「カフェ・ソサエティ」

Café Society 2016 USA

a0051234_23143792.jpg
a0051234_23142824.jpg

1930年代のハリウッド。ある日、業界の大物エージェントのフィルはニューヨークに住む姉ローズからの電話を受け、次男のボビーがハリウッドで働きたいと言っているので面倒をみてやってくれないかと頼まれる。ハリウッドにやって来たボビーは叔父のフィルから秘書のヴォニーを紹介され一目惚れしてしまう...


ローズに「いちご白書/1970」のジーニー・バーリン。

フィルに「リトル・ミス・サンシャイン/2008」「ゲットスマート/2008」「フォックスキャッチャー/2014「マネー・ショート 華麗なる大逆転/2015」のスティーヴ・カレル。

ボビーに「ハンティング・パーティ/2007」「ソーシャル・ネットワーク/2010」「ローマでアモーレ/2012」「エージェント・ウルトラ/2015」のジェシー・アイゼンバーグ。

ヴェロニカに「ニューヨーク、アイラヴユー/2008」「50歳の恋愛白書/2009」「ザ・タウン/2010」「野蛮なやつら/SAVAGES/2012」「アデライン、100年目の恋/2015」「ロスト・バケーション/2016」のブレイク・ライヴリー。

ヴェロニカ(ヴォニー)に「イン・トゥ・ザ・ワイルド/2007」「ニュームーン/トワイライト・サーガ/2009」「オン・ザ・ロード/2012」「アリスのままで/2014」「アクトレス ~女たちの舞台~/2014」クリステン・スチュワート。

ラッド「スーパーマン・リターンズ/2006」「ブロークン・イングリッシュ/2007」「グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札/2014」「教授のおかしな妄想殺人/2015」パーカー・ポージー。

ベンに「ミッドナイト・イン・パリ/2011」「グッド・ライ~いちばん優しい嘘~/2014」「ブラック・スキャンダル/2015」「ダーク・プレイス/2015」コリー・ストール。

マーティに「ホビット シリーズ/20122014「ワン・デイ 23年のラブストーリー/2011」のケン・ストット。

監督、脚本は「教授のおかしな妄想殺人/2015」ウディ・アレン。


ハリウッドの街を案内してくれたヴォニーにすっかり心奪われたボビーは恋心を打ち明けるが残念なことに彼女には恋人がいた。謎の恋人の存在は気になるがヴォニーを忘れることもできない。しかし紆余曲折の末ヴォニーと別れたボビーはニューヨークへ戻ってくる。ギャングの兄ベンが経営するナイトクラブで働き始めたボビーはやがて支配人となりクラブは大反響を呼ぶ。そんな折、ヴェロニカという名前の美しい女性と出会い恋に落ちる。


ヴォニーはヴェロニカのニックネーム。美しい二人のヴェロニカの間を彷徨うモテモテのボビー。あの切ないラストの続きは?


「教授のおかしな妄想殺人」が全く面白くなかったので期待しないで見に行ったところ中々面白くて大満足。単なる恋愛映画で終わらないところがウディ・アレン流。

ユダヤ人、ギャング、殺し屋、ジャズ、そしてハリウッドとNYのナイトクラブなんて正にウディ・アレンの世界!で、映画を楽しむことができた。


30年代のハリウッド・セレヴのゴージャスな邸宅や衣装を見ているだけでも楽しめる。

ヴォニーのフェミニンと言うのか、ガーリーっぽいファッションがとても素敵。クリステン・スチュワートが上手く着こなして似合っている。そしてブレイク・ライヴリーにはゴージャスなシャネルが似合う。

時折ヘブライ語でぶつくさ言うユダヤ人一家のママ、ローズと、ギャングのベンの存在が何となくアレン映画を盛り上げているような気がした。


TOHOシネマズ みゆき座にて



[PR]
by margot2005 | 2017-05-11 00:02 | USA | Trackback(4) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23873695
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2017-05-11 21:03
タイトル : カフェ・ソサエティ
評価:★★★☆【3.5点】(11) ウディ・アレンにしてはシニカル要素が影を潜め... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2017-05-13 18:18
タイトル : 『カフェ・ソサエティ(Cafe Society)』ウディ..
注・内容、台詞に触れています。『カフェ・ソサエティ』CAFE SOCIETY 監督 : ウディ・アレン出演 : ジェシー・アイゼンバーグクリステン・スチュワートスティーヴ・カレルブレイク・ライブリー、... more
Tracked from 映画好きパパの鑑賞日記 at 2017-05-20 07:14
タイトル : カフェ・ソサエティ
 ウディ・アレンのシニカルなラブコメディ。軽妙洒脱だけど、だから何という気持ちも。まあ、この手の映画でいうのは野暮というものでしょうけど。  作品情報 2016年アメリカ映画 監督:ウディ・アレン 出演:ジェシー・アイゼンバーグ、クリステン・スチュワート、…... more
Tracked from 象のロケット at 2017-05-22 08:38
タイトル : カフェ・ソサエティ
1930年代、アメリカ。 ニューヨーク・ブロンクス育ちのユダヤ人青年ボビーは、映画業界のエージェントとして成功した叔父フィルを頼りハリウッドへやって来た。 叔父の雑用係となった彼は、叔父の秘書をしている茶髪の女性ヴォニーことヴェロニカに恋をする…。 その後、故郷ブロンクスに舞い戻ったボビーは、ギャングの兄ベンが経営するナイトクラブのマネージャーとして活躍するように。 ある日彼は、顧客からヴォニーと同じ名を持つ金髪の女性ヴェロニカを紹介される…。 ラブ・ストーリー。... more
Commented by 3740s at 2017-05-11 14:41
こんにちは
大胆なポスターに

関心が入ってしまいました。
ゴメンナサイね。
Commented by ituka at 2017-05-11 21:15 x
スタジオ・エージェントとの不倫やら
身内にギャングが居たりして単なるロマンス映画でないのがよかったです。
1930年代のハリウッド映画業界の裏側をもっと描いてほしい部分もありますが
聞いたことのあるグレタ・ガルボやウィリアム・ワイラーの名が出てきたときはニヤリとしちゃいました(笑)
Commented by margot2005 at 2017-05-11 21:55
> 3740sさん
こんばんは。
ポスターを探していてコレを見つけました。
色が綺麗で気に入りました。
映画面白かったですよ。
Commented by margot2005 at 2017-05-11 22:19
> itukaさん
こんばんは。
ウディ・アレンは一ひねりしたロマンス映画を作るのが上手いですね。
往年の有名なハリウッド・スターの名前がいっぱいでてきて嬉しくなりました。
ハリウッド映画業界の裏側を描いたら欺瞞や嫉妬満載の、
醜いドラマになってしまうかもですね?
でも面白そうなのでウディ・アレンにお願いしたいです!


<< 「はじまりへの旅」 イタリア映画祭2017...「... >>