「僕のニューヨーク・ライフ」

a0051234_23494546.jpg「Anything Else」2003 USA/フランス/ドイツ/UK
第60回(2003)ベネチア国際映画祭オープニング作品
監督、脚本ウディ・アレン「アニー・ホール/1977,結婚記念日/1990」。
主演はジェイソン・ビッグスとクリスティナ・リッチ「モンスター/2003」。
ビッグスの出演映画は今回初めて観た。
映画にはアレンも出演している。
他にプロデューサーでもあるダニー・デヴィート「LAコンフィデンシャル、レイン・メーカー/1997」と、大好きなストッカード・チャニング「ル・ディヴォース・パリに恋して/2003」「理想の恋人.com/2005」が出演している。
アレン・ムーヴィーをシアターで観るのはホントに久方ぶりで...
アレンの作品は台詞が炸裂するのでかなり疲れるのだがキライではない。
アレン作品には、ブラック・ユーモア、偏見(ユダヤ人)、そしてSEXが多々描かれているが今回はこれらが頻繁に登場する。
舞台は邦題の通りニューヨーク。
原題の「Anything Else」という台詞は冒頭のシーンでアレンが語ってくれる。
a0051234_23124387.jpg

ジェリー(ビッグス)はマンハッタンに住む21才の新進コメディ・ライター。彼にはクライアントがジェリーのみと言う、人の良いマネージャー、ハーヴィー(デヴィート)がいる。ある日ジェリーは、学校教師をしながら、やはりライターであるドーベル(アレン)という男と知り合う。ジェリーは互いに一目惚れした売れない女優である恋人アマンダ(リッチ)の存在をドーベルに話すようになる。アマンダはわがままで気まぐれで、行動まで謎であり、最近はSEXにすら応じてくれない。おまけにアマンダの母ポーラ(チャニング)が二人のアパートメントに転がり込んで来た。娘同様ママも相当の代物である。
a0051234_23173780.jpg
クリスティナ演じるアマンダとママ役ストッカードに振り回されるジェリー役のビッグスがあまりにぴったりで笑える。そういえば何のことはない、ドーベルにも振り回されていたジェリーである。しかしアメリカ人は非常に分析が好きである。これにも分析医に語る場面が出て来る。ドーベルは変なサイコoyajiなのだが...あの飄々とした風貌のアレンが演じるとなぜか憎めない。
かなりold なmusicがバックに流れるのがお洒落。
[PR]
by margot2005 | 2006-01-31 00:47 | MINI THEATER | Trackback(25) | Comments(10)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3115516
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 平気の平左 at 2006-01-31 22:00
タイトル : 人生なんてそんなもんさ 「僕のニューヨークライフ」
評価:70点 僕のニューヨークライフ 観る映画を70本におさえ、平均70点を超えるように映画を選ぶ、という今年の目標を達成するために、あまり期待のできない「レジェンド・オブ・ゾロ」と「フライトプラン」を観るのを踏みとどまりました。 「フライトプラン」は完全に「フォーガットン」のトラウマの影響ですけどね。 「博士の愛した数式」は現在迷い中です。。 その代わり観たのが、タブロイド、カミュなんて知らない、そして、この「僕のニューヨークライフ」と、あまりメジャーとは言えないものばかり。 これから...... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2006-01-31 22:06
タイトル : 【映画】僕のニューヨークライフ
"Anything Else" 2003年アメリカ監督)ウディ・アレン出演)ウディ・アレン ジェイソン・ビッグス クリスティーナ・リッチ ダニー・デヴィート ストッカード・チャニング満足度)★★★★ (満点は★5つです)恵比寿ガーデンシネマにて 我儘な彼女アマンダ(クリスティーナ・リッチ)に振り回されっ放しの売り出し中のコメディー・ライター・ジェリー(ジェイソン・ビッグス)は精神分析が欠かせない日々を送る。そんな時にジェリーは初老の先輩コメディ・ライター・ドーベル(ウディ・アレン)と知り合う...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-02-01 00:46
