「ブリジット」

a0051234_23561816.jpg
「Bridget」2002 フランス/日本

主演のアンナ・トムソン(アンナ・レヴィン)はアメリカンで、監督&脚本はイスラエル出身のアモス・コレック。この作品、波瀾万丈の人生を送ったアンナ・トムソンを元に描いたそうで、映画のヒロイン/ブリジットは実際のトムソンの姿ではないらしいが(あれじゃ...すごすぎ!)姿を変えて脚本を書いたと言う。映画の舞台はニューヨーク。トムソンはひょっとして?フランス人(いやもしくはヨーロパ人?)かと想像していたが、アメリカ/ニューヨーク生まれである。2005年3月に、この映画の宣伝でトムソンは来日したらしく、DVDの特典映像に、東京でのインタビューが収録されている。

映画のストーリーはかなりハチャメチャだ。映画でなきゃこんなこと起きないの連続。家でDVD観る際、結構途中で一時停止するのだが、これは一気に観た!いや途中でストップしたくなかった。犯罪に巻き込まれた上、夫は殺害され、おまけに一人息子クラレンスまで奪われて、絶望的な生活を送るブリジット。愛する息子クラレンスを我が胸に取り戻し、一緒に暮らすためブリジットはリヴェンジに立ち上がる。ブリジットが出会う人物が絶妙である。レスビアンや、知的障害のある男や、ベトナム帰りの老人とか...配役がにぎやかで(波瀾万丈の人生を描くのだから当然だが...)楽しめる。ブリジットも、ある時は麻薬の売人としてベイルートへ飛んだり(このシーンにはちと参った...国境はそう簡単には越えられないだろが??)、夜になると、いかがわしいポルノショップで働いたりと見せ場はたっぷり。トムソンは元モデルだったらしく、ナイス・バディにピンヒールの靴で闊歩する様は滅茶かっこ良い!ミニシアター系おすすめDVDである!

トムソン1955年生まれなので、この作品撮影時は50才に近かったようだが、元モデルだけあってほんとナイス・バディである(nudeのシーンはちと年齢感じてまずいが...)。1980年から端役でアメリカ映画に多々出演しているが、ブレイクせず。やはりアモス・コレックが監督した「スー/1997」「フィオナ/1998」の二作をフランス映画界が絶賛したらしい。二本とも観てない...いや観たい是非!映画の中での息子クラレンス役はトムソンの実生活の息子ヒューゴである。
[PR]
by margot2005 | 2005-10-31 00:06 | フランス | Trackback(1) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/2442547
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from ☆彡映画鑑賞日記☆彡 at 2008-04-18 21:59
タイトル : ブリジット
 『ポケットにピストル、 唇にルージュ。 ピンヒールに女のプライド、 そして心に愛――。 This is my life.』  コチラの「ブリジット」は、たった3分で頂上からどん底に落ちたブリジット(アンナ・トムソン)の波瀾万丈な人生を描いたヒューマン・ドラマです。  ...... more
Commented by ラクサナ at 2005-10-31 22:27 x
ひゃ~コレコレ、レンタル屋で何度か手にはしていたのですが・・
そうなんですか、アンナ・トムソン主演なんですね、知らなかった。この監督とのコンビ作で、以前『ファストフード・ファストウーマン』観ましたが良かったですよ~!『スー』と『フィオナ』はビデオ等もコチラじゃ出てないんじゃないでしょうか。あとアンナさんというと、オゾン監督の、あの『焼け石に水』ですよね。凄い役どころ。55年生まれなんですね~ちょいと驚きです。王妃さまの感想読めて良かった!『ブリジット』レンタルしてきますね~!(嬉)
Commented by margot2005 at 2005-11-02 01:53
ラクサナさま!是非ごらんくださいませ!ヒロイン、アメリカンなのになぜに?フランスで?と思いますが。映画はヴァイオレンス&nudeでもっておフランス人好みとなってます。『ファストフード・ファストウーマン』も観て
ないし、アンナさん知らなかったのですよtohoho__。『スー』と『フィオナ』はビデオ等はまず見つからないでしょうね。wowowに期待しましょ!
Commented by ラクサナ at 2005-11-07 22:35 x
うひゃ~~ん、観ました~~!!!
まぁのっけからタマゲマシタです!(^^;
ん~もう本当に女優魂全開ですよね~。
アンナ・トムソンの!映画!
ホント、彼女なんともいえない不思議ともいえる魅力の持ち主ですね。
見ようによっては若くも老いても見えて、あのスタイルと豊満なお胸!
なんかお洋服やお帽子も殆ど自前だったとか・・・
王妃がおっしゃるおフランスで人気があるってのも納得です。
ありえね~っと叫ぶも、本当に見応えありました!
どういう経緯でフランスと日本が合作したのか興味津々。^^
Commented by margot2005 at 2005-11-08 21:46
観ましたのね。良かったでしょ!日本がお金出したのは、どういうことからでしょうね?でも、だから今年の春に日本で上映したんですわ。自前なのですか洋服とか__お洒落でしたね。でも羨ましい!あのボデイ!
<< 「みんな誰かの愛しい人」 「ドア・イン・ザ・フロア」 >>