「美しき運命の傷痕」

a0051234_22262658.jpg「L'Enfer」2005 フランス/イタリア/ベルギー/日本
主演の三姉妹にエマニュエル・べアール「恋は足手まとい/2005」、カリン・ヴィアール「年下の人/1999」、マリー・ジラン「さよならモンペール/1991」。
三姉妹の母親にキャロル・ブーケ「美しすぎて/1989」。
原案は「トリコロール」3部作のクシュシュトフ・キェシロフスキ。
監督は「ノーマンズ・ランド/2001」のダニス・タノヴィッチ。
「トリコロール」3部作は大好きな作品なので、この作品も期待していたが、女性たちの描き方が少々狂気じみていて参ってしまった。
やはり原題の“地獄”が物語っている。
男性陣には、三女が愛してやまない大学教授フレデリックにジャック・ペラン「コーラス/2004」
長女ソフィーの夫ピエールにジャック・ガンブラン「マドモアゼル/2001」。そして次女セリーヌに近づく男セバスチャン役にギョーム・カネ「戦場のアリア/2005」
が出演している。
a0051234_2224615.jpg

父親(ミキ・マノイロヴィッチ)と母親(ブーケ)が大げんかをし、あげく、父親が窓から身を投げ自殺をした。その現場を見てしまった三姉妹...22年の年月が経ち、長女ソフィー(べアール)は夫ピエール(ガンブラン)が浮気をしている事を疑っている。次女セリーヌ(ヴィアール)は、恋人もなく、施設にいる言葉が不自由で、車椅子の母親を見舞う毎日。三女アンヌ(ジラン)は親友の父親でもある、中年の大学教授フレデリック(ペラン)に夢中である。
a0051234_22242438.jpg

ソフィーはピエールの浮気現場であるホテルを突き止め、ピーエルが去った後、残った女のベッドに忍び込む。セリーヌは郊外の施設にいる母を見舞うことだけが生き甲斐。アンヌは不倫相手の家の前に潜み、ストーカーまがいの行動をしている。どうにもならない日常が過ぎて行く、嫉妬や孤独と戦いながら...。
a0051234_22245717.jpg

とにかくvery フランス映画である。フランス人にとって人生の中で“アムール”というのは相当重要な位置を占めているようで...ここまでのめり込む気持ちには理解できないものがある...やはり狂気としか思えない彼女たちの行動。
a0051234_22251398.jpg

ジャック・ペラン、ギョーム・カネ、ジャック・ガンブランとお気に入り俳優総出演なのだが、どうも彼らの役柄が哀れで悲しすぎる。
母親役のキャロル・ブーケを始めとして、スクリーンで繰り広げられる、女性たちの凄まじい姿に、観終わって久しぶりに疲れた映画であった。フランス映画らしからぬ、ユーモア皆無というのも疲れる理由かも...。
“今、何か傷を負い、くじけそうになっている人には特におすすめの作品...”というチラシ案内はどうかと思う...?これを観て、あまりの凄まじさに、余計めげてしまう人もいるのではなかろうか??
