「SAYURI」

a0051234_2281477.jpg「Memoirs of a Geisha 」2005 USA
製作は、スティーヴン・スピルバーグ、監督はロヴ・マーシャル。原作はアーサー・ゴールデンの“Memoirs of a Geisha”。
ほとんど邦画は観ないのだが、とりあえずハリウッド映画なので観た。ここでちょっと難癖...まずキャスティングから...ヒロインのチャン・ツィイーを始めとして、ミシェル・ヨー、コン・リーは日本人ではないよぅ!であり...唯一の日本人である工藤夕貴も、悪いがゲイシャは似合わないのである(まぁ仕方ないが...)。そして、チャン、ミシェル、コン、3女性の着物がどうも...やはり日本人じゃないのね?のノリで、プロのゲイシャさんがこの映画観たら少々幻滅感じるかなと?思ったが、これはハリウッド映画、世界中に配給されて、着物の着付けなど知らない人々が多々観るのだから、まぁ仕方ないかな?と思った次第。しかし、ただ一人、置屋の女将、ミセス・新田役の桃井かおりさぁ〜ん!!素晴らしかったです!!!もうマジで存在感あり!...渡辺謙は言うまでもなく...役所広司も素晴らしい配役だと思った。でも、でも、やはり桃井かおり...彼女が素晴らしかった!!
なんだかんだ言いながら、ラストはちょっぴり感動してうるうるしてしまった。日本人でない人がゲイシャを演じて、着物の着付けも変?なのだけど、なぜか?物語に吸い込まれてしまったのは、全員が英語で喋っているから現実っぽくなく、おとぎ話のようで、変な?ところが脱ぐい去られたような、そんな気がしてならなかった。
a0051234_2293553.jpg

寒村の貧乏な家に生まれた少女二人、妹千代(大後寿々花)は置屋へ、姉の佐津(サマンサ・フターマン)は女郎屋へと、売られて行く。ここでこの映画の舞台は“都”と字幕にでるのだが、この都は京都のことである。後に千代が亀岡(京都の田舎)に疎開したり、大阪にある工場が危機に瀕しているとかのくだりがでてくるので...。
置屋の女将(桃井)に引き取られた千代は、下働きの女中となり、売れっ子ゲイシャの初桃(リー)に虐め抜かれる。けなげにも耐える千代。ある日置屋から抜け出した千代は会長(渡辺)と運命の出会いをする。姉佐津と再会し、“一緒に逃げよう!”の言葉も空しく、千代は置屋で毎日犬のように働かねばならなかった。両親が亡くなった事を知り、ようやく自分の置かれた立場を理解した千代は、自分も立派なゲイシャになれるよう心に誓う。15歳で花街デビューを飾った千代は“さゆり”と命名され本物のゲイシャとなる。
a0051234_2213584.jpg

さゆりのデビューに手をかす豆葉にミッシェル・ヨー。ゲイシャ嫌いだが、さゆりには魅せられる実業家、延役に役所広司。工藤夕貴は同じ置屋で、千代と一緒にゲイシャを目指し、先にデビューを飾るおかぼ役。
千代役の少女、大後寿々花がけなげで可愛くって演技がうまい!千代と佐津の父親役をMAKOが演じている。ミッシェル・ヨーは「トゥモロー・ネヴァー・ダイ/1997」でのピアース・ブロスナンのボンド・ガールのイメージがあったが、結構素敵な姐さんであった。でも一番の突っ込みはチャン・ツィイーのダンス(踊り)...とても素晴らしいのだが、「ラヴァーズ/2004」の場面とかぶって困った...そして、中国、マレーシア出身の3女性の帯の位置が余りにも高くて...着物って胴長の日本人(現在はそうでもない)に合わせた衣類なので、足が短く見える。それがいやだったのかお3人さん!?
