「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」

a0051234_2131356.jpg「Nanny McPhee 」2005 USA/UK/フランス
エマ・トンプソン「いつか晴れた日に/1995」、コリン・ファース「高慢と偏見/1995」主演のファンタジー。
監督はカーク・ジョーンズ。脚本はエマ・トンプソン。原作は英国の児童書“マチルダばあや”。
ただのお子ちゃま映画ではないだろうな??と思いつつ観に行ったが、大人でも楽しめる素敵なファンタジー。最終上映の字幕版で観たので、子供がいるわけないが...
a0051234_2164147.jpg

ブラウン家の長男サイモンを演じるのは「ラブ・アクチュアリー/2003」のサム役のトーマス・サングスター。一家の料理人ミセス・ブラザウイックには「ヴェラ・ドレイク/2004」のイメルダ・スタウントン。使用人エヴァンジェリンには「ネバーランド/2004」のケリー・マクドナルド。伯母アデレード役はアンジェラ・ランズベリー(ジェシカおばさんの事件簿シリーズ)。
コリン・ファースご本人はコメディは好きではないということだが...おまけにこれはファンタジー...しかしラストではファンタジーの中の“ミスター・ダーシー”になりきっている...似合う王子様系...でもちょっとお年...。
a0051234_2165322.jpg

葬儀社を経営するミスター・ブラウン(ファース)は妻を亡くし、7人の子供たちの世話を、これまで17人ものナニー(乳母/家庭教師)に任せてきた。しかし、すべて子供たちの度が過ぎるいたずらでナニーたちは逃げ出すしまつ。今回のナニーもやはり出て行った。ナニー斡旋協会は、ミスター・ブラウンにはもうナニーを紹介できないと宣告する。
一方でミスター・ブラウンは、リッチな伯母アデレード(ランズベリー)の助けを借りて生活していた。伯母から、一ヶ月以内に再婚しなければ“援助を打ち切る!”と宣告される。
困っりきったミスター・ブラウン...天を仰ぐミスター・ブラウンの耳に囁く声が...そしてナニー・マクフィー(トンプソン)がステッキと共に登場する。
a0051234_217746.jpg

エマ・トンプソン演じるナニーは出っ歯で顔に大きなイボがあり、かなり不細工系のデブのおばさん。しかしストーリーが進むに従ってイボが取れて行って、ラストでは実際のエマの顔が現れる。これもファンタジーの成せる技か?
上にも書いたが、コリン・ファースは今やどんな役を演じても素敵に似合ってはいるが、やはり“ミスター・ダーシー”のイメージって彼について回るのか、こういった作品を観ると”ダーシー”を思い出さずにはいられない。
ファンタジーは大好きなので観に行ってしまった。お子ちゃまっぽい場面も多々登場するが、大人の鑑賞に堪える素敵なファンタジーとなっている。
a0051234_217214.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-04-19 21:40 | USA | Trackback(25) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3503473
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-04-19 22:17
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ NANNY McPHEE
エマ・トンプソン、コリン・ファース主演 19世紀後半のイギリス セドリックは葬儀屋に勤める実直な父です サイモン、トーラ、エリック、リリー、クリスチアナ、 セバスチャン、アガサの七人の子供がいますが妻には先立たれ 子供の面倒は家政婦に任せる生活です 子供達は家政婦を嫌い サイモンが中心になり追い出そうと企みます ひどい悪戯で17人もの家政婦は次々に辞めていってしまってます セドリックの収入は7人の子供達を育てるには難しく  叔母の援助を受けています その叔母からは今月中には再婚しないと 援助...... more
Tracked from 試写会帰りに at 2006-04-20 01:29
タイトル : 「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」
「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」試写。 1960年代に書かれたイギリスのミステリー作家クリスチアナ・ブランドによる児童小説 「ふしぎなマチルダばあや」をベースに映画化。 Nanny McPhee Nanny Mcphee: The Collected Tales Of Nurse Matilda エマ・トンプソン..... more
Tracked from *Sweet Days*.. at 2006-04-20 09:02
タイトル : 『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』
脚本:エマ・トンプソン CAST:エマ・トンプソン、コリン・ファース他 葬儀社に勤めるセドリック・ブラウン(コリン・ファース)には、7人の子供が居た。一年前に妻を亡くしたブラウンは、子供達のためにナニー(乳母)を雇うが、彼らの凄まじいイタズラに耐えきれず次々と辞めていた。そんなある日、ナニー・マクフィーと自ら名乗る不思議な女性がやって来る・・・・。  またまたイギリスファンタジーです。と言っても最近のような壮大な物ではなく、本当に優しいソフトなファンタジーです。そして、我が家初、家族3人で...... more
Tracked from UkiUkiれいんぼーデイ at 2006-04-20 11:30