邦題の“美しき運命の傷跡”は美しすぎる。原題の“地獄”は観て納得のタイトルである。
[PR]
by margot2005 | 2006-04-12 00:17 | フランス | Trackback(16) | Comments(19)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3470389
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 試写会帰りに at 2006-04-12 13:36
タイトル : 「美しき運命の傷痕」
「美しき運命の傷痕」試写。原題「L'ENFER」 英題「HELL」。 一体どんな映画なのか、粗筋だけをたよりに観ました。 その粗筋に罠があった……。 意味ありげなチラシの文句にまんまとはまってしまいました。 粗筋を探さずに、スクリーンから感じるままに観たかったです。 ..... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-04-12 20:55
タイトル : 美しき運命の傷痕
「美しき運命の傷痕」L'ENFER / HELL / 製作:2005年、フランス... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-04-15 12:45
タイトル : 美しき運命の傷痕
原題…「HELL」地獄  1996年3月13日に54歳で他界したポーランドの巨匠クシシュトフ・キェシロフスキの遺した三部作「天国」「地獄」「煉獄」の第二章をダニスタノヴィッチが作品化。 原題そのままの方が良かったのでは?と個人的には思うけど… 地獄=修羅場 どこか破滅的な女性達の傷痕は、偶然というより必然性を持って運命を操っているように感じた。 「運命と偶然」 最初の鳥の巣のシーン。 万華鏡をのぞいたような映像の演出から、複雑な作品を予感させる。 そして言わずと知れたカッコウの卵のエピソードを挿...... more
Tracked from ようこそ劇場へ! Wel.. at 2006-04-15 16:56
タイトル : 美しき運命の傷痕
原題【L’ENFER】が示す通り、原案は、ポーランドの故クシュトフ・キェシロフスキ監督が、ダンテの『神曲』の【地獄篇】からインスパイアーされた遺稿で、ダニス・タノヴィッチ監督が脚色し、映画化した。☆☆☆☆ ... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2006-04-15 22:23
タイトル : 【映画】美しき運命の傷痕
"L'Enfer" 2005年フランス/イタリア/ベルギー/日本監督)ダニス・タノヴィッチ出演)エマニュエル・ベアール カリン・ヴィアール マリー・ジラン キャロル・ブーケ ジャック・ペラン ジャック・ガンブラン ギョーム・カネ ジャン・ロシュホール満足度)★★★☆ (満点は★5つです)銀座テアトルシネマにて 夫の浮気に苦しむ長女ソフィ(エマニュエル・ベアール)、介護施設に入院している母親を献身的に見舞う孤独な次女セリーヌ(カリン・ヴィアール)、妻子ある年上の男を激しく愛する三女アンヌ(マリー・ジラン...... more
Tracked from とにかく、映画好きなもので。 at 2006-04-16 19:54
タイトル : 美しき運命の傷跡
   フランスの三姉妹とその母の愛の地獄の物語。  クシシュトフ・キェシロフスキの遺稿を『ノー・マンズ・ランド』のダニス・タノヴィッチ監督がスクリーンに投影させた作品でもある。  三姉妹の長女ソフィ(エマニュアル・べアール)は夫の浮気に悩....... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-04-17 00:09
タイトル : 『美しき運命の傷痕』
見ごたえのある美しくも濃厚なフランス映画。 キェシロフスキ・ワールドに溺れて低温やけど。 三姉妹とその母の現在と過去の物語。ポーランドの巨匠、クシシュトフ・キェシロフスキの遺稿、「天国」「地獄」「煉獄」の三部作の2作目「地獄」HELL。 アムールの国の豪華キャストがキェシロフスキ世界を熱演。 三姉妹と母の物語ということで、血のつながりある女たちの間に愛憎劇が繰り広げられるのかと思っていたら、姉妹はなかなかからまない。アンサンブル・ドラマの形で物語は進み、愛憎と情念がぶつかり合うのは男と...... more
Tracked from It's a wonde.. at 2006-04-18 01:23
タイトル : 「美しき運命の傷痕」
 2005年/フランス・イタリア・ベルギー・日本  監督/ダニス・タノヴィッチ  出演/エマニュエル・ベアール      カリン・ヴィアール      マリー・ジラン      キャロル・ブーケ  巨匠キェシロフスキの遺稿の映画化。ちなみに英題は「HELL」。・・・地獄・・・確かにねえ。  22年前に父親を失った三姉妹。彼女達は今、それぞれに問題を抱えていた。長女は夫の浮気を疑い、次女は孤独に母の看病をし、三女は大学教授と不倫・・・。誰一人幸せな人間がいない。  この作品は...... more
Tracked from 平気の平左 at 2006-04-20 05:58
タイトル : 爽やかの対極 「美しき運命の傷痕」
評価:75点{/fuki_suki/} 美しき運命の傷痕 昼ドラか?ってくらいのドロドロっぷり。 いつ「この泥棒猫!!」ってセリフが飛び出すかと思いましたよ(昔、昼ドラを偶然観ていた時に、このセリフを聞いたときは大笑いしましたが)。 基本的には、ベタなドロドロ愛憎劇なんですが、過程はベタでも、結果はベタじゃないところがすごいです。 終始陰鬱な気分にさせられ、爽やかさのかけらもありゃしません。 いや、一部爽やかさのかけら(車掌さんのナンパとか)はあるんですが、ことごとく砕け散ってしまいます...... more
Tracked from ミュージックの紹介ページ at 2006-05-01 18:18
タイトル : 戦場のメリー・クリスマス
戦場のメリー・クリスマス... more
Tracked from Puff's Cinem.. at 2006-05-08 17:01
タイトル : 「美しき運命の傷痕」
公式サイト 銀座テアトルシネマ、公開2週目初回です。 ハァーハァー、、20分前に着いて人はちらほら。 でも次第に人が入って来て、最終的には7-8割程度の入場数でした。 ... more
Tracked from とんとん・にっき at 2006-05-10 22:02
タイトル : 「美しき運命の傷痕」を観た!
