-26 08:25 x
私のようなおバカな頭だと、原作と映画とセットでちょうど良かったです。
おまけにわざわざ”吹き替え版”を選んでこれも正解!笑
ラスト違ってましたね~ 教授が祈りをささげていた相手は広くは女性って意味?色々解釈できそうですねぇ
そのマーティン・ランのノン・フィクション貸してくらさーい いつでもいいですので。
Commented by iiosu at 2006-05-26 23:14
映画ダ・ヴィンチ・コードは大変面白かったです。
一言で言うなら、
「豪華俳優と行く中世ヨーロッパミステリーツアーへのご招待」
ストーリーは緻密で複雑。でもってして、役者が素晴らしすぎです。...more
Commented by margot2005 at 2006-05-27 00:54
charlotteさん、原作読まないでご覧になったとは...これから是非お読みくださいませ。わたしダン・ブラウンが描く世界好きなんで...ラングドン・シリーズ第一作の「天使と悪魔」に想いが馳せております。
ルーヴルの中を描くのは大変だったのではないでしょうかねぇ?
監督はコメントでルーヴルで撮影できて素晴らしかった...なんて言ってるらしいですが...あれじゃ満足できませんよね??
Commented by margot2005 at 2006-05-27 01:31
ミチさんこちらこそありがとうございました。
そうですね、これは宗教映画ですね。ダン・ブラウンが書いたのですから...
ポスターにはだまされること多いかと思います。まあ仕方ないでしょうね?たくさんの人に観に来てもらいたい一心の配給会社の陰謀でしょう。
映画でもダヴィンチにもうちょっと踏み込んで欲しかった気がします。
とにかく今は既に次回のダン・ブラウン作品の映画化に想いを馳せています...
Commented by margot2005 at 2006-05-27 22:40
マダム!こういった題材はわたしたちジャポネには縁が薄いので...なにせ原作は宗教がネタですから仕方ないですね。
英語、フランス、おまけにラティン語まで登場して、字幕読むの忙しかったです...確かに...。
ノンフィクションまわしますから待っててね。滅茶固い(非日常言語炸裂)ですわよコレも...
Commented by margot2005 at 2006-05-27 23:58
llosuさんこんばんは!
映画はそれぞれに観る人によって感じ方が違ってくるので...私的には物足りなかった気がしますが俳優たちは素晴らしかったですね。
Commented by M. at 2006-05-28 17:05 x
こんにちは コメントTBありがとうございました。
わたしはロンドンに行きたくなりました。ウェストミンスターの裏道とかお散歩したいですわ。
ラングドンが出てくるのは「天国と地獄」が先で、これが2作目なのですか? 読んでみたいですー^^
Commented by margot2005 at 2006-05-28 21:06
M.さんこんばんは!こちらこそありがとうございます。
今日は久しぶりでのんびりした日曜日でした。又明日〜働きゃなきゃですが...
さてロンドンの裏町良いですね。ロンドンに行った際、二階建てバスがスゴイ狭いstreetを走り回っているのを見て、乗ってびっくりしました。又行きたいです英国!
「天使と悪魔」はラングドン・シリーズの最初の作品で、舞台はヴァチカンです。本屋さんで立ち読みしただけなので...読んだ人はこちらの方が良いと言ってますが...
Commented by 紫の上 at 2006-05-28 23:06 x
マルゴさんは原作を読まれたり、他の本も読まれたりと、準備されて、映画に望まれたんですねぇ~。(感心)
私は未読だし、ぶっつけ本番みたいなものでした。
あ、その前に、テレビの特番は見ていたんですが・・・。
そんな訳で、スピーディーだし、聞き慣れない日常語でない言葉も出てきて、理解できず、また見落とした部分もあったりして、もう一度挑戦しないと・・・といった感じですが、まぁ~でもミステリーサスペンスで、ハリウッド大作だからと、それなりには楽しんできました。(^^;ウヘヘヘ。
でも豪華俳優人たちで、さすが、ハリウッド大作!?
それから、私はイエスが人間であり、妻がいて、子供までいるというのは、受け入れられるのだけど、キリストの子孫が・・・・・とはちょっと唖然としました。
いくらフィクションといっても??
Commented by ななな at 2006-05-29 18:28 x
こんばんわ。
ディレクターズカット版があるなら是非出して欲しいですよね!
これだけじゃもの足りないです。せめてルーブルのシーンだけでも長く見せて欲しかったです。
トム・ハンクスまじめな顔していましたね~!でも頭が・・・やっぱ変!
そっちばっかりに目が行ってしまいました~。
Commented by margot2005 at 2006-05-29 22:47
紫の上さんこちらにもコメントありがとうございます!
TVの特番面白かったですよね。あれかなりの視聴率だったのじゃないかしら?
この映画はホント本を読んどいて良かったと思いましたね。本読んでないと展開が早いのでストーリーが解らなくなったのではないでしょうか??でもこの後本を読まれたら面白くて止まらないと思いますよ。是非お読み下さいね。
イエスは人間であったというのはなんとなく許せますが、子孫が生きてるというのはどうなんでしょう?なんか許せないですよね。
トム・ハンクスが珍しく苦みばしっていて、なんか変でしたね??
Commented by margot2005 at 2006-05-29 22:52
なななさんこんばんは!
観たいですよねディレクターズ・カット版。ルーヴルのシーンは楽しみにしていたのですが、少々がっくりでした。しかしあの名画を映画でゆっくり見せることには賛成しなかったんでしょうねルーヴルも。
トム・ハンクスそうそう、なんか変でしたよね...いつもと違う!
<< 「アンジェラ」 「ロシアン・ドールズ」 >>