「ほっ」と。キャンペーン

「プライドと偏見」

a0051234_23572046.jpg「Pride & Prejudice」2005 UK
原作は“エマ”“いつか晴れた日に”のジェーン・オースティン。
主演のエリザベスにキーラ・ナイトレイ、Mr.ダーシーにマシュー・マクファデン。キーラは「ラヴ・アクチュアリー/2003」や「キング・アーサー/2004」etc.でお目にかかっている。マクファデンは「エニグマ/2001」に出演しているようだがどうも記憶にない。とにかく彼はジョン・キューザックに滅茶似ていて困ってしまった。他にドナルド・サザーランド、ブレンダ・ブレッシン、ジュディ・デンチ、そして、“007シリーズ”でボンド・ガールを演じたロザムンド・パイクと豪華な出演陣。
監督はジョー・ライト、脚本はデボラ・モガー。
a0051234_23574036.jpg

18世紀の終わり、イギリスの田舎街が舞台。この時代、未婚の女性が親元を離れて生きて行くには、良い伴侶を見つけて結婚するより手だてはなかった。5人の娘を持つミセス・ベネット(ブレッシン)は、それぞれの娘を資産家の男に嫁がせようと躍起になっていた。そんな折、ベネット家の近くにリッチな独身男ピングリー(サイモン・ウッズ)が館を構える。そしてビングリーが催した舞踏会に、父親(サザーランド)を始めとして、ベネット家全員が押し寄せることになる。ピングリーの親友ダーシー(マクファデン)も館に逗留していた。その夜、ビングリーはベネット家の長女ジェーン(パイク)にダンスを申し込む。そして同じフロアーにいたダーシーがベネット家の女たちを冷ややかな、見下す感じで見るのをエリザベス(ナイトレイ)は見逃さなかった。この後のストーリーは割愛させていただく。
a0051234_23581031.jpg

コリン・ファースが後にMr.・ダーシーと呼ばれたくらいハマり役だったらしい「高慢と偏見/1995」は未見である。でなもんでなんとも言いがたいが...やはりコリンのMr.ダーシーが是が非でも観たい!!エリザベス役のジェニファー・エールも素晴らしいのではないだろうか?キーラはどうも軽い感じがして...英国人なので配役にはぴったりだとは思うのだが...どうも...。Mr.ダーシー役のマクファデンも駄目...ジョン・キューザックは古典もの似合わないのだ...なんて思ってしまって...。他の出演者については、母親役のブレンダ・ブレッシンが品のない(Mr.ダーシー曰く)女性にぴったりで、ジェーン役のロザムンド・パイクも、007映画の時よりも、この役が素敵である。父親役のドナルド・サザーランドとキャサリン役のジュディ・デンチは貫禄勝ち!
a0051234_23575652.jpg

英国の田園風景が素晴らしく、お城級のダーシーの館の中、噴水のある庭や、あずまや(エリザベスとダーシーの雨のシーンは...美しすぎ...!!!)、そしてエリザベスが断崖に立つ、あのシーンも美しかった!!とにもかくにも英国の田園、緑が美しい!!
a0051234_216460.jpg
a0051234_2192919.jpg

[PR]
by margot2005 | 2006-01-15 00:59 | UK | Trackback(61) | Comments(20)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/3023013
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from No Need To A.. at 2006-01-15 02:31
タイトル : プライドと偏見
試写会にて。 来年のお正月映画第2弾(2006年1月14日、有楽座ほか東宝洋画系にて公開)。 公式サイト(まだ何も無いみたい) http://www.pride-h.jp/ 英国の女流作家、ジェーン・オースティン(1775-1817)の「高慢と偏見(Pride and Prejudice)」の映画化。 ....... more
Tracked from 試写会帰りに at 2006-01-15 02:44
タイトル : 「プライドと偏見」
読売ホールにて「プライドと偏見」“PRIDE&PREJUDICE”試写会。 「ドミノ」に続くキーラ・ナイトレイ主演作。共演にマシュー・マクファディン、ドナルド・サザーランド、ジュディ・デンチ。「ブリジット・ジョーンズの日記」「ラブ・アクチュアリー」のワーキングタイト..... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-01-15 08:34
タイトル : キーラナイトレイ 新作☆プライドと偏見
ジェーン・オースティン原作の古典「高慢と偏見」をTV界出身のジョー・ライト監督で映画化。 (「ブリジッドジョーンズの日記」のコリンファースで「高慢と偏見」というタイトルで'95年に一度映画化済) 原題、「プライドと偏見」のまま日本では来春第2弾で公開 。 キーラナイトレイ主演。 "本年度アカデミー賞最有力候補”!だとか。 ほんとかなぁー。一足早く試写にて。 愛してると認めるには、男のプライドは高すぎた。愛してると応えるには、女の偏見が邪魔をする・・・ 18世紀末のイギリス上流社会。女性に財産...... more
Tracked from 毎週水曜日にMOVIE! at 2006-01-15 09:58
