「ぼくを葬る」

a0051234_0104422.jpg「Le Temps qui reste」2005 フランス
監督、脚本はフランソワ・オゾン「スイミング・プール/2005、ふたりの5つの分れ路/2004」。
主演のロマンには「愛人・ラマン/1992」「ル・ディヴォース・パリに恋して/2005」のメルヴィル・プポー。
ロマンの祖母ローラにジャンヌ・モロー。
ロマンと出会うウエイトレス、ジャニィは「ふたりの5つの分れ路/2004」のヴァレリア・ブルーニ・テデスキが演じている。
a0051234_011442.jpg

パリに住む売れっ子写真家ロマン(プポー)は31才。ある日仕事中に倒れた彼は、医者から重い病気だと告げられる。同性愛者である彼は“エイズでは?”と尋ねるが、医者は“ガンが体中に転移している”という。“余命は?”と聞くロマン。“後3ヶ月”と答える医者。ロマンは、化学治療法に苦しむのなら死を選ぼうと決断する。
同居中の恋人サシャ(クリスチャン・センゲワルト)にも、両親にも自らの死を告白できないロマンは、郊外に住む祖母ローラ(モロー)を訪ねる。ローラに自らの死を打ち明けたロマン。“なぜ私に話したの?”と聞くローラ。“互いにそろそろ死ぬからさ”と答えるロマン。“では今ここで一緒に死にましょう”と言うローラ。
ローラの家からの帰り道ウエイトレスのジャニィ(テデスキ)と出会う。ジャニィは不妊症で、ロマンにお願いがあると言う。“私とセックスして、子供を作って欲しい!”ロマンは“子供は嫌いだ!”と言って立ち去る。パリに戻ったロマンはサシャと別れ、休職して死と向かい合う決意をする。
a0051234_0111842.jpg

フランス人(ヨーロッパ人)には同性愛者が多いようだ。パリに行った時、街中で男性同士が手を握り合い、キスまでしている光景を見た事が何度かある。公衆の中でこの有様だから、見えない所にはいっぱいいるのだろうなぁ?と想像した。
この映画はかなり赤裸々に同性愛者のsexシーンが描かれている。ロマンの恋人サシャを演じるクリスチャン・センゲワルトはまるでギリシャ神話の美少年のような風貌である。
a0051234_0113677.jpg

余命幾ばくもないと知ったロマン...遠方に住む祖母以外誰にも自らの死を明かさない。なんと強い精神なのだろうと感嘆した。常人ならとてもじゃないか狼狽してしまって、誰か(家族、恋人、友人)に話さずにはいられないであろう。しかしロマンは家族や、恋人が悲しむ姿を見たくないのであろう...。
死を迎える時、このような強い人間になれたらなと願わずにいられない。
哀しい物語なのだが、観ていて涙は出ない。しかしロマンが流す涙になぜか感動してしまった。
末期ガン患者は壮絶な痛みと闘わなければならないようだが、ロマンの場合、コカインとウオッカの力を借りて痛みと闘うのである。それって相当に良い方法だなと思うが...映画の中の世界である。
主演ロマン役のメルヴィル・プヴォーが素晴らしく適役である。祖母ローラを演じたジャンヌ・モローは相変わらず貫禄で、最初のシーンに登場するだけだが存在感十分である。
ウエイトレス役のテデスキは、既に相当なるobasan化してしまってこの先心配である。
ラストの海のシーンはオゾン流かな?と思った。エンド・クレジットのバックが海の音のみというのもオゾン流かも知れない。原題は“残された時間”
オゾン映画は「まぼろし/2001」以来、日本で公開された作品は全て観て来た。前作「ふたりの5つの分れ路/2004」が今イチだったので、これは素晴らしいオゾン作品復活であった。
メルヴィル・プヴォーに惚れてしまった感じ。
[PR]
by margot2005 | 2006-04-26 00:54 | フランス | Trackback(32) | Comments(19)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3530047
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-04-26 17:37
タイトル : 僕を葬る
「まぼろし」で‘最愛の人の死’を描いたF.オゾンが‘自身の死’に挑む。‘死についての3部作’第2章…「僕を葬る・・・TIME TO LEAVE」 美しい容姿、最先端をいくカメラマン。充実した毎日を送るがある日突然仕事中に倒れ、自分が余命いくばくもない病魔に侵されていることを知る・・・ どこか受け入れられずに絶望感を感じ、哀しみを上手く収められずに苦しむロマン(メルヴィル・プポー) そういう鬱憤を爆発させるわけでもなく、激しく当り散らすとかではなく内省的に物思いにふけり、一切周りにはこのことを話さず...... more
Tracked from APRIL FOOLS縲 at 2006-04-28 01:03