ヨーヨー・マのチェロが物語を盛り上げている。
a0051234_229866.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-12-14 23:04 | USA | Trackback(46) | Comments(18)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/2840626
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆ 163の映画の感想 ☆ at 2005-12-14 23:59
タイトル : 映画館「SAYURI」
予告編で観たときの印象、そのまんまの作品でした! 予告編以上に良くもなく、悪くもなく。。。 原作の「Memories of Geisha」、オーストラリアにいたころに外国人の友達に「読んだよぉ~!」って言われたんだけど、そのころ私はこの小説しらなくてなんとも答えよう...... more
Tracked from Swing des Sp.. at 2005-12-15 00:17
タイトル : 『SAYURI』〜ひとり中華帝国〜
『SAYURI』公式サイト 監督:ロブ・マーシャル出演:チャン・ツィイー 渡辺謙 ミシェル・ヨー 役所広司 コン・リー 大後寿々花 【あらすじ】(goo映画より)9歳で花街の置屋へ売られた千代は、下女として働いていた。ある日、辛さに耐えられず泣いていた千代は、「会....... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2005-12-15 00:24
タイトル : SAYURI
青灰色の瞳・・・水の性分をもつ少女の幻想的で激流を感じる運命 豪華絢爛な美しさの影に隠れた女性同士の愛憎劇と人間模様を、純粋で一途な恋心と絡めて、美しくも懐かしい映像と和楽器も調和させドラマティックに盛り上げる音楽で綴られる作品。 あくまでも、ハリウッドからみた日本の美しさを幻想的なイメージとして描いている。日本が舞台ではあるが、撮影場所はほとんどがアメリカである。セットや、カリフォルニアを中心としたロケ。それでも初めてありのままを撮ることを許された清水寺や、伏見稲荷神社、静岡県大井川鉄橋なども...... more
Tracked from takin' it easy at 2005-12-15 01:16
タイトル : 寒~い夜には。・。・。
お鍋もいいけど、チーズ フォンデューもかなりいけます! 手間ひまかけて作りました。。。。 と言いたいとこだけど、 スーパーで売ってるチーズ フォンデューの元をグツグツ温めるだけ! しかも、野菜とパン切っただけだし;; でもお好みの食材を好きなだけ用意したら それだけで、心も身体もホクホクになる夜ご飯の完成~ 色々試した結果、白ワインの味が割と濃厚なこの種類が美味しかったです そうそう、チーズ フォンデューを食べるときは、冷えた物を飲み過ぎると...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2005-12-15 10:41
タイトル : SAYURI
監督の美意識をたっぷり堪能できる大河ドラマ。 話は普通・・・。 ... more
Tracked from Saturday In .. at 2005-12-15 11:29
タイトル : SAYURI
アメリカ 146分 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー     渡辺謙     ミシェル・ヨー     役所広司 貧しい漁村に生まれ9歳で花街の置屋に売られた少女・千代は先輩で花街一の売 れっ子芸者の初桃の執拗ないじめに遭い辛い日々を送る。そ...... more
Tracked from Welcome aboard at 2005-12-15 16:52
タイトル : SAYURI
アーサー・ゴールデン著の、祇園の花柳界に生きたさゆりという女性の半生を描いた原作の映画化。 原作は、元芸妓であった新田さゆりという女性が、晩年にアメリカで知り合った歴史家に自らの半生を語るという内容で、まるで実話のようにリアリティーがあって、作者がアメリ..... more
Tracked from soramove at 2005-12-15 17:49
タイトル : 「SAYURI」映画の魔法が幸せな気分にさせる
「SAYURI」★★★★ チャン・ツィイー、渡辺謙、大後寿々花、ミシュエル・ヨー主演 ロブ・マーシャル監督、2005年、アメリカ この映画に嫉妬した。 日本で描けない 日本の「美」を そこに見たからだ。 戦前までは あんな文化が 日本に存在していたのだと ...... more
Tracked from UkiUkiれいんぼーデイ at 2005-12-15 19:12
タイトル : SAYURI
鑑賞いたしました〜! 感想はまず、これはいったいどこの国?? 家並みも部屋の雰囲気も、それから着物の着付け方、髪型、化粧、日舞、障子の格子の枠の形に至るまで。。。 ぐぁーーーおかしい!ヘン! 劇場を出てきた人も口々に言ってました。 ポスターのチャン・ツィイーの着物姿がキレイだったので、ハリウッド製にしては正当な日本を描いてるのかな〜なんて思い観たもので、あーやっぱりここまでが精一杯か。。。というのが正直なところでした。 よく考えたら、アメリカ人が撮る日本の‘芸者’なわけ...... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2005-12-15 20:37