タイトル : 4 プライドと偏見
「高慢と偏見」(ジェーン・オースティン)そして「愛の妖精」(ジョルジュ・サンド)。 この2冊を、中学の国語の先生にすぐに読むようにと渡されました。 どちらにも共通していたのは、「人間の偏見」。 これは、であった感じが悪いとか、仏頂面だとか、口数がすくないとかそういうことで人はわからない。表に出ていることは大切だけどすべてじゃない。 それを多感なティーンエイジャーで知らされたわけです。 (で、それが深く心にのこり、感じのいい人を警戒する、逆偏見がついちゃったんだけど・・・) 私の男性...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2006-01-15 10:04
タイトル : プライドと偏見
I like him. I love him.... more
Tracked from いもロックフェスティバル at 2006-01-15 10:28
タイトル : 映画「プライドと偏見」
キーラ・ナイトレイ主演の映画「プライドと偏見」の試写会に行った。 (12/20... more
Tracked from まったりでいこう~ at 2006-01-15 14:09
タイトル : プライドと偏見(試写会)
観たかったけれどどうしようかなと思っていたら、試写会の案内を人様からいただきました。嬉しい~。ということで行ってきましたです。 最初から最後までわりと静かにストーリーが流れていくので途中で退屈になり眠くなるのではないかと思ったのですがそんなことはまったくなく、私は最後までかなり楽しめました。けっこう良質な作品ではないでしょうか。 身分違いの恋ということでけっこう切ない話なのかなあと思っていたのですがあまりそうではなかったですね。でもなんだか結婚て大変だなとちょっとしみじみしてしまいました。 この時代、...... more
Tracked from 平気の平左 at 2006-01-15 17:05
タイトル : バカ一家の結婚戦略 「プライドと偏見」
評価:75点{/fuki_love/} プライドと偏見 恋愛においては、プライドと偏見がしばしば邪魔になるっていうお話。 これは私にも心当たりがないでもないで、昔はプライド高く、「好き」とかいう言葉を口にしないで武士のようにしているのがカッコいいと思っていたのですが、そんなもんは顔と相談しろってな話でしたね。 現代社会では、そんな武士的態度を示していても、顔がカッコよくなくてはどうしようもありませんからねえ。 数年前それに気づいて、武士からの脱却を図っているところであります。 でも、偏見っ...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-01-15 17:24
タイトル : プライドと偏見
ネタバレありです。 イギリスの有名な小説家、ジェーン・オースティンの小説「高慢と偏見」を映画化した作品です。(この小説と映画の邦題の違いは、「pride」を「高慢」と訳したか、そのまま「プライド」としたかの違いです。小説の題名と映画の原題が違うわけで... more
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-01-15 18:04
タイトル : 映画「プライドと偏見」
映画館にて「プライドと偏見」★★★★☆ 原作である「自負と偏見」(オースティン著)が大好き。 18世紀末のイギリスの上流階級では女性に財産相続権が無かったということを、まず頭に入れておかねばならない。だから、その時代、女性にとって“結婚”は人生のすべてだった。 ベネット家には5人姉妹がいて、母親はなんとか娘たちにいい嫁ぎ先を探そうと躍起になっている。隣に大金持ちが引っ越してくれば娘たちを売り込みに行き、軍隊が駐屯すれば将校と知り合うことを願う。そんなややこしい母親と騒々しい妹たちの中で、長女ジェー...... more
Tracked from MoonDreamWorks at 2006-01-15 18:10
タイトル : 「 プライドと偏見 」
監督 : ジョー・ナイト 主演 : キーラ・ナイトレイ / マシュー・マクファディン /        US公式HP:http://www.prideandprejudicemovie.net/home.html 原作は、J.オースティン著『プライドと偏見』 (イギリス) 監督は、「チャールズ2世」のジョー...... more
Tracked from 週末に!この映画! at 2006-01-15 19:07
タイトル : プライドと偏見
期待値:82%  小説が原作のイギリス映画。 ジョディ・デンチがでてますねー。 予告編をみて:  ま... more
Tracked from ●○ゆるゆるシネマ感想文○● at 2006-01-15 20:16
タイトル : 「プライドと偏見」
「プライドと偏見」  公式サイト   劇場鑑賞  ゆづあげの好き度(満点は★5個) ★★★☆☆ 2006年1月14日公開 5人姉妹の末娘と結婚した詐欺師的将校 ミスター・ウィッカム。 彼がどうしてもオーランド・ブルームに見えてしまった。 オーリーも... more
Tracked from □film-navi〔フ.. at 2006-01-15 22:03
