「ヴェニスの商人」

a0051234_196947.jpg
「The Merchant of Venice 」2004 USA/イタリア/ルクセンブルグ/UK

監督は「イル・ポステーノ/1994」のマイケル・ラドフォード。
余りにも有名なウイリアム・シェイクスピアの戯曲であるが、なぜか?英語圏で長い間映画化されなかったらしい。
「ハムレット」や「ロミオとジュリエット」は何度も映画化されているというのに??なぜに??
原作は戯曲であるため、映画の中でも、舞台で語るように俳優が演技しているのが素晴らしい!
アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズと役者揃いの中、ジョゼフ・ファインズが光っている。
この方恋する男を演じたら右に出る者はいないかと...彼のあの目が(パピー・ドッグの訴えるようなまなざしって感じも否めないが...)実に語るのである。この映画もジョゼフ狙いで観に行ったようなものだ...濃い系大好きなので...

主演の金貸しシャイロックにアル・パチーノ、富豪の女相続人ポーシャにテキサス出身の新星リン・コリンズ。リンは「エリザベス/1998」のケイト・ブランシェットを彷彿とさせる感じで古典にぴったり。賛否両論かどうか知らないが、私的には素敵なポーシャ役のリンである。
そしてシャイロックから3000ダカットを借りるはめになるアントーニオ役はジェレミー・アイアンズ「ダメージ/1992、永遠のマリア・カラス/2002」。
アントーニオの親友バッサーニオにジョゼフ・ファインズ「恋するシェークスピア/1998、キリングミー・ソフトリー/2002」。

16世紀のベニス、ユダヤ人たちはゲットーに隔離され、出かける時はユダヤ人と解るよう赤い帽子をかぶって出かけることが義務づけられていた。金貸し業を営むユダヤ人のシャイロック。ある日街中で貿易商アントーニオと出会う。挨拶をするシャイロックにつばを吐きかけ立ち去るアントーニオ...ここでシャイロックは恨み骨髄状態になるのか?アントーニオの親友である若きバッサーニオは、ポーシャに求婚するため、アントーニオに借金を申し込む。このあたりの映画の中での展開を思い返すと、バッサーニオの寝室での二人の会話、“My love!"とか言って二人は抱き合い、キスを交わす...この辺が新解釈なのであろうか?話はそれたが...愛するバッサーニオの頼みを断れるはずもなく、とりあえずキャッシュのないアントーニオはシャイロックにお金を借りるようバッサーニオに促す。

この映画の場合、余りにも有名なストーリーなのでネタばれも不問だと思うので、ここに続きを書く。ポーシャを無事妻にし、幸せの絶頂にいるバッサーニオは、アントーニオの手紙を受け取り呆然とする。アントーニオの所有する船が嵐に見舞われ、すべてが難破した。積み荷は海の藻くずと消え、彼は破産したのだった。3000ダカットの借金を3ヶ月以内に返済しない場合、シャイロックはアントーニオの肉1ポンドをいただくと言う条件を出していた。ラスト近く、裁判の場面で、ポーシャが男装役で登場する...今で言う弁護士か検事である、いわゆる法律に長けた博士役。「恋するシェイクスピア」でもグイネス・パルトロウ演じる男装のロミオが登場したが、リンは素晴らしい!結構男になりきっている。

このラストが見せ場で、シャイロックがアントーニオの胸にナイフを突き刺そうというその時、ポーシャが“ちょいと待てユダヤ人!”の台詞を放つ、その後“肉1ポンドきっかり!多くても、少なくてもダメだ!そして1滴の血を流してもならない!”の台詞。この物語はこれにつきるのである。ここでシャイロックは己の頑固さに愕然とする。血をたらさないで肉を切り刻むことが出来ようか?シャイロックは裁判に負けたのである。哀れなシャイロックに誰も同情しないが、パチーノが演じていると、なぜかシャイロック可哀想すぎ...と感じてしまう。パチーノさんどうも憎めないのである。

