「ほっ」と。キャンペーン

「抱擁」

a0051234_0561619.jpg「Possession」2001 USA/UK
英国ブッカー賞受賞A・S・バイアットの有名小説"Possession"が原作との事だが、この作品知らなかった。バイアットは女性である。映画を観ただけで、きっときめ細かな小説なんだろうなぁ?と読んでみたくなる。脚本はディヴィッド・ヘンリー・ホアン。
製作はバリー・レヴィンソン「レインマン/1988、スリーパーズ/1996」とそのパートナー。
監督は「ベティ・サイズモア/2000」のニール・ラビュート。
「ベティ・サイズモア」に出演していたアーロン・エッカートを監督自ら抜擢したというが、「ベティ・サイズモア」のアーロンは印象に薄い...
ヒロインのグィネス・パルトロウは“存在感のある女優!”との監督のコメントだが、私的にはあんまり賛成したくない。
グィネスってブラッド・ピットを振ってから、アクトレスとしては成功したが...彼女のファンているのかな???
お気に入りのUK俳優ジェレミー・ノーサム「エマ/1996、金色の嘘/2000」が出ているのでますます映画は堪能できた。ジェレミーの相手役は「高慢と偏見/1995」
のジェニファー・エール 。ジェニファーがgood!

ヴィクトリア朝時代(1850年代)の著名な詩人ランドルフ・ヘンリー・アッシュ&クリスタベル・ラモット。彼らの現代の研究者であるモード&ローランド。それぞれ二人が、それぞれの時代に登場して交差しながら物語は進行していく。とても素晴らしい!ラヴ・ロマンス。映画の中の、ヨークシャー・ホイットビー(UKの中東部、マンチェスターの北東に位置する)の緑と海岸が美しい!!!
a0051234_058779.jpg

ロンドンでランドルフ・ヘンリー・アッシュ(ノーサム)没後100年を記念する展覧会が催されていた。彼は19世紀に活躍した桂冠詩人。アメリカ人のローランド(エッカート)はアッシュの研究のためロンドンに来ていた。ローランドはロンドン図書館でアッシュの蔵書の中に手紙が挟んであるのに気づいた。アッシュは妻一筋人間だったにも関わらず、恋文が存在するとはなぜなのか?思わずその手紙を鞄に入れてしまったローランド...。彼はアッシュが、やはり詩人であるクリスタベル・ラモット(エール)に宛てた手紙ではないかと思いつく。
その後ラモット研究家のモード(パルトロウ)に会い、この謎を解き明かそうと提案し、二人で調査を始めることになる。
a0051234_0571367.jpg

