「ラ・ラ・ランド」

La La Land2016 USA

a0051234_23332251.jpg

夢を求めて人々が集まる街ロサンゼルス。女優志願のミアは映画スタジオのカフェで働きながらいくつものオーディションを受ける日々だが、いつもボツ。ある日、場末のバーから流れてくるピアノ演奏に魅せられ店のドアを開ける。ピアニストの名前はセヴ。彼はいつか自分の店を持ち、大好きなジャズを思い存分演奏したいという夢を持っていた。夢を追う二人はやがて恋に落ちる


セバスチャン(セブ)に「ラースと、その彼女/2007」「ブルー・バレンタイン/2010」「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命/2012」「マネー・ショート 華麗なる大逆転/2015」ライアン・ゴズリング。

ミアに「バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)/2014」「マジック・イン・ムーンライト/2014」「教授のおかしな妄想殺人/2015」エマ・ストーン。

キースにジョン・レジェンド。

ローラに「レイチェルの結婚/2008」「カンパニー・メン/2010」「プロミスト・ランド/2012」のローズマリー・デウィット。

ケイトリンに「エクス・マキナ/2013」「ハートビート/2016」ソノヤ・ミズノ。

ビルに「セッション/2014「Re:LIFE~リライフ~/2014」のJ・K・シモンズ。

監督、脚本は「セッション/2014」のデイミアン・チャゼル。


冬から始まって、春、夏、秋、そして又冬に戻るそれぞれの季節を章に分けて、ミアとセバスチャンが出会い恋に落ちる過程を描いている。ラスト、二人の夢の行方は?


ハイウェイのシーンに続き、ミアの住まいでルームメートたちがいきなり歌いだすので、これは単なるミュージカル?なんて思っていたらそうではない。歌とダンスはもちろんのこと、台詞もしっかりとある。

どちらかと言えばダンスのシーンが多いので私的には嬉しい。でもあのラストには少々驚き。


ドラマの背景となるロサンゼルスの街...建物やミアの部屋や彼女のドレスなど、全てがカラフルでスクリーンに惹き付けられる。部屋の壁にミアが大好きな映画「カサブランカ」のヒロイン、イングリット・バーグマンの巨大な顔があったりしてとても楽しめる。


随所にちりばめられたシーンは往年のミュージカル映画を思い出し、何度もあっと思った。天文台のシーンはとても幻想的。あのシーンもどこかで見たことある?


セバスチャンとミアのダンスが素敵。演じる二人がとても上手くて感心する。

ミアのルームメートで一人やけにダンスが上手い女優がいると思っていたらノヤ・ミズノだった。そして一番驚いたのはあのジョン・レジェンドの出演!