タイトル : プライドと偏見
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトのプライドと偏見情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... more
Tracked from Welcome aboard at 2006-01-16 00:45
タイトル : プライドと偏見
試写会にて鑑賞、公開1月14日より。 ジェーン・オースティン原作の「高慢と偏見(Pride and Prejudice)」。 この元祖イギリスの文芸ラブ・ストーリー作品を、『ブリジット・ジョーンズの日記』『ラブ・アクチュアリー』のワーキング・タイトルが映画化。 元々ブリジッ..... more
Tracked from にしかわたくの「こんな映.. at 2006-01-16 01:27
タイトル : 『プライドと偏見』(2005年・イギリス)
文句無しに面白かったでーす。 原作やコリン・ファースのBBC版のファンの方は 色々思うところもあるかもしれませんが (ローレンス・オリヴィエ版のファンは・・・いねぇか) しっとりした文芸色もきちんと残しつつ 『ラブ・アクチュアリー』のワーキング・タイトルらしい 誠実でテンポのいいラブコメぶりに おじさんうっとり。 この映画、とにかく主役から脇にいたるまで キャスティングが抜群。 脚本のキャラの描き分けが秀逸な上に 出てくる人の顔がことごとく面白い。 キーラ・ナイ...... more
Tracked from ナマケモノの穴 at 2006-01-16 07:05
タイトル : 【劇場映画】 プライドと偏見
≪ストーリー≫ 18世紀末のイギリス。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪の独身男性ビングリーが引っ越してきた。美しく慎み深い長女ジェーンとビングリーが互いに惹かれ合う一方で、快活な次女エリザベスは、ビングリーの親友ダーシーの気位の高さに強い反発を抱いていた。様々な噂を耳にし、ますますダーシーに嫌悪感を募らせていくエリザベスだったが、なぜか彼の存在が気になって仕方がなく……。 (goo映画より) 時代物好きなので、期待して見に行きました。 話し的にはどうだろう?J・オースティンの原作というか...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-01-16 10:30
タイトル : プライドと偏見
女性が相続を出来ない時代、18世紀のイギリスのお話。 玉の輿をやっきになって願う姿が滑稽でもあり、哀しくもある。いかにお金持ちと結婚するか・・・話題はそれに尽きるのかな。 プライド、個人的には自分の持つゆるぎない信念のことを意味していると思っている。劇中の男性像はどちらかというとプライドというより「見栄をはり、鼻持ちならない男」・・・ということなのかしら?と思い、作品を見ていたけどそんな感じの人物達にはどうしても見えなかった。実に繊細な表情を作り上げるダーシー役のマシュー・マクファディンや、人の良さ...... more
Tracked from Alice in Won.. at 2006-01-16 14:13
タイトル : プライドと偏見
本日ラストはキーラ・ナイトレイ主演の映画です。昔の女性役がすごく似合ってたな。 フランス革命の余波が押し寄せる18世紀末の英国。片田舎に住む5人姉妹のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリー(サイモン・ウッズ)が越してくる。ベネット家の長女ジェーン...... more
Tracked from 空想俳人日記 at 2006-01-16 19:09
タイトル : プライドと偏見
自意識や 独り善がりに 気を揉ます   珠玉という言葉があります。最近、これを使うことって少ないですよね。よく、「珠玉の短編」「珠玉の小品」とか言いますが、この映画、まさに「珠玉の逸品」じゃないでしょうか。  英米文学を、特に英文学を専攻された方なら「高慢... more
Tracked from ☆ 163の映画の感想 ☆ at 2006-01-16 20:12
タイトル : 映画館「プライドと偏見」
5人姉妹バージョンの「若草物語」って感じの作品でした。 設定が18世紀後半なので、仕方が無いのかもしれませんが金持ちと結婚させようとする母親や人が不幸になったときでもケラケラ笑う妹達になんだかムカつきながら観ていました。 今の時代でも、多少なりとも差...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-01-16 21:17
タイトル : 『高慢と偏見』 1940年版とイギリスBBC版
1月14日より公開される キーラ・ナイトレイの『プライドと偏見』公式サイト とても楽しみなんですが、実はこれ、60年以上前に一度映画化されていたんですね~知りませんでした! 今回友人のご好意で鑑賞する事が出来ましたのでご紹介♪ 『高慢と偏見』PRIDE AND PREJUD..... more
Tracked from フィルム・アカデミア at 2006-01-16 23:43
タイトル : Whose and What kind of『Pride..