タイトル : 僕のニューヨークライフ/anything else
やっぱりウディアレンの映画はニューヨークが香る~{/hearts_pink/} 相変わらずの選曲の良さ☆ 全編通して流れてるジャズが心地いい{/onpu/}{/onpu/} 「スコルピオンの恋まじない」以来久しぶりにアレン作品観たけど.... なかなか良かったぁ{/hearts_red/}{/hearts_pink/}{/hearts_red/} 公式サイト アレン節、炸裂 会話が命! '77年、アカデミー賞最優秀作品賞を獲った 「アニーホール」以来、 ウディアレンの映画には有名俳優たちから...... more
Tracked from Cinema-Absol.. at 2006-02-01 01:26
タイトル : 僕のニューヨークライフ
僕のニューヨークライフ  2006/アメリカ  ★★★★★ 監督 ウディ・アレン 出演 ジェイソン・ビッグス / クリスティーナ・リッチ / ウディ・アレン / ダニー・デヴィート ■あらすじ■  ニューヨークに住むナイトクラブの若手コメディ作家・ジェリーは、風変わりな恋人、ぱっとしないマネージャーとの関係に悩み、無口な精神科医に通い、先輩作家のドーベルに教訓を説かれる日々。  良いとか悪いとかの問題では最早なく、とりあえずは「ウディ・アレン的な」と表現できる諸々の世界、...... more
Tracked from 週末に!この映画! at 2006-02-01 16:18
タイトル : 僕のニューヨークライフ
期待値:73%  ウディ・アレンの最新作。 アメリカン・パイのあの男の子がでてますねー。 予告編:ホ... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-02-10 19:04
タイトル : 『僕のニューヨークライフ』
愉快な奴らのミョーな人間模様が楽しい。 マンハッタンに住む21歳のコメディ作家ジェリーは、同棲する恋人アマンダのことで悩んでいた。そして、先輩である変人ドーベルにアドバイスを受ける。近頃のウディ・アレン作品には大きな満足というものがないんだけど、おもしろいかおもしろくないか好きか嫌いかで言えば、やっぱり楽しめるしやっぱり好き。シニカルなのに不思議とほんわか幸せな気分にもなれてしまう。 海外のすべての映画がそうなんだろうけど、とりわけ原語で味わえたらよりおもしろいんだろうなぁと常々感じるのは...... more
Tracked from ようこそ劇場へ! at 2006-02-17 21:36
タイトル : 僕のニューヨークライフ
Anything else 誰が何と言おうとウディ・アレン大好きです。もちろんニューヨークも大好き。 でも、ロンドンに居を移してしまったウディ。 もしかして、これが最後のNYCを舞台にした映画になるかも。 そう考えると、思い入れは更に膨らんで…。 ☆☆☆☆... more
Tracked from Saturday In .. at 2006-02-19 00:20
タイトル : 僕のニューヨークライフ
米&仏&和&英合作 監督:ウディ・アレン 出演:ジェイソン・ビッグス     クリスティナ・リッチ      ウディ・アレン     ダニー・デヴィート マンハッタンに住む新進コメディ作家ジェリーは女優の卵アマンダと互いに一目 惚れの恋に落ち同棲をはじめ...... more
Tracked from Days of Book.. at 2006-02-19 00:34
タイトル : 『僕のニューヨークライフ』とビリー・ホリディ
『僕のニューヨークライフ』と次作『メリンダとメリンダ』を最後に、ウッディ・アレン... more
Tracked from Alice in Won.. at 2006-02-21 14:00
タイトル : 僕のニューヨークライフ
恥ずかしながらアレン映画をほとんど観たことのないわたし・・・ 1本目が重い映画だったので2本目は軽い気持ちで観ることが出来ました。 アメリカン・パイのジェイソン・ビックスはな何だか同じようなキャラで違和感がなかったし、不思議ちゃんのクリスティーナ・リッ...... more
Tracked from 【極私的】Movie R.. at 2006-02-22 10:58
タイトル : 僕のニューヨークライフ
