「ロシアン・ドールズ」

a0051234_1591199.jpg「Les Poupées russes」...aka「The Russian Dolls」2004フランス/UK
セザール賞、助演女優賞2005/セシル・ドゥ・フランス。
フランス映画祭上映作品/2005
「スパニッシュ・アパートメント/2002」から5年後の物語。ユーモアとセックスをたっぷりと描いた素敵なラヴ・コメディ。
a0051234_216216.jpg

主演のグザヴィエにロマン・デュリス「ルパン/2003」。元彼女マルティーヌにオドレィ・トトゥ「ダ・ヴィンチ・コード/2006」。ウエンディに「プライドと偏見/2005」のケリー・ライリー、イザベルにセシル・ドゥ・フランス「ぼくセザール10才半1m39cm/2003」。監督、脚本はセドリック・クラピッシュ「パリの確率/1999、スパニッシュ・アパートメント/2002」。
a0051234_2155296.jpg

スペイン、バルセロナで過ごした多国籍友人たちとの、思い出深い日々から5年の年月が経過したグザヴィエ(デュリス)は現在30才。夢であった小説家にはほど遠く、くだらないTVドラマの脚本を書くことで生計をたてている。元彼女マルティーヌ(トトゥ)はシングル・マザー。彼女は、今の仕事に甘んじているグザヴィエを批判するが...
ある日、アパルトマンから追い出されたグザヴィエは、レズビアンのイザベル(フランス)の所に転がり込む。ショッピングに行ったブティックで出会ったカッシア(アイザ・マイガ)とベッド・インしたり、レズビアンのイザベルを自分のフィアンセだと祖父に紹介したりで、今だ理想の恋人を見つけられないグザヴィエ。そんな折、イギリスBBC放送のドラマを書く事になったグザヴィエは、バルセロナで一緒に過ごしたウィリアム(ケヴィン・ビショップ)の姉ウエンディ(ライリー)に会うためユーロスターに乗ってロンドンへ行く。一方パリでは、若いセレヴで元モデルと言うセリア(ルーシー・ゴードン)の自叙伝のゴースト・ライターとしてグザヴィエが選ばれる。スーパー級にゴージャスなセリアに夢中になりながら、ウエンディにも気持ちが傾くグザヴィエ...
a0051234_216695.jpg