タイトル : SAYURI
【映画的カリスマ指数】★★★★☆  異国情緒溢れる熾烈な女の世界... more
Tracked from うさくま広場 at 2005-12-15 22:13
タイトル : *SAYURI・・・美し過ぎる!*
監督:ロブ・マーシャル  原題:MEMOIRSOFAGEISHA製作:スティーヴン・スピルバーグ出演:チャン・ツィイー(さゆり)/ ミシェル・ヨー(豆葉)/ コン・リー(初桃)    渡辺謙(会長)/ 役所広司(延)/ 桃井かおり(お母さん)    工藤夕貴(おかぼ)...... more
Tracked from ひらりん的映画ブログ at 2005-12-15 23:08
タイトル : ★「SAYURI」
公開初日のナイトショウで観てきました。 時間の関係で2スクリーンやってるうちの小さいほうのスクリーンで見ることに。 あんまり混んでなかったよ。 チャン・ツィイー主演なのに・・・ねっ。... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2005-12-16 18:48
タイトル : SAYURI
う~ん、「細かい所は気になるけどなかなかやるねぇ」と観た後言いたい と思ってたんですが、どうなんでしょう。かなり微妙な映画だと思いました。 日常的な話題の中でツッコまれてしまう映画かも。 いい所もあるけど、自分が根本的にノレないとやっぱりだめですね...... more
Tracked from ☆★☆風景写真blog☆.. at 2005-12-16 22:54
タイトル : 『SAYURI』を観て来ました!
 2005年12月12日 『SAYURI』観賞レビュー! 原題 Memoirs of a Geisha 絢爛 無垢 毅然 『SAYURI』ポスター画像 ハリウッドヴァージョン! 眼力〜〜〜〜!w(☆o☆)w ちと、大きい画像NO.1 d(-。∂) ▼ ▼ ▼ ▼ ★ポチッとナ! 『SAYURI』桜、花見のシーン ちと、大きい画像NO.2 d(-。∂) ▼ ▼ ▼ ▼ ★ポチッとナ! 2005年/アメリカ 配給 ブエナビスタインターナショナル(...... more
Tracked from flicks revie.. at 2005-12-16 23:56
タイトル : 『SAYURI』
 映画を見終わってとりあえす原作のベストセラー小説がどういうものなのか気になったのでネットで検索をかけて書評レビューをいくつか読みました。みなさん一様にほめていたのは著者... more
Tracked from ダディャーナザン!ナズェ.. at 2005-12-17 18:33
タイトル : SAYURI(MEMORS OF A GEISHA)
その少女は、特別の輝きを持っていた・・・ 運命の出会い・・・ 絢爛 無垢 毅然 昔、ダウンタウンがやっていたGEISHA GIRLSの話ではありません・・・(笑) ... more
Tracked from よしなしごと at 2005-12-17 20:15
タイトル : 「SAYURI」見てきました
 いやー、この映画も映画館で見るつもりではなかったのですが、時間を間違えてしまい見たい映画が始まったあとだったため、一番待ち時間がなく入れるこのSAYURIを見てきました。... more
Tracked from Brilliant Da.. at 2005-12-17 23:55
タイトル : 『SAYURI』
(原題:Memoirs of a Geisha) 2005年 アメリカ 監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/工藤夕貴 /コン・リー/桃井かおり/大後寿々花 原作:アーサー・ゴールデン まず、私の日本文化に対する教養がまったく足りてない事は百も..... more
Tracked from まぁず、なにやってんだか at 2005-12-18 10:05
タイトル : SAYURI
予告を観て、とっても楽しみにしていて前売券を買っていたのに、観に行くのが遅くなってしまいました。公開から一週間経っただけで、近所のシネコンは一日の上映回数が3回に減ってしまい、「評判いまいちなのかなー」とちょっと心配になったのであります。でも、良かったですよー。 日本語のところと英語のところと混ざっているので、最初は違和感がありますが、内容に引き込まれていくうちに、たどたどしい日本語もかわいく思えます。 子ども時代の千代(OHGO SUZUKA)はかわいらしく、大人になってチャン・ツィイー...... more
Tracked from ★☆★ Cinema D.. at 2005-12-18 14:31
タイトル : SAYURI(2回目の鑑賞)
大後寿々花の見事な演技は必見。彼女の魅せる様々な表情はどれも心に残ります。中でも会長との出会いで魅せた笑顔は忘れられません。... more
Tracked from あしたはあしたのかぜがふく at 2005-12-18 23:50
タイトル : 映画「SAYURI」