タイトル : 感想/ぼくを葬る(試写)
4月22日公開フランソワ・オゾン監督作、映画『ぼくを葬る(おくる)』。余命3ヶ月と宣告された31歳売れっ子フォトグラファーの、生に迫る。 ぼくを葬る 観る前は『死ぬまでにしたい10のこと』をちょっと浮かべてて、実際ベースにあるものは同じなんだけど(そりゃそーか)、表現方法はだいぶ違った。さすがフランス映画って感じの起伏の緩やかな静か〜な展開で家族、恋人、そして自らが生きた証を自問する。まだ遠くにあると思っていたものがいきなり目の前に現れる苦悩を、最小限の言葉と美しい情景で婉曲的に抽出。自分が余...... more
Tracked from 漢方薬剤師の日々&映画 at 2006-04-28 14:07
タイトル : ぼくを葬る(おくる)(映画)
相変わらずフランソワ・オゾン監督は、映像が濃密。そしてセリフや行動に『謎』が多い。 この写真も謎めいていて、死にゆく青年とこの赤ん坊はいったいどんな関係なんだろうと想像を巡らしてします。 そして、ロマン青年の家庭環境や友人関係を想像するには、ちょっと困難なセリフの少なさ。いっさい言い訳なしって感じ。 余命3ヶ月といわれた青年は、のた打ち回るのか、それとも静かな境地に達するのか、はたまたあっと驚く奇跡的な展開があるのか・・・ ある種の期待が膨らみすぎたせいか、以外に静かな展開に、映画が終わったときに...... more
Tracked from てんびんthe LIFE at 2006-04-29 01:19
タイトル : 「ぼくを葬る」
「ぼくを葬る」よみうりホールで鑑賞 テーマがはっきりしているので全編がとてもわかりやすかったですが、自分のことと重ね合わせてしまったところがありました。ある日突然「余命3ヶ月」といわれた場合自分はどうするか、この主人公のロマンは結局身近な事を何気なく写真にしていたようですが、それは彼がプロのカメラマンだからであって自分にはそんなことが出来るとは思えません。今急に私が余命3ヶ月といわれて悲しむ人はいるだろうか…、なにをすればいいのだろうか、色々な人たちにお別れをしに行くだろうか、人を許すだろうか…...... more
Tracked from とにかく、映画好きなもので。 at 2006-04-29 19:02
タイトル : ぼくを葬る
 パリでファッション・フォトグラファーとして活躍していたロマン(メルヴィル・プポー)は、医者から余命3ヶ月という宣告を受けてしまう。彼はガンの為、もう残り少ない余生に立ち向かう為に・・・  恋人に別れを告げ、家族にも秘密を抱え、混沌とし....... more
Tracked from 出会い系サイトを攻略しよう at 2006-04-30 02:29
Tracked from Cartouche at 2006-04-30 06:54
タイトル : *ぼくを葬る*
{{{   ***STORY***                   2005年  フランス  パリで活躍する気鋭の人気ファッション・フォトグラファー、ロマンは、ある日撮影中に突然倒れてしまう。診断の結果は末期のガン。医師の勧める化学療法を拒んだ彼の余命は3ヶ月と告げられる。様々な感情がロマンの心に押し寄せる。愛しているものの、なかなかうまく折り合うことができずにいた家族には、このことを秘密にすると決めたロマン。一方、恋人の青年サシャには、冷たく別れを告げてしまう。そんな中、唯一心を許す祖母...... more
Tracked from Puff's Cinem.. at 2006-04-30 16:25
タイトル : 「ぼくを葬 る」
公式サイト シャンテ・シネ4F(224席)、公開3日目初回です。 40分前に着いて2番目です。 全体的には、6-7割の入場者数でした。 全体的に高齢者の方多し、死に関するテーマだからでせう... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-04-30 21:06
タイトル : ぼくを葬る
パリでファッションフォトグラファーとして成功を収めようとしていたロマンは、ある日、医師から余命が3カ月であることを告げられます。同棲中の男性の恋人にその事実を告げずに、別れを切り出し、家族にも何も言えずにいたロマンですが、祖母には真実を話します。「(祖母は)僕... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-05-03 19:00
タイトル : ぼくを葬る<おくる>
「ぼくを葬るおくる」 Le temps qui reste / TIME TO ... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-05-04 01:46
タイトル : ぼくを葬る/Le temps qui reste/ TI..
