「アサシン クリード」

Assassin's CreedUK/フランス/香港/USA

a0051234_21592499.png

歴史の裏で長きにわたって対立してきたアサシン教団テンプル騎士団の抗争に巻き込まれた一人の男の冒険の行方を描いたアクション・ファンタジー・アドヴェンチャー。


カラム・リンチ/アギラールに「マクベス/2015」「X-MEN:アポカリプス/2016」のマイケル・ファスベンダー。

ソフィア・リッキン博士に「たかが世界の終わり/2016」マリオン・コティヤール。

アラン・リッキンに「ある天文学者の恋文/2014」ジェレミー・アイアンズ。

ジョセフに「未来を花束にして/2015」ブレンダン・グリーソン。

エレン・ケイに「さざなみ/2015」シャーロット・ランプリング。

ムサに「それでも夜は明ける/2013」マイケル・ケネス・ウィリアムズ。

監督は「マクベス/2015」ジャスティン・カーゼル。


元はゲームということは知っていた。マイケル・ファスベンダーが主演で見に行った次第。いつものように詳しいストーリーはもちろん知らないでおいた。映画は子供時代のカラムから始まり、大人になった彼が死刑囚となる。しかし処刑寸前(死刑囚になった経緯は詳しく説明されない)にリッキン博士親子の研究所に連れて来られ死刑執行は免れる。

やがて話は15世紀のスペインに...これから俄然面白くなって行く!なんて思っていたら又研究所に戻ってしまってそうかこれってゲームだったんだと納得。映画はもちろんゲームのように次作へと続く。次は見ないかも?


Fassyは製作に参加し「マクベス」の監督とヒロインを自らチョイスしたそう。2017年が始まってまだ3ヶ月なのにマリオン・コティヤール映画は既に3本見た。Fassy映画は5月公開予定の「光をくれた人/2016」が楽しみ。


アクション・アドベンチャーながら著名なるUK人俳優が脇を固めている。

テンプル騎士団のメンバー(ユニフォーム)が限りなく似合うジェレミー・アイアンズと、その長老会の有力者役に扮したシャーロット・ランプリング。そしてカラムの父親役のブレンダン・グリーソンと、とても豪華。ブレンダン・グリーソンは味のある俳優でお気に入り俳優の一人。少ない出番ながら存在感あり。

どこまでFassyでどこからスタントマン?と思わせるほどのアクションはスゴかった。


TOHOシネマズ日劇にて


[PR]
by margot2005 | 2017-03-22 22:25 | UK | Trackback(3) | Comments(2)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23739526
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from だらだら無気力ブログ! at 2017-03-23 20:18
タイトル : アサシン クリード
アクションは見応えあり。... more
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2017-03-24 21:35
タイトル : アサシン クリード
評価:★【1点】(11) 期待感を膨らませる予告編とあらすじだけで十分事足りる(え)... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2017-07-15 12:55
タイトル : アサシン クリード
ASSASSIN'S CREED 2016年 イギリス/フランス/アメリカ/香港 115分 アクション/アドベンチャー 劇場公開(2017/03/03) 監督: ジャスティン・カーゼル 出演: マイケル・ファスベンダー:カラム・リンチ/アギラール マリオン・コティヤール:ソフィア・リッキン博士 ジェレミー・アイアンズ:アラン・リッキン ブレンダン・グリーソン:ジョセフ シャーロット・ランプリング:エレン・ケイ マイケル・K・ウィリアムズ:ムサ <ストーリー> 2016年、記憶を...... more
Commented by ituka at 2017-03-24 22:09 x
最初、FASSYって何のこと?生命体?何かの暗号?でしたが
マイケルのことだったのですね(←失礼しました~)
ワタシ、劇場で完全に熟睡してしまい、
冒頭とラストしか記憶にないので予告編観ながらレビュー書きました(笑)
Commented by margot2005 at 2017-03-24 23:52
> itukaさん
こんばんは。
マイケルはFassyって呼ばれているそうです。暗号ではありません(←許します〜)。
生命体?と言えば「プロメテウス」の続「エイリアン:コヴェナント」見なきゃですね。
私も見てからしばらく放置して置いた映画は予告編観ながらレビュー書きます(笑)。

<< 「わたしは、ダニエル・ブレイク」 「家族の肖像」 >>