「マリアンヌ」

Allied 2016 UK/USA

a0051234_22423465.jpg
a0051234_22424821.jpg

1942年、モロッコのカサブランカ。マックスはイギリスの特殊作戦執行部に所属するカナダの諜報員で、ナイトクラブで偽装妻と落ち合う極秘任務を受けていた。偽装妻役はフランスの女性レジスタンス、マリアンヌ。夫婦を装った二人にはドイツ大使暗殺という過酷な任務が用意されていた


マックスに「白い帽子の女/2015」ブラッド・ピット。

マリアンヌに「マクベス/2015」マリオン・コティヤール。

フランクに「ブーリン家の姉妹/2003」「ベンジャミン・バトン 数奇な人生/2008」「パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト/2013」「コードネームU.N.C.L.E./2015」ジャレッド・ハリス。

ブリジットに「127時間/2010」リジー・キャプラン。

役人に「マジック・イン・ムーンライト/2014」「ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション/2015」サイモン・マクバーニー。

ホバーに「青い棘/2004」「ヒトラーの贋札/2007」「ブッデンブローク家の人々/2008」「イングロリアス・バスターズ/2009」「リスボンに誘われて/2013」アウグスト・ディール。

ガイに「マッチポイント/2005」「敬愛なるベートーヴェン/2006」「ウォッチメン/2009」「シングルマン/2009」「イノセント・ガーデン/2013」「イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密/2014」「セルフレス/覚醒した記憶/2015」マシュー・グード。

監督、製作は「フォレスト・ガンプ/一期一会/1994」「キャスト・アウェイ/2000」「フライト/2013」のロバート・ゼメキス。


愛しい娘を生んでくれた美しい妻は二重スパイなのか?と悩む夫。悩むブラッド・ピットが最高!

アンジーと共演の「白い帽子の女」は最悪だったけど本作は素晴らしい!アンジーとの相性は悪かったのかも?別れて正解??


wowowで放送のハリウッドの映画情報番組で盛んに宣伝していて、なんだかとても素敵な映画のイメージで興味があった。

ブラッド・ピットのロマンスものって「レジェンド・オブ・フォール/果てしなき想い/1994」と「ジョー・ブラックによろしく/1998」しか思い浮かばない。久方ぶりに見た彼のロマンス映画はとても良かった。戦争を背景に描くロマンス映画って最近全く作られないので、変に?新鮮でありながらも懐かしくてドラマにどっぷりと浸かってしまった。


ブラッドが若い!おそらく30代の男性を演じているのだろうけど違和感なし。そしてマリオンが美しい!絵になる二人がドラマを盛り上げている。マリオンが纏う40年代のファッションもゴージャス!

「白い帽子の女」でブラッド・ピットがフランス語を話しているのは違和感ありだったけど...初めて聞いたからかも知れない...でも本作での彼のフランス語は素敵に聞こえる。


イケメンのマシュー・グードが誰かわからないほどの醜い顔(特殊メイクってスゴい!)でワンシーンに出演。そして元イケメンのアウグスト・ディールは最近見る影もない。「青い棘」の美青年は何処へ?