ポーシャがバッサーニオに送った指輪の話や、婚約者選びに、金、銀、鉛の箱を並べ、選ばせるという場面も登場する。この物語を読んだのは相当前なので細かい筋は憶えてないが、シャイロックの娘ジェシカについては記憶にない...新解釈なのか?とにかく映画は臨場感のある素晴らしいドラマ(劇)に仕上がっていて見応えがある。

ヴェニスでロケしたという映画の景色は素晴らしい!昨年の夏にシャークスピアの故郷ストラットフォード・アポン・エイヴォンを旅した際、街中にシェイクスピア劇場があってシェイクスピアものを上演していたのを思い出した。
この映画も「理想の女/2004」もルクセンブルグが参加しているが人件費安いのかな?とふと思った。
新宿のテアトル・タイムズ・スクエアの12f.HMV前の広場(狭いが...)に下写真のシャイロック、ポーシャ、バッサーニオ、それぞれの衣装が飾ってある。
a0051234_19202613.jpg
a0051234_22505539.jpg

[PR]
by margot2005 | 2005-11-08 21:43 | USA | Trackback(18) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/2532145
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from Brilliant Da.. at 2005-11-09 10:26
タイトル : 『ヴェニスの商人』
「ヴェニスの商人」 原作 ウィリアム・シェイクスピア 監督・脚本:マイケル・ラドフォード 出演:アル・パチーノ/ジェレミー・アイアンズ/ジョセフ・ファインズ/リン・コリンズ 2004年 アメリカ・イタリア・ルクセンブルグ・イギリス 初めての映画化だったんですね~ ..... more
Tracked from 多趣味ですがなにか問題でも? at 2005-11-09 13:08
タイトル : 多種多様の愛憎悲喜劇 『ヴェニスの商人』
どうしても観たかった「ヴェニスの商人」を観ました。 アル・パチーノ主演映画は久し... more
Tracked from Welcome aboa.. at 2005-11-10 20:02
タイトル : ヴェニスの商人
シェイクスピアの最高傑作にしてサイレント映画以外では、初の映画化だとか・・・ ん~~~~やりましたアル・パチーノ! 自ら製作・初監督・脚本・主演したドキュメンタリー『リチャードを探して』で、 難解とされるシェイクスピアのリチャード三世役と格闘する様を描いてから..... more
Tracked from soramove at 2005-11-13 19:45
タイトル : 「ヴェニスの商人」古典の初映画化
「ヴェニスの商人」★★★ アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ出演 2004年/アメリカ・イタリア・ルクセンブルグ・イギリス合作/130分 ヴェニスが舞台 ここは何百年と 時が止まったような街 ここにシェイクスピアの描いた 中世の...... more
Tracked from セルロイドの英雄 at 2005-11-24 21:36
タイトル : 【映画】ヴェニスの商人
"The Merchant of Venice" 2004年アメリカ/イタリア/ルクセンブルグ/イギリス監督)マイケル・ラドフォード出演)アル・パチーノ ジェレミー・アイアンズ ジョセフ・ファインズ リン・コリンズ満足度)★☆ (満点は★5つです)シネプレックス幕張にて 16世紀末のヴェニス。ポーシャ(リン・コリンズ)に求婚する為にまとまった金が必要になった没落貴族ヴァッサーニオ(ジョセフ・ファインズ)は、親友である商人アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)に借金を頼む。しかし、所有する商船が帰港する...... more
Tracked from 日っ歩~美味しいもの、映.. at 2005-11-29 23:02
タイトル : ヴェニスの商人