イギリスで去年10月に一度見たのですが、レビューを書くには記憶がおぼろげになりつつあったので、本日再度鑑賞してきました。『プライドと偏見』というタイトル、ちょっとtrickyです。この映画、「プライドが高く傲慢で偏見を持った上流階級のMr Darcy」と「中流階級のElizabeth」の物語ではないんですよ。結果から言うと、「上流階級のMr Darcy」と「プライドが高く傲慢で偏見を持った中流階級のElizabeth」の物語です。 Elizabethの生まれたBennet家は中流階級(Middl...... more
Tracked from travelyuu とら.. at 2006-01-17 00:35
タイトル : プライドと偏見 PRIDE & PREJUDICE
キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド マシュー・マクファディン主演 ジェーン・オースティン原作の映画化 18 世紀後半のイングランドのハートフォードシャーに ベネット家があります その時代は階級による支配関係がまだはっきりしていました ベネット家は一応使用人を使える身分なのですが いたって質素な暮らし 世話好きでおしゃべりな母親と 紳士風ですがあまり稼ぎの無い父親 それと5人の娘達 家系を継ぐ男子はいなく夫が亡くなると 家と財産は 遠縁で神父のコリンズ氏が受け継ぐ事になります 母親は娘...... more
Tracked from toe鐚€疂nemati.. at 2006-01-18 01:21
タイトル : プライドと偏見
どっぷりハマッて見ちゃった。 お話は、とってもありがちなんだけどね。 いや~、すっかり世界に入り込んでたなぁ~。 <STORY> イギリスの田舎町のベネット家には、5人の姉妹がいた。 彼らは、決して裕福ではないが心豊かな生活を送っている。 しかし、父 (ドナルド・サザーランド)が死んでしまうと跡継ぎがいないために、娘たちが路頭に迷ってしまうという心配から、年頃になった彼女たちを両家の嫁にさせようと... more
Tracked from うぞきあ の場 at 2006-01-19 00:14
タイトル : プライドと偏見
○タイトル『プライドと偏見』    文字通り、主人公エリザベスとダーシーのプライドが    交錯し、実は惹かれあう2人を、より複雑化する原因は    偏見。こんなとこだろか?結局、予想通り、最後は    同じベクトルへ???     ○イイ!①   キーラ・ナイトレイ    あの瞳がイイ!    20代になったばかりとは思えません。    『プライドと偏見』は、出たいと思っていてかなった作品。    だから、かなった夢を生き生きと演じる姿は、心地よい。    EP1では、侍女約演じたらしいけど、そ...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-01-19 00:46
タイトル : 『プライドと偏見』
ジェイン・オースティンの『Pride and Prejudice』を同じ原作とする2本の映像化作品 『高慢と偏見』(邦題) 1940年のグリア・ガースン版と、 1995年のイギリスBBCドラマのジェニファー・エール版を 先に観てしまったわたし・・感想は1月10日付け記事こちら ..... more
Tracked from ★☆★ Cinema D.. at 2006-01-19 01:50
タイトル : プライドと偏見
圧巻のカメラワークと圧倒的な存在感を魅せたキーラ・ナイトレイ。これだけでも十分観る価値あり。この映画、文句なしにキーラ・ナイトレイにとっての最高傑作です。... more
Tracked from Chic & Sweet.. at 2006-01-19 13:46
タイトル : プライドと偏見 (2005) -PRIDE & PREJ..
「ブリジット・ジョーンズの日記」以来ずっと気になっていたのが、BBC製作コリン・ファース主演の「高慢と偏見」。でもお高くてレンタルにも出ていないので未見。 そこに新作が登場!楽しみにしておりました♪ 試写会にはハズレまくりましたけれど、「これは見に行くぞ!」という勢いで映画館に駆け込んだのです。 【STORY】  「プライド」と「偏見」が邪魔をして素直になれない男女の恋の行方 18世紀末のイギリス。田舎町に暮らすベネット家の5人の子どもはいずれも女ばかり。女性に相続権がないこの時代、...... more
Tracked from Blog・キネマ文化論 at 2006-01-19 14:09
タイトル : プライドと偏見 評価額・1080円
●プライドと偏見をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 18世紀後半の英国。ベネット家の... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2006-01-20 03:44
タイトル : ★「プライドと偏見」
キーラ・ナイトレイ主演の文芸・ラブストーリー。 ... more
Tracked from フィルム・アカデミア at 2006-01-20 05:59
タイトル : 『Pride and Prejudice』 のエンディン..