※ネタバレあると思うので、これから映画を見ようと考えている方は、 ご自分の判断で読んでくださいね。 先週公開の「SAYURI」を見てきた。 ちょうど映画館に行く地下鉄の中で、原作の小説を 読み終えるというタイミングの良さ。 ハリウッドが描く祇園の世界とはどん..... more
Tracked from 気まぐれ映画日記 at 2005-12-19 00:24
タイトル : とある芸者の肖像〜「SAYURI」
Memoirs of a Geishaアーサー・ゴールデンの『さゆり』の映画化作品「SAYURI」を観る。原作は当然ながら未読で、映画化の話を聞いたときはさゆりをはじめとした主要キャストに日本人は起用されなんて、と思って観るつもりはなかった。しかしながら予告を観てきらびやかな芸者...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2005-12-19 01:24
タイトル : 映画「SAYURI」
原題:Memoirs of a Geisha チャン・ツィイーが日本を舞う、「LOVERS」で魅せた得意の舞を、今度は花街を彩る水揚げ前の芸者として、見事な扇さばきで・・・魅せる。 貧しい漁村に生まれた姉妹が"花街"に離ればなれに売られる。千代(後のさゆり)は姉と共に... more
Tracked from 毎週水曜日にMOVIE! at 2005-12-20 20:24
タイトル : SAYURI枸emories of a Geisha
まあ、このちびさゆり=千代ちゃんのうまいこと、うまいこと。 日本の映画かと思っちゃいました。彼女だけ。あと桃井かおりね。 冒頭から千代ちゃんが花街に売られていくまで、日本語が飛び交い、異様な日本の駅(ブレードランナーみたいだった)を通り、違和感が結構ありました。 でもちいさい千代ちゃんが英語でセリフをはじめた頃から、そんなことはどうでもよくなっていました。 姉と離れ離れになり、芸者の置屋で下女になった千代(大後寿々花)。売れっ子芸者の初桃(コン・リー)にいじめられながらも、おかあさん(桃井...... more
Tracked from aicolors~dia.. at 2005-12-21 01:05
タイトル : SAYURI
ものすごい寒い1日。 トリエンナーレ行こうかなと思っていたけど、外をぶらつくのはいやだあ~となって、巨大回転寿司屋→電気屋→映画館をブラブラ。 日曜日のフルコース(ファミリー版)って感じ。 巨大回転寿司屋はあまりに大きすぎて、工場のベルトコンベアーみたいでした・・(^^; もうあそこはいいや。 映画は「SAYURI」。 なんちゃって日本文化にププッと笑いつつも、女優さん達や映像の美しさにうっとり。 芸者版「CHICAGO」?怖~い女の争いと恋のお話。 華やかなハリウッド映画...... more
Tracked from aicolors~dia.. at 2005-12-21 01:07
タイトル : SAYURI
ものすごい寒い1日。 トリエンナーレ行こうかなと思っていたけど、外をぶらつくのはいやだあ~となって、巨大回転寿司屋→電気屋→映画館をブラブラ。 日曜日のフルコース(ファミリー版)って感じ。 巨大回転寿司屋はあまりに大きすぎて、工場のベルトコンベアーみたいでした・・(^^; もうあそこはいいや。 映画は「SAYURI」。 なんちゃって日本文化にププッと笑いつつも、女優さん達や映像の美しさにうっとり。 芸者版「CHICAGO」?怖~い女の争いと恋のお話。 華やかなハリウッド映画...... more
Tracked from 慧の映写会 at 2005-12-21 20:35
タイトル : 「SAYURI」
アジアンビューティなSAYURI 3月ごろ原作「さゆり」を読んで その時すでに12月あたりに 劇場公開らしいと・・ でもって観ました まさにエンターテイメントです ... more
Tracked from ひるめし。 at 2005-12-25 21:49
タイトル : SAYURI(映画館)
CAST:チャン・ツィイー/渡辺謙/ミシェル・ヨー/役所広司/桃井かおり/工藤由貴/コン・リー 他 ■アメリカ産 146分 さすがアジアン・ビューティーのチャン・ツィイー!!ゴールデン・グローブ賞にノミネートされたみたい!!芸者のお稽古の成果が出てよかったね。 ミシェル・ヨーとコン・リーはこの映画で顔と名前を知ったけど、お二人とも存在感があってスゴイ!日本人キャストよりも目立ってた。ミシェル・ヨーってニューハーフみたいな顔立ちしてたな。 日本人キャストで印象に残ったのは会長様の渡辺謙でも、顔...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2005-12-28 01:19
タイトル : 『SAYURI』
おカボ は、パンプキン! パンプキンは おカボ! 蟹先生 は、ドクター・クラブ! D・A・N・N・A!みなみやま~、はたきこみ~。 興味深い面白さはあったけど、その物語にはあまりハマれずー。 こんなもんか? こんなもんでしょう。 ハリウッド映画だしー 一つ一つに思い入れもないのに、じゃんじゃか映画化の権利を獲得し、 ただそれを順番に消化しているだけなのかな? こんなもんかとは思いつつ、せっかくの題材がもったいなーい。 自分の感想書くより、みなさんのレヴューや見解を読んで...... more
Tracked from キュブ零のシネマニア at 2005-12-28 21:45
タイトル : 『SAYURI』 ちょっと年増の芸者ガールズ、アジアスタ..
