「秘密のかけら」

a0051234_23532464.jpg「Where the Truth Lies 」2005 カナダ/UK/USA 
主演はケヴィン・ベーコン「フット・ルース/1984、コール/2002」&コリン・ファース「高慢と偏見/1995」「スプリング・ガーデンの恋人、ラヴ・アクチュアリー/2003」。
ヒロインはアリソン・ローマン「ビッグ・フィッシュ/2003」。
1950年代の終わりと、1970年代の初めを描いた、アメリカが舞台のサスペンス・ドラマ。
監督、脚本はアトム・エゴヤンで、原作はルパート・ホルムズ。
a0051234_23554059.jpg

1957年ショーヴィジネス華やかなりし頃のアメリカ、この頃TVで大人気者だった、ラニー(ベーコン)とヴィンス(ファース)のコンビ。二人は電話で寄付を募るテレソンの司会で忙しい日々を送っていた。ある夜二人が泊まるホテルのブライダル・スイートに現れたモーリーン(レイチェル・ブランチャード)。彼女は大学生最後のアルバイトで、このホテルのウエイトレスとして働いていた。そしてこのモーリーンがバス・ルームで溺死体として発見される。犯人は誰か?
a0051234_2355559.jpg

15年後の1972年、学校教師のカレン(ローマン)は、亡くなった父の職業でもあったジャーナリストに憧れている。彼女は自分の過去に繋がる有名人の暴露本を出して有名になろうと考えていた。
a0051234_0185179.jpg

ショーヴィズの世界が舞台で...コンビ演じる二人...ケヴィンは最初から適役だなと思っていたが、コリンはどうも役合わないのではなかろうか?と感じていた...やはりショーヴィズっぽくないのであるコリン...英国人だからって!?わけでもないだろうが?...しかしケヴィンの圧倒的オーラでショーヴィズ場面は許せてしまった。
モーリーンの溺死体が登場した後、誰が犯人なのか?と気にはなるが、話は進まない...で少々中だるみはあるがケヴィンとコリンの魅力で補える。
a0051234_23565732.jpg

50年代と70年代の間に15年の歳月が流れる。50年代のラニーとヴィンスは、ほとんど黒っぽい業界系スーツ。70年代にはいると、それぞれのファッションになるのだが、どうもこの15年の歳月の二人の年が変わらなく...ケヴィンなど殆ど同じなので、もうちょっと若かったり、老けたりして欲しかった気がするが...。
この二人、ケヴィンの方が2才年上のようだが、断然コリンがoyajiの雰囲気である。
二人のマネージャー的な役ルーベン演じるディヴィッド・ヘイマン(テーラー・オブ・パナマ/2001)が存在感あり。カレン役のアリソン・ローマン、幼さが残ったキュートな顔立ちながら大胆なシーンを演じているのが妙に艶かしい。21世紀の今ならそれほど問われる事でもない、ある事がこの映画では罪となっているのも時代の成せる技かと切に感じた。
[PR]
by margot2005 | 2005-12-28 00:22 | UK | Trackback(22) | Comments(17)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/2921425
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from カリスマ映画論 at 2005-12-29 00:05
タイトル : 秘密のかけら
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  ゛かけら゛を見落とすな  ... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2005-12-29 02:39
タイトル : 秘密のかけら
アリスがウサギを追って不思議の国の迷宮に入り込んでいく・・・そこには本当にコスプレのアリスも出てきたりもするんだけど。 「ビック・フィッシュ」のアリソン・ローマンも官能的なシーンに体当たりで演じている。かなり心身ともにエネルギーを使うと思うのだけど。ここではダブル(代役)を使っているのだろうか、興味をひかれる。 劇中にはドラッグに溺れ屈折した描写がたくさん出てくる。結構リアルで大画面で見ちゃうとちょっと照れる{/face_ase2/}   美しく描いているのとわけが違って、快楽はもちろん普段の生活の...... more
Tracked from ソウウツおかげでFLAS.. at 2005-12-30 14:03
タイトル : 秘密のかけら@シャンテ・シネ
ユダヤ系アメリカ人のラニーは奔放で芸に長けていた。いかにも英国紳士然としたヴィンスはウィットに富んだユーモアを飛ばす。彼らコンビは1950年代のショウビズを席巻したスターだった。しかし彼らが宿泊するホテルの部屋で若い女性の死体が発見されてから、第一線を退くこと... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2005-12-31 09:18
タイトル : 【映画】秘密のかけら
"Where the Truth Lies" 2005年カナダ/イギリス/アメリカ監督)アトム・エゴヤン出演)ケヴィン・ベーコン コリン・ファース アリソン・ローマン レイチェル・ブランチャード デヴィッド・ヘイマン満足度)★★★★ (満点は★5つです)シャンテ・シネにて 1972年のLA。野心溢れる女性新進ジャーナリスト・カレン・オコナー(アリソン・ローマン)は、1950年代に一世を風靡したコメディアン・コンビのラニー・モリス(ケヴィン・ベーコン)とヴィンス・コリンズ(コリン・ファース)のコンビ解散...... more
Tracked from happy-go-luc.. at 2006-01-01 09:55
タイトル : 秘密のかけら - Where The Truth Lie..