先日、渋谷へ行ったついでに、東急Bunkamuraの映画館「ル・シネマ」で、「美しき運命の傷痕」を観ました。久しぶりの映画、それもフランス映画でした。実は、映画の内容もまったく分からないままに、ちょうどいい時間だったので、飛び込みで入ったようなものでした。「ル・シネ... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-04-07 02:27
タイトル : 映画『美しき運命の傷痕』
原題:L'Enfer "evian"を逆から読めば、確かにナイーブ、ここで使われるナイーブの意味は、 "お人好し"の意味、お店でわざわざお金を払って水を何杯も飲んでる人のこと ダンテの「神曲」に発想を得た「天国」「地獄」「煉獄」の3部作・・この物語は... more
Tracked from Have a movie.. at 2007-09-08 14:00
タイトル : 美しき運命の傷痕
予告で観るエマニュエル・ベアールに、いつもの妖艶さというより内面がのたうち回る暗い激情をその瞳や姿に見た思いがして、観ておきたいと思った。鬼気迫るというのはこのことか… 覚悟して観なければ、ちゃんと目を開いていなければ。ベアールでなければ観る勇気を...... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2007-09-13 10:02
タイトル : <美しき運命の傷痕> 
2005年 フランス・イタリア・ベルギー・日本 102分  原題 L'Enfer 監督 ダニス・タノヴィッチ 原案 クシシュトフ・ピェシェヴィチ  クシシュトフ・キェシロフスキ 脚本 クシシュトフ・ピェシェヴィチ 撮影 ローラン・ダイヤン 音楽 ダスコ・セグヴィッチ 出演 エマニュエル・ベアール  カラン・ヴィアール  マリー・ジラン    キャロル・ブーケ  ジャック・ペラン  ジャック・ガンブラン    ジャン・ロシュフォール... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-10-01 23:40
タイトル : 美しき運命の傷痕
 『三姉妹と、その母。美しい女たちの心の中には、冷たい炎が燃えている。』  4/8に公開になっていた「美しき運命の傷痕」を観て来ましたぁ〜♪コチラの映画は「トリコロール」三部作のクシシュトフ・キェシロフスキ監督の遺稿である「天国」「地獄」「煉獄」の三部作を...... more
Commented by charlotte at 2006-04-15 12:44 x
ご無沙汰してます~!
私もやっと見てきました。ちょっと男性像がかすんでしまいそうなくらい、女性が強かったですねえ~
次女セリーヌとセバスチャン、恋に落ちるのか!…とすごく期待しちゃいました。苦笑
ちょっとお母さんの台詞には後味が悪かったけど、安っぽくない美しい映像センスには納得しました。
Commented by Ken at 2006-04-15 22:36 x
margot2005さん、こんにちは!