「女たちとの会話/カンバセイションズ/2005」のアーロンがとっても素敵だったので、この映画は是非観てみたかった。主演はグィネスなので、ちょっとひいたのだが、ヴィクトリア朝時代のジェレミー、ジェニファーが素晴らしく、super級に好みの古典(17〜19世紀)もので、舞台はUK...うっとりであった。ジェレミー・ノーサムはホント似合う時代物。ジェニファーはアメリカ人だが、英国人っぽい雰囲気の持ち主でぴったり。さすがトニー賞女優である。グィネスはいろんなパターンの役を演じるが、この作品でも「スライディング・ドア/1998」のグイネスって感じで...監督がベタ褒めなのは、やはりハリウッドの大物女優であるためか!?アーロン観たさで観た作品なのだが...アーロンそっちのけで映画を堪能する事が出来た。sorryアーロン!
a0051234_0574292.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-12-12 01:23 | USA | Trackback(3) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/2821316
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 気まぐれ映画日記 at 2005-12-19 23:40
タイトル : 紙葉に託された想い〜「抱擁」
抱擁何だかDVDのジャケットからして(悪い意味で)妖しく駄作っぽい雰囲気が漂っているけれど、私的にはまぁまぁいい映画だった。  イギリス詩を専攻している助手のローランド(アーロン・エッカード)は図書館の本から19世紀の桂冠詩人アッシュ(ジェレミー・ノーサム...... more
Tracked from 悠雅的生活 at 2006-01-27 00:27
タイトル : 抱擁
ドラゴンの炎に焼かれて…... more
Tracked from 郎女迷々日録 幕末東西 at 2009-11-18 00:02
タイトル : 『抱擁』 映画と原作
すみません。シリーズの途中で、ちょっと寄り道を。 19世紀のイギリスが舞台になっているというので、かなり以前に買って、一度は見ていたDVDです。 抱擁 [DVD]ワーナー・ホーム・ビデオこのアイテムの詳細を見る  最初に見たときの印象は、それほど強いものではなかったんです。  地味で、品はいいけれども、わりに通俗的なメロドラマ、といった感じでして。  この映画は、イギリスを舞台に、現代と19世紀と、百数十年の時を隔てた2組の恋人たちを、平行して描いています。  イギリス・大英博物館の研究施設で、...... more
Commented by マダムS at 2005-12-12 10:37 x
王妃! 気に入って頂けたようで良かったです♪
私も実はこれ、お友達に薦められてあとからレンタルDVDで鑑賞、あまりにも気に入ったので返却後、その店でセル商品購入してしまったのです~♪ 劇場で観なかった事を後悔しましたわ。
寝ぐせの立ったアーロンもチャーミングでしたけど、なんといってもヴィクトリア調時代の二人ですよね! 
この二人、『年下の人』→http://kazetomoclub.seesaa.net/article/8474585.html#more で描かれたサンドとミュッセをモデルにしてるんじゃないかと私は思ってます。
現代の二人が追っていく謎解きの面白さもあったし、最後のオチにもほほぅ~と驚かされ・・脚本の上手さを堪能しました。
Commented by margot2005 at 2005-12-12 22:37
お気に入りの一作となりました。確かにサンド&ミュッセのノリでしたよね?ヴィクトリア王朝時代を研究したくなりましたわたしも...。
ほんと素敵なストーリーでした。かなり忠実に映画化されてるようですね。ラストのオチは...多分と思ってましたが...良かったです。
UKは日本と同じで海に囲まれたisland...素晴らしい景色がいっぱいあると思います。海側はリヴァプールしか知らないので、又UKに行きたいですぅ!!
Commented by リカ at 2005-12-19 23:52 x
こちらにもお邪魔させていただきます。
私も最初は期待せずに観たのですが、思いのほか気にいってしまった映画です。
ジェレミー・ノーサムの詩人役はハマリ役のように思いました。素敵ですよね。
彼は「エマ」の紳士役もよかったです(こちらではグウィネスとハッピーエンドですけど。。)
Commented by margot2005 at 2005-12-20 02:03
リカさん、ジェレミー・ノーサムは素晴らしい俳優だと思いす。「エマ」のジェレミーも素敵でしたよね。わたしは「金色の嘘」と「理想の結婚」のジェレミーが好きです!機会があればご覧下さいませ。
Commented by 悠雅 at 2006-01-27 00:51 x
こちらにもお邪魔しました。
ジェレミー・ノーザムを観たくて観た『グロリア』は…ま、いいとして。
苦手なグウィネスが、『エマ』の時のように恋人か、と思って諦めようかとした矢先、
ジェニファーが出演と知って、慌てて(?)借りてきたのですが、
見送ってしまわなくてよかったです。
ほんとに、19世紀のふたりが素敵でした。
使っておられる画像、どれも綺麗で甘くて、でも、覚悟を決めたという強い意思もあって、
いつまでも心に残ると思いました。
Commented by margot2005 at 2006-01-27 02:04
悠雅さん!こちらにも来ていただいて嬉しいです!「グロリア」ってシャロンのですか?「グロリア」は1980年のジーナ・ローランズ版を観ていただきたいと思います切に...まあそれは置いといて...。
「抱擁」ほんと素敵な映画でしたね。わたしもおすすめで観たので、おすすめいただいた方に感謝しております。ジェレミーの「金色の嘘」も素敵ですわよ!!
<< 「SAYURI」 ガエル・ガルシア・ベルナル..... >>