昨日シネコンのレイトショーで製作スティーブン・スピルバーグ、監督 ロブ・マーシャル『SAYURI』を観てきました。前述のように、現在原作の日本語翻訳版を読んでいて、この世界がどう表現されているかが、大変興味ありました。 昭和の始め、貧しい漁師の家に生まれた千代=少女時代(大後寿々花)は、老いた父親、病床に伏した母の元から、姉の佐津とともに、身を売られてしまう。そして、京都の地に降り立った2人。千代は置屋「新田」に引き取られ、姉と離れ離れにされてしまう。「新田」の女主人の「おかあさん」(桃井かおり)、...... more
Tracked from toe鐚€疂nemati.. at 2005-12-29 02:19
タイトル : SAYURI
この映画の中で、すこしでも、え??と思うことが起こるたびに、これはアメリカの日本風アジア人街で起きてることなんだわ・・・。 なんて、勝手に自分に言い聞かせながら観てた。 結局、一人前の芸者になるために苦労を重ねた人が誰も出てこなかった映画だった気がする・・・。 <STORY> 第二次大戦直前の日本。 千代と佐津の姉妹は、家が貧しいために花町の置屋へ奉公に出される。 置屋を取り仕切るおかあさん(桃井... more
Tracked from アロハ坊主の日がな一日 at 2005-12-29 19:21
タイトル : [ SAYURI ]大後寿々花から目が離せない
映画[ SAYURI ]@渋谷で鑑賞。 まさに[ SAYURI ]はアメリカから描いた日本“GEISHA” 像なのだろう。原作「Memories of a Geisha」には忠実 だろうが、歴史には忠実ではない。もともと映画なんて作 り物だから、面白ければいいんじゃないかと思う。監督は [ シカゴ ]のロブ・マーシャル。製作はスティーブン・ スピルバーグと鉄壁の布陣である。 《芸は売っても、身は売るな》 この映画はそれをよく体現している。 芸者を芸のプロとして描いてる。 だ...... more
Tracked from フィルムナビ〔film-.. at 2005-12-29 20:04
タイトル : ジャンル別の映画情報!
