イタリア映画祭2006...「恋愛マニュアル」

a0051234_0365368.jpg「Manuale d'amore」2005 イタリア
有楽町の日劇で開催されているイタリア映画祭...今回初めて行ったイタリア映画祭。
3月にフランス映画祭を観て、今回はイタリア映画祭...ヴィヴァ・イタァーリア!!
フランス映画祭に比べて会場はなぜか??スゴイ人!!
フランス映画祭とは、上映会場数も上映回数も上映作品数も違うので比較にはならないと思うが...人が多くてちょっとビックラ。
大昔、マルチェロ・ストロヤンニやソフィア・ローレンのファンであった人々が多々観に来ていて大盛況であった。若者も一杯観に来てましたが...
a0051234_037936.jpg

とにかくイタリア人のユーモアには脱帽!
これはジョヴァンニ・ヴェロネージ監督が描くスーパー・コメディ。
a0051234_0375160.jpg

始まりは“恋”...
結婚してからの”危機”“浮気”“別離”を順番にコメディタッチで描いていく...
“恋”バージョンでは、仕事もなく、彼女もいないトンマーゾ(シルヴィオ・ムッチーノ)が、偶然出会ったジュリア(ジャスミン・トリンカ)に猛烈にアタックする...
“危機”バージョンでは、倦怠期を迎えたマルコ(セルジョ・ルビー二)とバラバラ(マルゲリータ・ブイ)夫婦。二人の間には既に情熱はなく、バラバラにはマルコの嫌な面しか見えない...
“浮気”バージョンでは、婦人警官のオルネッラ(ルチアーノ・リッティゼット)が実直な夫の浮気現場を目撃した後、腹いせに職場で職権乱用を繰り返し、仕返しに憧れていた男と一夜を共にする...
“別離”バージョンでは、妻に逃げられた小児科医ゴッフレート(カルロ・ヴェルドーネ)が自棄になってとてつもない行動を起こす...
a0051234_0372521.jpg

それぞれのバージョンが巧く繋がっていて、ラストは...良くぞここまで繋がっていた!!と感動!!
素晴らしいハートフル・コメディである。
観ていた観客は皆(わたしも含めて)笑いまくりで...映画観て、こんなに笑ったのって久方ぶり。
小児科医ゴッフレート演じるカルロ・ヴェルドーネは、イタリアでは国民的コメディアンと言う事で滅茶納得。
ジュリア役のジャスミン・トリンカは「輝ける青春/2003」
で精神を病んだジョルジアを演じた。この作品では別人のように爽やかでキュートである。
a0051234_0373932.jpg

とにかくこの映画は映画祭の後、多くのシアターで公開して欲しいと切に願う!!!
[PR]
by margot2005 | 2006-05-06 01:13 | 映画祭 | Trackback(3) | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3571356
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 私のイタリア映画紀行 at 2006-08-20 22:12
タイトル : 恋愛マニュアル Manuale d'amore
恋愛マニュアル Manuale d'amore 私は前もって映画祭で上映される作品のことを調べていなかったため、こんなコメディだとはつゆしらず。期待していなかったおかげで、とにかく笑えました。 恋愛が始まりから終わり、そしてまた始まるまでの4つのエピソードからなるオム..... more
Tracked from ゆるり鑑賞 Yururi.. at 2007-09-06 21:23
タイトル : イタリア的、恋愛マニュアル
監督・脚本 ジョヴァンニ・ヴェロネージ (2005年/イタリア) 梅田ガーデンシネマにて鑑賞。 1つ下の階にある「シネリーブル」が人で溢れかえってて、 何ごとかと思うと「エヴァンゲリオン」を観に来てた人達でしたぁ。 【物語のはじまり】 第一章:めぐり逢ぎ..... more
Tracked from My Favorite .. at 2007-09-08 14:31
タイトル : イタリア的、恋愛マニュアル を観ました。
ヒトは突然、恋に落ちるんです。そうあの感覚…いいですよね?... more
<< イタリア映画祭2006...「... 「隠された記憶」 >>