「さよなら、さよならハリウッド」

a0051234_1142680.gif
「Hollywood Ending」2002 USA
カンヌ国際映画祭(2002)オープニング作品!

ウディ・アレン・ムービーは映画館で観ることはない...ほとんどビデオかDVDで観て来た。あの軽妙な会話が素晴らしいお気に入りの映画監督である。 NYmanの彼が描く景色もお洒落だし...この映画の中に“成功したらパリに住もう!”と言う台詞がある。

やはりアレンの「世界中がアイ・ラヴ・ユー/1999」では、ゴールデン・ホーン演じるステッフとアラン・アルダ演じるボブ夫婦がクリスマス休暇にパリを訪問するストーリーで、ホテル・リッツ・パリやシャンゼリゼのネオン街、セーヌ湖畔で(寒かっただろうなぁ?)ダンスに興じるシーンもある。アレンもパリが好きなのかな?

主演の監督ヴァル・ワックスマンを演じるのはウディ・アレン。もちろん監督、脚本もアレンである。彼の元妻エリー役はティア・レオーニ「天使のくれた時間/2002」。ヴァルのエージェント アルに「フォー・ザ・ボーイズ/1991」「わかれ道/1994」の監督マーク・ライデル。エリーのフィアンセで、ハリウッドのメジャー映画会社ギャラクシー・ピクチャーズの大物プロデューサー ハル役にトリート・ウイリアムス「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ/1984」。ギャラクシーの重役エドにジョージ・ハミルトン(懐かし過ぎ...)。

ウディ・アレン映画は90%位が台詞でなりたっているように思えるのだが、これもそうで、ヴァルとアル、ヴァルとエリーの会話を中心に、ヴァルが推薦した中国人撮影カメラマン チャンの通訳(バーニー・チェン)との会話、撮影現場に出没するエクスクァイア・マガジーンの記者アンドレア(ジョディー・マーケル)との会話、会話の連続。

オスカーに二度輝いたヴァル・ワックスマン(アレン)、巨匠と呼ばれた時期もあったが、平たく言えば...ただの変人、わがまま人間。今や落ち目で、不本意ながら雪山で脱臭剤のコマーシャルを撮影している。自称シェイクスピア女優でオフ・オフ・ブロードウエイに出ているロリ(デブラ・メッシング)と同居中。彼が雪山から戻ったら、エージェントより脚本が届いていた。それは製作費6000万ドルのハリウッド・メジャー映画“眠りなき街”であり、この映画のプロデューサーは元妻エリー(レオーニ)であった。エリーはフィアンセ ハル(ウイリアムス)に、この作品を監督するのはヴァル以外にいないと断言していた。ヴァルは“エリーと組むのはとんでもないことだ!”と言う。しかしエージェントのアル(ライデル)は“返り咲くには絶好のチャンスだ”とヴァルに言い聞かす。そしていよいよヴァルとエリーの再会の日が来た。NYに集まったのは映画会社重役の、ハル、エド(ハミルトン)、エリー、エージェントのアル、そしてヴァル。案の定、映画製作に関して凝り性のヴァル...ああだ、こうだと注文を付ける。エリーとアルはヴァルの売り込みに必死だが、ハルは後日この映画の監督になる人に連絡すると言って立ち去った。しかし数日後、エージェントのアルより“監督は君だ!ギャラは 50万ドルとヒット収益の10%!”と言う電話が入る。エリーの取り計らいにより、ヴァルの注文である中国人カメラマン カオ・チャンが採用され撮影が始まった。しかしここでトラブル...ヴァルが失明するのである...それはストレス性で一時期的なものだという。困ったエージェント アルが考えついたのは...。