TOHOシネマズ日本橋にて



[PR]
by margot2005 | 2017-02-17 23:09 | UK | Trackback(6) | Comments(6)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23657848
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 映画1ヵ月フリーパスポー.. at 2017-02-18 21:11
タイトル : マリアンヌ
評価:★★★★【4点】(11) 序盤のモタツキをクリアすれば、かなりいい映画。 ... more
Tracked from セレンディピティ ダイアリー at 2017-02-18 23:19
タイトル : マリアンヌ
ブラッド・ピット&マリオン・コティヤール主演の第2次世界大戦時を舞台にしたラブストーリー、「マリアンヌ」(Allied)を見ました。ロバート・ゼメキスが監督し、「イースタン・プロミス」のスティーヴン・ナイトが脚本を手掛けています。 1942年。モロッコで合流したイギリス諜報員マックス(ブラッド・ピット)とフランス諜報員マリアンヌ(マリオン・コティヤール)は、夫婦を装いドイツ大使の暗殺ミッションを成功させます。恋に落ちた2人は結婚し、ロンドンで幸せに暮らしていましたが、マリアンヌに二重スパイの容...... more
Tracked from 虎猫の気まぐれシネマ日記 at 2017-02-23 21:50
タイトル : マリアンヌ
第二次世界大戦下の1942年のモロッコ。夫婦を装ってナチスの要人暗殺の任務についたケベック出身の空軍情報員マックス(ブラッド・ピット)と,フランスの女性工作員マリアンヌ(マリオン・コティヤール)。二人は任務を通して恋に落ち,結婚して娘をもうけ,ロンドンで幸せな生活を送っていたが,ある日妻のマリアンヌに二重スパイの疑いがかかる。もしそれが事実なら,「妻を自分の手で始末するように」との指令を上官からうけたマックスは,妻の無実を証明しようと奔走するが・・・・。 物語の筋はわりと先読みしやすく,終盤になって...... more
Tracked from 映画雑記・COLOR o.. at 2017-03-02 23:27
タイトル : "I want you to play the pian..
注・内容、台詞、ラストに触れています。『マリアンヌ』Allied監督 : ロバート・ゼメキス出演 : ブラッド・ピットマリオン・コティヤールリジー・キャプランマシュー・グッドジャレッド・ハリス、他 ※... more
Tracked from 銀幕大帝α at 2017-06-29 21:39
タイトル : マリアンヌ
ALLIED 2016年 アメリカ 124分 ロマンス/サスペンス/ミステリー PG12 劇場公開(2017/02/10) 監督: ロバート・ゼメキス 『ザ・ウォーク』 製作: ロバート・ゼメキス 出演: ブラッド・ピット:マックス マリオン・コティヤール:マリアンヌ ジャレッド・ハ...... more
Tracked from 笑う社会人の生活 at 2017-07-21 22:09
タイトル : これぞ往年のハリウッド映画
13日のことですが、映画「マリアンヌ」を鑑賞しました。 1942年、極秘諜報員のマックスとフランス軍レジスタンスのマリアンヌはドイツ大使暗殺という重大な任務のためカサブランカで出会う その後、ロンドンで再会し次第に惹かれ合った二人は愛を育んで結婚 幸せにみえ...... more
Commented by ituka at 2017-02-18 21:35 x
ワタシが結婚するなら迷わずマリオン派ですね(笑)
アンジーは思考回路が高度すぎて絶対ついていけないと思う。
夫婦でスパイって、映画的には『Mr&Mrsスミス』もよかったですけどね^^;
Commented by margot2005 at 2017-02-18 22:56
> itukaさん
私も男ならマリオンを選ぶかな?
でもマリオンて完璧過ぎてちょっと引くかもです。
アンジーは少々変人っぽいですね。
ごく普通っぽいブラッド・ピットは大変だったように思えますが...。
『Mr&Mrsスミス』のダンスのシーン思い出しました。
Commented by セレンディピティ at 2017-02-18 23:19 x
こんばんは。
クラシックでロマンティックなすてきなラブストーリーでしたね。
いつもより若々しく麗しいブラッド・ピットもよかったですが
なんといっても美貌のマリオン・コティヤールの堂々たるふるまいが魅力的でした。
英語も堪能なマリオンですが、やはりフランス語を話している時の彼女は
水を得た魚のように生き生きと輝いて見えます。
本作のマシュー・グードはなんてもったいない...大ショックでした。><
Commented by margot2005 at 2017-02-20 00:09
> セレンディピティさん
こんばんは。
本作のようなクラシックでロマンティックな映画をもっと作って欲しいですね。
ブラッド・ピットのロマンス映画ももっと見てみたいものです。
マリオン・コティヤールは年を重ねるに従ってますます素敵な女優になって
最近引っ張りだこのようですが、コレからも大活躍することでしょう。
マシュー・グードは話さなければ、誰だか全くわかりませんでした。
Commented by なな at 2017-02-23 21:48 x
お久しぶりです。
とても美しいカップルですよね。
戦時中って女性のファッションのシルエットがとっても女らしく
男性のスーツや帽子もとても洒落ていて
だからこそ美男美女がこのうえなく絵になりますよねえ。
「白い帽子の女」はあまり良くなかったのね・・・レンタルするのやめよ。(笑)
ブラピはやっぱり上手いしいい男だなぁ~と再認識した作品でした。
アウグスト・ディール・・・・好きだったのに,太って老けちゃったね。
マシュー・グードはだれかわからなかった。
あんなメイクするなら,別に彼じゃなくてもよかったんじゃ?
Commented by margot2005 at 2017-02-24 23:31
> ななさん
こちらこそお久しぶりです。
見に来てくださってありがとう!
さてななさんもブラピがお好きなね。
ドラマの二人はホントに惚れ惚れするくらい美しいカップルでした。
マリオンはもちろん、ブラッドもクラシックな雰囲気が似合うんですよ意外に。
「白い帽子の女」はアンジーによるアンジーのための、
アンジーの自己満足映画といったところでしょうか?
アウグスト・ディールって最近見るも無惨ですね。
マシューはなぜ出演をOKしたのか謎です。
<< 「たかが世界の終わり」 「パリ、恋人たちの影」 >>