「ほっ」と。キャンペーン

「Jの悲劇」

a0051234_0415785.jpg「Enduring Love」2004 UK

原作“愛の続き”はブッカー賞作家イアン・マーキュアンの世界的ベストセラー小説。
監督は「ノッテイング・ヒルの恋人/1999」のロジャー・ミッチェル。脚本はジョー・ペンホール。
“悲劇のJ”を演じる二人...ジョー役はnewジェームズ・ボンドのダニエル・クレイグ「ロード・トゥ・パーデッション/2002、シルヴィア/2003」、もう一人のJ・ジェッド役は、やはり「ノッテイング・ヒルの恋人」で印象深いリス・エヴァンス。
ジョーの恋人役クレアにサマンサ・モートン「イン・アメリカ/三つの小さな願いごと/2002」。他に「ラヴ・アクチュアリー/2003」でoyajiシンガー ビルを演じたビル・ナイがジョーの友人ロビン役で出演している。

クレイグは「シルヴィア」の時素敵だなと思った。その前の「ロード・トゥ・パーディション」ではポール・ニューマン演じるやくざの親分の情けないおぼっちゃま役で悲惨だった。
毎度のことだが、特にサスペンスものなので、公式サイトは観なかったが、あのような展開には!!!??であった!!栄えあるブッカー賞(日本の芥川賞のようなものか?)受賞作品とのことだが、心理描写の多いストーリーなので、本で読んだ方が良いかなと感じた。いつものことだが、羊が散歩しているUKの長閑な田園景色が美しい!

恋人クレア(モートン)と素敵な午後を過ごそうと、ロンドンからオックスフォード郊外にやって来た大学教授のジョー(クレイグ)。ジョーとクレアが乾杯しようとシャンペンのボトルを開けようとした、まさにその時、気球が静かな草原に落下してきたのである。その気球には一人の少年が乗っていた。彼は恐怖で気球から飛び降りることが出来ない。少年の乗った気球のバスケットを押さえ込もうとジョーは走った。他にも近くにいた3人の男たちが急いで走り、彼らがバスケットを押さえた瞬間突風が吹き、気球は天へと上昇して行ったのである。バスケットにぶら下がった男たちは上へ上へと...。しかし力尽きた男たちはバスケットから手を離し、自ら草地へと飛び降りた。しかし気がつくとロープに捕まったままの男が一人空高く舞い上がって行くのが見えた。もうどうにもならない、ただ見ているだけの男たち...そして力尽きた気球の男は、ジョー、クレアたちが見守る中落下して行ったのである。

友人ロビン(ナイ)の家で夕食を共にしたジョーとクレア。ジョーはロビンと妻のレイチェル(スーザン・リンチ)に、このとんでもない悲劇について語り、精神的に辛い思いをしていると告白する。気球はその後無事着陸し、少年は無事であった。
ある日男から電話が入る。彼の名前はジェッド(エヴァンス)。オックスフォードの田舎で一緒に気球を助けようとした彼である。ここからが原題の“愛の続き”が始まるのだが、ネタばればれになってしまうので書くのはよそう。

始めにも書いたが、映画のタイトル(原題)も熟知しないで観にいったので、タイトルが出た時に??どういうことになるんだろうストーリーは?と思った。
食事のシーンが多くって、特にクレイグさん、何度も食べるの大変だろうなと思うが、これが実に美味しく食べている。あれも演技なのだ...と関心した。
new007(下写真)のクレイグはナイス・バディである。それで選ばれたのかな?とも思ってしまったが、素敵なボンドになるのではないかと思う。サマンサ・モートンちょっと太ったのかな?いやかなりかも。リス・エヴァンスってストーカーっぽい変な役似合い過ぎなんだが...。ロビン役のビル・ナイが暗くなるストーリーのなかで、あのひょうきんな...良い味出してるこの方!原作読んでみたくなる一作である。
a0051234_219495.jpg