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
“望まぬとも、必要とあればここに留まります。 望んでも、必要でなければここを去ります。” ある夜、突然やって来たマクフィーというナニー。 彼女が来てから、ブラウン家の子供達はすっかり良い子に変身! このナニーはいったい“ナニーもの”・・・なんちゃって! とにかく“悪いガキ”・・・もとい、“イタズラ好きなお子さまたち”です・・・わっ。 母親が亡くなって1年、これまでに辞めていったナニーは17人。 この“ナニー”というのは、“乳母”というより“しつけ係”みたい...... more
Tracked from bobbys☆hiro☆.. at 2006-04-20 14:29
タイトル : 薄涙的感動作「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」
「メリーポピンズ」以来のファンタジー? と言われている エマ・トンプソン主演の 「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」を 観てきました。 ナニー達を困らせる 7人の子供達と「マクフィー」との ドタバタ奮闘記ぐらいしか思わず 期待せずに見たのですが・・・ これはイギリスの洒落た 感動ファンタジーでした。 とくに感動させるエピソードというのは ないんだけど・・・ 後半にかけて 「涙」が自然と垣間見る感動作でした。 チラシ・ポスターを見ると 「子供向き」な感じが抜けれませんが 「ハリーポッター」に...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-04-20 20:58
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ/Nanny Mcphee
コリン・ファースファンでも、ファンタジーファンでもないのですが、観てきました☆ チラシの漢字にふりがながついてたくらいだから子供向けなんだろうとは思ってたけど、 "ありがとうの言葉は大切ですよ"とか "夜はちゃんと寝て""朝はちゃんと起きましょう"とか 道徳的なことも訴えて?いたり、対象は小学生なんでしょう。 魔法を使える不思議な人が登場。 とってもわかりやすーいお話。 でも 魔法といっても、同じくイギリスのファンタジー「ハリーポッター」風ではなく ファンタジーというよりコメディ色の方が強かったな...... more
Tracked from It's a wonde.. at 2006-04-20 23:01
タイトル : 「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」
 2005年/アメリカ・イギリス・フランス  監督/カーク・ジョーンズ  出演/エマ・トンプソン      コリン・ファース  ファミリー向けのファンタジー。  母親を亡くしたブラウン家の7人の子供達。彼らはナニーにいたずらをし、次々にナニーがやめていく。しかしある日、魔法のステッキを持ったナニー・マクフィーがやってくる・・・というお話。  人気児童文学「ふしぎなマチルダばあや」の映画化。ナニー・マクフィーを演じるのはアカデミー女優のエマ・トンプソン。ものすごいメイクを嬉々とし...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2006-04-21 01:07
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ(吹替版)
お願いです、マクフィーさん。... more
Tracked from 毎週水曜日にMOVIE! at 2006-04-21 08:37
タイトル : 18 ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
・・ということで春休み最後に子供といってきました。試写で「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」。 エマ・トンプソンが脚本と主演。「ラブ・アクチュアリー」のスタッフが手がけたおとぎ話です。 葬儀社につとめるブラウン氏(コリン・ファース)は妻を亡くし、7人の子供を育てているがしつけ係=ナニーを見つけるのに大苦労。子供たちのいたずらで17人のナニーがやめていった。 そんな彼らの元に、不思議なナニー・マクフィー(エマ・トンプソン)がやってくる。 ものすごくぶさいくな彼女は子供たちだけでなく、ブ...... more
Tracked from 映画を観たよ at 2006-04-21 20:33
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
えっ、何あの前歯? 出てきたときに微妙に怖かったんですけど・・・ こじんまりとしたファンタジーかな。イマイチでした。 でも何か魔法があんまし目立ってなかったような・・・観ている間は不思議だけどあんましファンタジーっ観ている気分ではなかったです。 ラストのドレスになる辺りだけはファンタジーって感じかな。 ストーリーは予想通りだし笑いどころもほとんど笑えなかったです。 シラけました。ロバはかなり引いた・・・あれはやっちゃダメだよ。それから子供がやる悪戯が怖かったです。やってることが可愛げなくてとにかく黒...... more
Tracked from しましまシネマライフ! at 2006-04-22 17:11
タイトル : 『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』・試写会
今日は某新聞社サイトと某有料テレビのサイトでW当選した 『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』の試... more
