「ほっ」と。キャンペーン

「高慢と偏見」

a0051234_07480.jpg「Pride and Prejudice」1995 UK(BBCミニ・ドラマ・シリーズ)
主演は「ブリジッド・ジョーンズの日記/2001」「秘密のかけら/2005」のコリン・ファース& 「抱擁/2001」のジェニファー・エール。
監督はサイモン・ラントンで脚本はアンドリュー・デイヴィス。
シアターの大画面で観る映画と、TVシリーズで放映されたドラマをDVDで観るのとではちょっと趣は違うが...原作であるジェーン・オースティンが書いた、とても有名な「高慢と偏見」を読んでいないため、フル・ストーリーを知らなかった。
キーラ版「プライドと偏見/2005」では2時間足らずですべてを描かなきゃならないが、この作品では5時間余りのストーリー展開となっている。なもんで、キーラ版のエリザベスとダーシーの描き方が早急で、途中なぜに?二人は?みたいに感じることがあったが、これでは二人の出会いから、互いに好感を抱き、結ばれるまで丁寧に描かれていて満足できる。
a0051234_0544264.jpg

「ブリジッド・ジョーンズの日記」に登場する、高慢な弁護士マーク・ダーシーが、この「高慢と偏見」をベースに描かれているというのもうなずける。観ているとほんとあのマーク・ダーシーとかぶるのである。池に飛び込むシーンも出て来る。
a0051234_055031.jpg

a0051234_156044.jpg

ダーシー、エリザベスはもちろんの事、他の出演者も...ジェーン役のスザンヌ・ハーカーはクラシック・ビューティで素敵だし(上写真)、コリンズ役のディヴィッド・バンバーは素晴らしいの一言。ミセス・ベネット演じるアリソン・ステッドマンはハマり役。そして印象深かったのは、ミス・キャロライン・ビングリーを演じるアンナ・チャンセラー(ドリーマーズ/2003)が、とてつもなく高慢ちきで、下の人間を見下すリッチ・ウーマン役ぴったりで堪能できる。
ダーシーの館ペンバリーを始めとして、キャサリンのロージングス、コリンズの牧師館ハンスフォード、そしてベネット家と、そのどれもがこのドラマの住人を考えて探して来たというだけあって素晴らしい!ペンバリーは殆どお城状態で、ドラマ中で”こんな館に住めるならなんでもするわ!”という台詞が登場する。原作を忠実に描いたということなで、益々ジェーン・オースティンの小説が読みたくなってしまった。
a0051234_0551621.jpg

下写真“63rd Annual Golden Globe Awards”でのエマ・トンプソンとコリン(picture by ColinFirth.com)。
a0051234_0553468.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-01-21 01:53 | UK | Trackback(3) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3058314
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-01-24 10:14
タイトル : DVD「高慢と偏見」
DVDにて「高慢と偏見」★★★★★ 念願かなってイギリスBBCテレビ版の「高慢と偏見」を見ることが出来た! 評判どおりの素晴らしい仕上がりになっていて大満足の一本。 全編300分のドラマで、原作にとても忠実に作られている。映画「プライドと偏見」ではダーシーの高慢とエリザベスの偏見がいまひとつ描写不足だったのだけれど、テレビ版は小さなエピソードを重ねていく時間のゆとりがあるので、二人の気持ちの変化がとても丁寧に描かれる。 映画版とちょっと違っていたのは、ベネット家の暮らしぶりと衣装の雰囲気。 映画...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2006-01-27 00:32
タイトル : 高慢と偏見
Dearest , loveliest  Elizabeth!... more
Tracked from パイレーツ・オブ・カリビ.. at 2006-03-30 12:56
タイトル : 2006年最大の話題作!パイレーツ・オブ・カリビアン デ..
ジョニーデップ主演パイレーツ・オブ・カリビアンの待望の続編がこの夏公開!!イベント、グッズ、ネタバレ、2007年公開の3情報、リニューアルでジャック・スパロウが登場する「カリブの海賊」情報などが満載!... more
Commented by ドロップ at 2006-01-21 16:53 x
私は映画版は見てないけどこちらは大好きで何回も見ております・・・吹替えで・・・・・・・。一応DVD持ってるけど・・・好んで吹替えを見てたりして・・・。
原作ではほんの少しだけ登場人物のその後が描かれてたと思います。エリザベスのイメージはやっぱりキーラよりジェニファー・エールですな・・・キーラは少し細すぎるのであった・・・・。
Commented by margot2005 at 2006-01-21 23:34
さすがヨーロッパ映画好きのドロップさん、観てたのね!!好んで吹き替えですか?そういや吹き替えは誰がやっているのか確認しなかったですぅ...残念。あまりにも有名な「高慢と偏見」のストーリーを知っている英国人...それもTV放映なので万人が観るし...で原作に忠実に描いたようですね。ジェニファーは素敵!!
Commented by ミチ at 2006-01-24 10:18 x
こんにちは♪
TBありがとうございました。
とうとう念願かなってゲットいたしました。
300分の作品をほとんどノンストップで見ました!
やっぱりコリン=ミスター・ダーシーですよね~。
ロケも衣装などもお金がかかっていて、力の入ったドラマだと思います。
オースティンの原作をイギリスが大事にしているから、こういう丁寧な作りのドラマになったのかなぁなんて。
Commented by margot2005 at 2006-01-25 22:14
ミチさんこちらこそありがとうございました!やはりノンストップでしたか?わたしもDVD二本、次の日休みでもないのに夜中(ほとんど明け方)まで一気に観てしまいましたの...途中でやめられなくって...。
英国人はオースティンをとても大事にしているようですね。日本人的にはブロンテ姉妹の小説は有名ですが...わたし自身もブロンテは読んでるのですが、オースティンは未読なので、これから読むのが楽しみです。そうそうコリン=ダーシーですわよねやっぱし...。
Commented by 悠雅 at 2006-01-27 00:45 x
こんばんは。
TBだけさせていただいて、コメントもせず帰っていたことが多いのですが、
やっぱりこれについては、一言残したくてお邪魔しました。

やっぱり、コリン・ダーシーですよね…
時間が経っても、あのまなざしが忘れられません。
わたしのところに集まられる方は、ジェニファーがお好きでないとか、
映画版ダーシーOK、という方が多いので、
わたしはなかなか本音で語れなかったのでした。
やっぱり、コリンとジェニファーのMr.ダーシーとリジーが好きです。
Commented by margot2005 at 2006-01-27 01:56
悠雅さん!わたしもいつもtrackbackのみでございます。コメントありがとうございます!やはりコリン・ダーシーですよね!?あのまなざしが忘れられないって...相当ハマられたのでしょうか!?コリンも適役ですが、他の俳優も皆素晴らしかったと思いますBBC版。
<< 「コーラス」 グアム行きのコンチネンタルで「... >>