フランソワ・オゾン作品、実はこれが初めて。 ワタシと正反対、アメリカ映画よりもヨーロッパ系映画好きの父に オゾン監督の「まぼろし」を勧められてたのに観ていないまま、、、、 昨日、たまたま銀座で試写の前に時間がぴったりだったのでふらっと観る事にした☆ ーーーーーーぼくを葬る(ほうむる、)と書いて(おくる、)と読む。 年に1作、コンスタントに監督/脚本作品を送り出しているオゾン監督 「まぼろし」では"最愛の人の死"、今回は"自分の死" 余命わずかと突然宣告された、 その彼の心情が、痛い程伝わってくる...... more
Tracked from 八ちゃんの日常空間 at 2006-05-04 05:35
タイトル : ぼくを葬る
本年度劇場観賞60本目。 なんか、よさそうじゃない?つーのが予告編観た感想。かなり衝撃的なラストの映画だった。... more
Tracked from 水曜日のシネマ日記 at 2006-05-06 09:45
タイトル : 余命が少なくても、人生は変わる。『ぼくを葬る』
余命3ヶ月と宣告された、ひとりの男性の物語です。... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-05-07 01:03
タイトル : 『ぼくを葬る』
オゾンの話術にハマる。深く感動、せつない余韻。 な・の・に!あのシーンでまた笑いが起きる起きる・・・。ったく~ パリで活躍するファッション・フォトグラファーの31歳のロマンは、余命3か月だと宣告される。"死"というテーマは安易に使ってほしくはない。だから、軽い題材の映画を観る時よりも、シビアに身構えてしまうような気がする。人が死に瀕するということは、悲しいにきまっているのだから、ただ同情させて泣かせる物語では白けてしまうはず。さて、フランソワ・オゾンはどんなふうにそのテーマを描き出してくれるの...... more
Tracked from シネマでキッチュ at 2006-05-07 17:18
タイトル : 僕を葬る~自然界の掟は?
フランソワ・オゾン監督は新しい作品のたびに「はっ」と「あっ」と「おっ」と、必ずいわせてくれるから好き~ こちらでもご紹介、僕を葬る(その2)、僕を葬る(その1)。 「僕を葬る」・・・限られた命であることを覚悟した主人公が残りの3ヶ月間、自分の命とどう向き合うのか、死をどのように受け入れてゆくのかと・・・、とってもオードソックスで真摯なテーマなのね~ でも私が感じたこの映画の最大のテーマは【同性愛... more
Tracked from フツーに生きてるGAYの日常 at 2006-05-07 18:30
タイトル : フランソワ・オゾン「ぼくを葬る」●MOVIEレビュー
 死は嘘を許さない  死を目前にしたとき。人は「嘘」を清算したくなるのかもしれない。彼にとって「生まれ育った家族」は精神的な安らぎをもたらすものではなかった。だから彼は... more
Tracked from Welcome aboard at 2006-05-12 00:43
タイトル : ぼくを葬る
フランソワ・オゾン監督の『まぼろし』に続く“死”をテーマにした3部作の二作目。 今回は、主人公自身の死をテーマに描かれた作品。 このチラシは随分前から目にしていましたが・・・&amp;#9758; まるで女性の肌かと見間違うかのごとく、ベビーを傍らに横たわる主演のメル..... more
Tracked from soramove at 2006-05-20 10:44
タイトル : 「ぼくを葬る」オゾン監督の美意識が隅々に行き渡る
「ぼくを葬る」★★★☆ メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー 主演 フランソワ・オゾン監督 余命があと3ヶ月と知らされたら 一体自分は何をしようとするだろう。 あまりに性急過ぎて、 そしてあまりに突然で 具体的な「もし」ということさえ考えられない。 ...... more
Tracked from knockin' on .. at 2006-05-27 03:20
タイトル : ぼくを葬る