Tracked from ヘーゼル・ナッツ☆シネマ.. at 2006-04-27 16:34
タイトル : 『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』★★☆・・
公式サイト制作年度/国;'05/英 ジャンル;ファンタジー 上映時間;98分 配給;UIP 監督;ジカーク・ジョーンズ出演;エマ・トンプソン/コリン・ファース/ケリー・マクドナルド観賞劇場:4/26(水)みゆき座(旧日比谷スカラ座2)◆STORY◆葬儀社に勤めるブラウン氏...... more
Tracked from CINEMA'S.. at 2006-05-01 16:27
タイトル : 映画「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」
    ||<#FFFFFF'style='font:bold 13pt;color:#C71585' ``                   注意|| ||<#FFFFFF'style='font:bold 13pt;color:#C71585' ``まだロードショー前の作品です。多少ネタバレな感じですが、ただ公式サイトのストーリーも相当詳しく書いてあるので…どうなんでしょう。そんなに詳しくは書いていないつもりですが、十分...... more
Tracked from ☆ 163の映画の感想 ☆ at 2006-05-03 14:55
タイトル : 映画館「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」
いたずら悪ガキ兄弟の家にやってきた魔法を操るナニー(住み込みで子供の面倒をみる、育児や教育の専門知識を持った女性)がやってくる!話はミエミエなのですが、子供たちも可愛いし(特に長男と末っ子)あまり笑いをとるためだけのシーンなどもなくて楽しかったです♪ ...... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2006-05-03 21:03
タイトル : 【劇場映画】 ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
≪ストーリー≫ 葬儀社につとめるブラウン氏は、その日、家から呼び出されて、あわてて家に帰った。家で留守番をしているやんちゃな7人の子供たちがいたずらをしたため、新しいナニーが逃げ出したのだ。1年前にブラウン氏の妻が他界してから、17人ものナニーがやってきたが、みんな子供たちの悪さに根を上げ、すぐにやめる。家では長男のサイモンをはじめ、クリッシュー、トーラ、リリー、エリック、セバスチャン、それに赤ん坊のアギーまで暴れていたが、そんな子供たちを前にしてブラウン氏はすっかり頭をかかえる。子供たちの面倒をみ...... more
Tracked from 映画とはずがたり at 2006-05-05 05:03
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
イギリスから新しいファンタジーがやってきた!! 悪戯好きでやんちゃな7人兄弟と、 不思議な魔法のステッキが大活躍!! STORY:父親も手を焼き頭を悩ます、 ブラウン家の7人のやんちゃな子どもたち。 彼らの最大の楽しみは、あの手この手の悪戯で、 ナニー(乳母)...... more
Tracked from この映画見ないとイ~ヤ~.. at 2006-05-05 14:20
タイトル : 「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」
G.Wブログお休みしてすみません。<(_ _)> その代わり沢山映画、DVD見ました。 これからガンガン記事書いていきますんでヨロシク~囹(数取団風) まずは「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」烈 まさにG.Wに親子で見に行く..... more
Tracked from シカゴ発 映画の精神医学 at 2006-05-10 13:17
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ ~ファンタジックで美..
良い映画を見た。母親のいなブラウン(コリン・ファース)家の7人の子供たちは、腕白でい たずら者。今までに、17人ものナニー(子守役、子供の家庭教師)を追い出してきた。ブラウン家の子供たちの悪名はとどろき、ナニーの派遣所からも断られる始末。... more
Tracked from しょうちゃんの映画ブログ at 2006-09-27 01:15
タイトル : 映画「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」
■感想: DVDで観ました。「ウェイクアップ!ネッド」のカーク・ジョーンズ監督作品。人気作家クリスティアナ・ブランドの『ふしぎなマチルダばあや』を、イギリスを代表する女優の一人、エマ・トンプソンが自ら脚本・主演を務め映画化したファミリー向けファンタジー映...... more
Tracked from cinema note+ at 2006-10-19 00:09
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
ナニー・マクフィーの魔法のステッキNANNY MCPHEE 2005年 アメリカ/イギリス/フランス ナニー・マクフィー最高!  すっごく気にいっちゃいました。 レベル的には「レモニー・スニケット」と同列に並んだかな。 ... more
Tracked from Blossom縲log at 2006-11-03 21:27