いやロマン・デュリスは素晴らしい!とても存在感のある俳優で、ユーモア精神抜群の素敵な俳優だ。この作品おまけでロマン君のストリーキングも登場する。
パリとロンドンが舞台となっているため、景色も楽しめ...もう何も言う事がない。文句無しに楽しめるロマンティック・コメディここにあり映画である!!
ユーロスターはパリ、ロンドンを結ぶ重要な役を果たしている。この作品でも登場するが、このユーロスターでパリ、ロンドンを往復するシーン...「ぼくの妻はシャルロット・ゲンズブール/2001」にも登場していたのを思い出した。
フランス映画、ロマン・デュラス万歳!!
正直言ってロマン・デュリスの顔は余り好みではないのだが、素晴らしい俳優である事は間違い無しである。今後の彼に益々期待したい!!
a0051234_2163566.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-05-21 02:28 | フランス | Trackback(15) | Comments(13)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3634851
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 江原啓之 スピリチュアル.. at 2006-05-21 21:48
タイトル : 悩んだ時に読む本
私が友人や知人が悩んでいるときにお勧めする本です。 自分自身が迷った時にも、繰り返し読みます。 ... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-05-22 02:36
タイトル : フランス映画祭で 『ロシアン・ドールズ』
第13回フランス映画祭横浜2005 その2 『スパニッシュ・アパートメント』の続編がお目見え。 恋はロシアン・ドールズのようなもの。 土曜ということもあり会場は大盛況。 ゲストのケリー・ライリーは笑顔がかわいくとってもキュートでした。 クラピッシュ監督は挨拶の際、「拙者は日本語を話せますが、 フランス語を守るためにこの後はフランス語で話します。」 というおちゃめな導入で楽しくサービスしてくれました。 ところで、6/5付で紹介した「FIGARO japon」の記事を読むと ...... more
Tracked from Chocolate縲log at 2006-05-22 15:30
タイトル : ロシアン・ドールズ
フランス映画祭2005で見た 「ロシアン・ドールズ」がもうすぐ公開。 この作品は「スパニッシュ・アパートメント」の 続編でロマン・デュリス扮するグザヴィエや 仲間たちのその後を描いた青春群像劇。 クラピッシュの作品の中ではかなり好きな方に入るんだけど、 スパニッシ..... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-05-23 09:46
タイトル : 『ロシアン・ドールズ』
やーやー! あのグザヴィエと仲間たちが帰ってきました! 「スパニッシュ・アパートメント」から5年後・・青春の輝くばかりの一時期を共に過ごした仲間達は 皆、自分の道を見つけられたのでしょうか!? (原題/英題:LES POUPÉES RUSSES/Russian Dolls) 200..... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-05-25 23:49
タイトル : ロシアン・ドールズ
バルセロナのアパートを舞台にした作品「スパニッシュ・アパートメント」から5年後・・・30歳となったフランス人青年グザヴィエが主人公の「ロシアン・ドールズ」 パッとしない人生・・・恋も仕事も。 等身大である30歳のグザヴィエの姿にはとっても共感できるし、きっと私もこんな感じ?笑 仕事も何でも書くし、「何でも書ける」とホラを吹く。・・・と笛吹き男が登場する。爆{/buta/}  恋はしてるようで愛については何も知らない。でもラブストーリーを書かなきゃならないし・・・で悩む姿がリアルなドラマに再現され...... more
Tracked from 映画を観たよ at 2006-05-28 17:31
タイトル : ロシアン・ドールズ
グザヴィエは成長したかな? 「スパニッシュ・アパートメント」の5年後を描いた作品であります。 期待していたのは5年間のグザヴィエの成長。 お遊びの入った映像とちょっと軽い感じの音楽は前作と変わらず面白くていい感じでした。 でもストーリーがね・・・。 5年前のグザヴィエには何か共感できる気持ちがあったんです。 でもこっちには共感できることや気持ちがなくてあんましなかったのです。 何でかな?世の中の30歳の方々はこういう風になるのですか? 仕事も恋もまぁそれなりに上手くいってるけど何かちょいと微妙な毎日...... more
Tracked from 平気の平左 at 2006-06-04 00:44
タイトル : 共感するか、共感しないか 「ロシアン・ドールズ」
評価:80点{/fuki_love/} ロシアン・ドールズ 超個人的採点です。 要するにこの映画は、共感するか、しないかというだけの作品だと思います。 この映画の登場人物の恋愛の悩みに共感すれば高得点、共感しなければそうでもない、というだけの話。 話に特にまとまりがあるわけではなく、ダラダラといろんなところに脈絡なく飛びつつ、30歳の恋愛を描くだけなので、はまらないと退屈な2時間になるかもしれません。 まぁ、ホラ吹くと、笛を吹くロマン・デュリスが登場したりして、笑いどころは結構ありますが。...... more
Tracked from Cartouche at 2006-06-14 09:00
タイトル : *ロシアン・ドールズ*
{{{    ***STORY***          2005年  フランス バルセロナでの留学生活から早くも5年の月日が経ち、30歳になったグザヴィエ(デュリス)はもう年齢的には立派なオトナだ。しかし、今や1児の母となった元恋人のマリアンヌ(オドレイ・トトゥ)との関係は煮え切らずに、やりたい仕事と現実の仕事との差は広がるばっかりで、それをごまかすように刹那的な恋愛に溺れては毎日を過ごしている。そんななか、グザヴィエはかつての留学生仲間であるウェンディ(ケリー・ライリー)と組んで、連続TVド...... more
Tracked from Mon plaisir ☆ at 2006-06-29 23:02
タイトル : 『ロシアン・ドールズ』
フランス映画祭で2005年、2006年と続けて上映され、待ちに待った公開ヽ( ´¬`)ノ{/onpu/} 『スパニッシュ・アパートメント』の続編『ロシアン・ドールズ』を観に行きました♪ 東京では、『ダ・ヴィンチ・コード』と同じ5/20に公開。 (ダ・ヴィンチのおかけで影が薄れたか・・?{/face_acha/}) でも、なんとっ!先週6/23で終わりでした。たった1ヶ月って短すぎですよねぇ{/hiyo_face/} ◇あらすじ◇ 25歳のあのときから、君の人生はどうなってる? ★私と同世代の...... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-07-19 05:39
タイトル : ロシアン・ドールズ
 相性の悪いロマン・デュリス。『スパニッシュ・アパートメント』という作品の続編でありながら、前作は未見。……こういった悪条件にもかかわらず、... more
Tracked from カフェ評論家を目指すまつ.. at 2006-07-27 23:41
タイトル : ロシアンドールズ
みちゃった〜 スパニッシュアパートメントの続編、超楽しみにしていたロシアンドールズ!! 監督:セドリック・クラピッシュ キャスト:ロマン・デュリス /オドレイ・トトゥ /セシル・ド・フランス /ケリー・ライリー 製作年:2005年/製作国:フランス 提供:角川ヘラルド映画、テレビ東京 カラー/2時間10分/字幕翻訳:松浦美奈/R-15 前回スパニッシュアパートメントをこのブログで紹介したけど、今度のロシアンドールズはその続編で5年後の設定です。キャストも変わってない...... more
Tracked from Cinematheque at 2006-10-07 11:12
タイトル : Russian Dolls ロシアン・ドールズ
スペインで他国の留学生仲間と共に暮らしていたはちゃめちゃな学生生活から5年、あのグザヴィエが30歳になって帰ってきた。夢だった小説家への足がかりを掴んだ彼だがパリでは元恋人のマリアンヌとの関係も煮えきらず、... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-07-25 03:30
タイトル : ロシアン・ドールズ
 『25歳のあのときから、君の人生はどうなってる? 20代のスペインでの出会いから5年、ヨーロッパの若者たちの恋、仕事、そして人生を描いた物語。』  コチラの「ロシアン・ドールズ」は、「スパニッシュ・アパートメント」の続編となるR-15指定の青春群像劇です。  ...... more
Tracked from Blossom縲€Blog at 2007-12-20 14:08
タイトル : ロシアン・ドールズ
ロシアン・ドールズ LES POUPEES RUSSES 監督 セドリック・クラピッシュ 出演 ロマン・デュリス ケリー・ライリー オドレイ・トトゥ フランス イギリス 2005... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2008-01-14 22:01
タイトル : 『ロシアン・ドールズ』'05・仏・英
あらすじバルセロナのアパートで、他国の留学生仲間と共同で暮らした、はちゃめちゃな学生生活から5年。30歳になったグザヴィエは、夢だった小説家への足がかりはつかんでも、満足いくものは書けず理想の恋人にも、まだ出会えていない・・・。感想DVDの副題に、スパ...... more
Commented by CaeRu_noix at 2006-05-22 02:39
ぼんそわ。
みなさんがゾクゾクとダヴィンチコードをレヴュっているこの休日。
margotさんはロシアン・ドールズなところが嬉しいです♪
そんな私のトラバ記事は去年のものですが・・・。
もう一回観に行きたいですー。
私ももともとはロマンは好みじゃなかったんですが、めっきり大ファンですー♪
Commented by chocolate at 2006-05-22 15:28 x
初めまして。