いやアレンの映画ってほんと笑える!!絶妙の会話連発!まあ映画の台詞だからかなりオーヴァーなのは否めないが、観ていて観客をぐいぐい引き込むのはやはり彼の技であろうか!?
映画の中、ハリウッド・セレヴ役ティア・レオーニのパンツ・ルックがスッゴイお洒落!ヴァルの若い恋人ロリは「誘惑のアフロディーテ/1995」のミラ・ソルヴィーノを彷彿とさせる...これもアレンお得意のパロディであろうか...。ウディ・アレンの風貌(とぼけた顔etc.)どうも好きではないのだが、ついつい観てしまう彼の映画...やはり人を引きつけてやまない才能の持ち主であるのかと脱帽する!
この映画は2002年に製作されたようだが、日本で公開されたのは2005 年??状態...やはり観客呼べなきゃダメだものね...偉そうに言うわたし自身もDVDで観ましたが...sorryウディ!
現在DVDになっている。
a0051234_1154663.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-11-24 01:55 | MINI THEATER | Trackback(4) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/2684881
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ミチの雑記帳 at 2006-01-23 00:46
タイトル : 映画「さよなら、さよならハリウッド」
映画「さよなら、さよならハリウッド」 ★★★☆ ストーリー:アカデミー賞に2度も輝きながら、すっかり落ち目になった映画監督のヴァル(ウディ・アレン)は、メジャー大作の監督に抜擢される。しかしクランクインを控えた夜、ヴァルは心因性の失明状態に落ちいってしまう。盲目のまま映画撮影は続行されるが・・・。   ウディ・アレンは御年70歳だそうだが、初めて「アニー・ホール」で見た時と全く印象が変わらないのに驚く。 この作品で演じる映画監督はまるで彼自身の事のようで、自分自身をパロディにしたり、ハリウッドビジ...... more
Tracked from It's a Wonde.. at 2006-01-23 22:01
タイトル : さよなら、さよならハリウッド
とても面白かったです。ウディ・アレンはまだ健在でした! ウディ・アレン作品で、彼が役者として出ている映画って 大袈裟な身振りでべらべらと女性に自己主張を まくしたてる場面が必ず沢山あって、もし 「ウディ・アレン監督・主演作鑑賞耐久オールナイト大会...... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2006-01-23 22:12
タイトル : 【映画】さよなら、さよならハリウッド
"Hollywood Ending" 2002年アメリカ監督)ウディ・アレン出演)ウディ・アレン ティア・レオーニ マーク・ライデル トリート・ウィリアムズ満足度)★★★★★ (満点は★5つです) DVDにて 映画監督ヴァル(ウディ・アレン)がオスカーを、しかも2回も取ったのも今や過去の話、現在はCMフィルムを監督したりして糊口をしのいでいる。そんな彼に、NYを舞台にした大作映画『眠らない街』の監督依頼が来るのだが、それは映画プロデューサーでもある前妻のエリー(ティア・レオーニ)が推薦してくれたお陰だ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-02-27 21:00
タイトル : さよなら、さよならハリウッド
 コチラの「さよなら、さよならハリウッド」は、「マッチポイント」、「タロットカード殺人事件」と本当にハリウッドとさよならしちゃったウディ・アレン監督のいわゆる業界モノ。  ヒロインは、「ディック&ジェーン 復讐は最高」のティア・レオーニ。劇中映画の主演女...... more
Commented by ausliebe at 2005-12-02 22:24
はじめまして~♪
ウディ・アレンで検索して来ました。
う~~ん。この映画はどうなんですかね~。台詞よりも仕草・状況で笑うところが多かったような・・・。(話すうちにキレだすところは最高でしたが)「ブロードウェイと銃弾」が凄すぎたので、同じ業界モノということで期待しすぎたのかも知れません・・・。
個人的には近作だと「メリンダとメリンダ」の方が好きでした。。
Commented by margot2005 at 2005-12-03 02:17
お出でいただきましてありがとうございます!そう仕草、状況も笑いとれましたよねたっぷり!
「ブロードウェイと銃弾」は観たはずなんですが、どうも記憶が薄くってもう一度観るべきかな??
「メリンダとメリンダ」は未見です。
Commented by ミチ at 2006-01-23 00:48 x
こんにちは♪
TBありがとうございます。
>ウディ・アレンの風貌どうも好きではないのだが、ついつい観てしまう彼の映画
同じです(爆)
しかも、大笑いできなくて、ウザイという感想を持ってしまうことも多いのに、必ず見に行っちゃうんですよ。
相性が悪いのかもしれません(笑)
Commented by Ken at 2006-01-23 22:18 x
こんにちは、TBありがとうございました!
ウディ・アレンの風貌、ダメですか(笑)。僕はあの風貌が好きで観にいっているところもあるかも・・・。若い頃のアレンさんの見た目はあまり好きではないのですが、おじいちゃんになってからは何か可愛らしくないですか?
新作の『僕のニューヨークライフ』も観にいったのですが、アレンさんが出てくるだけで幸せな気分になってしまいました・・・。
Commented by margot2005 at 2006-01-23 22:52
ミチさん!コメントありがとうございました!いつもtrackbackだけ送信してしまうわたくしでございます。お許しくださいませ。アレンものは好きですね。あの絶妙の会話、会話、会話、彼の映画を観るたびに字幕なしで全てを理解できれば...とただただ思いますわ。
Commented by margot2005 at 2006-01-23 23:08
Kenさん、またまたtrackbackのみで失礼しました。コメントありがとうございますぅ!アレンさんそうですね、おじいちゃんになってからの方がマシかも?ダイアン・キートンと公私共に一緒だった頃の彼より、今の方が素敵かもですね?「僕のニューヨークライフ」観られたのですね?観に行く予定なんです!楽しみです!
<< ロバート・カーライル大好き!「... 「Jの悲劇」 >>