言わずと知れたシェークスピアの「ヴェニスの商人」を映画化した作品です。ストーリーは、原作をなぞって進んでいきますが、当時、いかにユダヤ人が不当に差別される存在であったかが丁寧に描かれています。アントーニオたちに受けた数々の侮辱に傷つくシャイロックの姿が描か... more
Tracked from 西欧かぶれのエンタメ日記 at 2005-12-06 00:57
タイトル : 『ヴェニスの商人』レビュー/もはや喜劇ではなく
先に原作を読んで、観にいきたい気持をこらえて数週間。ようやく観られた『ヴェニスの商人』。それにしても、なんで都内で一館しかやっていないんだろう…アル・パチーノですよ?シェイクスピアですよ?一館だけだと、時間を合わせるのが大変なんだってば。と、グチグチ言いながらも、ヴェネツィアで撮影された映像と、アル・パチーノがあのシャイロックをどう演じるのかを楽しみにしながら、テアトルタイムズスクエアに足を運んだ。だってまぁ、ストーリーは知っているわけだしね…見所といえば、シャイロックでしょう。(友人はバッサーニオの...... more
Tracked from 映画通の部屋 at 2006-01-15 21:07
タイトル : 「ヴェニスの商人」
「ヴェニスの商人」THE MERCHANT OF VENICE / 製作:200... more
Tracked from ヒューマン=ブラック・ボ.. at 2006-03-08 19:05
タイトル : 映画のご紹介(102) ヴェニスの商人
ヒューマン=ブラック・ボックス -映画のご紹介(102) ヴェニスの商人-これほどまでにシャイロックは 蔑まれなければならなかったのか。 シェークスピアの「ベニスの商人」といえば、ほとんどの人が知ってるのではないだろうか。 ...... more
Tracked from *Sweet Days*.. at 2006-07-01 00:13
タイトル : 『ヴェニスの商人』
ヴェニスの商人 CAST:アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ 他 16世紀、ヴェニスの貿易商アントーニオ(ジェレミー・アイアンズ)は友人バッサーニオ(ジョセフ・ファインズ)が大富豪に求婚するための資金を得るため、ユダヤ人の高利貸シャイロック(アル・パチーノ)から金を借りる。しかしシャイロックはその担保としてアントーニオの身体の肉1ポンドを要求した…。 シェイクスピア作の有名なお話。タイトルだけは耳にしたことはあっても、中身は全く知りませんでした。 久々で...... more
Tracked from 茸茶の想い ∞ ~祇園精.. at 2006-10-13 02:40
タイトル : 映画『ヴェニスの商人』
原題:The Merchant of Venice 16世紀末ヴェニス、金の箱、銀の箱、鉛の箱、あなたはどの箱を選びますか、人肉裁判に友情、愛と信頼、復讐と偏見、シェイクスピアの傑作の映画化・・ バッサーニオ(ジョゼフ・ファインズ)は放蕩の末に借金まみれ、一打逆転満塁ホームラン... more
Tracked from 映画を観よう at 2007-02-03 20:43
タイトル : ヴェニスの商人
ヴェニスの商人 ¥3,420 THE MERCHANT OF VENICE アメリカ/イタリア/ルクセンブルグ/イギリス 2004年 アル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズ、リン・コリンズ、ズレイカ・ロビンソン、クリス・マーシャル、チャーリー・コックス、マ... more
Tracked from この広い空のどこかで今日.. at 2007-04-27 07:16
タイトル : '30~40年代は才能のレベルが違う!
いったん駆け落ちを仕組むモンティが、相続も何も投げ打って今すぐにと、倍して積極的となるオリヴィアに心胆寒々と退いていく若き野心の挫折――しばらく見ていなかったような新鮮な心理劇の展開に、またまた舌を巻く想いで見入った。ワイラーまた恐るべし。... more
Tracked from コンビネーションアフィリ.. at 2007-05-16 20:20
タイトル : 電撃林塾
たった2週間で作ったサイトが、これから先、ずっと稼ぎ続けてくれるなら・・・ ... more