さてさて、先の投稿で幾つかElizabethの父親(Mr Bennet)についてのコメントを頂きました。実はもともと父親については投稿でちょっと言及する予定だったんですが、長くなりすぎるため削除したので、今回改めてフルバージョンで投稿します。 突然ですが、この映画の最後は、Mr DarcyでもElizabethでもなく、Mr Bennetの泣き笑いで終わります。ご覧になった方、覚えていらっしゃいますか?一体、これは何を意味しているのでしょうか? 思い出してみましょう。父親はMr Colli...... more
Tracked from ヘーゼル・ナッツ☆シネマ.. at 2006-01-20 11:39
タイトル : 『プライドと偏見』★★・・・60点
「愛してる」と認めるには、男のプライドは高すぎた。「愛してる」と応えるには、女の偏見が邪魔をする。なんとも深い言葉でしょうか。大人の恋愛作品ですねぇ。しみじみ。。『プライドと偏見』公式サイト 制作年度/国;'05/英 ジャンル;恋愛             ...... more
Tracked from 桂木ユミの「日々の記録と.. at 2006-01-21 13:20
タイトル : タイトルの意味が汲み取れない◆『プライドと偏見』
1月14日(土)TOHOシネマズ木曽川にて 18世紀末のイギリスの田舎町。娘ばかり5人のべネット家の隣りに、大金持ちの貴公子ビングリー(サイモン・ウッズ)が引っ越してくる。ベネット家の母親(ブレンダ・ブレッシン)は娘たちを資産家と結婚させようと躍起になり、娘たちも皆...... more
Tracked from 気まぐれ映画日記 at 2006-01-22 00:30
タイトル : 素直になれない恋心〜「プライドと偏見」
Pride And Prejudiceオースティン好きの私なので、観ないわけにはいかないわーと公開1週目にして「プライドと偏見」を観に行く。さしていいという評判はきかないし、何より邦題が気に食わない、とあまり期待はしていなかったけれど、私的にはよかった! 今までオースティン....... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2006-01-22 09:30
タイトル : プライドと偏見
美しい映像と古典作品なのに判り易いストーリーで、良質の小説を読んで いる時のように、別世界にゆったりと浸れる映画だと思いました。 例によって予備知識ゼロで観ていて、 「いつか晴れた日に」と「ブリジット・ジョーンズの日記」 という二本の映画が似てる...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-01-22 14:30
タイトル : 『プライドと偏見』
文芸の世界がみずみずしくリズミカルによみがえる。 軽快でありながら、ロマンティックで満足。 18世紀末のイギリスの田舎町。5人姉妹がいるベネット家の隣に大富豪のビングリーが引っ越してきた。長女ジェーンとビングリーが互いに惹かれ合う一方で、快活な次女エリザベスは、ビングリーの親友ダーシーの気位の高さに反発を抱く。イギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティン(Jane Austen 1775-1817)の「高慢と偏見」(Pride and Prejudice 1813)の映画化 同原作は19...... more
Tracked from ヒューマン=ブラック・ボ.. at 2006-01-25 21:11
タイトル : 映画のご紹介(87) プライドと偏見
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(87) プライドと偏見 プライドと偏見 ちょっと、これは...... レイトショーで「プライドと偏見」を観た。 ... more
Tracked from ☆★☆風景写真blog☆.. at 2006-01-28 13:50
タイトル : 『プライドと偏見』を観て来ました!
『プライドと偏見』レビュー Pride and Prejudice 製作国 イギリス 初公開年月 2006/01/14 上映時間127 min (2時間7分) ♥スタッフ♥ 監督:ジョー・ライト 製作:ティム・ビーバン、エリック・フェルナー ポール・ウェブスター 原作: ジェーン・オースティン  脚本: デボラ・モガー  撮影: ロマン・オーシン  衣装デザイン: ジャクリーヌ・デュラン  音楽: ダリオ・マリアネッリ 『愛し...... more
Tracked from GOOD笘・EWS at 2006-01-31 16:09
タイトル : 「プライドと偏見」観ました。
1月14日から公開されているキーラ・ナイトレイ主演の「プライドと偏見」を観てきました。イギリスを代表する女流作家ジェーン・オースティンの「高慢と偏見」の映画化だそうです。・・・が、私は今まで恋愛物や純文学は苦手で殆ど読まなかったので、この「高慢と偏見」...... more
Tracked from Aloha Days at 2006-01-31 22:57
タイトル : プライドと偏見
ジェーン・オースティン原作の映画は以前から大好きでした 「ある晴れた日に」、「エマ」、「待ち焦がれて」など、何回も繰り返し観ちゃうほど そしてとうとうオースティン作品の金字塔「自負(高慢)と偏見」が新たに映画化されました これは観ないわけにはいかないでしょ~ 予告編を見かけるようになったときから楽しみにしてたんだ♪ キーラ・ナイトレイ、ロザムンド・パイク、マシュー・マクファディンなどの若手に加えて、ブレンダ・ブレシン、ドナルド・サザーランド、ジュディ・デンチなどの蒼々たるメンバーの共演も楽しみでした...... more
Tracked from フミセイロのなんちゅうこ.. at 2006-02-02 21:16
タイトル : 『プライドと偏見』
なぜか英国コスチューム映画大好きのヨメ。オースティンの「プライドと偏見」とくりゃ、行くしかないでしょ!今回のヒロイン役はキーラ・ナイトレイ。旬のオナゴやね。 さて、劇中何が起こるかというと…何も起こらないです。姉妹の結婚話の行方をひたすらみんなで案じる映画です。この時代の大英帝国では身分の違いが大きい問題なので、セレブでもない姉妹は、それによって玉の輿が危うくなったりします。ジュディ・デンチ演じる嫌味なオバハンや、品のないオカン、アホな妹にブチ壊されそうになりながらも、何とか丸くおさまります。イギリ...... more
Tracked from AuPetitBonhe.. at 2006-02-05 12:21
タイトル : プライドと偏見
☆☆☆公式サイトやっぱりというか、当然というか以前見た BBCのTVドラマの中の作りと比べてしまうのですね。映画の方が全体的に、あの時代の田舎を忠実に再現してるといえるのかな?だけど・・どこか品格に欠けてる感じです。エリザベス役のキーラもジェーン役のロザム...... more
Tracked from 虎党 団塊ジュニア の .. at 2006-02-05 21:57
タイトル : 『プライドと偏見』’05・米
あらすじ18世紀末。イギリスの田舎町が舞台。娘ばかり5人のベネット家の隣に、大金持ちの貴公子ビングリーが引っ越してくる。美しく慎み深い長女ジェーンと読書が好きで才気溢れる次女のエリザベス。そして、快活なビングリーとその親友で気位の高いダーシー。ジェーン...... more
Tracked from WAKOの日常 at 2006-02-06 08:59
タイトル : プライドと偏見(2005英)
Pride & Prejudice この話は、イギリスのドラマ版「高慢と偏見(コリン・ファース主演)」が有名なジェーン・オースティン原作の古典モノ。「ブリジット・ジョーンズの日記」を観たときにその作品の存在を知り、是非観てみたかったのです。今回は、キーラ・ナイトレイ、マシュー・マクファディン主演。 まずイギリスの風景がとても美しい!ロンドン郊外という設定らしく、朝焼けの草原、のどかな川べり、広大な荒野など自然満載でそれだけで満足してしまったくらいです。 それにしてもなんという時代...... more
Tracked from 本と映画の日々  そし.. at 2006-02-11 16:26
タイトル : 「プライドと偏見」 フランス革命の影響を受けた主人公エリ..