a0051234_043972.jpg

a0051234_21102919.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-11-23 22:52 | UK | Trackback(12) | Comments(13)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/2682771
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 龍眼日記 Longan.. at 2005-11-27 23:06
タイトル : Jの悲劇
ロンドンに住むジョー(ダニエル・クレイグ)とクレア(サマンサ・モートン)が巻き込まれる気球事故。そこからジョーの悲劇的な苦悩が始まる。執拗にジョーにつきまとうジェッド(リス・エヴァンス)とその存在に精神的に追い込まれるジョー・・・2人の「J」。正直言って少々中だるみのある作品だった。しかし、気球事故で始まる前半部分と急転直下のラスト10分は俄然物語に引き込まれる。特に気球事故で唯一亡くなった医師の妻のエピソードは心に残る。この物語の中で数少ない「よかったな」と思えるエピソード。作家で大学教授のジョーを...... more
Tracked from カリスマ映画論 at 2005-11-29 01:09
タイトル : Jの悲劇
【映画的カリスマ指数】★★★★☆ 悲劇は突然やってくる。... more
Tracked from Osaka-cinema.. at 2005-12-05 03:26
タイトル : Jの悲劇~二つの悲劇とみた
邦題が「Jの悲劇」。なかなか良い題名だと思いました。原題をそのままカタカナにする映画が多い中、内容を上手に表しているし、「ザスーラ」も少し邦題を考えてみてはと思いますが。ちなみに原題は「Enduring love」、訳は「永続的な愛、不朽の愛」の意味になりますが、果たして、その内容とは?イギリスはオックスフォード郊外。休日に、大学教授のジョー(ダニエル・クレイグ)と彫刻家のクレア(サマンサ・モートン)は恋人同士で、のんびりとピクニックを楽しもうと、ワインの開けた所、空から気球が降りてきた。その気球には...... more
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2005-12-06 00:51
タイトル : 『Jの悲劇』レビュー/ちょい悪オヤジの可能性
今日は日比谷のシャンテで『Jの悲劇』という映画を観た。あまりどんなストーリーなのかも知らず、タイトルの響きだけで鑑賞を決めてしまったのは、昔から私が、「○○の悲劇」というフレーズに弱いせいだと思う。「J」というのが、主人公・ジョーを指すのか、それともストーカー男・ジェッドを指すのか、最後までわからない。というか、考え方によっては、どちらとも取れる。結末としてはジェッドの悲劇だろうけど、話の展開の中では、明らかにジョーとその彼女の悲劇だし。舞台となったロンドンの街のカットは、夏の旅行を思い出した。ジョー...... more
Tracked from 気まぐれ映画日記 at 2005-12-08 01:32
タイトル : 赤い罪悪感〜「Jの悲劇」
愛の続きいつの間にか『愛の続き』もクレスト・ブックのシリーズから新潮文庫に入っていたようだけど、期待していたイアン・マキューアンのこの小説の映画「Jの悲劇」を漸く日比谷で観てきた。(文庫の写真は映画の一場面です。)大学教授のジョー(ダニエル・クレイグ)は...... more
Tracked from かえるぴょこぴょこ CI.. at 2005-12-17 02:12
タイトル : 『Jの悲劇』
恐怖とスリルにハラドキしつつ、文学的なテーマが魅力的。 総じておもしろかったんだけど、ネタの一つにやや拍子抜け。 大学教授のジョーと彫刻家のクレアはオックスフォード郊外でピクニックをしていた矢先、目の前に気球が落下してきた。 イアン・マキューアンの小説「愛の続き」の映画化。 長編小説を映画化することをあまり肯定できない私だけど、気球のシークエンスの映像でしか表現できないものには魅入った。 本作を観ようと思ったのは、予告で見たその気球映像に惹かれてのこと。 気球はケニアで乗ったの...... more
