「メッセージ」

Arrival」2016 USA

a0051234_23514557.jpg

ある日、宇宙からやって来た巨大な楕円形の飛行体が地球の12ヵ所に現れる。攻撃もせずただ上空にふんわりと浮かんだまま動かない。目的は?何のために地球にやって来た?やがて世界中に動揺と不安が広がリ始める。

言語学者ルイーズ・バンクスは一人娘ハンナを亡くした孤独な女性。ある夜、訪ねて来たアメリカ軍のウェバー大佐に言語学者として米政府の仕事をして欲しいと頼まれる。基地に到着すると、同じく依頼を受けてやって来た理論物理学者のイアンを紹介される…


ルイーズ・バンクスに「ビッグ・アイズ/2014」エイミー・アダムス。

イアン・ドネリーに「ジェシー・ジェームズの暗殺/2007」「ハート・ロッカー/2008」「ザ・タウン/2010」「アメリカン・ハッスル/2013」「エヴァの告白/2013」「ヘンゼル&グレーテル/2013」のジェレミー・レナー。

ウェバー大佐に「バンテージ・ポイント/2008」「大統領の執事の涙/2013」「96時間/レクイエム/2014」フォレスト・ウィテカー。

ハルペーンに「完全なるチェックメイト/2015」「スティーブ・ジョブズ/2015」「トランボ ハリウッドに最も嫌われた男/2015」「ドクター・ストレンジ/2016」マイケル・スタールバーグ。

マークス大尉にマーク・オブライエン。

シャン上将に「チェーン・リアクション/1996」「ラッシュアワー/1998」のツィ・マー。

監督は「複製された男/2013」「ボーダーライン/2015」ドゥニ・ヴィルヌーヴ。

原作はテッド・チャンの「あなたの人生の物語」。


広大な農地に霧が立ちこめる中、巨大なフットボールが姿を見せる。それは地球にやって来た飛行体で良く見ると丸くはなく平べったい殻のような形をしている。

あのシーンは素晴らしく美しくてうなりそうだった。密かにおぉ!って言ったかも知れない。

本作を見たのはwowowで放送しているハリウッドの最新映画情報番組で何度も紹介されていたから。映像の美しさにこれはシアターで見る映画とインプットした。アカデミー作品賞にも、監督賞にもノミネートされていたし


今迄とはちょっと違ったテイストの宇宙映画はとても見応えがあった。元々UFO映画好きだし。原作のタイトルが「あなたの人生の物語」と知ってますます普通のUFOものではないと思ったし、世界各地に現れた飛行体の数が12個とは何かとても宗教的雰囲気。異星人が7本足で吐き出す墨のようなモノを使って、”書”のような絵(文字)を書き出す様もタコの墨で描いているように見えて面白い。


ルイーズとイアンは自分たちの名前を告げた後、ツインの異星人にお笑いコンビ”アボットとコステロ”と命名しコンタクトを始める。その様はとても興味深かった。

そしてこんなに美しい宇宙映画は初めて見た。

前から読んでも後ろから読んでも同じアルファベットが並ぶルイーズの娘ハンナ(Hannah)の名前はドラマの展開と重なって素敵だ。

主演のエイミー・アダムスが好演している。


ドゥニ・ヴィルヌーヴは作品ごとに違った世界を描く多彩な監督。「灼熱の魂/2010」は初めて見たヴィルヌーヴ映画で素晴らしかった。その後全く違ったジャンルの「プリズナーズ/2013」の後も複製された男」「ボーダーライン」と続き今回はSF。次作「ブレードランナー 2049/2017」の公開も楽しみとなった。


ちょっとネタバレ…


ルイーズと娘のエピソードはオープニングに描かれる。

ドラマが進む中、ルイーズの頭の中で何度も何度もハンナの映像がフラッシュバックしていたように見えたが、あれは過去ではなく未来に起こることだったわけ。そして大ラスでルイーズとイアンの未来が映し出され納得する。


allcinemaで映画「メッセージ」を検索したらロマン・デュリスが人の死期が分かる主人公を演じる「メッセージ そして、愛が残る/2008」のタイトルも...人の死期が分かる自分の未来がわかるの差はあるが何か共通のイメージを感じる。


TOHOシネマズ日本橋にて



[PR]
by margot2005 | 2017-05-25 00:10 | USA | Trackback(3) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23907765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2017-05-25 20:37
タイトル : メッセージ
評価:★★★★☆【4.5点】(11)(11) 宙に浮かぶ謎の物体と朝靄のコントラストが美しすぎる。 ... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2017-05-26 13:14
タイトル : メッセージ
エイミー・アダムス主演、地球にやってきた異星人とのコンタクトを描いたSFドラマ。テッド・チャンの短編小説「あなたの人生の物語」を「ボーダーライン」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が映画化。ジェレミー・レナ―、フォレスト・ウィテカーが共演しています。 メッセージ(Arrival) ある日突然、地球の各地に正体不明の飛行物体が現れます。地球外からやってきた知的生命体の目的は何か。異星人との意思疎通を図るため、言語学者のルイーズ(エイミー・アダムス)が抜擢されますが...。 SF映画が苦手なので、本作...... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ ~ .. at 2017-06-11 08:09
タイトル : 映画:メッセージ Arrival 21世紀版、エイリアン..
まずオープニングで舌を巻く。 ほんの数分で主人公の職業・経歴・経験値だけでなく、心の状態までもが露わにされる。 ほぼ平行して直ちに事件が発生、鑑賞者もその危機的状態に叩き込まれる! この手腕、なかなかに流石。 それもそのはず! 周回遅れDVD鑑賞なのに去年のベスト10入り「ボーダーライン」 ドゥニ・ヴィルヌーヴ監督(「灼熱の魂」「プリズナーズ」)の成長・充実ぶりに感心。 特に「ボーダーライン」での映像 + 気味悪い音楽・音響は特筆すべき出来だった。 その彼が SF...... more
Commented by ituka at 2017-05-25 20:48 x
突如現れた巨大宇宙船とグリーンの背景に流れる靄の様なモノが綺麗でした。
あれ見て最初に思ったのが『アクトレス』のマローヤのヘビ(笑)
ドゥニ監督もこんなに素敵なSFを撮るなんて、どれだけ才能があるんだ?でしたよ。
今や、クリストファー・ノーランとドゥニ・ビルヌーブの両氏から目が離せません。
Commented by margot2005 at 2017-05-25 23:18
> itukaさん
こんばんは。
グリーンの背景に浮かぶ宇宙船はため息でるくらい綺麗でした。
>『アクトレス』のマローヤのヘビですか???
ドゥニ監督はどんなジャンルもOKな類いまれなる監督ですよね。
二人ともヨーロッパのテイストです。
そして「ダンケルク」&「ブレードランナー 2049」の公開楽しみ!
Commented by セレンディピティ at 2017-05-26 13:14 x
こんにちは。
本作、少々不満なところもありましたが
時間の解釈など、なかなか斬新で興味深かったです。
ルイーズとイアンは劇中ひょっとして?と思ったので
あのラストにも納得でした。^^
ブレードランナーも楽しみですね。
Commented by margot2005 at 2017-05-26 23:35
> セレンディピティさん
こんばんは。
>ルイーズとイアンは劇中ひょっとして?
私もしばし思いました。でもあの未来はなんとかならなかったのでしょうか?
ちょっと悲しいです。
ドゥニ・ヴィルヌーヴの次作楽しみですね。
過去の「ブレードランナー」のハリソン・フォード素敵だったのを思い出します。
<< 「パーソナル・ショッパー」 「スウィート17モンスター」 >>