「オリエント急行殺人事件」

Murder on the Orient Express2017 USAUK/マルタ/カナダ

a0051234_19083115.jpg

名探偵 エルキュール・ポアロはイスタンブールでの休暇を切り上げ急遽ロンドンへ向かう国際列車オリエント急行に乗車する。列車には多種多様な乗客がいたが、ある時、アメリカ人富豪ラチェットから、脅迫を受けているので身辺警護を頼めないかと持ちかけられる。しかしポアロはこれを拒否。やがて深夜、殺害されたラチェットが発見される…

エジプトのナイルで殺人が起こったとの報告を受け、ポアロが現地へ向かう所でエンディングを迎える。ケネス・ブラナーは「ナイル殺人事件」も作るのかな?そして頭の中で「オリエント急行殺人事件」と「ナイル殺人事件」の登場人物が完璧にごっちゃになっているなと思った。

ストーリーは進んで行くが犯人が誰だか?全く思い出せない。ドラマの中でポアロは何人もの乗客に事情聴取しているが解決しない様子。その辺りでそうかそうだったんだと思い出してスッキリした。

1974年版の記憶がないので何とも言えないが、サスペンスドラマ的には1974年版の方が見応えがあったような気がする。今一度1974年版が見てみたい!

でも客室を真上から撮るカメラワークや、ポアロが乗客全員を集めて謎解きを披露するシーンはまるでダ・ヴィンチの「最後の晩餐」の様子で斬新。


見たとはいえ1974年版はほとんど記憶に残っていない。ちょっと調べてみたら登場人物の名前が若干違っていることに気がついた。

一時期アガサ・クリスティにハマって小説を読んだが数十年前なので登場人物の名前など覚えているわけがない。そしてクリスティの本を家の本棚に探したがやはりなかった。文庫本はとっくに処分済みだった。


それにしても出演陣がゴージャスこの上ない。ジュディ・デンチ、デレク・ジャコビにウィレム・デフォー。ペネロペ・クルスに、いつまでも若くてびっくりのミシェル・ファイファーなどなど。そうそうジョニー・デップ忘れてた…。全く笑わないジョニーが可笑しくて笑える。

驚いたのは超有名なバレエダンサー、セルゲイ・ポルーニンが出演していること。ポルーニンが演じるルドルフ・アンドレニ伯爵がオリエント急行乗車の際に記者に取り囲まれ怒り爆発!彼らにバレエダンス的に廻し蹴りするシーンに笑ってしまった。

デイジー・リドリーは「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」のイメージが強くて、彼女の周りにアンドロイドが見えそうで少々困った。


ブークに「ダ・ヴィンチと禁断の謎 シリーズ/20132014」のトム・ベイトマン。

ハバード夫人に「わたしの可愛い人-シェリ/2009」のミシェル・ファイファー。

ピラール・エストラバドスに「悪の法則/2013」のペネロペ・クルス。

ゲアハルト・ハードマンに「きっと、星のせいじゃない/2014」のウィレム・デフォー。

ドラゴミロフ公爵夫人に「マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章/2015」のジュディ・デンチ。

ヒルデガルデ・シュミットに「ロブスター/2015」のオリヴィア・コールマン。

エドワード・マスターマンに「ブラナー・シアター・ライブ2016/ロミオとジュリエット/2010」のデレク・ジャコビ。

ヘクター・マックイーンに「美女と野獣/2017」のジョシュ・ギャッド。

メアリ・デブナムに「スター・ウォーズ/フォースの覚醒/2015」のデイジー・リドリー。

ドクター・アーバスノットにレスリー・オドム・Jr.

マルケスに「マグニフィセント・セブン/2016」のマヌエル・ガルシア=ルルフォ。

ルドルフ・アンドレニ伯爵にセルゲイ・ポルーニン。

エレナ・アンドレニ伯爵夫人に「シング・ストリート 未来へのうた/2015」のルーシー・ボーイントン。

ピエール・ミシェルに「ザ・マミー/呪われた砂漠の王女/2017」のマーワン・ケンザリ。

ラチェットに「ブラック・スキャンダル/2015」のジョニー・デップ。

監督、製作、出演(エルキュール・ポアロ)「ダンケルク/2017」ケネス・ブラナー


TOHOシネマズ日劇にて



[PR]
by margot2005 | 2017-12-27 21:04 | USA | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/238122141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ituka at 2017-12-27 22:05 x
この映画に関しては本当にラッキーでした。
本編の7割近く眠ってて結末が判らないのにレビューを書けたのです(笑)
BS放送(1974年版)をちょうど録画してたのでマジで助かりましたよ。
なるほど!ラストはナイルに繋がる映像があったのですね!
margotさんの記事で初めて知りました~(笑)
Commented by セレンディピティ at 2017-12-28 23:30 x
margotさん、こんばんは。
華やかなキャストと美しい映像と...
しばしゴージャスな列車の旅を楽しみました。
私もセルゲイ・ポルーニンが出ていたのには驚きました。
華麗な足さばき、すてきでしたね。
1974年版の方がエレガントという声も聞きましたが
近いうちに見て確かめたいと思います☆

http://blog.goo.ne.jp/serendpt3/e/db2d345870341eed31ee285a990cff11
Commented by margot2005 at 2017-12-29 21:32
> itukaさん
こんばんは。ポアロが結末を披露するシーンは中々良かったですよ。
寝てしまわれて残念でした〜。
そうそうナイル殺人事件につながる雰囲気バッチリでしたね。
映画はポアロがエジプトに向かうところでエンディングを迎えました。
BS放送(1974年版)は吹き替えだったようですね。
今一度字幕スーパーで見てみたいです!




Commented by margot2005 at 2017-12-29 21:41
> セレンディピティさん
こんばんは。
オリエント急行はほんとゴージャスですよね。
出演陣もゴージャスで、その辺りはとても楽しめました。
一瞬でしたがセルゲイ・ポルーニンの華麗なる足技もね。
ケネス・ブラナー版はアガサ・クリスティの世界っぽくないかな?
と感じました。
エレガントな映画は今の時代に合わないもかも知れません。




<< HAPPY NEW YEAR 「プラハのモーツァルト 誘惑の... >>