「プライドと偏見」 第63回ゴールデン・グローブ賞映画部門のノミネートが発表された時、 あれ、と思った。 「プライドと偏見」が作品賞にノミネートされているのは良いが、 (ミュージカル・コメディ部門)に入っている。 えっ、原作は、ジェーン・オースティン(1775~1817年)の文芸作品だよ、 ミュージカルでもないし、ましてや、コメディ部門なんて・・・。 と思っていたが、しかし、今回、映画を観て、納得した。 確かに、コメディだ。 ハーレクイン・ロマンスを上品にしたロマンティックコメディ。 ...... more
Tracked from 海から始まる!? at 2006-02-12 01:01
タイトル : 魅了されちゃいました! 『プライドと偏見』
 過去に映画化されたジェーン・オースティン原作の映画(『エマ』や『いつか晴れた日に』)の印象や原作のタイトルの印象から、大して期待せずに観に行ったのですが、すっかり魅了されて帰ってきました。凄くいいですよ!... more
Tracked from 映画とアートで☆ひとやす.. at 2006-02-12 17:08
タイトル : ★プライドと偏見@池袋ヒューマックスシネマズ:土曜日午後
イギリスの広大で美しい田園に嵐のような雨が降っている。 男と女がふたり、激しい雨に叩きつけられている。 男はこの雨のような激しい胸の内を、今、同じく雨に打たれている美女に打ち明けようとしている。 「貴女とお姉さんは違うが、貴女のご両親と妹さんたちはあまりにも..... more
Tracked from シネクリシェ at 2006-02-27 05:57
タイトル : プライドと偏見
 今日の目から見れば、しごくまっとうな、おとなしい歴史恋愛劇に思えます。ごく普通の地主階級の、ごく普通の男女の恋愛譚のようですが、実は18世... more
Tracked from しましまシネマライフ! at 2006-04-22 17:24
タイトル : 『プライドと偏見』・試写会
今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン... more
Tracked from しましまシネマライフ! at 2006-04-22 17:24
タイトル : 『プライドと偏見』・試写会
今日は某雑誌で当選した『プライドと偏見』の試写会に行ってきた。 [お土産にマカディアとハーレクイーン... more
Tracked from 金言豆のブログ ・・・映.. at 2006-05-24 14:30
タイトル : プライドと偏見
★本日の金言豆★ ジェーン・オースティン:1775年12月16日〜1817年7月18日。1796年ごろに書いたといわれる「First Impressions」がのちに改題・出版され、イギリスで最も長く愛される恋愛小説と... more
Tracked from デコ親父はいつも減量中 at 2006-06-29 23:37
タイトル : プライドと偏見−(映画:87本目)−
監督:ジョー・ライト  出演:キーラ・ナイトレイ、タルラ・ライリー、ロザムンド・パイク、ジェナ・マローン、ケイリー・マリガン、ドナルド・サザーランド、 ブレンダ・ブレシン、クローディー・ブレイクリー、マシュー・マクファディン、トム・ホラン....... more
Tracked from サーカスな日々 at 2006-07-30 22:02
タイトル : NO.161「プライドと偏見」(イギリス/ジョー・ライト..