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
ナニー・マクフィーの魔法のステッキ NANNY MCPHEE 監督 カーク・ジョーンズ 出演 エマ・トンプソン コリン・ファース アメリカ イギリス フランス 2005... more
Tracked from ハサウェイのシネマ!シネ.. at 2006-11-07 14:51
タイトル : 【洋画】ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
A+  面白い A     ↑ A− B+ B    普通 B− C+ C     ↓ C−  つまらない 『評価』  B (演技3/演出2/脚本2/撮影3/音響3/音楽3/美術3/衣装3/配役3/魅力2/テンポ3/合計30) 『評論』 やっぱ... more
Tracked from 日々エンタメざんまい! at 2006-12-20 13:33
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
ナニー・マクフィーの魔法のステッキposted with amazlet on 06.12.19ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン (2006/09/21)売り上げランキング: 2536Amazon.co.jp で詳細を見るおすすめ度:★★☆☆☆【STORY】 イギリ... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2006-12-30 00:23
タイトル : 『ナニー・マクフィーの魔法のステッキ』’05・英・米・仏
あらすじ妻を亡くしたブラウン(コリン・ファース)には、やんちゃな7人の子供がいた。乳母を雇ってもイタズラを仕掛けて、次々と辞めさせてしまう。そこに、魔法のステッキを持つナニー・マクフィー(エマ・トンプソン)が5つの事を教えにやって来た。子供たちは、いつもの...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2009-06-30 21:18
タイトル : ナニー・マクフィーの魔法のステッキ
 『さあ、不思議の扉をあけよう!』  コチラの「ナニー・マクフィーの魔法のステッキ」は、クリスチアナ・ブランドの児童書「ふしぎなマチルダばあや」をエマ・トンプソンが主演&脚本を務め映画化したと〜ってもメルヘンティックなファミリー向けファンタジー・コメデ....... more
Commented by ななな at 2006-04-21 20:35 x
こんばんわ。TBありがとうございました。
ロバが・・・でした(笑
もうほんとあれだけはシラけてしまいまして・・・
それさえ許すことができればもっと楽しめていたと思います。
コリン・ファースは相変わらず素敵でした。
Commented by margot2005 at 2006-04-22 00:06
なななさん、こちらこそコメントありがとうございました。
ロバ...引きましたよね。ナニー役のエマの顔(メイク)ももうちょっとなんとかならないのか??と思いました。
ファンタジーとしてはもうちょっと工夫して欲しかったですが、わたしはコリンの出演で全てを許してしまいました。
Commented by CINEMA'S CAFE at 2006-05-03 05:02 x
初めまして。
ご報告が遅くなってしまってすみません。
TBさせて頂きました。

本当に心温まる映画でした☆
Commented by margot2005 at 2006-05-03 20:49
CINEMA'S CAFEさん、コメントありがとうございます!いつもtrackbackのみで申し訳ありません。
わざわざお越しいただいて感謝しております。
>本当に心温まる映画でした☆ほんとそうでした。
Commented by 紫の上 at 2006-05-06 18:56 x
うふふ、私も吹き替えだけど、見ました。本当は字幕版を見たかったけど、シネコンでは上映していない。
4月頃はコリン・ファースのBBC版「高慢と偏見」にどっぷりハマり、他の彼の作品の鑑賞にどっぷりと浸かってしまって・・・。
「ブリジット・ジョーンズの日記」を見たときに、初めて彼を認知し、ファンになったんだけどねぇ~。で、やっとある人のご厚意により、BBc版を見ることが出来ました。
で、今回の作品も飛んでいきましたよっ!
大人が見ても楽しめますねぇ~!最近のファンタジー作品は刺激が大きいのが結構多いけど、こちらは昔ながらの品を持った作品で、安心してみることが出来ました。
子供たちのいたずらが非常に面白いし、いつもにない、コリンのコメデックなところも可笑しく、でもイギリス貴族の雰囲気を持っていて素敵でした!
そうそう、彼はやっぱり「ミスターダーシー」を彷彿させてくれますねっ!
DVDで観賞したけど「ローヤルセブンティーン」も17歳の父親役だけど、やっぱりミスターダーシーを思い起こしてくれました。でも、素敵なさくひんだったけど・・・。
Commented by margot2005 at 2006-05-07 01:07
紫の上さん、こちらにもお越しいただいたのですね。ご覧になったのねコレ!ラストは正にダーシーそのものでしたよね?
コリン映画は観てますわよ。DVDでですが...「17才の〜」も他愛のないB級映画ですが、コリン・ファースが演じると素敵な作品になってしまうのでしょうか?
「高慢と偏見」ドッっぷりでしたかやはり...わたしも同じでありました。「ブリジッド・ジョーンズ」シリーズも今一度観たいななんて思っております。
ヘザー・グレハムと共演の「ホープ・スプリングスの恋人」もB級映画ですが素敵です。コリンはどの作品に出てもやはり“ミスター・ダーシー”なんでしょう。
<< 「青い棘」 「美しき運命の傷痕」 >>