Tracked from シャーロットの涙 at 2005-12-18 09:33
タイトル : Jの悲劇 Enduring Love
愛は続く。一方的に、執拗に。永遠に・・・INTRODACTION 作家で大学教授のジョー(ダニエル・グレイク…第6代ジェームズ・ボンド役が決定している)と長年の恋人で彫刻家のクレア(サマンサ・モートン)が、草原でピクニックを楽しんでいた所に操縦不可能となった気球が落ちてくる。泣き叫ぶ男の子を乗せ、祖父が必死で止めようとしている。 ジョーは居合わせた男達と気球を引き戻すべくロープを引っ張るが、つかまったまま強風で空中へと舞い上げられてしまう。 ジョーをはじめ、ロープから手を離し地上へと飛び降りる男達。...... more
Tracked from まったりでいこう~ at 2005-12-20 22:01
タイトル : Jの悲劇
Jと聞いてまず思い浮かべたのが元LUNASEAのメンバー(笑)・・・って映画とは全然関係ないですね。 あらすじとあと前宣伝に興味を持ち、観に行ってきました。なんかちょっと暗いというか後味悪い感じでした。一応丸くおさまった形で終わってはいるはのですが、けしてハッピーエンドではなかったように思います。 とある事故が元でたまたまその場だけの知り合いになった男がある日突然電話をかけてきて、それ以来しつこく付きまとうようになる。悪意があるわけではなくただ寂しいだけだろうからと愛想よくしていたらストーカ行為にまで...... more
Tracked from Diarydiary! at 2006-01-23 22:31
タイトル : Jの悲劇
《Jの悲劇》 2004年 イギリス映画- 原題 -ENDURING LOVE あ... more
Tracked from Sweet* Days .. at 2007-03-14 20:16
タイトル : 『Jの悲劇』
Jの悲劇 CAST:ダニエル・クレイグ、サマンサ・モートン、リス・エヴァンス 他 STORY:大学教授のジョー(ダニエル・クレイグ)と婚約者のクレア(サマンサ・モートン)はある日、郊外の草原に出かけた。その時、落ちかける気球を発見したジョーは偶然同じ場所に居合わせた人達数人で救助に当たるが、結局その内一人が命を落としてしまう。その後事故の事で悔やんでいたジョーの元に、その時居合わせていた一人、ジェッド(リス・エヴァンス)が訪ねてくる・・・・ あぁ・・・・後味わりぃ~(*-*) またこ...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-03-13 20:14
タイトル : Jの悲劇
 『愛は続く。 一方的に、執拗に。 永遠に……』  コチラの「Jの悲劇」は、世界的権威のあるイギリスの文学賞であるブッカー賞受賞作家であるイアン・マキューアンによる世界的ベストセラー「愛の続き」を映画化したサイコ・サスペンスです。  監督は、「ノッティン...... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-03-13 20:14
タイトル : Jの悲劇
 『愛は続く。 一方的に、執拗に。 永遠に……』  コチラの「Jの悲劇」は、世界的権威のあるイギリスの文学賞であるブッカー賞受賞作家であるイアン・マキューアンによる世界的ベストセラー「愛の続き」を映画化したサイコ・サスペンスです。  監督は、「ノッティン...... more
Commented by ヵヮィィ☆ブログランキング at 2005-11-23 22:57 x
突然のコメント失礼します。
この度、新規にブログの検索&ランキングサイト立ち上げました。
ブログを拝見させていただき、内容もよく、大変よくできているブログであると感じました。
このブログを【bitz】の「エンタメ」カテゴリにも登録して、
もっと多くの人に読んでもらいませんか?
上位のブログにはトップページから直接リンクされるので、
多くのアクセスとSEO効果が期待できます。
宜しくお願い致します。

