「ドリーム」

Hidden Figures2016 USA

a0051234_19350317.jpg

a0051234_19351258.jpg
1961年、ヴァージニア州ハンプトン。NASAのラングレー研究所ではソ連と熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた。ロケットを打ち上げる際には入念なる計算が必要となる。そんな折、少女の頃から数学の天才だったキャサリン・G・ジョンソンが宇宙特別研究本部のメンバーに採用される

キャサリン・G・ジョンソンに 善き人に悪魔は訪れる/2014のタラジ・P・ヘンソン。

ドロシー・ヴォーンに「ヘルプ ~心がつなぐストーリー~/2011 「フルートベール駅で/2013」「パパが遺した物語/2015」のオクタヴィア・スペンサー。

メアリー・ジャクソンに 「ムーンライト/2016」ジャネール・モネイ。

アル・ハリソンに「カンパニー・メン/2010」「マン・オブ・スティール/2013」ケヴィン・コスナー。

ヴィヴィアン・ミッチェルに「マリー・アントワネット/2006」「メランコリア/2011」「オン・ザ・ロード/2012」「ギリシャに消えた嘘/2014」キルステン・ダンスト。

ポール・スタフォードにジム・パーソンズ。

ジム・ジョソンに「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」 「ムーンライト/2016」マハーシャラ・アリ。

監督、脚本、製作は「ヴィンセントが教えてくれたこと/2014」セオドア・メルフィ。


人種差別が色濃い1960年代に奮闘した女性たちが素晴らしい!見終わって感動を覚えた。

IBMのコンピューターに人間(キャサリン)が勝つ!件はスゴかった!あの頃のコンピューターってまだまだ役立たずだった様子。

キャサリンの頭脳に唖然とするポールが可笑しい。

そして女性たちの60年代のファッションがとっても素敵だった。


本作は3人の黒人女性が主人公。3人の女性の存在感は圧倒的!しかしながら脇を固めるケヴィン・コスナーとキルステン・ダンストがスゴく良かった。

キャサリンのために必死でトイレの看板をたたき割るケヴィン最高!


かつてケヴィン・コスナーのファンだった。主演&監督の「ダンス・ウィズ・ウルブズ/1990」はケヴィンの傑作。その後「ウォーターワールド/1995」でこけてしまったけど、「メッセージ・イン・ア・ボトル/1999」辺りで復活。今は亡きポール・ニューマンと親子役で競演したこの映画はケヴィン映画の中で一番好きかも知れない。そういえば本作の背景はケネディ大統領の時代。ダラスで暗殺された現代史ミステリー「JFK1991」の主演もケヴィンで、刺激的で見応えのある映画だった。ケヴィンも60歳を過ぎて味な俳優になっている。

そしてもう一人のキルステン・ダンスト。ちょっとイヤミなミセス・ミッチェルを演じたキルステンも良かった。


10月の始めに鑑賞。まだ上映が終了していないのでレビューを書くことにした。

昨日、鑑賞したTOHOシネマズ・シャンテのスケジュール情報を調べてみたらなんと満席!今日もちょっと見てみたら満席状態。あのシアターはGWは常に満席だけど、今回3連休ってこともあるので混んでいるのかも知れない。目と鼻の先のホテルにトランプ大統領の娘が泊まっていたから周辺の警備がスゴい!のじゃないか?と思ったけど一昨日出かけた池袋と新宿のJR他乗り場周辺にも警察官が多数いた。明日からはトランプ本人が来るから警備はいっそう激しくなるので都心のシアターは避けた方が良さそう。


話はそれたが、全米、カナダでは今年の1月に公開され大ヒットしたらしい。昨年以来wowowのハリウッド映画案内番組で何度も紹介されていてちょっと気になる映画だったけど期待以上に素晴らしいドラマだった。


TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-11-04 20:06 | USA | Trackback(4) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/237951631
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2017-11-05 08:54
タイトル : ドリーム
評価:★★★★【4点】(P) 前例がないなら作ればいい←御尤もでございます。... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ ~ .. at 2017-11-06 00:17
タイトル : 映画:ドリーム Hidden Figures 「ライトス..
映画「ライトスタッフ」という、アメリカの宇宙開発時代を描いた傑作があった。 今作はその成功の陰で、人種差別に耐えつつ奮闘し、成果に寄与した3人の女性たちを描く。 ・ユダヤ人上司にほだされ、初の研究員資格権利を勝ち取ろうとする女性 ・新しい技術を身につけることで、自らだけでなく周りの部下を救う女性 ・そして打上げにおける最重要な精密な計算・計算式を編み出す女性 「ライトスタッフ」でいうと、その名場面の1つ、が全く違う形で再現される。 7人宇宙飛行士たちが延期続きの計画に対し...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2017-11-07 21:51
タイトル : ドリーム
米ソが熾烈な宇宙開発競争を繰り広げていた1960年代に、アメリカ初の有人宇宙飛行計画を支えた、3人の黒人女性技術者たちの奮闘を描いた事実に基づくドラマ。監督は「ヴィンセントが教えてくれたこと」のセオドア・メルフィ。 ドリーム (Hidden Figures) 1961年、ヴァージニア州ハンプトン。NASAのラングレー研究所に、3人の黒人女性技術者たちが配属されます。ずば抜けた数学の才能をもつキャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は有人飛行計画に携わる計算手として。ドロシー(オクタビア・スペンサー...... more
Tracked from 読書と映画とガーデニング at 2017-11-13 13:58
タイトル : 映画・ドリーム
原題 HIDDEN FIGURES2016年 アメリカ 1962年、初めて地球周回軌道を飛行した宇宙飛行士ジョン・グレンの功績を陰で支えたNASA・ラングレー研究所の3人の黒人系女性スタッフ、キャサリン・ジョンソン(タラジ・P・ヘンソン)、ドロシー・ボーン(オクタビア・スペンサー)、メアリー・ジャクソン(ジャネール・モネイ)の知られざる物語を描いたドラマ 是非とも劇場で観たいと思っていた1本ようやく鑑賞できました公開から一か月近くになるのに、まだ劇場の一番大きなスクリーンで一日四回上...... more
Commented by ituka at 2017-11-05 09:04 x
margotさんお元気?
アメリカの宇宙開発の陰で女性の活躍があったこと
しかも同時に3人の黒人女性ということに
本当にびっくりしました。
人種差別なんて端から頭になかった上司のケヴィンが
すごく魅力的でした。

お!トランプ親子を間近で見られるなんてすごい!
Commented by margot2005 at 2017-11-05 20:35
> itukaさん
こんばんは。見に来てくださってありがとう。
なんとか頑張っています。少しシアターに行ける時間が出来たので嬉しいです。
アメリカの宇宙開発に黒人女性って!ホント驚きでしたね。
あの時代は男性社会で、ましてや黒人女性なんて見向きもされなかったのでしょうね?
ケヴィン魅力的でした!

トランプがいる間出かけないつもりですがそうも行かなくて...。
でも人が集まる所は苦手なのでトランプに遭遇はあり得ないですね?

Commented by セレンディピティ at 2017-11-07 21:50 x
margotさん、こんばんは。
お忙しそうですね。お体、お大事になさってくださいね。

非白人で女性という垣根を軽やかに乗り越えていく
3人がまぶしかったですね。
キャサリンの実力を色眼鏡なしに評価したケヴィン・コスナー演じる上司と
宇宙飛行士のジョン・グレンがかっこよかったです。

ケヴィン・コスナーはここのところ渋い役どころが多かったですが
久しぶりのヒーロー役はやっぱりすてきでしたね。
ダンストも損な役回りを魅力的に演じていました。
Commented by 3740s at 2017-11-08 15:28
こんにちは
暫くぶりで映画館へ

感激して目頭をあつくして・・・・!
Commented by margot2005 at 2017-11-08 20:48
> セレンディピティさん
こんばんは。お心遣いありがとうございます。
色々とあってちょっとパニックでした。
シアターにも行けるようになって又映画を楽しみたいと思っています。

さて非白人で女性という垣根を...ホント彼女たちは強い!!ですね。
あの意志の強さは半端じゃないかと思えました...でも
何といって言っても努力の賜物かと思います。

ケヴィン渋くなってナイスですね!
>宇宙飛行士のジョン・グレンがかっこよかったです...
キャサリンを信頼する彼が素敵でした。

Commented by margot2005 at 2017-11-08 20:53
> 3740sさん
こんばんは。いつも見に来てくださってありがとつ!
映画見に行かれたのですね。
私も素晴らしい映画で感動しました。
<< 「婚約者の友人」 「愛を綴る女」 >>