Le Temps Qui Reste Directed by Francois Ozon 死をテーマにした映画というのは、どうしても観るのが辛いものがある。いつか人が死ぬということを誰もが知りながら、普段それを自身にとって身近に考えることはない、目を向けたくない事実。いつかは誰にでも公平に...... more
Tracked from Rohi-ta_site.. at 2006-06-02 00:13
タイトル : ぼくを葬る(おくる)
映画館で、出演:メルヴィル・プポー/ジャンヌ・モロー/ヴァレリア・ブルーニ・テデスキ/ダニエル・デュヴァル/マリー・リヴィエール/クリスチャン・センゲワルト/ルイーズ=アン・ヒッポー/アンリ・ドゥ・ロルム/ウォルター・パガノ/ウゴ・スーザン・トラベルシ/脚本・監督:フランソワ・オゾン/作品『ぼくを葬る(おくる)』を観ました。 ●感想  ・映画『スイミング・プール』が面白かったのと、『明日の記憶』を観て以来、人の生き様をテーマにした作品に興味を惹かれる様になり、フランソワ・オゾン監督の『ぼ...... more
Tracked from 映画評論家人生 at 2006-06-03 03:50
タイトル : ぼくを葬(おく)る
OS名画座 「8人の女たち」「スイミング・プール」と異彩な映像で人間を問うフランソワ・オゾン脚本、監督作品である。目前に迫る、予定された死を題材にする映画は多い。そして、驚き、苦しみ、諦め、意欲、生... more
Tracked from よしなしごと at 2006-06-04 23:34
タイトル : 「ぼくを葬る」見てきました。
 見ようか見まいか迷ったあげく、見るのはやめにしようと決めていたぼくを葬る(おくる)ですが、やっぱり見に行くことにしました。... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-06-12 08:33
タイトル : 『ぼくを葬る』
人間の死について、本人とその周りの家族の思いについて考えてしまってなかなか感想が書けなかった・・ 主人公の青年が祖母以外の家族や友人に一切打ち明ける事なく、静かに一人で死んでいく事を選んだその理由はなんだろう・・やせ細っていく若い体が痛ましく、涙が止まらな..... more
Tracked from Production R.. at 2006-07-27 14:51
タイトル : 映画レビュー#33「僕を葬る」★★★★☆
基本情報 「僕を葬る(Time To Leave)」(2006、フランス) 監督:フランソワ・オゾン(スイミング・プール、8人の女たち、まぼろし) 脚本:フランソワ・オゾン 製作:オリヴィエ・デルボスク、マルク・ミソニエ 出演:メリヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー、ヴァレリア..... more
Tracked from 映画と本と音楽にあふれた.. at 2006-09-08 15:00
タイトル : ぼくを葬る
ぼくを葬る 原題: LE TEMPS QUI RESTE / TIME TO LEAVE (2005) 2006年4月22日 日本初公開 公式サイト: http://www.bokuoku.jp/ 飯田橋ギンレイホール   公式サイト: http://www.cam.hi-ho.ne.jp/ginrei/index.htm 2006年9月4日(月)10時00分の回 ゴウ先生総合ランキング: B-/C+   画質(スコープ): A-/B+   音質(ドルビーステレオ?):...... more
Tracked from TSUKIMI*TOUDAI at 2006-10-16 05:00
タイトル : ぼくを葬る
ぼくを葬る日活パリに在住するロマンは31歳の売れっ子フォトグラファー。その彼が突然余命三ヶ月のガンであることを医師に宣告される。延命治療を拒んだロマンは家族にも話さず、恋人にも一方的に別れを告げて、...... more
Tracked from Sweet* Days .. at 2007-01-16 10:40
タイトル : 『ぼくを葬る』