夏目漱石も絶賛したオースティン文学は、 食卓で観察し書かれたロマンスである。 ジェーン・オースティンは、18世紀から19世紀にかけての、イギリス女流文学者として、偉大な存在である。イギリス近代小説の祖とも、リアリズム小説の先駆けともいわれる。英国留学で英文学を研究した夏目漱石も、オースティンを絶賛している。 イギリスの田舎の中流階級の女性たちを、いきいきと描いたこの「プライドと偏見」も過去に数回映画化されている。ベネット家の5姉妹の「結婚」をめぐる物語が皮肉と愛情をこめて、いきいきと描かれている。...... more
Tracked from 自主映画制作工房Stud.. at 2006-08-13 09:17
タイトル : プライドと偏見
(英・米) [監督 : ジョー・ライト、主演 : キーラ・ナイトレイ] 視線のドラマ、カット割りの教科書にしたい... more
Tracked from **Sweet縲ays*.. at 2006-09-21 11:17
タイトル : 『プライドと偏見』
プライドと偏見 CAST:キーラ・ナイトレイ、ドナルド・サザーランド 他 18世紀末、イギリスの田舎町メリトン。ある豪邸に裕福な独身男性ヒングリーとその友人のダーシーが越してくる。その町に住むベネット家には財も無く、5人姉妹の誰かを財力のある家系に嫁がせようと、母親も娘達も必死になっていた・・・・ イギリスを代表する女流作家、ジェーン・オースティンの代表作の映画化。 コリン・ファースがダーシー役でドラマ化されたりと既にかなり有名なお話。ってのは知ってたんですが、内容はさっぱり知...... more
Tracked from cinema note+ at 2006-10-25 01:00
タイトル : プライドと偏見
プライドと偏見PRIDE & PREJUDICE 2005年 アメリカ  あまり期待せずに見たけど、見終わる頃にはすっかりこの世界に魅了されていました。 はーっ、素敵過ぎた〜。    なんといってもMr.ダーシーとリジー... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-10-14 00:15
タイトル : プライドと偏見
 今日は、コチラを観て来ました。興行ランキングでは下位の方だったのでゆったり観れるかなぁと思っていたんだけど、小さな劇場だったからか満席で立ち見も出てるほど。客層的には、若いカップルよりもちょっと年齢層高め?な感じ。何でも65年ぶりの映画化なので、流石に....... more
Tracked from 楽蜻庵別館 at 2007-11-01 14:40
タイトル : <プライドと偏見> 
2005年 イギリス 127分 原題 Pride & Prejudice 監督 ジョー・ライト 脚本 デボラ・モガー 撮影 ロマン・オーシン 音楽 ダリオ・マリアネッリ 出演 キーラ・ナイトレイ  マシュー・マクファディン  ロザムンド・パイク    ドナルド・サザーランド  ブレンダ・ブレシン  サイモン・ウッズ    トム・ホランダー  ルパート・フレンド  ジュディ・デンチ  ジェナ・マローン... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-07-14 00:32
タイトル : プライドと偏見
男はプライドを捨てられない。女は真実が目に入らない。すれ違う恋がこんなにも・・・ ... more
Tracked from Addict allci.. at 2009-07-14 00:32
タイトル : プライドと偏見
男はプライドを捨てられない。女は真実が目に入らない。すれ違う恋がこんなにも・・・ ... more
Commented by futaba0611 at 2006-01-15 09:59
TBありがとうございました。
男っぷりといい、セクシーさといいコリンが勝ちますね。
あと全体的にあちら版のほうが、大人っぽかったですね。
脇もあれほどキャーキャーしてませんでしたし・・
私は、ブレンダ・ブレッシンがよかったと思いました。
Commented by margot2005 at 2006-01-15 16:50
futaba0611さん、ようこそお出でいただきました。trackbackありがとうございます。コリン版ご覧になってるのですね?今月中に友人から回ってくるDVDでようやっと観ることができます。今から楽しみです!ブレンダさんは良かったですよね。ブラッド・ピットの「リバー・ランズ・スルー・イット」での母親役以来のファンですブレンダさん。
Commented by ミチ at 2006-01-15 18:07 x
こんにちは♪
TBありがとうございました。
私もコリンのマーク・ダーシーが見たくてたまりません!
きっと似合うだろうな~うっとり(笑)
イギリス物は独特の雰囲気があって大好きです。
Commented by margot2005 at 2006-01-16 00:11
ミチさんtrackback&コメントありがとうございました!Mr.ダーシーはやはりコリンでしょうか??わたしもうっとりとコリンのダーシーを想像しております。英国もの、特に古典ものは大好きな分野ですね。
Commented by ラクサナ at 2006-01-16 01:12 x
やはりキーラとジョン・キューザックもどきはお気に召しませんでしたか・・・(^^;
やっぱ観たいのはコリン・ファースのダーシー!
BBCのドラマって本当に見応えがありますよね。
そうそう映画のほう、長女役のロザムンド・バイクも美しかったですね。
おっとりとした感じがピッタリはまってました。
Commented by charlotte at 2006-01-16 10:36 x
こんにちは!
ダーシーをもう少し細かく描いて欲しかったかな。個人的に父親役のドナルド・サザーランド一押し!です・・・笑 あんなお父様だったら嫁にいきたくない(爆)
・・・ところで映像は本当に綺麗でしたね。自然の美しさも素朴さといい温かさといい私も実際に行ってみたくなりました!
