「エリザのために」

Bacalaureat…akaGraduation 2016 ルーマニア/フランス/ベルギー

a0051234_19001793.jpg

ルーマニア郊外の町。医師のロメオの娘エリザは学業優秀で英国のケンブリッジ大学留学を目指している。そんなある朝、エリザが暴漢に襲われる。腕を負傷しただけで大事には至らなかったが激しいショックは隠せない。そして明日はエリザにとって大事な卒業試験の日。父親のロメオはエリザが暴漢に襲われたのは、学校の門の前まで送って行かなかった自分のせいだと思い込んでいる。エリザが試験を上手く切り抜けられるか心配になったロメオはコネを利用して裏工作しようと奔走する…


ロメオにアドリアン・ティティエニ。

エリザに「白いリボン/2009」のマリア・ドラグシ。

マグダにリア・バニャー。

マリウスにラレシュ・アンドリチ。

サンドラにマリナ・マノヴィッチ。

警察署長に「4ヶ月、3週と2日/2007」のヴラド・イヴァノフ。

監督、脚本、製作は「4ヶ月、3週と2日/2007」「汚(けが)れなき祈り/2012」のクリスティアン・ムンジウ。


医師のロメオは忙しい中、健康の優れない妻マグダの代わりに娘の世話をして学校へ送り、老いて病気がちな母親を訪ねる気遣いも忘れない。おまけにロメオには愛人サンドラがいる。この男性なんとまめなのかと感心してしまった。

サンドラは二人の将来を曖昧にしているロメオを責めるが、ロメオは娘のことで頭がいっぱい。

ロメオは娘にも妻にも、そして愛人にもはっきりとした態度を取らない。そして3人の女性からその態度を責めたてられている。この男性は優柔不断人間であるような気もする。


とにかく真面目な男ロメオは切羽詰まっていた。愛する娘エリザのために何とかしたい一心で行動を起こす。こういう時ってバレないのか?なんて考えている余裕などきっとないのだろう。ドラマを見ていてあれじゃきっとバレるに違いないと何度も思ったけど、当人は必死だから周りが見えていない。しかしついに検察官がやって来る。

警察署長、副市長、委員長を巻き込んだのだから...。


重苦しい展開のドラマだが、何となく未来が開けそうなラストに救いがあったかな?エリザはボーイフレンド、マリウスとルーマニアに残ったのだろうか?


(けが)れなき祈り」「4ヶ月、3週と2日」と見てきて、リアリズムを追求するこの監督の作品は疲れるなぁといつも思って…今回はやめにしようかと思いながらも、又見に行ってしまった。やはり疲れる。今回はロメオにイライラして余計疲れたかも知れない。しかしながら映画は絶賛されている。


シネマカリテにて



[PR]
by margot2005 | 2017-02-09 00:01 | ヨーロッパ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://margot2005.exblog.jp/tb/23612222
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 「ドクター・ストレンジ」 「エゴン・シーレ 死と乙女」 >>