ぼくを葬る 監督:フランソワ・オゾン CAST:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー 他 STORY:カメラマンのロマン(メルヴィル・プポー)は体調を崩し、医者から末期癌で余命僅かと宣告される・・・・ この作品、『スイミング・プール』のフランソワ・オゾン監督作品。 あの悩ましい作品の監督が撮ったって事でそれなりに心して見たのですが 全く大丈夫だったぁ~(*^^)b そしてこれがなかなか、心に響くお話でした。 もし30歳の若さで余命3ヶ月と宣告されたら・・・・ ...... more
Tracked from 千の天使がバスケットボー.. at 2007-02-12 11:11
タイトル : 『ぼくを葬る』
フランソワ・オゾン監督の映画には、無駄がない。余分な装飾も製作者側の”プロフェッシャナル”な情動操作も省略され、シンプルなつくりである。それでいて、行間から奥の深い感情がしのばれ、そして監督の静かな視線が観客を見つめている。その視線を受け止めるには、哲学好きで個人主義のフランス人相応の感性も求められる。 自分が老いて一人暮らしをしている家に、ある日成人している孫が久しぶりにやってくる。彼は誰にも言えなかった秘密、自分は癌におかされていてもうすぐ死ぬということを伝えるためにやってきたのだった。 「どうし...... more
Tracked from 虎猫の気まぐれシネマ日記 at 2008-04-03 20:59
タイトル : ぼくを葬る
余命あと3ヶ月と宣告された若者が,切ない葛藤とともに,迫り来る死と向き合い次第に 死を静かに受け入れてゆく物語。 パリで活躍しているファッション・フォトグラファーのロマン(メルヴィル・プポー)は,ある日ガンで余命3か月だと宣告される。 もしも自分が余命3ヶ月だと知らされたら,残された日々をどのように... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-06-04 19:40
タイトル : ぼくを葬る
 『余命3ヶ月――。 あなたには何が残せますか?』  コチラの「ぼくを葬る」は、葬ると書いて「おくる」、余命宣告を受けたゲイの青年の人生の終焉の迎え方を描いたR-15指定のヒューマン・ドラマです。R-15指定ではあるけど、ビックリする程ハードな描写もあるので、....... more
Tracked from シネマな時間に考察を。 at 2010-05-11 11:43
タイトル : 『ぼくを葬る』
余命3ヶ月。 ファインダーに捉えたかった身近な愛に気付く時間。 身勝手でいい、それが生きるということだから。 『ぼくを葬る』 LE TEMPS QUI RESTE/TIME TO LEAVE 2005年/フランス/81min 監督:フランソワ・オゾン 出演:メルヴィル・プポー、ジャンヌ・モロー... more
Tracked from まぜごはん at 2014-11-17 22:40
タイトル : ぼくを葬る 〜 さよならの支度
やみくもにDVDレンタルして観てますが、これもその1本。 2005年フランス映画 クレジットはこちら 31歳のカメラマン、ロマン。仕事中に倒れて通院し、癌で余命3か月と告げられます。 家に帰って恋人サシャと愛し合った後、「お前にはもううんざりだ出て行...... more
Commented by charlotte at 2006-04-26 17:42 x
こんにちは~。
メルヴィル・プヴォー、激痩せしてましたね。相当なダイエットを強いられたんでしょうかね…
最近ようやく、フランスってゲイは当たり前なんだ~と気がついた次第でして。汗 
いい男はみんなゲイなんでしょうか~?!爆 ちょっと衝撃。(^^ゞ
そうそう、それにウエイトレスの人…結構obasan…笑
作品自体はすごく気に入りました。泣きのツボにはまった感じです。
(^^ゞ
Commented by margot2005 at 2006-04-27 00:01
charlotteさん、ラスト・シーン、海辺のメルヴィルのスイム・スーツ姿は哀しかったですね。痩せてしまって...。でもメルヴィルって元々かなりスリムのようですね。
フランス人(ヨーロッパ)のゲイは、わたしも現地で確認しました。ルーヴルの正門付近で見かけたゲイのお二人...見惚れるほど二人とも美しかったですが...女には興味がないのでしょう!?