マダムSの友達のchocolateです。
ブログいつも拝見させていただいてましたが
書き込みは今回が初めてです。
私もヨーロッパ映画大好きです。っていうかヨーロッパが好きで
旅行にも年に2回ほどヨーロッパ行ってます。

私もこのシリーズは大好きで「スパニッシュ・アパートメント」
「ロシアン・ドールズ」と両方映画祭で見ました。
元々ロマン・デュリスは大好きなんですが、
この映画で更に大好きになりましたー。
青春映画も好きなのでロマン・デュリスのこういう作品が見れたことにもすごく嬉しく思ってます。
クラピッシュ最高!

前作の「スパニッシュ・アパートメント」も映画祭で見て劇場で見てと2回見ましたが
この「ロシアン・ドールズ」ももう一度見に行こうと思いまーす。

「ロシアン・ドールズ」絡みのTBをさせて頂きます。
また遊びに来ます。(^^)
Commented by margot2005 at 2006-05-22 23:49
CaeRuさん読みに来て下さってありがとう!皆が「ダ・ヴィンチ・コード」ですよね...渋谷も、有楽町も初日は朝から行列だったとか...都内の何処かで?レイトショーなら空いてるかな??と考えております。
この映画を観たのは土曜日の夜て事もありましたが、女の子がカレ氏を伴って映画に...のカップルでにぎわっておりましたの。ロマン、ファンの女の子いっぱいいるんだ!と母心のように嬉しく思いましたわ。
ロマン良いですねぇ。彼はほんと演技者です!