ヨーロッパ映画を観よう!様、SAYURIのトラックバックありがとうございました。フィルムナビでは、さまざまな映画のクチコミ情報を集めています。映画の感想などをブログに書かれた時には、ぜひまたトラックバックして下さい。お待ちしております!... more
Tracked from マダム・クニコの映画解体新書 at 2005-12-30 10:59
タイトル : SAYURI/ロマンティック・ラブ・イデオロギー
本作のテーマは、家父長制文化の中で女性の従属的位置を認める”ロマンティック・ラブ・イデオロギー”である。 SAYURI  ロブ・マーシャル監督の前作「シカゴ」は、男性優位の文化に意義申し立てをするという内容だった。ハリウッドのミュージカルは”カーニバル”という概念を内包している。”カーニバル”には、疎外され抑圧されている者たちが、自らの文化を創出しうる力を持つという側面がある。  「SAYURI」はミュージカルではないけれど、社会の周縁に置かれている女性 が主人公であることから、期待して観に行ったが...... more
Tracked from 映画とアートで☆ひとやす.. at 2005-12-30 22:23
タイトル : SAYURI@シネマメディアージュ:レディースデー夕方
ブログ引越後初、かつ2005年の映画鑑賞最後を飾ったのは『SAYURI』。 まだ映画を見る趣味がなかった頃、『ラストサムライ』の“ヘンテコリンなニッポン”の話を映画好きの大学の後輩から聞いても、その時は「ふ~ん」としか思わなかった。 その私が昨日(12/28Wed)、..... more
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2006-01-02 07:56
タイトル : SAYURI
火花散る女優たちの迫力の演技戦。 その影で男性俳優陣の影の薄いこと、薄いこと。 終わってみれば鬼気迫るコン・リーの演技があまりにも印象的で チャン・ツイイーではなく彼女が主役だったのでは?と思うほど。 つくづくコン・リーはプロの役者だ。 この作品でも10代からの初桃を演じるが違和感、まるでなし。 直感でさゆりに自分の地位を奪われることを恐れての陰湿な嫌がらせ。 その一方で物語が進むにつれ徐々に精神的に追い込まれていく初桃・・・。 うまいよなぁ。 コン・リーに押されてしまっ...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2006-01-03 22:01
タイトル : SAYURI
貧しい家庭で育ち、9歳で置屋に売られた千代は、置屋の下女として働かされていました。ある時、「会長」と呼ばれる紳士から優しくされ、その後、芸者になって「会長」と再会することを夢見るようになり...。 豪華絢爛な作品でした。ただ、「貧しく生まれ育った女性の成功譚... more
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2006-01-05 03:25
タイトル : 『SAYURI』レビュー/嫉妬には及ばず
結果的に、2005年最後の劇場鑑賞となった『SAYURI』。『ラスト・サムライ』が肌に合わなかった私は、同じようなにおいのする本作を観るのをためらったのだけど、これだけ騒がれていると、なんだかんだいって、観てしまうのよね…。 危惧していたけれど、やっぱり言葉に違和感が。英語と日本語が入り混じっていたので、一度気になりだすと、なんでここで日本語?という疑問が頭をちらついて、集中できず。 一方で、京都の風景は綺麗だった。置屋と花街の雰囲気は出ていたし、私がとくに心に残ったのは、伏見稲荷...... more
Tracked from デコ親父は減量中(映画と.. at 2006-01-09 18:03
タイトル : SAYURI−映画を見たで(今年3本目)−
監督:ロブ・マーシャル 出演:チャン・ツィイー、渡辺謙、ミシェル・ヨー、役所広司、桃井かおり 評価:85点(100点満点) 公式サイト ハリウッドが描いた日本としては、十分に許容範囲。 幻想的な映像は、日本よりも日本的で美しく、俳優陣の存...... more
Tracked from さやの映画&日記 at 2006-01-09 20:35
タイトル : SAYURI
(CAST) チャン・ツィイー:さゆり 渡辺謙:会長 ミシェル・ヨー:豆葉 役所広司:延 桃井かおり:おかあさん 工藤夕貴:おカボ 大後寿々花:さゆり(少女時代) ケネス・ツァン... more
Tracked from 欧風 at 2006-01-15 14:42