この映画のロマンもファッション・カメラマンですが、ファッション系の人々は特にゲイが多いそうです。日々あのように美しい女性を見ていると、きっと飽きるのでしょうね。
テデスキobasan化してましたよね。ヨーロッパ人はobasan化が早いように思えます。
わたしもこの作品は凄くお気に入りの一本となりました。
Commented by april_foop at 2006-04-28 01:02
TBありがとうございました。
>家族や、恋人が悲しむ姿を見たくないのであろう...。
というよりも、おそらくメソンは同情(もしくはそれに類するもの)を拒んだんだと思います。
死と無縁(その時点で)な人間にとやかく言われる事は受け入れ難かったんでしょう。だからこそ、近しい立場(死期が近いと言う意味で)にある祖母にのみ打ち明けられたんだと思います。
TBありがとうございました!
Commented by margot2005 at 2006-04-30 00:57
april_foopさん、こちらこそありがとうございました!!
同情を拒んだ...なるほどそうですね確かに。
同情されるのって辛いですものね。“死”と無縁ではない祖母に打ち明けたのも頷けますね。
ジャンヌ・モローの存在が素晴らしかったです。
Commented by Puff at 2006-04-30 16:39 x
ドモドモー♪
先日は、TB、コメントをありがとうございました。

なるほど、フランスではゲイの方々が普通に仲良く歩いているのですか、、日本ではそういう光景はまだあまり目にしないですよね。
フランス人同士だと何だかキレイに見えちゃうのですが(・・・映画だからなのかな?)
ジャンヌ・モロー、最初の方の出演なのに凄い存在感、強いオーラを放っていましたねー
でで、ワタクシもテデスキのobasan化は思いました!!
特に下着姿になった時、とても所帯じみていたので(・・・わざとこういう演出をしたのかも知れないけれど。汗)
死に付いて改めて考えさせられる、良い映画でした。
Commented by margot2005 at 2006-05-03 20:32
puffさん、こちらこそありがとうございました!
ロマンもファッション系カメラマンですが、ファッション系の人って美しい女性ばかり見ていると、きっと飽きるんでしょうね!ファッション業界は
ゲイが滅茶多いという事です。
モローさんフランス映画祭で見た事あるのです。80才くらいだと思いますが、今だ女の魅力をお持ちで素敵です!
“わたしとsexして子供を作って!”という台詞もフランス人の世界ですわよね。日本人じゃ到底考えられない発想だと思います。
ほんと素晴らしい映画でしたね!今年のmy bestに入る映画であります。
Commented by betty at 2006-05-07 17:30 x
TBありがとうございました。
いい映画でしたね~。じわんとあとひく映画ですね。
劇場で2回観てしまいましたが、すでにDVD発売を楽しみにしてます。
特典映像たっぷり入ってほしいなあと(笑)
プポーが大人になっててとっても素敵でした。
Commented by margot2005 at 2006-05-07 23:22
bettyさん、ようこそお出でいただきました。こちらこそありがとうございます。シアターで2回ご覧になったようですね。
そうじわんと引きました。わたしもDVD発売されたら、又観たいなと思っています。特典映像に期待しましょう!
この作品のプボーはホント素敵です!!
Commented by ラクサナ at 2006-05-12 01:00 x
ひゃ~私もプポーに惚れちゃいました♪彼の出演作って見ているものもあるのに全然覚えがないんですよね。これから又楽しみな俳優ですよね。
彼の恋人役の彼も、いかにもって感じに美しい美少年で、そのシーンも見ていて苦になりませんでしたわ。さすがオゾン監督だな~っと、このキャスティングにも唸らされましたです。あとテデスキさんと夫とのシーンも何だか納得の方法で・・・フランスですよね~やっぱり。
んで、コカインとウォッカ・・・全くです。(^^;現実には無理だけど、こういった最期の時間の過ごし方が楽にできたら言うことはないのですが・・。^^
Commented by margot2005 at 2006-05-12 21:55
ラクサナさん、「ル・ディヴォース」のプヴォーがナオミ・ワッツのフランス人夫役でしたが、情けない妻子持ちの男の役で、ラストは気の毒でありました。この役では素晴らしかったですね。
いかにもゲイって感じで演じてましたよ...俳優たちはホントにゲイか?どうか?定かじゃありませんが...