原題…ANYTHING ELSE 監督…ウディ・アレン 出演…ジェイソン・ビッグス/ダニー・デビート/クリスティーナ・リッチ 極私的満足度…△ マシンガントーク ワタシも常々思っていたんだけど、見に行く前に友達がくれたメールに「ウディ・アレンのは、ハズレると痛々しい」..... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2006-02-25 22:52
タイトル : 僕のニューヨークライフ
ウッディ・アレンの映画は好き嫌いがハッキリ分かれる。 嫌いなヒトは「どれを観てもみんな同じ」と思うだろうし 好きなヒトは「どれを観てもあのウッディ・アレンらしさがいい」と言うだろう。 で、私はというと・・・結構好き派なのだが。 毎度言う通り私はたいした事件も起こらず都会の片隅で惚れたハレタと ドタバタしている映画って大好きなのだ。 ニューヨーク・マンハッタンに住むジェリー(ジェイソン・ビッグス)は21歳のコメディ作家。 気のいい彼は同棲中のアマンダ(クリスティーナ・リッチ)の浮気が発...... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2006-02-26 19:23
タイトル : 僕のニューヨークライフ
最近のウディ・アレンは怒涛の公開ラッシュ。 この作品は「さよなら、さよならハリウッド」と「メリンダとメリンダ」の 間にアメリカでは公開された作品ですが公開は逆。 こう立て続けにアレンの映画を観ると、 なんだか彼がホスト役の連続テレビシリーズを観てる...... more
Tracked from Cartouche at 2006-03-04 18:40
タイトル : *僕のニューヨーク・ライフ*
{{{    ***STORY***                 2003年  アメリカ ジェリー(ジェイソン・ビッグス)は、ニューヨークに住む新進のコメディ作家。仕事でそこそこの成功をおさめた彼の目下の悩みは、気まぐれな女優の恋人アマンダ(クリスティーナ・リッチ)との仲が、しっくりいかないことだ。半年におよぶセックス・レス生活と、突然アパートに転がり込んできた強烈なアマンダの母との同居。二重の苦難を堪え忍ぶジェリー。おまけに、デビューから付き合ってきたマネージャー:ハーヴィ(ダニー・デヴ...... more
Tracked from サバペ at 2006-03-05 18:31
タイトル : 映画/anything else...あ...はい
映画「僕のニューヨークライフ」 監督 ウディアレン 出演 ウディ・アレン ジェイソン・ビッグス クリスティーナ・リッチ ダニー・デヴィート ストッカード・チャニング... more
Tracked from Osaka-cinema.. at 2006-03-06 00:06
タイトル : 僕のニューヨークライフ~さよならニューヨーク
軽いタッチのコメディだけど、人生の真理を言い当てている、 そんなウッディ・アレン作品はいつも楽しみにしてました。 しかし、今回は「ホテル・ルワンダ」の後に見た為かな、 何とも軽すぎて、いつもの心地よい気持ちにはなれませんでした。 映画「僕のニューヨークライフ」 若手のコメディ作家のジェフリー・ フォーク(ジェイソン・ビッグス)は 何とも優柔不断な男である。 それゆえ悩みも多い。 恋人で自分とのセックス不感症な アマンダ(クリスティーナ・リッチ)との 関係に悩み、マネージャ...... more
Tracked from 俺の明日はどっちだ at 2006-03-13 21:52
タイトル : 「僕のニューヨークライフ」 Anything Else
日本では去年公開された「さよなら、さよならハリウッド」(2002)と「メリンダとメリンダ」(2004)の間に製作されたこの映画、ウディ・アレンらしく、いつもながらにニューヨークを舞台に、ノスタルジックなジャズのナンバーが流れ、都会に住む男女間のやり取りを中心にシニカルかつコミカルに物語は進んでいく。 今回の作品、ジェイソン・ビッグス扮する主人公が離婚歴のある喜劇作家という設定で、我が儘で自己中心的な女性(クリスティーナ・リッチ、まさに適役!)とうまく関係を保とうと思いつつ、思うようにいかないといった...... more
Tracked from こだわりの館blog版 at 2006-03-20 17:20
タイトル : 「僕のニューヨークライフ」
