「綴り字のシーズン」

a0051234_1554591.jpg「Bee Season」2005 USA
主演イライザ役はこの作品で長編デビューを飾ったフローラ・クロス。
イライザの両親をリチャード・ギア「Shall We Dance/2004」とジュリエット・ビノシュ「シェフと素顔と美味しい時間/2002」が演じている。
兄アーロンにマックス・ミンゲラ、彼はアンソニー・ミンゲラ「イングリッシュ・ペイシェント/1996/監督」の息子。
ケヴィン・スペイシー主演の「ビヨンド・ザ・シー/夢見るように歌えば」でサンドラ・ディー役を演じたケイト・ボスワースがアーロンと知り合う女性チャーリ役で出演している。
監督はスコット・マクギー&ディヴィッド・シーゲル。脚本はナオミ・フォナー・ギレンホールで、原作は全米でベストセラーになったというマイラ・ゴールドバーグの小説。
a0051234_1555956.jpg

原題の「Bee Season」というのは、アメリカには“national spelling bee”なる協会が存在し、毎年スペリング・コンテスト全国大会が行われるという...タイトルはここに由来する。

カリフォルニア州、オークランドに住むナウマン一家、父ソール(ギア)は宗教学者、母ミリアム(ビノシュ)は科学者、子供は、学業優秀な兄アーロン(ミンゲラ)と11才の妹イライザ(クロス)。
学校で開催されるスペリング・コンテスト発表会の招待状、イライザはこの手紙を父の部屋のドアにそっと差し込む。
忙しい大学教授の父は学校からの手紙に気がつかない。母も毎日忙しい日々を送っていた。イライザは兄アーロンに、学校に送ってと頼む。その日、そこでスペリング・コンテストが催されるのだ。そして、イライザが持ち帰った、優勝者に贈られるトロフィーを見て父は驚喜する。ここより父ソールの、娘イライザへのスペリング教育が始まるのである。
a0051234_2185710.jpg