TBお返しするのが遅くなってしまい申し訳ないです・・・。
>とにかくvery フランス映画
久しぶりに映画館でフランス映画の新作を観たのですが、何というか、この、ジメッとした感じの恋愛模様がフランス映画な雰囲気でしたね。
この作品、キェシロフスキは「天国」編、「煉獄」編とで3部作で考えていた、ということですが、3部作全部観たら(天国編は他の監督で公開済みなんですね・・・)また違った印象になるような気もします。
Commented by CaeRu_noix at 2006-04-17 00:29
ぼんそわ。
これぞフランス映画な世界でしたよね。濃厚でした。
キャストも豪華でわくわくしちゃいました。
女優の競演が見どころでしたが、ガンブラン、カネの存在感もよかったですー。
Commented by margot2005 at 2006-04-17 23:56
charlotteさんどうもご無沙汰でありました。
フランス映画ここにありの作品でありましたわ。
セバスチャン役のギョームは最近お気に入りとなりました。若い頃はそれほどでもなかったのですが...年を重ねると素敵になる俳優っていますよね。彼は正にそれであります。
Commented by margot2005 at 2006-04-18 00:40
Kenさん、ジメッとした感じの恋愛模様は、フランス映画そのものでありますね。からっとしないフランス人の恋愛模様...これも国民性でしょうか?
キェシロフスキが考案していたという3部作は全部観てみたいものですが...。



Commented by margot2005 at 2006-04-18 00:44
かえるさん、ヴォン・ソワでございます!濃厚でしたよね。
ギョーム、ガンブランetc.素敵な俳優がかなり惨めな役で...これぞ女性映画!!ですから仕方ないのでしょうか???
Commented by マダムS at 2006-04-21 09:55 x
ブログ再開しました。またどうぞよろしく♪
王妃の感想読ませて頂いて・・ちょっとこれ後回しにしそうです(汗;)
  >あまりの凄まじさに、余計めげてしま
いそうなので・・笑;
今は楽しいの観たい気分!なので「プロデューサーズ」は正解でした♪
と言いつつ昨日はジョニデを観ちゃったんですがね。まさかあんなとは・・感想後で書きます。
Commented by margot2005 at 2006-04-21 23:59
マダム!welcomebackでございます。
この映画には疲れました。でも良い作品でしたのでおすすめでございます。観た帰り道、渋谷で気分転換したくなりましたね。
「プロデューサー」観たいなと思っています。ジョニデも時代物ですわよね。来週は「ぼくを葬る」観る予定です。
Commented by 紫の上 at 2006-05-06 18:39 x
こんにちは。昨日は久しぶりにお会いして、懐かしかったです!
で、よろしくお願いします。
沢山のヨーロッパ作品をご覧になっていますねっ。”マルゴ”さんという名前は、イザベル・アジャーニの「お妃マルゴ」からですか?この作品を見たことありますので・・・。
私も「トリコロール」三部作は好きな作品です。あと「二人のベロニカ」。
で、今回の作品ですが、正に愛の地獄。でも、愛は必要。でも男性を愛すると地獄に堕ちる。やはり人間って業が深い生き物ですよねっ。
正に愛についての映画表現では大人感覚のフランス映画だと思いました。でも本当に私も疲れて・・・。
で、この日は夜はイタリア映画祭に初参加。その上映作品がとても素晴らしかったけど、、こちらのイタリア作品はやはり、愛と傷を描いているけど、ユーモアがあって、見終わった後、疲れなかったんですよ!
マルゴさんの言うとおり・・・。
で、一日にフランス映画とイタリア映画を見た次第ですが、+-=0と言う感じですっかり調和されました。でも、両国の映画の底力を見せてもらった感じです。こういう作品などを見ていると、もう止められませんねぇ~。ヨーロッパ映画鑑賞を!!