ヵヮィィ☆ブログランキング【bitz】
http://bitz.tv/brank/

参加をお待ちしています☆
Commented by マダムS at 2005-11-24 09:41 x
おお・・観ていらしたのね♪
ダニエルさん いかがでした? 写真で見る限りではボンド姿もさまになってますね~! ワタクシが彼をチェックしたのは「トゥーム・レイダー」←いまやブラピの大事な人=アンジェリーちゃんの主演1作目)かな?ん?ちょっとハンサムじゃんと思い、過去作品調べたら私の密かなベスト・ムービー「パワー・オブ・ワン」に嫌なヤツの役で出ておりました。
ひゃ~これってシャンテしかやってないのね関東圏では・・うむむ。
Commented by ラクサナ at 2005-11-24 19:19 x
ひゃ~コレ以前予告観て気になってました。
さすが王妃ご覧になられたんですね!
ダニエル・クレイグ、「ロード・トゥ・・」でも「シルヴィア」でも、今ひとつ華がないな~って思ってましたが・・・案外ボンド役いけるかもしれませんよね?金髪のボンドに期待♪
Commented by margot2005 at 2005-11-24 22:31
はいマダム観て参りました!やはり日比谷でしか上映してないのね?ダニエルさん大学教授役はぴったしでしたわ。ボンド役も楽しみです。UKの websiteではCongratulation new Bond!!...だったか...そのような記事が掲載されてましたわよ。ブラッドの恋人と噂のアンジーの「トゥーム__」未見なんです。あれ系の映画ってあまり好きじゃないので...。「パワー__」は知らないけど、嫌な奴に似合う顔かもダニエル。
Commented by margot2005 at 2005-11-24 22:33
ひゃ〜観てきました!予告に誘われて...。ボンド役で華になって欲しいですわよね。「シルヴィア」はグイネス・ムービーでしたもの。そう初めてのブロンド007てなことですわよね?
Commented by MACHI at 2005-11-26 09:25 x
レディースデイに見ました。よくできた心理的サスペンス。 私もチラシだけで、公式サイトの内容は見ずに鑑賞しました。ジェッドがジョーに付きまとう理由は原作では早い段階にわかるらしいですね。映画とは趣が違うのかも。 ジョー同様、ジェッドの狙いは何なんだと思いながら見てました。 エンドロールが始まって少ししてからも映像があるけど、ん~~怖いですねえ。ジョーのような経験はごめんです。  草原はとっても景観のいい場所なので、あそこでピクニックはしてみたいけど。
クレイグは、脇役でしか見たことなかったけど、こういう主役もできるのねえと思いました。
Commented by margot2005 at 2005-11-27 16:51
レディスーディに映画観れるなんて羨ましいです!水曜日は基本的に仕事休めないので...。映画の場合始めにジェッドの狙いが解ってしまったら面白みが半減するのではないでしょうか??UKでもフランスの田舎でも草原ピクニックしましたが、最高!!!でしたわ。
Commented by sabunori at 2005-11-27 23:11
こんにちは。
TBさせていただきました。
早く観ないと終わっちゃう〜!と慌てて観てきました。
ダニエル・クレイグ、いいですねぇ♡
久しぶりにステキ!と思う男優さんに出会いました。
007・・・俄然楽しみになりました。
Commented by margot2005 at 2005-11-27 23:58
sabunoriさん観てらしたのね!new007素敵でしたでしょ!わたしもtrackbackさせていただきました。グイネス・ムーヴィーですが「シルヴィア」ご覧でなければ是非!「シルヴィア」の映画の景色も美しいですわよ。時代設定も古くてお洒落です!
Commented by chatelaine at 2005-12-06 00:54
はじめまして。TBさせていただきました。
オックスフォードの牧歌的な風景に、真っ赤な気球のコントラストがよかったですね。
ブログのカテゴリがなんとも興味深く、またお邪魔させていただきますね♪
Commented by margot2005 at 2005-12-06 21:02
ようこそお越しくださいました。カテゴリーに興味を持っていただいたなんて嬉しい次第です。まだまだ模索中でございます。オックスフォードの田舎は未見です。羊がいっぱいの湖水地方の風景はとても素晴らしかったです!オックスフォードはそのうち行きたいと思っています。trackbackありがとうございました。わたしの方からもtrackbackさせてくださいませ。又おこしくださいな。わたしもお伺いしたいと思います。
Commented by charlotte at 2005-12-18 09:38 x
こんにちは。
もうすぐ上映が終わってしまいそうなので見に行ってまいりました。こういう上質な単館系こそ早く終わってしまうのはもったいないなといつも思います。
確かに食べるシーンばかりでしたわ!しかもおいしそうに食べますよね。
食べてるものは私達も食べるようなものなのに、なぜかお洒落に見えてしまいます(苦笑)・・・そんなヨーロッパの映画は現実逃避したい私にはうってつけの映画です。映像が良かったです。
Commented by margot2005 at 2005-12-19 00:28
シャンテは今週末からギアさまとジュリエットの「綴り字のシーズン」とケヴィン&コリンの「秘密のかけら」の上映ですね。コリン・ファースは外せませんので是非観たいです。ヨーロッパものはホント映像が素敵でハマってしまいます。上質な映画も、お客を呼べないと上映期間が短かいので、最近は後悔しないよう早くに観に行くようになりました。
<< 「さよなら、さよならハリウッド」 「やさしい嘘」 >>