今日は劇場公開されたら絶対観に行きたかったアトム・エゴヤン監督の「秘密のかけら」を観てきました。 アトム・エゴヤンは「スウィート ヒアアフター」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したこともあるカナダの監督で、彼の作品は「エゴヤンワールド」という言葉からもわかるようにかなり独特の不思議で幻想的な世界に彩られています。ショウビズ界の裏側に潜む"スキャンダル"という名の"秘密"に隠された15年前の事件の関係者と、その真実を追い求める一人の女性ジャーナリストを軸にストーリーが進行します。 しかしストーリーが...... more
Tracked from happy-go-luc.. at 2006-01-01 09:55
タイトル : 秘密のかけら - Where The Truth Lie..
今日は劇場公開されたら絶対観に行きたかったアトム・エゴヤン監督の「秘密のかけら」を観てきました。 アトム・エゴヤンは「スウィート ヒアアフター」でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したこともあるカナダの監督で、彼の作品は「エゴヤンワールド」という言葉からもわかるようにかなり独特の不思議で幻想的な世界に彩られています。ショウビズ界の裏側に潜む"スキャンダル"という名の"秘密"に隠された15年前の事件の関係者と、その真実を追い求める一人の女性ジャーナリストを軸にストーリーが進行します。 しかしストーリーが...... more
Tracked from soramove at 2006-01-07 01:28
タイトル : 「秘密のかけら」目指したのは上質・・・
「秘密のかけら」★★★ ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース主演 アトム・エゴヤン監督、カナダ、英、米2005年 人気絶頂にあった コンビのエンターティナー 彼らのホテルの部屋で 女の死体が発見され ほどなくしてコンビは解消された。 15年前の事件を解...... more
Tracked from Welcome aboard at 2006-01-12 20:26
タイトル : 秘密のかけら
なんと原作は、あの70年代のAORシーンにドカンと輝いたルパート・ホルムズ(懐)が書いたベストセラーだとか・・・ なるほど・・・バーバラ・ストライザントやらD・ワーウィックやら数限りないミュージシャンのプロデュースもしてるし、米のショービジネス会の裏側な..... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-01-15 20:57
タイトル : 秘密のかけら
「秘密のかけら」 WHERE THE TRUTH LIES / 製作:2005年... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2006-01-16 02:10
タイトル : 秘密のかけら /WHERE THE TRUTH LIES
もう今年も残りわずか、マスコミ試写も一般試写もそろそろ年内最後の追い込みに入りつつ、、、★ 今日は、2本の試写へ行って参りマシタ。 2005年 No1を探し求め、忙しくったってギリギリまでガンガン観るぞ~{/kaminari/} 1つは、今月23日公開、ケヴィンベーコンの新作「秘密のかけら」 migが映画好きになりはじめた頃、一番最初にファンになったのが このケヴィンさん{/heart/}とマイケルJ FOX{/heart/} {/face_tehe/} ケビンの、ベーコンブラザーズのCDまで持って...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2006-01-16 12:48
タイトル : 『秘密のかけら』
雰囲気に圧倒されてのおもしろいミステリー。 秘密にご用心。 1972年、ロサンゼルス。野心的な女性ジャーナリストのカレンは、ショウビズ界でタブーとされた15年前のある事件を取材しようとしていた。1957年ハリウッドの人気デュオのラニーとヴィンスの宿泊予定のホテルの部屋のバスルームで若い女性の全裸死体が発見されたという事件。原作は作曲家・演劇プロデューサーとしても知られるルパート・ホームズのベストセラー小説で黄金期のハリウッドに実在したデュオをモデルにしているもの。 予告を見た時から、アト...... more