1/21 恵比寿ガーデンシネマ にて どこまでいってもウディ・アレン。 監督・脚本・出演:ウディ・アレン 出演:ジェイソン・ビッグス、クリスティナ・リッチ、ウディ・アレン、ストッカード・チャニング、     ダニー・デヴィート、他 21日、関東地区が雪だ... more
Tracked from Pocket Warmer at 2006-03-21 10:02
タイトル : 僕のニューヨークライフ
邦題:僕のニューヨークライフ 原題:Anything Else 監督:ウディ・ア... more
Tracked from cinema capsule at 2006-03-26 18:38
タイトル : 僕のニューヨーク・ライフ
ご贔屓ウッディ・アレンの最新公開作をいつもの恵比寿ガーデンシネマにて 鑑賞。 ★「僕のニューヨーク・ライフ」 2003年アメリカ 監督:ウッディ・アレン 出演:ウッディ・アレン    ジェイソン・ビッグス    クリスティーナ・リッチ    ダニー・デビート ★Story マンハッタンに住む21歳の新進コメディ作家ジェリー。彼は互いに 一目惚れの恋に落ち、以来同棲している女優の卵アマンダに気を 揉んでいた。彼女はいつも気まぐれで不可解な言動が多く、最近は ベッドの誘いにも応じてくれない。また、...... more
Tracked from 薬味 at 2006-05-01 00:34
タイトル : ギンレイとグラタン
今日は一日映画日和。ギンレイに久々に行って二本立てでございます。一本目は『僕のニューヨークライフ』。コメディ作家と彼女の日常の恋を追っていく話なんだけど要所要所でこの映画の監督のウディ・アレンが参上。その現れ方がなんか面白くてコメディっぽい映画。そんな女と別れろだの今の仕事を全て諦めて引っ越せだの銃を持ち歩けだの突拍子もないアドバイスなんだけどどんどん主人公と仲良くなっていくのよね~。でも出演者が言ってることが案外良いことも言ってたりしてみやすい映画だったな。彼女役の女優がかなり可愛かったし。旦那がウ...... more
Tracked from 映画と本と音楽にあふれた.. at 2006-05-06 13:31
タイトル : 僕のニューヨークライフ
原題: Anything Else (2003) 2006年1月21日 日本初公開 公式サイト: http://www.ny-life.jp/ 飯田橋ギンレイホール 2006年4月26日(水)10時00分からの回 ゴウ先生ランキング: B... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2007-11-30 23:57
タイトル : 『僕のニューヨークライフ』'03・米
あらすじマンハッタンに住む若手コメディ作家のジェリー(ジェイソン・ビッグス)は、同棲中の恋人アマンダ(クリスティーナ・リッチ)の気まぐれな性格に悩まされていた・・・。感想ウディ・アレン監督の作品です。日本では、この後に作られた『メリンダとメリンダ』の方...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-06-19 20:37
タイトル : 僕のニューヨークライフ
 『ちょっと真面目で、ちょっとエッチなピースフル・コメディ』  コチラの「僕のニューヨークライフ」は、ウディ・アレン監督によるタイトル通りニューヨークを舞台に繰り広げられるPG-12指定のラブ・コメディです。  公開時にチラシにイラストを描いたリリー・フラン...... more
Tracked from 今宵、サムソン・マスマス.. at 2008-11-03 22:37
タイトル : 僕のニューヨークライフ
    = 『僕のニューヨークライフ』  (2003) = マンハッタンに住むコメディ作家ジェリー(ジェイソン・ビッグス)は、一目惚れの恋に落ち、以来同棲している女優の卵アマンダ(クリスティーナ・リッチ)に気を揉んでいた。 彼女はいつも気まぐれで、不可解な言動が多く、最近はベッドの誘いにも応じてくれない。 また、夫と離婚してからいろんな男のもとを転々とし、文無しとなったアマンダの母ポーラ(ストッカード・チャニング)がジェリーたちのアパートに転がり込む。 ジェリーの頼...... more
Commented by Ken at 2006-01-31 22:24 x
margot2005さん、こんにちは!