オゾンの前作はちょっといただけなかったです。ボビー・ソロの歌うテーマに惹かれて観に行ったようなものでした。
でもオゾン映画は味があって大好きです!次の作品も楽しみですぅ!
最近の(大人になった)プヴォーとギョーム・カネに惚れております。イタリア人も良いけど、やっぱりフランス人大好き!!

Commented by 紫の上 at 2006-05-18 00:12 x
私も遅まきながら見てきました。やはり予告編を見て、プボーの美しさに惹かれ、またカメラマンだと言うことに興味を持って・・・。
いやぁ~、実に心に染み渡り、今年のベスト10には間違いなく入ります。
そうなんですか。フランスではゲイの人たちが多いのですか。
オゾン監督だからこそ、プボーの魅力を引き出させたのではないのでしょうか?
彼というか、この作品に感じられる、甘美なエロチシズム!
死を扱っていながら、見た後の嫌悪感は全然ないのも良かったです!
職業用のカメラをおいて、デジカメで撮影する事に彼の心の変化を表現していましたよねっ。
余談ですが、恋人のサシャを撮る時は確かニコンでした。つい私は映画でカメラがでると会社名に注目してしまう。
Commented by margot2005 at 2006-05-18 22:58
紫の上 さん、ご覧になりましたか。私もこの作品は今年のマイ・ベストに入りますね。オゾン映画の中でも特にお気に入りの作品となりました。
ヨーロッパのゲイの人々はかなりオープンらしいですよ。私はパリで何度も目撃しましたゲイ・カップル。
“死”がテーマの割にはそれほど暗くもなく(フランス映画なのに...)さっぱりと描かれていて好感度アップでありました。
オゾンのラスト・シーンはいつも楽しみなんですが...一人ビーチに残された主人公...後は波の音だけでエンディング...ニクいですね演出...。
NIKONそうでしたか?気がつかなかった...でもNIKONか?CANONが世界的に一番ですものね。
Commented by マダムS at 2006-06-12 08:36 x
TBどうもでした。
テデスキさんのオバサン化・・ちょっと深刻ですわね(他人事) 笑
そうですか~おフランスではもうおおっぴらなんですね?
それにしても プポー自身は大丈夫なんでしょうか・・心配です。
Commented by margot2005 at 2006-06-14 00:24
マダム、どうもこちらこそ...
テデスキさんやはりイタリアのobasanですわね。遺伝子には勝てないようですわ。
プヴォーはどうなんでしょう??俳優はゴシップ、ネタになるから、もしゲイ??でも隠してるでしょうね??
Commented by MACHI at 2006-06-14 15:19 x
いやだ、マダム、王妃様、プポーは妻子持ちですわよ。
↓で、インタビューが見られますわよ。
http://www.showtime.jp/cinema/bokuoku/
Commented by マダムS at 2006-06-14 19:42 x
>MACHIさん
ぎゃ、、、、ありがとうございますだ♪
Commented by margot2005 at 2006-06-15 00:26
MACHI さんどうも、やはりプヴォーはnormalでしたのね...知りもしないでマダムと勝手に...
Commented by カオリ at 2006-10-25 20:55 x
エンドクレジットも波の音が聞こえて、ステキでした。
壮絶な死もあるけれど、穏やかな死もある。自分では選べないのがほとんど。でも、不幸にして?この主人公のようになった場合、自分はどんな葬り方をするかなあ・・・と考えました。
Commented by margot2005 at 2006-10-26 22:28
カオリさんこんばんは!
エンディングの波の音はほんと素敵でしたね。
ロマンは家族や愛する人に打ち明けられずに苦悶し、死へと旅立つのが一番早い祖母に打ち明ける...なるほど...と納得したりしました。
わたしもこれを観て自分自身の死と言うものについて少々考えたりしましたね。いざとなったらどうでしょう?この映画のロマンのように冷静に受け入れられれば良いなと感じます。
<< 「隠された記憶」 「ニュー・ワールド」 >>