Tracked from アロハ坊主の日がな一日 at 2006-01-16 16:52
タイトル : [ 秘密のかけら ]知らないほうが幸せな時もある
[ 秘密のかけら ]@日比谷シャンテ・シネで鑑賞。 50年代に起こったスキャンダラスな殺人事件と、70年代に それを暴こうとする女性ジャーナリストの物語。 監督は[ アララトの聖母 ]を手がけたアトム・エゴヤン。 本作は、前作[ アララトの聖母 ]とは趣は大きく異なる。 ... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2006-01-18 21:20
タイトル : 秘密のかけら
秘密の霧の向こう側の、あなたを知りたい... more
Tracked from 慧の映写会 at 2006-01-23 14:49
タイトル : 「秘密のかけら」
危うさの中で     エンターメントの仇花を・・ 50年代大輪の花を咲かせる ショウビジネス界 ヤンチャの 極み で何でもありに見える ショウビジネス界 光と闇をめまぐるしく 行きかうショウビジネスの世界... more
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2006-01-27 07:10
タイトル : 『秘密のかけら』レビュー/舞台裏のひめごと
ようやくレポートに終わりのきざしが見え、ずっと気になっていた映画、『秘密のかけら』を観にいくことができた。 ハリウッド黄金期、人気デュオのスウィートルームで発見された女性の水死体。その蝋人形のような姿に、なんとなく非現実味を覚えつつ、誰が殺したのだろうか、というサスペンスものなら誰もが抱くであろう疑問を持って、観はじめた。 それなのに、過去と現在を行き来するという複雑な構成と、R18指定のエロティックな描写によって、観ているうちに、誰が犯人か、という最初の疑問を忘れていってしまう自分が...... more
Tracked from オイラの妄想感想日記 at 2006-02-15 09:05
タイトル : 秘密のかけら
当初は観に行かない予定でした。 と、言うか上映しているのを気付いてませんでした。 しかし友人から貴重な情報が・・・。 ... more
Tracked from 気まぐれ映画日記 at 2006-05-27 00:14
タイトル : 男を堕とす女〜「秘密のかけら」
秘密のかけらアトム・エゴヤン監督の新作「秘密のかけら」をやっと観る。 1972年。若きジャーナリストのカレン(アリソン・ローマン)はかつての彼女のアイドルで、15年前、人気絶頂のさなかにスキャンダルが元でコンビを解消したラニー・モリス(ケヴィン・ベーコン)とヴ....... more
Tracked from **Sweet縲ays*.. at 2006-08-29 09:52
タイトル : 『秘密のかけら』
秘密のかけら CAST:ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース、アリソン・ローマン 他 1972年、ロサンジェルスの野心的な女性ジャーナリスト、カレン(アリソン・ローマン)は、15年前におきたショービジネス界のある事件を取材していた。それは、当時国民的人気を博していたデュオ、ラニー(ケヴィン・ベーコン)とヴィンス(コリン・ファース)に起きた事件だった・・・ 1950年代、古き良き時代のアメリカの国民的人気スターに起きた事件。 謎のまま闇に葬られ世間から忘れられようとしていたその事...... more
Tracked from 映画専用トラックバックセ.. at 2007-04-04 15:13
タイトル : 映画「秘密のかけら」
映画「秘密のかけら」に関するトラックバックを募集しています。... more
Tracked from しょうちゃんの映画ブログ at 2007-04-04 15:59