Commented by margot2005 at 2006-05-07 00:51
紫の上さん、有楽町でお会いできるなんて...そう3,4年ぶりですか?お元気そうで、こちらこそお会いできて嬉しかったです。早速マイブログへようこそおいでいただきました。そう“マルゴ”は「王妃マルゴ」からです。5年前にフランスに行って以来、前〜好きだったフランス映画に火がついた感じです。
紫の上さんも観てますよね!おフランスもの。「トリコロール」シリーズはお気に入りです。残念なことに「二人のベロニカ」未見なんです。今回リヴァイヴァル上映の際観に行きたかったのですが...上映終わりましたね。「美しき運命の傷痕」はホントに重いというか、男性が観ると、又感じ方が変わるのかとも思えますが、二度観たい映画では決してないですね。ここまで“愛”に執着するフランス人の気持ちは、日本人のわたしには到底理解できません。素晴らしい映画であった事は確かですがね。
Commented by margot2005 at 2006-05-07 00:52
イタリア映画良いですよね。しばしハマりそうです。「家の鍵」と「13才の夏僕は生まれた」は観に行く予定です。
いかなる時にもユーモアを描くのを忘れないイタリア映画と、暗い、重い作品には微塵も笑いを入れないで、とことん暗く描くフランス映画。わたしはどちらも大好きです!又お待ちしております!ヨーロッパ映画を語りましょう!
Commented by Puff at 2006-05-08 17:14 x
壮絶な人間模様でしたよねー・・・
フランス映画の真髄を見せて貰いましたが、確かに少しのユーモアも入ってないので、観た後は精神的にキツイですよね。
でで、チラシには、そんなうたい文句が書いてあったですかー!!
そ、それは、ちと違うのでは・・・・・ですよね。汗
くじけた人は、さらにずぶずぶと沈んでしまい落ち込みそうです。
女性はそれぞれ強烈な印象がありましたが、男性は皆さん印象が薄いですね。
彼女たちを引き立てる為にそういう設定にしたのかな!?
Commented by margot2005 at 2006-05-08 23:53
Puffさんこちらにもコメントありがとうございます!
そう壮絶でしたよね。フランス女性の凄さを痛感いたしました!
そのうたい文句ですが、bunkamura案内のチラシに書いてありましたの。レストラン街に設置してあるパンフのようなものに、この映画の事が書いてありました。
ちょっと違うんじゃないの??なんて思いますよね??
やはり男と女にとって“愛”に対する執着度が違うので、こういった描き方になったのでしょうか??女は“愛”に固執するものだと...監督男だけどな...。
Commented by tonton3 at 2006-05-10 22:04 x
「美しき運命の傷痕」を観た!
トラックバックさせていただきます。
よろしくお願いします。
Commented by margot2005 at 2006-05-11 21:32
tonton3 さん、ようこそお出でいただきました。こちらこそヨロシクお願いします!この映画は重かったですね...帰りにどっと疲れて気分転換したくなりました。
Commented by fizz♪ at 2007-09-08 14:10 x
margot2005さん、こんにちは~
先日は拙宅へのTBをありがとうございました!
私もTBさせて頂きました。今日はすんなりと届いたみたいです。
この作品は重い後味でしたね。
豪華な出演陣と印象深い美しい映像の、濃~いフランスの味を堪能しました。
そうですね、そうですね、気分転換が必要になりますね(笑)
Commented by margot2005 at 2007-09-09 20:04
fizz♪ さん、こんばんは!
すいませんTB飛ばし逃げで...
コメントありがとうございます!
TB反映されたようで嬉しいです!
この作品ホント重くて、映画観た後どっと疲れた覚えがあります。
フランス映画は大好きなのですが、最近公開のフランスものは観に行けてないですね。疲れそうで...ためらっていたりもしますの。
エマニュエル・べアールは素敵な女優です。ママ役のキャロル・ブーケも好演してましたね。出番は少なかったですが、ギョーム・カネ良かったです!
Commented by 台湾人 at 2010-09-05 16:55 x
フランスの名女優エマニュエル・ベアールですか。

フランス映画が大好きなので、フランスの俳優や監督には興味津々の私です。
Commented by margot2005 at 2010-09-11 22:16
台湾人さん、コメントありがとうございます!
フランス映画お好きなのですね?
ヨーロッパ映画は全て興味深いですが、中でもやはりフランス映画は大好きですね。
<< 「ナニー・マクフィーの魔法のス... 「リトル・イタリーの恋」 >>