Commented by margot2005 at 2006-01-17 20:10
ラクサナさん!コリン版観るのが俄然楽しみとなってまいりました。「抱擁」に出ていた、ジェニファー・エールのエリザベスが、コリンのダーシーと共に是が非でも観たいと思いました。ロザンムンドはgoodでしたよね。
Commented by margot2005 at 2006-01-17 20:19
charlotteさん、ダーシーの描き方が、そうですよねもうちょっと掘り下げて欲しかって気がします。ドナルドさんは素晴らしい俳優です!あくの強い方だったですが、お年と共に素晴らしい名脇役になられたと感じます。ダービシャーで撮影されたとか、ロンドンから2時間半位で行けるようですね?行きたいですぅ!!“地球の歩き方”でしっかり「プライドと偏見」の宣伝しております。http://www.arukikata.co.jp/webmag/2005/cinema/drama03_01_051100.html#01
Commented by マダムS at 2006-01-19 00:48 x
公開5日目で見てきたのに、こちらへ来たらもう出遅れって感じ!(笑)
感想書きましたのでTBさせて頂きました^^
Commented by margot2005 at 2006-01-20 00:50
マダム!とにかくコリン版の前にこれを観ておきたかったのです。コリン版観ましたわよ。やはりあれこれ比較してしまって...。
trackbackありがとうございました、わたしも送らせていただきましたわ。
Commented by MACHI at 2006-01-20 18:00 x
マダムSさまの、公開5日目でもう出遅れって
やっぱりわたしら、普通じゃない(爆)
みんなどんどん見に行くのが、早くなってますよねえ。
4,5年前は、こんなじゃなかったですよねえ。やっぱりマダムSさまのサイトのせいだわ。(笑)
Commented by margot2005 at 2006-01-21 23:23
そうですか...どんどん観に行くの早くなってますのでしょうか?私的には...なんとも言いがたいですね。これはたまたまというのか...でも時間があれば映画は早くに観にいきたいですわね。
Commented by リカ at 2006-01-22 00:25 x
私も観ましたよー。
皆さん絶賛のBBC版も早く観たいと思いつつ、先にこちらを観てしまいました。
主演キャストはともかく、雨のシーンなど、美しいシーンがあって私的にはよかったです。
TBを。。
Commented by margot2005 at 2006-01-22 01:26
リカさんご覧になったのですね!trackbackもありがとう!
雨のシーンはほんと素敵でしたよね。このシーンはBBCドラマ版より断然ロマンティックでありました!映像的にはやはり大画面には勝てないかな?でも機会があればBBC版もご覧くださいませ。
Commented by M. at 2006-02-09 22:22 x
こんばんは、今頃みました(笑)
まだ感想書いてないんですが(こらこら)報告&レビュー拝読に
あがりました。このところ重たい映画が続いてたので久々の恋愛ものに
お肌が潤いました。
キーラ・ナイトレイの首のラインがきれいだなーと思ったんですが
ああいうデザインのドレスって首はきれいに見えるけど、ちょっと
胸のあたりが寂しく見えるかも…と思ってしまった。
Mr.ダーシーは画面を見てても彼の顔の上にコリンファースが透視して
みえました。テレビ版はまだみたことがないのですけれども
きっと写真のすり込みでイメージが強いせいですね^^
Commented by margot2005 at 2006-02-10 20:51
M.さんとうとうご覧になりましたか!わたしはとうとうジェーンの原作を読み始めました。キーラのクビはほんと奇麗でした。胸は元々無かったような...。コリンのBBC版は内容が濃くっておすすめでございます。英国田舎の景色も奇麗ですし...機会があれば是非!
Commented by キュブ零 at 2006-02-12 21:05 x
margotさん、コメント有難うございました。自分も是非、コリン・ファース版のダーシーを見てみたいと思います。ロケーションも素敵だし、キャストも本当に良い作品でした。
Commented by margot2005 at 2006-02-13 23:55
キュヴ零さんこちらこそコメントありがとうございました。映画はやはり大画面なので景色は素晴らしかったです!!堪能しましたね。コリンのBBC版はストーリーが丁寧に描かれていておすすめでございます。機会があれば是非ごらんくださいませ。
Commented by kimion20002000 at 2006-08-05 00:33 x
tbありがとう。
ロケ地は数箇所に及んでいたけど、まだ英国には、実際に、ああいう邸宅やお城が残されているわけですからね。スタジオでは、あの庭園の感じは、苦しいからね。
Commented by margot2005 at 2006-08-06 21:41
kimion20002000さん、こんな古い記事にコメントいただきありがとうございます。DVDになってるのですね?
英国に行った際、この国は産業革命の旗手で進化して行ったはずなのに、現在でも古い物が多々残されていて素晴らしい国だと感嘆しましたね。
<< グアム行きのコンチネンタルで「... 「靴に恋して」 >>