タイトル : SAYURI
実家宮城県は映画のメンズデー王国(109シネマズ富谷が金曜日、MOVIX利府が月曜日。他の映画館でもやってる)って事は前にもここで書きましたが、そんなメンズデー王国にせっかく帰省してるヒマメンINDYが、これを利用しない訳がないじゃないですか!奥さん!って事で、密かな野望を打ち立てた。 それは、「休み中に上映してる作品(観てないもの)を全部観る!」という事。割と気軽に観に行ける映画館は上記の2館なんですが、調べてみると観てないのが結構ある。しかしさすがに「ムシキング」や「プリキュア」はオトナと... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-01-15 21:12
タイトル : 「SAYURI」
「SAYURI」MEMOIRS OF GEISHA / 製作:2005年、アメリ... more
Tracked from 雪華と、うふふ at 2006-08-07 20:31
タイトル : DVD「SAYURI」見たよ。
はい、こんばんは。 私、最近はね映画を字幕スーパーではなくって、吹き替え版で見るようになったんです。どうせわからん英語を聞いて、字幕読んでる間に、画面を見損なってるような気がするもんで。 「SAYURI」っていう映画見ました?これまた、予想外に良かったです....... more
Tracked from **Sweet縲ays*.. at 2006-08-17 10:50
タイトル : 『SAYURI』
SAYURI プレミアム・エディション 監督:ロブ・マーシャル CAST:チャン・ツィイー、渡辺謙、役所広司 他 京都祇園の置屋に売られた千代は、厳しい女将や先輩芸姑の嫌がらせにあう日々に絶望を感じていた。そんな時、ある紳士(渡辺謙)に出会いその優しさに触れ、千代はその男にいつか再会することを希望に辛抱強く働く。そして美しく成長した千代は、さゆり(チャン・ツィイー)の名で芸者として華々しく注目される・・・ 正直期待していませんでした。外国人が描く日本って絶対おかしいし、違和感たっ...... more
Tracked from 映画、言いたい放題! at 2007-02-22 02:47
タイトル : SAYURI
この作品はまず、 スピルバーグが映画化し、キャストを日本で探しているという噂が流れたのです。 私の周りにも是非オーディションを受けたい!という声を沢山聞きました。 そして 「R.Hがオファーを受けたが蹴った」とか「Y.Iがオーディションを受けたが落ちた」とか 有名女優の... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-10-18 00:14
タイトル : SAYURI
 絢爛 無垢 毅然  昨日予告しました通り、観てきましたぁ(〃'∇'〃)ゝエヘヘ  全体的な感想としては、良かったですねぇ。  基本的に観る前に批評系は読まずに観に行くんですが、チラっと聞こえてくる評判はイマイチ?ってよりもアラ探し系が多いみたいだったんだ....... more
Commented by charlotte at 2005-12-15 00:30 x
TBありがとうございました。
着物に対しては色々思うことありますよね!良さが半減してる気もするし。コン・リーの衿の抜き方、異常でした(笑)あれは女郎の着方だ(爆)
でも、目をつむって楽しみました。女優さんの演技が光っていた分、男性の描き方が少し中途半端に感じて感情移入があまり出来ませんでした(涙)
Commented by riokinatsu at 2005-12-15 01:24
こんばんは 初めまして。興味深く読ませてもらいました&TBさせてもらいました。 桃井かおりさん、良かったですよね~。 帯の位置は確かに高すぎでしたね(笑) 私もブログでSAYURIについてかいてるので、良かったらぜひいらして下さいね。 ちょっと見にくくてもうしわけないのですが。 それでは!
Commented by ラクサナ at 2005-12-15 16:51 x
京都に馴染み深い王妃には、全くもってオヨヨな着物の着こなし等に苦笑が止まらない作品だったのでは?っとご推察申し上げますが・・・
ソレはともかくも・・・結構面白かったですね♪^^
そうですよね~チャン・ツィイーの帯から下の長さったら!!!
もっとも今時の娘っこは、旅館で浴衣着たらみんなあんなもんかもしれませんが・・・(^^;
日本で映画でもTVドラマでもいいからリメイクして、本物の祇園の芸妓さんの風情を・・・世界に魅せてやる!ってな気概のある製作者はいないもんでしょうかね・・・?
