「輝ける青春」

a0051234_105217.jpg「La Meglio gioventù」...aka「The Best of Youth」2003 イタリア
昨年の夏に神保町の岩波ホールで上映の際、前売りチケットを購入したにもかかわらず、体調不良でチケットを無駄にした。その後都内随所で公開されていたが、観に行く事は叶わなかった。そして今回DVDになったので観る事が出来た...良かった。
イタリア映画祭で映画を観る前に、この作品を観る事が出来たのは実にラッキーだった。
a0051234_111913.jpg

イタリアに住む中流階級の家族の模様を描いたヒューマン・ドラマ。
監督はマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ。主演のニコラ&マッテォ兄弟にルイジ・ロ・カーショ&アレッシオ・ボーニ(心の中の獣/2005)。ジョルジアにジャスミン・トリンカ(恋愛マニュアル/2005)。トリンカは「息子の部屋/2001」に出演していたようだが、どうも記憶にない。
オープニングは、かの有名な60年代の大ヒット曲「朝日のあたる家」である。

1966年、イタリア、ローマに住むカラーティ家には大学生のニコラ(カーショ)とマッテォ(ボーニ)という仲の良い兄弟がいた。辛抱強く努力家のニコラに対し、マッテォは繊細な夢想家であった。ある日、精神を病んでいるジョルジア(トリンカ)を、不当な扱いを受けている施設から連れ出して来るマッティオ。ニコラは友人カルロ(ファヴリッツィオ・ジフーニ)とヴィターレ(クラウディオ・ジョエ)と共にノルウェー旅行に出る予定であったが、マッテォが連れて来たジョルジアを故郷に送り届けるはめになる。
a0051234_11643.jpg

全編6時間でDVDモチ2枚だが、1本観たら止まらなくて...結局一気に観た。観終わったら朝であった。

ノルウェーを皮切りにトリノ、ミラノ、パレルモ、トスカーナとイタリア周遊旅行のように景色が楽しめる。しかしこの作品2003年作であるが、時代設定、最初は1960年代である。さすがイタリア...40年前と風景が変わらないというのもスゴイ!なと感じた。
対照的な性格のニコラ、マッティオ兄弟を中心に、彼らの両親、姉、妹..そして友人たち...後にニコラが出会い、互いに愛し合うジュリア(ソニア・ベルガマスコ)。マッテォが偶然知り逢うミレッラ(マヤ・サンサ)を登場させながら、素晴らしいストーリーが展開して行く。観終わってとにかく感動!!であった...いやマジで感涙してしまった。
難を言えば、主演の二人は現在かれこれ40才なのだが、大学生の役を演じていて少々違和感あり...でもこのドラマを観た人は皆許すでしょう!
a0051234_113365.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-05-08 01:26 | イタリア | Trackback(1) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3580216
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-05-08 21:49
タイトル : 『輝ける青春』
2003年 イタリア映画 監督:マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ 脚本:サンドロ・ペトラリア、ステファノ・ルッリ キャスト: ルイジ・ロ・カーショ、アレッシオ・ボーニ、アドリーナ・アスティ、ソニア・ベルガマスコ、ファブリツィオ・ジフーニ、マヤ・サンサ、ジャスミン・..... more
Commented by betty at 2006-05-08 13:28 x
こちらにTBするつもりが誤って「心の中の獣」のほうにしてしまいました。
すみません。
でもどっちでもいいのかも・・だって私、「輝ける青春」を観て、アレッシオ・ボーニに惚れ惚れしちゃったものですから。
でも彼の出演作はほかにあまり日本では発売されてないですよね?
彼のこのような記事や写真をみるとますます禁断症状が・・(笑)

「心の中の獣」は一般公開されるかしら?とっても観たいです。
ヒロイン役の女優さんは「向かいの窓」という映画などでも観てるのですがとっても綺麗な女優さんですよね。
はあ~~~とっても観たいですう。素敵な映画のご紹介ありがとうございます。
Commented by margot2005 at 2006-05-08 23:24
bettyさん、いらっしゃいませ!全然気にしないで下さいませ。
そう「輝ける青春」兄弟、からみこそありませんがこの作品で共演しております。残念な事にホント絡みがないのですこの二人...。アレッシオは「輝ける〜」観た人みんなファンになること請け合いですよね。私も同じでございます。
映画祭で上映のこの作品のアレッシオも素敵でしたわよ滅茶...公開待ちましょう!又観に行くかもです。ヒロインのジョヴァンナの作品は未見なんです。機会があれば観てみたいですね。素敵な女優さんです。
アレッシオに禁断症状は同じであります...。「13才の夏に僕は生まれた」を待ちましょう!!!
<< 「家の鍵」 イタリア映画祭2006...「... >>