タイトル : 映画「秘密のかけら」
「スウィート ヒアアフター」「アララトの聖母」のアトム・エゴヤン監督作品。華やかなショウビジネスの裏側を舞台に描く官能ミステリー。かつて一世を風靡した人気コンビを解散に追い込んだあるスキャンダルの秘密を暴こうと野心に燃える若き女性記者が、やがて虚飾と頽...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-10-15 00:08
タイトル : 秘密のかけら
 『秘密を抱えて生きるひとは、いつか秘密に殺される』  邦画好きさんの感想にあるように、しっかりしたミステリーでラストまでどうなるか分からない展開で、楽しめましたぁ〜!  1972年カレン・オコナー(アリソン・ローマン)は、ラニー・モリス(ケヴィン・ベーコ....... more
Tracked from ★☆ひらりん的映画ブログ☆★ at 2009-09-01 04:03
タイトル : 「秘密のかけら」
ケヴィン・ベーコン、コリン・ファース主演。 原題は「WHERE THE TRUTH LIES」。 「映倫 R-18」指定。 2005年製作のクライム系エロチック・ミステリー、108分もの。... more
Commented by margot2005 at 2005-12-29 01:28
そう今年最後のシアターはシャンテでしたの。2作ともなかなか良かったです。是非ご覧になって下さいね。おひげコリンですが...似合わないの。
Commented by charlotte at 2005-12-29 02:45 x
こんにちは~!
私は一応オヤジフェチ(笑)なんですが、コリンだけは笑ってしまうのですよ~。なんかシリアスな場面でもどうも笑いをこらえてしまう。
もうちょっと過去との差をつけてくれないと混乱してしまうところでした。
ケヴィンの方が年上だったのですね…ちょっと衝撃 (^^ゞ
Commented by margot2005 at 2005-12-29 22:15
charlotteさん!わたしはコリンの声が好きなのです...あの英国人の発音にはエクスタシーを感じます...ちとオーバーですが...UKに行った時、当たり前ながら、皆がコリンやヒュー(グラント)の喋りでたまりませんでしたのfufufu...。おやじフェチでしたか?確かにシリアスな場面でもコリンて笑えるのですよね。あの変にくそまじめなそうな顔のせいかも??
Commented by 現象 at 2005-12-30 14:06 x
コメント&TB失礼します。
ルーベン役のオジサンは存在感がありましたね。
後で知ったのでがスコットランド出身で舞台を多く踏んでいるようで、
さすがだなぁと感じました。
英米の演技派が揃って見ごたえがありました。
Commented by margot2005 at 2005-12-31 01:29
現象さん、ようこそお越しいただきました。 trackback&コメントありがとうございます!コリン・ファースはUKのストラットフォード・アポン・エイヴォンにあるロイヤル・シェイクスピア・カンパニのメンバーで、過去に「ハムレット」や「リア王」を演じたようですね。ケヴィンも実力ある個性派アクターで、二人とも素晴らしい俳優だと思います。
Commented by Ken at 2005-12-31 09:47 x
TBありがとうございます!
この映画、50年代と70年代の風俗の違いを見るのもまた楽しいですよね。特に70年代のアリソン・ローマンの超露出ファッション、すごかった。
あんな人がインタビューに来たら、やましい過去が無くたってドギマギしてしまうと思います(笑)。
Commented by margot2005 at 2005-12-31 21:36
kenさんこちらこそコメントまでありがとうございました。ちょっと時代の古い映画って、その頃のファッションを観るのがとても楽しみです。アリソンの露出にはわたしもびっくりしました。可憐で清楚な雰囲気満タンのアリソンですが、こういった役も又コケティッシュで魅力的だと思います。そうか!?男性は悩殺されるかもですね??
Commented by ラクサナ at 2006-01-12 20:36 x
やっと観て参りましてヨ、王妃!