この作品は自己中心的な父親ソールに対する警鐘である。彼は家族を愛してはいたが、常に自分が中心で、自分の思想をも家族に押し付けて来た。その事への罰であるように思える。エンディングで娘イライザは父に告げる...スペリングの世界で...。このラストが素晴らしい!
妻ミリアムの描き方がちょっと寂しかったが...ジュリエットもお年だなと感じる。ギアは年齢を感じさせない(老けてもSEXY)素晴らしい俳優だ。
フローラ・クロスはアンチ・ダコタ・ファニングとしてデビューした。イライザ役は断然フローラが良い!イライザ役、やはり当初はダコタ・ファニングのようだったが、ジュリエットに似ているフローラに変えたということ。フローラはマジでジュリエット似...。
a0051234_1564191.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-12-28 02:20 | MINI THEATER | Trackback(11) | Comments(9)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/2922112
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2005-12-28 06:09
タイトル : 綴り字のシーズン
よく特殊な能力を持つヒトは言う。 「頭の中で声が聞こえて誰かが教えてくれる」 「目をつぶると声が聞こえてくるの。 そのうちその声が変って別の声になる。 言葉の声に。そして見えてくるの。言葉が」 少女イライザはこう言う。 なるほど、特殊な能力を持つヒトとはやはりこういうものなんだと納得。 スペリング・コンテストで素晴らしい能力を発揮するイライザ。 多分他の子供たちは一生懸命スペルを暗記してこの大会に臨むのだろう。 だがイライザは彼らとはまるで違う。 なにしろ知らない単...... more
Tracked from □film-navi〔フ.. at 2005-12-29 11:50
タイトル : 綴り字のシーズン
映画の情報サイト、フィルムナビです。当サイトの綴り字のシーズン情報のページから、このブログへリンクをはらせて頂きました。他の映画の感想など書かれた時には、お気軽にフィルムナビの方へもトラックバックして下さい、お待ちしております。... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2006-01-05 00:55
タイトル : 綴り字のシーズン
家族に葛藤があってこそ、家族に成りうると思う。 親は得てして子に完璧さを求めがちなのだろうか。 この作品に出てくる「ナウマン一家」は一見するととても理想的な家族。父は宗教学の大学教授ソール。母は科学者ミリアム。優秀な兄アーロン。そして妹のイライザ。イライザが校内スペリングコンテストで優勝してから、アーロンに向けられていた父の視線はイライザに向けられる。 イライザに言葉に対する類まれなる才能を見出していき、通常のレベル以上の期待をし、ユダヤ教の神秘思想‘カパラ’主義「口承の秘儀」を見て取る。(う~ん...... more
Tracked from 毎週水曜日にMOVIE! at 2006-01-06 13:47
タイトル : 1 綴り字のシーズン
今年の最初の映画は、リチャード・ギアの「綴り字のシーズン(原題 Bee Season)。 触込みからいっても家族の物語だとはわかっていました。 しかし、何度も書きましたが、アメリカの映画には「家族の再生」が一、二を争うテーマなんだな。まあ人間のテーマだから当然ですが、多種多様ですね。 大学教授のソール(リチャード・ギア)は優秀な息子アーロン(マックス・ミンゲラ)と11歳のイライザ(フローラ・クロス)、そして妻ミリアム(ジュリエット・ビノシュ)と幸せな生活をおくっているように見えるが、父は...... more
Tracked from Mr.Ericの感じたままで at 2006-01-20 10:20
タイトル : 映画:「綴り字のシーズン」の感想
注意:ネタばれ有りなので、これから観る予定の方は楽しみが損なわれることをご承知いただいた上で御覧下さい。 単語の綴りがこの映画の表向きなテーマとなっている様で、冒頭のキ... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-01-21 10:47
タイトル : 『綴り字のシーズン』
アメリカの新しい家族ドラマ。 不思議な彩りのアイテムを楽しみつつ、最後は疑問符多し。 大学教授の父ソール、科学者の母ミリアム、兄アーロンと暮らす11歳の少女イライザはスペリング・コンテストに出場することになった。アメリカのスペル暗記コンテスト(Spelling Bee)のことはドキュメンタリーの『チャレンジ・キッズ』の予告で知った。順番に違う言葉の問題が与えられるというのは公平じゃないように感じた。全員一斉に同じ問題をリスニングして筆記するテスト形式にした方が公平なのになーと思うけど、公平さよ...... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2006-01-24 08:52
タイトル : 『綴り字のシーズン』
今年一番最初に鑑賞した映画です。 なのに、感想が書けずにいました。 年の初めにぴったりの、良くあるハートウォーミングな家族映画だと思って観に行ったら(ギア様好きだし)、ちょっと一発食らった感じですっかりしょげてしまい・・なかなか頭の中で纏まらなかったのです..... more
Tracked from しましまシネマライフ! at 2006-04-22 17:27
タイトル : 『綴り字のシーズン』・劇場
新年一発目は『綴り字のシーズン』を観た。 《私のお気に入り度:★★★★☆》 いやー、私には難しくて... more
Tracked from **Sweet縲ays*.. at 2006-09-05 08:56
タイトル : 『綴り字のシーズン』
綴り字のシーズン CAST:リチャード・ギア、ジュリエット・ビノシュ 他 宗教学者の父ソール(リチャード・ギア)と科学者の母ミリアム(ジュリエット・ビノシュ)、長男のアーロンと長女のイライザの4人は一見理想的な家庭。しかし、イライザがスペル当てのコンテストに次々と優勝していき天才的な才能を発揮していくと、ソールはイライザ以外の家族が目に入らなくなっていった・・・・ とても神秘的な、不思議な物語でした。宗教学や言葉の持つ魔力についてなどをストーリーの軸として、家族の崩壊と再生...... more
Tracked from 映画と本と音楽にあふれた.. at 2006-09-17 16:22
タイトル : 綴り字のシーズン (DVD)
綴り字のシーズン 原題: Bee Season (2005) 2005年12月23日 日本初公開 公式サイト: http://www.foxjapan.com/movies/beeseason/ ゴウ先生総合ランキング: B-   画質(スコープ): A-   音質(ドルビーデジタル5.1ch): A-/B+   英語学習用教材度: A ... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2007-02-25 12:45
タイトル : 映画『綴り字のシーズン』
原題:Bee Season 思春期を思い悩むことなく、何事もなく過ごした人、思い出したくない過去を何も背負っていない人なんて、いったい何処にいるだろうか・・家族再生の物語・・ イライザ・ナウマン(フローラ・クロス)は、スペルが自然と頭に浮かぶ不思議な能力を持つ11歳... more
Commented by sabunori at 2005-12-28 06:14
こんにちは!
TBさせていただきました。
ダコタ・ファニングだったんですか?最初のオファー。
もし彼女が出演していたら間違いなく観ていませんでした。
フローラで大正解です。
ジュリエット・ビノシュ、margotさんはダメ?
私は若い時の彼女は苦手でしたが、今の彼女はいいかも・・・と思いました。
Commented by マダムS at 2005-12-28 10:53 x
ダコタちゃんだとちょっとエキセントリックになっちゃうかも
ふんわりした雰囲気のこの子が良さそうですよね^^
あ~早く観に行きたいな
Commented by margot2005 at 2005-12-29 01:26
sabunoriさんお出でいただいてありがとう!trackcackもthanks!です!すいません、どうやら間違ったようです。フローラはアンチ・ダコタ・ファニングとしてデビューしたようですね(imbdより)。パリ生まれのフローラはジュリエットとフランス語で喋っていたかもですね?ジュリエットの描き方がちょっと寂しい気がしました。でもあんなものでじょうかね?わたしも断然今のジュリエットが好きです。
Commented by margot2005 at 2005-12-29 01:30
どうやら私の勘違いでアンチ・ダコタということでした。このアンチ・ダコタという表現もかなりいけるmumu.
Commented by margot2005 at 2005-12-29 01:46
上...何度も失礼。やはり最初はダコタ・ファニングだったようですね。
Commented by sabunori at 2005-12-31 18:57
margotさん、今年もいよいよ終わりですね。
今年はお世話になりました。
来年もmargotさんワールドな映画紹介、期待しています。
よいお年を!
Commented by margot2005 at 2005-12-31 21:56
sabunoriさん、こちらこそお世話になりました。10月の終わりにブログ・デビューして、最初に自己紹介していただいたブロガーはsabunoriさんでしたの。それ以来何度も起こしいただいてありがとうございます。来年もmargot world感激です!!...又わたしなりに、素敵な映画を観て、ここに書き込んで行きたいと思っています。こちらこそ来年も宜しくね!良きお年を!
Commented by charlotte at 2006-01-05 00:58 x
こんにちは!
遅ればせながら見てきました!
ダコタちゃんだったら、悲鳴ですよ(笑)・・・
やはり演じるべき人がちゃんとキャスティングされるものですね~
お話は結構重かったですが、完全でなくてもいいんだと思うと、自分自身もちょっと気が楽ですわ(苦笑)
Commented by margot2005 at 2006-01-12 00:54
charlotteさんご覧になったのですね。ダコタ・ファニングはどうも苦手でして...フローラは素敵な女優になることでしょう。
お話重かったですが、観終わってしまうとなぜか?爽やかな気持ちになる素敵な映画でした。ギアさまはいつまでも素敵!
<< Bonne annee!!! 「秘密のかけら」 >>