本作は今話題NO.1映画。シアターでの予告編もwowowでの映画案内でも繰り返し見ていて、公開初日に見に行った。

もちろん都内のたくさんのシアターで上映しているが、日比谷ではシャンテ、みゆき座、スカラ座(夜間のみ)の3つのシアターで公開している。このようなことは初めて。


TOHOシネマズ・シャンテにて


[PR]
by margot2005 | 2017-02-25 23:50 | USA | Trackback(20) | Comments(4)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23678157
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2017-02-26 17:31
タイトル : ラ・ラ・ランド
評価:★★★★【4点】(10) ライアン・ゴズリングだけに 『ラ・ラ・ラースとその彼女』という... more
Tracked from 『甘噛み^^ 天才バカ板.. at 2017-02-28 09:36
タイトル : [映画『ラ・ラ・ランド』を観た]
☆・・・アカデミー賞候補と言うことで、かなり、厳しい目を向けて鑑賞したのだが、それでも面白かった。 いい作品だ。 二人の男女の出会いと成功と、ほろ苦い大人の結末の物語。 ミュージカルとしての統制が感じられない中、徐々に、ヒーロー、ヒロイン、ダンス、ミュージック、演技、ストーリーの個性が発揮されてきて、その個性の突出が、ジャズのセッションにも似て、次第に高度な位置で結びつく、とにらんでいた。 のだが、作り手は、その「予定調和」さえも許さず、最後まで微妙な雑多さを残していたような気がする。 それはアナロ...... more
Tracked from Akira's VOICE at 2017-02-28 15:24
タイトル : ラ・ラ・ランド
夢を追いかける姿は美しい。 歩いた道はけっして無駄ではない!  ... more
Tracked from 日々 是 変化ナリ ~ .. at 2017-02-28 18:23
タイトル : 映画:ラ・ラ・ランド La La Land アカデミー賞..
今年のアカデミー賞史上最多の14部門 ノミネート。 月曜午前中に、その結果が発表される。 その怒涛のノミネーションは以下。 ・作品賞 ・主演男優賞・主演女優賞 ・監督賞 ・脚本賞 ・作曲賞 ・主題歌賞(City of Stars、Audition の2曲ダブル・ノミネート) ・撮影賞 ・衣装デザイン賞 ・編集賞 ・美術賞 ・音響編集賞 ・録音賞 昨日日本公開されたため、結果が出る前にフラットな目で確かめたいと初日に駆けつけた! 冒頭のミ...... more
Tracked from 勝手に映画評 at 2017-02-28 21:55
タイトル : ラ・ラ・ランド / La La Land
ネタバレ注意。 まず思ったのは、アメリカのエンターテイメント業界の奥深さ。冒頭、渋滞したハイウェイで、沢山の人が歌って踊るんですが、歌って踊れる俳優・女優を、あれだけの数が揃えられるのが凄い。ミアじゃ無いですが、それだけ出番を待っている俳優・女優が沢山居るという事ですね。 この作品の、セバスチャンの演奏シーンですが、全て吹き替え無しでライアン・ゴズリングが演じていたそう。念のために、吹き替え俳優も待機していたそうなんですが、不要だったそうです。って、ライアン・ゴズリング凄いな。よく指が動いたな。...... more
Tracked from sweetmagicのブログ at 2017-03-01 12:15
タイトル : 『ラ・ラ・ランド』
ミュージカル映画だったので思わずカテゴリーをライブ♪にしてしまいました。 プレミアムフライデーとかいう日ができたそうで私も久しぶりに映画を観に行きました。 しかも初日! ネタバレはたくさんかるかもしれませんのでこれからもご覧になる方はご注意ください。 ...... more
Tracked from ディレクターの目線blo.. at 2017-03-01 15:32
タイトル : 映画「ラ・ラ・ランド(字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレ..
映画 『ラ・ラ・ランド(字幕版』(公式)を 2/24 の公開初日に、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で4つ)。100点満点なら75点にします。 ざっくりストーリー 夢を叶えたい人々が集まる街、ロサンゼルス。女優を目指すミア(エマ・ストーン )は映画スタジオのカフェで働きながら、オーディションを受けては落ちての日々。一方、場...... more
Tracked from タケヤと愉快な仲間達 at 2017-03-01 21:30
タイトル : ラ・ラ・ランド
監督:デイミアン・チャゼル 出演:ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、ジョン・レジェンド、ローズマリー・デウィット、ソノヤ・ミズノ、J・K・シモンズ、フィン・ウィットロック、ジェシカ・ロース、キャリー・ヘルナンデス、トム・エヴェレット・スコット、ミーガン・フェイ、デイモン・ガプトン、ジェイソン・フュークス、ジョシュ・ペンス、トレヴァー・リサウアー 【解説】『セッション』などのデイミアン・チャゼルが監督と脚本を務めたラブストーリー。女優の卵とジャズピアニストの恋のてん末を、華麗な音楽とダンスで表現...... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2017-03-02 10:37
タイトル : ラ・ラ・ランド
「セッション」のデミアン・チャゼル監督によるミュージカル、「ラ・ラ・ランド」(La La Land)を見ました。ロサンゼルスを舞台に、女優志望のミア(エマ・ストーン)と、自分の店を持ちたいジャズピアニスト セブ(ライアン・ゴズリング)が繰り広げる、ロマンティック...... more
Tracked from 西京極 紫の館 at 2017-03-02 22:58
タイトル : ラ・ラ・ランド  監督/デイミアン・チャゼル
【出演】  エマ・ストーン  ライアン・ゴズリング 【ストーリー】 何度もオーディションに落ちてすっかりへこんでいた女優志望の卵ミアは、ピアノの音色に導かれるようにジャズバーに入る。そこでピアニストのセバスチャンと出会うが、そのいきさつは最悪なものだった...... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2017-03-02 23:24
タイトル : 『ラ・ラ・ランド(La La Land)』デイミアン・チ..