50年代70年代っと懐かしさもアリ、今の時代に無いショービズの秘め事を楽しませて頂きました。
おっとコリンのオヤジ!?(笑)確かに!
しかしこの原作がルパート・ホルムズだってのにも驚きました。ってか書く人にもなってたのね。
でもこれかなり過激なS○Xシーンありでしたけど、霞がかからなくって良かったです!^^ベーコンったら動き過ぎだすよね・・・(謎爆;)
Commented by margot2005 at 2006-01-13 00:25
コリンのoyaji 度は相当なものでしたよね。ケヴィンの露出は...彼は頻繁に露出してるような気がしますが。そう無しで良かった。あれがかかるとどうも観づらくって...。
ルパート・ホルムズさんて知らなかったですが有名人だったのね!?
Commented by シズカ at 2006-01-15 13:03 x
はじめましてっ! 流れ着いてまいりました。
ケビンさんはしょっちゅう脱いでますよね。でも、色っぽいなぁ。と思える脱ぎっぷりはなかったんですが、この映画では、服を着てても色っぽい!! って思いました。

この映画を見た後の数日間は、とっても落ち込んでしまいました。
でも不思議ともう一度見たくなるんですよね。

私のブログでも、この映画の感想かいてます。
暇があったら遊びに来てください(^^)
Commented by margot2005 at 2006-01-15 16:59
こちらこそ初めまして!シズカさん流れついていただいてありがことございます!trackbackさせていただきました。ケヴィンはいつもかなり荒っぽいnudeですよね?そういや...彼の役がそうさせるのでしょうが...。今回のケヴィンは素敵でしたわ。
そちらにもお邪魔させてくださいね。又お出でくださいませ。
Commented by 隣の評論家 at 2006-01-15 21:01 x
初めまして、こんにちわ。TBありがとうございました。
ケビン・ベーコンの素敵なお尻には慣れました(笑)。何か不思議な雰囲気の作品ですが、結構後を引く感じでした。私は好きです。
ヨーロッパ映画がお好きなんですね!最近、ミニシアターづいているので、修行も兼ねてまた遊びにきますのでヨロシクです!
Commented by margot2005 at 2006-01-16 00:30
隣の評論家さん、こちらこそようこそお越しいただきました。ほんと不思議な感じの映画でしたね。私もこの映画はお気に入りの一作となりました。ケヴィンは58年生まれなので、もう50才前ですがスッゴイ若いですよね?
そうなんです、ヨーロッパもの大好きなんです!ミニシアターでもとても素敵な映画が上映されるので、以前のようにハリウッド大作を観に行くのは減りましたね。そちらにも遊びに行きますね。又おいで下さいませ!
Commented by CaeRu_noix at 2006-01-16 12:48
私はこのコリン・ファースの裏表キャラがなかなかよかったですー。
確かに15年の歳月の流れを2人の容貌でも工夫してほしかったですね。
Commented by margot2005 at 2006-01-17 20:27
caeRu-noixさん、歳月が流れるわりに二人が同じで...これにはもうもうちょっと手を加えていただきたかったですね。コリンはやはり演技者なのでしょう!どんな役もハマる感じがします。
Commented by chatelaine at 2006-01-27 07:26
遅ればせながら観てまいりました。
>21世紀の今ならそれほど問われる事でもない、ある事がこの映画では罪となっているのも時代の成せる技かと切に感じた。
そうですよねぇ。彼らがもう少し遅く生まれていれば、何も秘密にする必要などなかったんでしょうね…。そう考えるとせつないです。
あと、コリン・ファースはヒゲがあった方がオヤジ度が増して、好きです♪
Commented by margot2005 at 2006-01-27 22:03
chatelaineさん観てらっしゃたのですね!そうあの世界は罪でしたのよねあの時代は...。今じゃ世間に公表する有名人もいると言うのに...。oyajiコリン好きですか?コリンはちょうど10年前の「イングリッシュ・ペイシェント」の頃とあんまり変わってないと思いますが...ふけ顔なのか??
<< 「綴り字のシーズン」 クリスマスは終わったが...素... >>