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2007-10-31 22:53
タイトル : ヴェニスの商人
 『心に宿して美しいのは、 憎しみよりやさしい愛。』  コチラの「ヴェニスの商人」は、ウィリアム・シェイクスピアの喜劇用の戯曲をマイケル・ラドフォード監督が、アル・パチーノ主演で映画化した重厚なヒューマン・ドラマです。  元々は喜劇、しかも勧善懲悪モノ....... more
Tracked from cinema!cinem.. at 2008-02-21 02:00
タイトル : 『ヴェニスの商人』
ヴェニスの商人(DVD)◆20%OFF!シェークスピア原作の「ヴェニスの商人」をアル・パチーノ主演で映画化。脇にもジェレミー・アイアンズ、ジョゼフ・ファインズらを配した豪華キャスト。映像の叙情性が美しくはあるんだけれど、イマイチ感情移入を許さない作りになっている...... more
Tracked from おきらく楽天 映画生活 at 2008-02-21 23:38
タイトル : 『ヴェニスの商人』を観たぞ〜!
『ヴェニスの商人』を観ました『イル・ポスティーノ』のマイケル・ラドフォード監督がアル・パチーノ、ジェレミー・アイアンズ、ジョセフ・ファインズという実力派キャストを揃えシェイクスピアの人気戯曲『ヴェニスの商人』映画化です>>『ヴェニスの商人』関連原題:THEM...... more
Tracked from 映鍵(ei_ken) at 2010-10-28 18:12
タイトル : ヴェニスの商人
「肉はいいけど血はダメ」って、一休さんのとんちみたいな裁判でしたね。「ユダヤ人迫害のためには手段を選ばない」というキリスト原理主義象徴のための演出なんでしょうけど…。... more
Commented by margot2005 at 2005-11-09 23:27
多趣味ですがなにか問題でも?さま!わたくしも多趣味です。trackback有り難うございました。始めたばかりでtrackbackに苦しんでおります。お恥ずかしい__。わたくしもどうしても観たかったですこの映画!
Commented by ラクサナ at 2005-11-10 20:09 x
ひゃひゃ、↑このジョセフはなかなか素敵!
でもなんかこのヅラ似合わない気がしました~w!ってか本毛?(^^;
それにしても、さすがパチーノ!って感じのシャイロックでしたね。
ラストの娘の指に輝く指輪、切なくもちょっと癒された気がしました。
Commented by ラクサナ at 2005-11-11 20:59 x
トラバ有難うございました~♪
コチラもどんどん王妃の記事にトラバさせて頂きたく、ヨーロッパ映画鑑賞に勤しみたいと思います。^^
マダム、ジョセフやはり地毛でしたか!?(^^;
ジョセフというと『レオポルド・ブルームへの手紙』は、いつになったら
DVD出るんでしょうね~?

Commented by margot2005 at 2005-11-12 21:24
ヨーロッパ映画どんどん鑑賞してくださいませ!ハリウッドものも観るけど
やはりヨーロッパものはいいなぁ!
「レオポルド・ブルームの手紙」って?知らない__。kanashii...
Commented by Ken at 2005-11-24 22:02 x
TBありがとうございます!
うーむ、この映画、僕かなりダメだったんです・・・。
「いや、シャイロック、全然悪くないじゃん」って思ってしまって、そこからはみんなが寄ってたかってシャイロックを苛めているようにしか見えなかった。また、アル・パチーノが迫真の苛められ演技なものだから、さらにイライラと・・・。
ロケーションは雰囲気があって良かったんですけどね。
Commented by margot2005 at 2005-11-24 22:53
Kenさんこちらこそtrackbackありがとうございました。ダメでしたか?確かになぜにシャイロックばっかり悪いの?と感じますよね。しかし原作がUK人のシェイクスピアなのですからどうしようもないですね?わたしもパチーノが憎めなくて困りました。イタリア...ベニス...良かったですね!行
きたいです!!
<< 「ドリーマーズ」 「みんな誰かの愛しい人」 >>