注・内容、台詞に触れています。『ラ・ラ・ランド』La La Land監督 : デイミアン・チャゼル出演 : ライアン・ゴズリングエマ・ストーンJ・K・シモンズジョン・レジェンド、他 ※Memo1●映画... more
Tracked from まぜごはん at 2017-03-04 18:28
タイトル : ラ・ラ・ランド 〜 夢みる愚か者の街
LA LA LAND観てきました。 アメリカ・ロサンゼルス。この街には、夢を追いかける人が各地から集まってくる。女優を目指すミア(エマ・ストーン)は映画スタジオのカフェで働きながらオーディションを受け続けているが、落ちてばかりだった。ある日、ふと立ち寄った場末のバーで、ピアノを弾いているセバスチャン(ライアン・ゴズリング)と出会う。彼の夢は、自分の店を持って思う存分本格的なジャズを演奏することだった。恋に落ち、互いに応援しあう二人。しかしセバスチャンが生活のために加入したバンドが売れ、二人...... more
Tracked from 京の昼寝~♪ at 2017-03-05 09:06
タイトル : 『ラ・ラ・ランド』
□作品オフィシャルサイト 「ラ・ラ・ランド」□監督・脚本 デイミアン・チャゼル□キャスト ライアン・ゴズリング、エマ・ストーン、キャリー・ヘルナンデス、       ジェシカ・ローゼンバーグ、ソノヤ・ミズノ■鑑賞日 2月26日(日)■劇 場 TOHOシネ...... more
Tracked from 我想一個人映画美的女人b.. at 2017-03-06 09:56
タイトル : ラ・ラ・ランド/LA LA LAND
歌で始まる映画にハズレなし 歌、恋、夢、ダンス❣️これ往年のハリウッド名画のラブロマンス&ミュージカルをカラフルに現代アレンジした感じロマンチックでほろ苦。 これは好みに分かれるかなライアンが久しぶりに等身大のリアルな男をチャーミングに演じてて魅了さ...... more
Tracked from 映画好きパパの鑑賞日記 at 2017-03-07 06:59
タイトル : ラ・ラ・ランド
 面白かった!! アカデミー賞受賞など大変評価が高いのもわかります。ストーリー、歌、ファッションすべてが2時間、映画の夢と魔法の国につれていってくれて、見終わった後、サントラを早速購入。頭の中を曲がぐるぐるまわっています。  作品情報 2016年アメリカ映…... more
Tracked from あーうぃ だにぇっと at 2017-03-07 16:45
タイトル : ラ・ラ・ランド
ラ・ラ・ランド@よみうりホール... more
Tracked from シネマ親父の“日々是妄言” at 2017-03-13 11:14
タイトル : 「ラ・ラ・ランド」これは傑作!素晴らしい!
[ラ・ラ・ランド] ブログ村キーワード 本年度アカデミー賞で、13部門・14ノミネート。本命中の大本命!「ラ・ラ・ランド」(GAGA)。“ミュージカル映画”って言うと、拒否反応を示される方もおられますが、果たしてこの映画を好きになれない人なんているんでしょうか? 夢を追う人々が集う街、ロサンゼルス。女優志望のミア(エマ・ストーン)と、ジャズピアニストのセブ(ライアン・ゴズリング)。2人の出会いは、渋滞中の高速道路で最悪の形で幕を開ける。しかしその後、幾度か偶然の出会いを重ね、言葉を交わすうちに2人は...... more
Tracked from 或る日の出来事 at 2017-03-16 09:50
タイトル : 「ラ・ラ・ランド」(1回目)
うれしくて、楽しくて、1曲めから、ほとんど泣きながら観ていた。... more
Tracked from ここなつ映画レビュー at 2017-04-20 15:57
タイトル : 「ラ・ラ・ランド」
素晴らしかった!そして愛おしかった。映画の快楽の彼方に連れて行ってくれる作品。抱きしめたくなる、というのはこのような作品のことを指すのだろう。とはいえ、鑑賞前の私はかなり斜に構えていた。元々ミュージカルに親和性がない上、ラブストーリーオンリーはあまり好みではない。あと、「夢を追いかける」「思い続けていれば夢は必ず叶う」といった、いかにもアメリカらしい、ディズニー的な押し付けにはちょっと、いやだいぶ辟易としている。だから、劇場での予告編で観た、ピアノを弾き終わったライアン・ゴズリングが、エマ・ストーン...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2017-07-22 23:51
タイトル : 現代でミュージカルを!
24日のことですが、映画館「ラ・ラ・ランド」を鑑賞しました。 オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアはピアノの音色に誘われて入ったジャズバーでピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする そして後日 ミアはパーティ会場のプールサイドで不機嫌そ...... more
Commented by ituka at 2017-02-26 17:37 x
序盤、いきなり歌とダンスの展開に「もしかしたら苦手なタイプの映画?」でしたが
その後は普通にドラマとして進行していったので安心しました。
にしても、この映画は盛り上がってますよね。
オスカーを幾つ獲るのか気になります。
Commented by margot2005 at 2017-02-26 19:23
> itukaさん

そう最初いきなりでしたよね。でも往年のミュージカル映画とは全く異なる描き方は
とても新鮮でナイスでした。
やはりミュージカルって苦手な方多いですよね?
私は結構好きですが、昔のミュージカルを今見てもかったるくて最後迄見れません。
いくつオスカー獲るでしょうね?明日のオスカー中継が楽しみです。
Commented by セレンディピティ at 2017-03-02 10:37 x
こんにちは。
ミュージカルが大好きなので、冒頭のあのシーンからハートをわしづかみにされましたが
おっしゃるようにセリフもしっかりあってドラマの部分が多めでしたね。
往年のミュージカルのシーンは、私もあっ!と思いながら
そこでちょっと気が散ってしまったこともありました。
ラストの切なさにはシェルブールの雨傘を思い出しましたが
前向きに描かれていたのがすてきでした。
Commented by margot2005 at 2017-03-03 20:05
> セレンディピティさん
こんばんは。
ミュージカルが苦手な人もこれならOK!ですね。
そして至る所にちりばめられた往年のミュージカル映画のシーンが
素晴らしかったです!
ラスト、二人がアイコンタクトとったところがナイスでした。
<< 「王様のためのホログラム」 「たかが世界の終わり」 >>