TBありがとうございました!
この映画を観る前はジェイソン・ビッグスとウディ・アレンの組み合わせってピンと来なかったのですが、意外に食い合わせ悪くなかったですよね。

アレンとNYと古いジャズ、僕はそれだけでこの映画に満足してしまいました。
Commented by margot2005 at 2006-02-01 01:27
Kenさんこちらこそありがとうございました!そうですよね、アレンの選曲はいつもお洒落で気に入っております。ビッグス&アレンの組み合わせはスゴイ良かったと思います。
Commented by sabunori at 2006-02-25 22:56
margotさん、どーもです。
TBさせていただきました。
もうオープニングの音楽で「あ、ウッディ・アレン映画」ってわかりますよね。
彼の作品は字幕を追うのがかなり大変。
ふだんそんなコト全然感じないんですから、相当なんでしょうね。
あぁ・・・字幕を追う必要がないくらい英語ができたら・・・。
そうしたらきっと何倍も笑えるんだろうなぁ。
Commented by margot2005 at 2006-02-26 01:20
sabunoriさんtrackbackありがとう!
そうそう、字幕ばかり追っていると映像が楽しめないですよね。彼の映画って台詞で成り立ってるからしゃあないですが...。
アレン映画のmusicはお洒落ですよね。大好きです!これでも彼の好きな古いジャズが素敵に映画を盛り上げておりましたわ。
台詞を追わないで笑えるようになりたいですぅ!!
Commented by Cartouche at 2006-03-04 18:43 x
独特のオシャレ感とビターな笑いは健在でした。でもちょっと振り回されすぎ??
Commented by margot2005 at 2006-03-05 23:17
Cartoucheさん、あれだけ振り回されても平気な人っているのかな?...アレンの映画はひつこさが売りって気もします...この方のキャラでもあるような気も...。でもどの映画もホントお洒落ですよね。どの作品も映像が素晴らしいと思います。
Commented by fyamasan at 2006-03-06 00:08
TB有難うございます。
同じエキサイトということでリンク張らせて貰いました。
アマンダに振り回されるジェリーの姿は楽しめましたね。
これからも宜しくお願いします。
Commented by Cartouche at 2006-03-06 09:43 x
こちらへのご丁寧なコメントをありがとうございました。”さよなら~~”は未見ですがパリなのですね。いずれにしてもアメリカのスタジオへの失望感からでしょうか?
Commented by margot2005 at 2006-03-07 01:54
fyamasanさんこちらこそありがとうございました。リンクなど貼っていただいて...良いのかと??恐縮しております。こちらこそヨロシク!!
この作品、振り回されるジェリーの姿...堪能できる映画でしたね。
現実じゃあんなこと...むかつきまくって...あり得ないでしょうが...。
Commented by margot2005 at 2006-03-07 02:06
Chartoucheさん「さよなら〜」是非ご覧くださいませ。
アレンはパリも好きですよね。アラン・アルダ&ゴールデン・ホーンが夫婦を演じた、パリが舞台になった「世界中がアイ・ラヴ・ユー/1999」もお洒落ですよ。
<< 「ミュンヘン」 「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」 >>