Commented by margot2005 at 2005-12-16 00:15
charlotteさんこちらこそtrackbackありがとうございました!着物はやはり日本の文化だと再納得しました。襟抜くのも良いけど...あれじゃぁね...状態で笑えましたが...。男性陣はちょっと寂しかったですね確かに。
Commented by margot2005 at 2005-12-16 00:20
riokinatsuさんようこそお出でいただきました!興味深く読んでいただいたなんて感激でございます。桃井かおりは好きですねぇ。あの雰囲気と年を感じない感性と言うか...しかしこの映画ではしっかりobasanで又魅力的でしたわ。ブログ拝見したのですが、どこから入ればSAYURIに行けるのでしょうか?今一度tryしてみますね。又遊びに来てくださいませ。
Commented by margot2005 at 2005-12-16 00:28
ラクサナさん、そうオヨヨのわたくしでございました。とりあえず京生まれなんで...育ちもですが...。びしっと着ないと着物って栄えないのですが、確かにくるじい...って感じで最近の女の子もああなるのでしょうかねぇ。伝統は廃れていくものでございます。オヨヨですが...。
Commented by M. at 2005-12-16 23:56 x
こんばんは、こちらもTBありがとうございました。
そうか、帯の位置が高いから裾が必要以上にバサバサしてたのですね
お3人方。納得です(笑)
トホホは詳細は多々あれど、お芝居は皆さん頑張ってたかと思いました。
寿々花ちゃんも練習して英語の台詞あれだけしゃべれるんだもの
期待の国際派女優ですね。先が楽しみです。
Commented by moco at 2005-12-17 22:11 x
こんばんは。なんかどこからか飛んでまいりました。もうSAYURI観られたのですね。私もあのキャスティングでは絶対桃井かおりだと思ってました!!(笑)あー、やっぱり只者ではないですね・・・。映画あまり詳しくないので勉強にやって参ります。宜しくお願いします。
Commented by margot2005 at 2005-12-17 23:12
M.さん、寿々花ちゃんはホント頑張ってましたね。彼女の英語はうまくってびっくりです。佐津役は韓国の女優さんのようでした。寿々花ちゃん大物になりそう!着物帯の位置が高いと花魁風になるみたい...ってのがこれで解りました。
Commented by margot2005 at 2005-12-17 23:15
mocoさんトンで来ていただいたなんで感激!桃井かおり最高でした!オスカー助演あげたい位...映画だけはたっぷりと観ています。映画には年期入っておりますゆえ...こちらこそ宜しく、又お越し下さいませ。
Commented by マダムS at 2005-12-18 00:04 x
オヨヨのトホホで観て来ましたぁ~
見る前は もうとっくにハリウッドの描く”変な日本”に慣れっこになってるし、「そう!ファンタジーと思ってみればいいのよ」と心に誓って観に行ったはずなのに・・結果 とっても辛口レビューになってしまいました~ヨヨ。
着物に関しては全然詳しくないんですけど、あれでは花魁??
え~ん 期待していただけに不満だらけですぅ~
Commented by margot2005 at 2005-12-18 00:54
そうあれでは花魁ですぅ。わたくしの場合心に誓って行かなかったのが良かったかもしれません。京都の“龍村”の名前が出て来てきて...あの着物龍村が作ったのかな?なんて思ってしまいました。でもこの映画の衣装担当は外人(日本人じゃあない)だったのでなるほどと思いましたわ。
Commented by リカ at 2005-12-19 00:20 x
こんばんは。TBさせていただきます。
桃井かおり、すばらしかったですね。彼女の貫禄がいちばんでした!
Commented by margot2005 at 2005-12-19 00:47
リカさんこんばんは!TBありがとう!桃井さん良かったですよね。あの存在感はさすがです。
Commented by キュブ零 at 2005-12-30 19:13 x
margot2005さん、はじめまして!TBありがとうございます。TOPのイザベル・アジャーニ素敵です。今『さゆり』原作を読んでいますが、margotさんの指摘通りツイィーはじめみんな芸妓姿、舞妓姿似合わないのが気になりました。アメリカ製では原作が勿体無いので是非日本製でリメイクして欲しいと思いました。
今年は自分、日本映画を主に見ていますが、ハリウッド映画よりヨーロッパ映画が好きなので、また遊びによらせていただきます。
Commented by margot2005 at 2005-12-31 01:45
キュブ零さん初めまして、ようそこお出でいただきました。ヨーロッパ映画は奥が深いのと、ヨーロッパが大好きなので、映画の中のシーン等見るのが楽しみです。日本映画はほとんど観ないので、日本人としてまずいかと思うのですが、映画は現実逃避でもって、どうしても別世界に行き多たくなるのです。「さゆり」読まれてるのですね。目の青いゲイシャのイメージでファンタジーとして観たいですね、この映画は...。
Commented by chatelaine at 2006-01-05 03:33
こんばんは~。
あの、さゆりの子役は日本人だったのですね…もはやどこの国籍か気にならないぐらい、多国籍(多アジア籍?)映画でしたから、全然チェックしてませんでした。いたいけな感じが出ていて、演技上手でしたよね。
Commented by margot2005 at 2006-01-12 01:10
chatelaineさん、そうあの女の子日本人です。ほとんど邦画観ないので知らなかったのですが...将来大物女優になりそうですわね。女優陣は確かに多アジア籍オンパレードでした。
<< 「NOEL/ノエル」 「抱擁」 >>