Commented by margot2005 at 2006-05-23 00:01
chocolateさんようこそお出でいただきました。マダムのお友達ですか?わたしもマダムの友人であります。こちらこそヨロシク。
昨年までのフランス映画祭は横浜で開催だったもので、何本も観る事が出来ませんでしたが、今年から都内で開催されたので、評判はなんだか悪いですが、わたしは一人喜んでおります。
年に二回ヨーロッパに行かれるなんて...羨ましいです!
今年は念願のイタリアに初めて行く予定なんですが、フランスと英国にも又行きたいですね!又遊びに来て下さいませ。
ロマンはわたしもファンになりました。好みの風貌じゃないのですが素晴らしい俳優だと思います。
フランス映画は素敵なtasteがあって大好きです!!
Commented by マダムS at 2006-05-23 09:49 x
私も観てきましただー! 「僕を葬る」もやっと・・
いや良かった♪ もうたまらないほど愛しい映画でした♪
ロマン君はハンサムじゃないけど、なんだか憎めないヤツでしょ?
また次を見たくなるんですよ うふふ。
Commented by マダムS at 2006-05-23 10:12 x
あ、それから追伸
ユーロスター パリ~ロンドン往復は 『僕セザール、10歳半~』にも登場してました。
http://www.boku10.com/
こちらもなかなか愛すべき作品ですよん♪
Commented by Chocolate at 2006-05-23 13:56 x
イタリア行かれるんですねー。
私もイタリアは行ったことあります。(^.^)
Romeだったんですが、街全体が博物館みたいで
とても楽しかったですよ。飲んでも食べても美味しい!みたいな。
↑食べること中心でーす。
私は来月末から7月の上旬にかけてまたロンドンに行ってきまーす。
ロンドンにちょっとハマってるんですよねー。
margot2005さんもお花好きですよね?
6月のロンドンはお花の季節でとてもキレイなんです。
写真たくさん撮ってきますから是非見て下さい。♪
margot2005もマダムのお友達なんですね。
では尚更よろしくお願いします。(^.^)
Commented by margot2005 at 2006-05-25 00:09
ロマン、ファンのマダム堪能されましたでしょうか?ロマンはほんと憎めない顔してますね。ヴァンサン・カッセルとかぶるんですが...
「ぼくを〜」とはしごしたんですね?良かったでしょ「ぼく〜」!
それから「僕セザール〜」もそういやロンパリでしたよね。アンナ・カリーナにはビックラしましたわ。
Commented by margot2005 at 2006-05-25 00:18
Chocolate さん、フランスと英国は個人旅行で、それぞれの田舎も回ったのですが、イタリアはツアーです。4大都市周遊の旅であります。ツアーでヨーロッパは初めてなので、なんとなくどんなものか??楽しみでもありますね。
英国はコッツウオルズと湖水地方も回ったのですが、7月半ばだったので薔薇は少々遅かったです。でもコッツウオルズはさすが英国の庭園!素晴らしかったですね。又行きたいです!
6月のロンドンの薔薇を楽しんで来てくださいませ。羨ましいですぅ!
薔薇は英国の国花ですからさすが!美しく咲かせてますよね。又見に行きたくなってきました。ロンドン、パリの薔薇めぐりが夢なんですが...
Commented by charlotte at 2006-05-26 00:06 x
ぼんそわっ!
いいなあ~、旅行の予定があるのですかぁ。
私は当分海外なんて夢のまた夢・・・涙
ところで、ロマン君、すごくタイプじゃない。爆
笑えるんですよっ。フランス映画はやはりコメディは可笑しいですねっ!
ロマン君好きじゃないけど私も見直しました。
音楽もとても良かったし、久々にいい余韻に浸ってます♪
Commented by margot2005 at 2006-05-27 01:00
charlotteさん、ヴォンソワでございます!
ちょうど「ダ・ヴィンチ・コード」なんでミラノのレオナルドの“最後の晩餐”が滅茶楽しみであります。
海外なんて行こうと思えば、いつでも行けますよ。
フランス映画やっぱり好きですねぇ!
ロマン君の最近の映画って「ルパン」しか観てないので、コレから他も観たいと思っています。
Commented by ななな at 2006-05-29 16:40 x
こんにちわ。
正直あまり合わない映画でした~。
どうもグザヴィエの人生に共感できる気持がなくて・・・
いつでも受身の女たらしに腹が立ちました(笑
でも笑わせてもらいましたけどね♪なぜにR指定なのかと思ってたら真っ裸で走っているロマン君(笑
あれには驚きましたが笑わせていただきました。
Commented by margot2005 at 2006-05-29 23:02
なななさん、こちらにもお越しいただいてありがとう!
ダメでした??映画ってそれぞれがぞれぞれに解釈して楽しいですよね。確かにグザヴィエの生き方には共感できないですわ。わがまますぎるし...でもフランス人て“愛/恋”に生きる人種なようなので、彼のような人って多い気がしますが...ロマン君て露出大好きですね。
「スパニッシュ・アパートメント」はおすすめです!
<< 「ダ・ヴィンチ・コード」 「ナイロビの蜂」 >>